2020年9月17日 (木)

夏休み後半・プチトーナメント

2名乗船の組み合わせは前日の夜にグーチョキパーで決めた。

自分は徹君とのチームという事で、初日を踏まえて作戦を立てた。

ファーストプレイスは完全に意見が合致し、迷わずそのエリアへ直行した。

レギュレーションは40㎝以上のバスを釣った数を1ポイントとして、合計ポイントで争うことにした。

釣ったらメジャーの上にバスのサイズが判るように置いて写真を撮って、バスはキープしない方法で競った。

50アップは2ポイントとすることにした。

この日は水の流れが止まっており、嫌な予感がしたが、ジグやテキサスで丁寧に撃っていき、最初に狙っていた場所を一流しして2人で4本の40アップをキャッチした。

状況からすると、既に気温は40℃近くまで上がっており、流れも風もなかったので、この状況なら4ポイントはまずまずのように感じた。

ただ、次の手がハッキリとは思い付かず、とりあえずシェードになっているショアラインを巻いてみようという事で、シェイドになっているショアラインへ移動した。

Basslog20200917-2 Basslog20200917-1 しばらく流していると、ティンバーにダイグルーバーが当たった瞬間、物凄い勢いで下からバスが襲撃してきた。

しかしこれを逃してしまい、再度キャストすると、ちょっとサイズダウンしたが40アップをキャッチ。

その直後に同じところを通した徹君のダイグルーバーにも来た。

そのバスは明らかにデカいと思ったら、56㎝あり、2ポイントゲットということで、これで決着は着いた感じがあった。

更にその後それぞれ1本追加し、9ポイントまで伸ばした。

結局、他の2チームは2ポイント3ポイントという事で圧勝した。

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

夏休み後半・1

夏休みの前半の事は記しておきながら放置していたら、ご指摘されたので後半。

後半は仲間達10名で西へ遠征に行ってきた。

関東と比較すると西には楽園が多くて羨ましい。

そんなこともあって毎年夏の遠征は楽しみにしている。

しかし今年はコヴィッドナインティーンや長引いた梅雨の影響で、危うい感じもあったが、無事に行くことができた。

夏という事で、意気揚々と上流へボートを走らせて、インレット中心に流れを感じるところを中心に攻めていった。

毎キャストワクワクしていたのは1時間程で、1時間ノーバイト&バスの気配すら感じない状況にちょっと冷や汗が…

嫌な予感が頭を過った瞬間エレキが急に動かなくなり、車に一旦戻ってマイクロスイッチの交換をして、再度出船。

しかし、午前中は全くバスの気配すら感じることなく完全ノーバイトで終わった。

そして午後は下流へ下り、水の良い場所を探し、流れのある水通しの良い場所を中心にバスを探した。

Basslog20200916a_20200913204001 そしてようやくテキサスリグに来た小さなバイトを間髪入れずにフッキングして1本目をキャッチした。

2本目は50アップをキャッチして一安心。

ちょっと状況が掴めたので調子に乗って、更にバスを面白くするにはトーナメントでしょということで、2日目はトーナメントの開催を提案した。

2日目は10名から6名に減りボート3艇で各ボート2名乗船で、ボート毎にチームとして、トーナメントを初めて開催することにした。

明日はその時の試合内容。

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

ちょい釣り

土曜日のJBⅡ桧原湖Series第2戦エンジンカップの運営が終わってから、速攻で支度をして少しだけ湖へボートを出した。

時間は既に15時過ぎで、17時までしか釣りはできない。

17時にまでは上がらないといけないという桧原湖のエンジン船規制のルールが今年からできた。

近場でということで早稲沢沖へ入ると、ベイトがウジャウジャ魚探に映った。

中層をクランクベイト巻いて、スピンテールをリフト&フォールさせて、フットボール落としてみたけどノーバイト。

Basslog20200907a ネッドリグ入れるとスイスイスイ…グイ~ンと連発。

お盆の時の釣れなさが嘘のように、当たりがあるという感じではなく、スモール特有の最初からバックリと飲み込む勢いでのバイトなんで、フッキングしなくても勝手に掛かってロッドが曲がる程であった。

ちょっとバイトが止まったところで、いつものAR-Wピンテールを投入するとまた連発開始。

釣れるサイズは700~900gとまずまずといった感じで、ラインは2.5lb.だったのでやり取りに時間が掛かったが、アッと言う間に2桁到達。

これでこそ桧原湖といった感じであった。

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

夏休み前半

夏休み前半は東北へ向かった。

恒例のBBQに合わせて桧原湖へ行き、ボートを出して釣りをした。

静岡から薮ちゃん、山根っちの2人が桧原湖まで初めて来てくれた。

梅雨明けしたというのに、東北は前日から大雨。。。

雨の方が巻いて釣れるからいいのだが、長靴忘れたんでサンダルで出たけど、夏とはいえ山上湖はちょっと寒かった。

世界で一番売れているリールLew'sのSI1SHのデビュー日でもあった。

シャロ―クランクをキャストすると、予想以上にスムーズに遠くまで飛んでいった。

そして1発来て、早々にバスもキャッチすることができた。

ちょっと前まではイージーだったようだが、厳しい感じで、仕方なく沖へ出てライトリグ投入。

Basslog20200822-2 山根っちがすぐにAR-Wピンテールで桧原湖の初バスをキャッチ。

そこからは特に雨の恩恵を感じることなくぽつりぽつりとバスをキャッチ。

救いだったのはサイズは桧原湖としてはまずまずの800gぐらいがアベレージであった。

結局AR-Wピンテールのジグヘッドでほとんどのバスをキャッチした。

Basslog20200822-1 スモールに特化したロッドTVS-61UL/STにシマノの最高級リールであるステラ付けて、フロロカーボン最強メーカーの2.5lb.を巻いていたので、自分よりも良い道具使っていた薮ちゃん。

道具は良いけど、ちょっと苦戦していたが、ちょっと釣り方が判ってから桧原湖の初バスをキャッチ。

自分自身が続けて出ていた訳ではないので、手探り状態のところがあり、今回の桧原湖はちょっと厳しかった。

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

夏休み

今年程釣りに行っていない年は珍しいというくらい行っていない。

コヴィッドナインティーンの影響もあり家に居ることが多かったのと、JB戦の過密スケジュールにより釣りに行けない。

ということもあり夏休みは普段以上に釣りに行くことが楽しみであった。

Basslog20200819a 北へ西へと遠征し、スモール、ラージを探して彷徨い、フィネスからハードまで様々な釣りを展開し、バスフィッシングを満喫してきた。

久し振りに50アップもキャッチでき、普段通りの楽しい夏休みとなった。

ヘトヘトに疲れたけれど、満足のいく釣行となってよかった。

そして、既にもう行きたい。

| | コメント (0)

2020年7月21日 (火)

1年振り

先週は久し振りに桧原湖で釣りをした。

非常によく釣れていると聞いていたので、通常の桧原湖用タックルではなく、普段の自分がよくやるような釣りをメインにタックルを組んだ。

スピニングタックルも久し振りに5本用意し、タフな時の対応もしっかりとしておいた。

一応用意した3lb.2.5lb.を組んだタックルが大活躍(笑)

Basslog20200721b ルアーもいつも通りWピンテールのパールホワイトのジグヘッドが一番釣れた。

最初、1/16oz.のジグヘッドを装着してしまい、釣れないなぁ…と思っていた。

Wピンテールは1/32oz.ジグヘッドがベストで、これ以外のウエイトはなぜかあまり釣れない。

久し振りなので、そんなウエイトの事を忘れていた。

Basslog20200721a 1/32oz.に替えたら1投目からフォール中に1キロ弱。

その後もぽつりぽつりと釣れ続けた。

数はそれほど出なかったが、サイズは殆ど800g以上と、サイズは良かった。

| | コメント (0)

2020年2月23日 (日)

わかさぎ

今年も冬の桧原湖へワカサギ釣りに行く。

氷に穴を開けて釣る穴釣りは、やったことない人からすると、やってみたいと言われる。

でも実際にやったら、9割ぐらいの人は2度目はないような気がする…(苦笑)

Basslog20200223a と、思っていたけど、ワカサギ釣りは未だに人気のようで、キャスティングに仕掛け買いに行ったら、残り3種類しかなかった。。。

3種類中2種類はラスト1であった。

ワカサギ釣り人気なんだね。

最近は釣りよりも冬景色が楽しみだ。

冬というより、四季折々の景色等を楽しんでいる。

昨年釣ったワカサギがまだ冷凍庫に入っていたような…

| | コメント (0)

2020年1月 4日 (土)

初バス

3日は開始早々に4×4のシェイキーヘッド‘ターンNバーン’を投入してみた。

Basslog20200104a すると1投目からすぐに喰ってきた。

小さいけど初バスキャッチ。

その後も釣れて、やはり11月からするとかなり状況はよくなった感じであった。

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

初釣り

本日は毎年恒例の亀山ダムへ初釣り。

Basslog20200103a 急いでラインは巻き替えたけど、リールに油を挿す時間はなかったので昨年のまま。

大雨の影響で厳しい状態だった11月12月よりは少しは状況もよくなったみたいなので、ちょっと期待している。

| | コメント (0)

2019年8月21日 (水)

River Flow

夏休み初日、まずは流れを求めて上流へ向かった。

どんどん上り続けている内に、最後はエレキ全開でも流されてしまう程のところまで行った。

Basslog20190821a やはり急流の中でもバスは入ってきていた。

水温は本湖よりも6℃も低かった。

昨年は急流域の少し水が淀んだ場所を中心に攻め、急流ゆえに誰も入ってこないこともあり、バスは非常に素直な反応をしてくれた。

その時に急流の中でもフィーディングしているところを目にした。

そしてクランクベイトを通すとコンスタントに釣れ続けた。

というか、流れが激しくて、クランクベイトしかつかえず、更に超高速で急流に耐えられるものしか使いようがなかった。

しかしこの釣りは2日目以降は雨による濁りでダメになってしまった。

そんな昨年の事もあり、急流の中での釣りの続きを試したく今年は上流へ向かった。

この急流での釣りは、客観的にはクランクベイトなんて何でも良さそうに見えると思う。

Basslog20190821b でも、長い時間色々なクランクベイトを試していると、良し悪しがハッキリとしてくる。

こんな流れの中でもエラティックアクションというのは非常に有効であった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧