2017年10月10日 (火)

About 50

先週はJBプロに復活した大津乗彦と一年振りの釣行へ行ってきた。

2日目はのぶちゃんも静岡から駆け付けて、一緒に朝からワイワイと騒ぎながら釣りをしていた。

朝一の1発目は2ヶ所目で乗彦に来た。

Basslog20171010a 本人が手でパッと測定し、50あると言うので、本人はドヤ顔で撮影した。

自分も手でパッと測ってみたら、確かに50くらいであった。

「50くらいだね!」と言うと、すかさずのぶちゃんがメジャーをボックスから取り出し乗彦へ手渡した。

どうがんばって尾っぽを曲げたりしても、3㎜足りなかった(笑)

朝から腹が痛いぐらいに笑ってしまった。

| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

週末は…

先週は100系ランクルでの最後の釣行へ関西方面へ行ってきた。

Basslog20171006a 関西方面ということで、名古屋からは大津乗彦が今年も登場。

1年に1度しか一緒に釣りに行けないので、1年分の話をしながらの釣りということで、釣りしに来たのか話しに来たのか分からなくなるほどだ(笑)

今年からプロに復活したということで、昨年のようなぎこちない動きも改善され、だいぶ動きもスムーズに戻っていた。

続きは来週…

| | コメント (0)

2017年9月25日 (月)

まだバズ

徐々に水温は下がってきており、若干厳しい部分もあるけど、まだまだよく釣れる。

バズは夏の時期だけと思われがちだが、秋はかなりの武器となる場面が多い。

特にターンが入った時はこれしかないぐらいに釣れる時がある。

荒川もまだまだバズには好反応だ。

Basslog20170925a 須山氏もどこへ行ってもイナバズを多用しているようで、荒川でもいい感じで釣っていた。

関東のフィールドをベースに作ったので、関東のハイプレッシャーなフィールドでは特に強い。

ブレードの当たり具合をうまく調整しながら、みんなうまいこと使いこなしてくれている。

やはりちょい当たりぐらいの軽いクラッチ音が関東のフィールドではちょうど合っているようだ。

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

50アップ

Basslog20170905b_2

今年の夏の間に釣った50アップは4本だった。

1oz.フットボールにクローファッティのセット、ファットイカのBSジグヘッド、OPTスーパフライのテキサス、ディープクランクの4つで釣った。

Basslog20170905a フットボールでの1発が一番気持ちよかった。

ストンストンストン…ココッといった感じで喰ってきたので、フッキングするとPEライン使っているかのような感じで一気にずっしりと重みが掛かった。

ファットイカはちょっと前にアップしたディープ用バックスライド仕様にしたジグヘッドリグで仕留めた。

OPTスーパフライはデビュー1投目で50アップと、いきなり好発進。

ディープクランクはスローリトリーブでのボトムコンタクトで仕留めた。

今年の夏はイマイチ表層への反応が鈍かったのは残念。

秋は表層で50アップを仕留めたい。

| | コメント (0)

2017年8月21日 (月)

お盆休み・5

久々に長かったお盆休みは本日で終了となる。

桧原湖の後は関西方面へ遠征し、夏のリザーバーを満喫してきた。

今回は3日間で50アップは4本に40アップは多数釣ったのでまあまあの釣果であった。

そして昨日は須山氏と久し振りに荒川へ出ようということになり、前回の片付けをした。

釣りに行くと使ったワーム類は捨て、プラグ類はタックルボックスの上段にブチ込んで帰ってくる。

Basslog20170821a 1日に使うプラグの量は普通よりもかなり多い量だと思うので、1日の分だけでこんな量になってしまう。

1キャストで替えてしまうものもあったりするし、元に戻す物もあるので、出しっ放しにしているのは続けて使う可能性のあるもののみ。

いつも行くようなフィールドであればもう少し絞り込めると思うけど、たまにしか行かないフィールドではこんな量になってしまう。

この当りルアーを探すというのも、バスの非常に楽しい部分の1つだ。

お盆休みはあちこち駆け回り、色々な方々にお世話になり、ありがとうございました。

お陰様で非常に楽しい時間を過ごすことができました。

そして今週末は再び桧原湖。

今回は釣りをするので今から準備を始めている。

山上湖のスモールマウスということで、ラインも全て今までの半分くらいのものに巻き替え。

今日は釣りに出られなかったので、準備のために釣具店にも行くことができ、久し振りにじっくりと釣具店を観ることもできた。

久し振りに訪れたキャスティング岩槻IC店の品揃えの多さにはビックリした。

買い忘れ物もあり今日は2度行ってしまった(笑)

ツアラーVスペックTVC-71MH/HGTVC-65M/HGも在庫あり!

ここの店舗はロッドの在庫数は物凄い数であったので、行った序に色々なロッドを触ってみたけど、やはりこの2本は未だに圧倒的に良いと実感した。

| | コメント (0)

2017年8月19日 (土)

お盆休み・3

桧原湖のBBQの時はいつも釣りをするのだが、今年は釣りはしない予定であった。

でも一応ロッドは1本だけ積んでおいた。

ということで、朝起きて少しだけオカッパリで釣りをしてみた。

普段より湖面は静かで、朝っぽい感じはなく釣れなそうであった。

ジャイアントドッグXを引いてみたが、案の定といった感じで、全く反応はなかった。

インレットに移動してみたところ、浅いところにちょっとだけ魚っぽい生命感を感じので、ジャイアントドッグXをキャストして早引きしてみた。

Basslog20170819a すると一撃で出た。

痩せていたけど40以上はあるバスであったので、ベイトタックルでも十分楽しめた。

Basslog20170819b 一緒に釣りしていた小野さんもポップXでキャッチ。

これまた40以上と、往年のメガバスルアーが活躍してくれた。

深追いはせず2人共釣れたので釣り終了として、朝のうちに帰路へ…

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

増えた!?

今年も昨年に引き続きバスが良く釣れている。

バスが増えたのかな?と感じるときもあるけど、よくよく考えてみると、増えているどころかやはり減少傾向が続いているだろう。

タックルの性能が上がったからなのか…

Basslog20170801a 今年はバズベイトの他にシャロークランクもよく釣れている。

ラパラのDTシリーズ、ラッキークラフトとBPSのコラボで誕生したRCシリーズの登場から、かなりシャロークランクの幅が広がった。

最近ではKVDスクエアビル、アラシシリーズ等々、優秀なクランクがたくさんあるので選択肢も多くて助かる。

それとSTC-65FM/HYBGの登場、そして更にTVC-65M/HGの登場で、クランクベイトの性能を十分に発揮させるタックルも進化し、更に釣れるようになった。

これからディープクランクが活躍する時期なので、きっと今年は更に釣れるね。

| | コメント (0)

2017年7月11日 (火)

桧原湖

Basslog20170711a 日曜日は久し振りに桧原湖へ行った。

桧原湖と言えばAR-Wピンテールばかり使っているけど、今年も相変わらずよく釣れた。

カラーもいつもの#54パールクリアシルバーばかり。

これがあればとりあえず釣れる。

今回は3.25inのジグヘッドと、カーリーのキャロで大半のバスをキャッチした。

カーリーもカラーは#54。

つまらないセレクトかもしれないけど、このワームのこのカラーでこの2つのリグがあれば、かなりのシチュエーションをカバーできてしまう。

スモールだからというのもあるかもしれないけど、桧原湖ではとにかくこの2つは釣れる。

今回持っていったワームはこの2つとバンドゥクローの3つだけ。

持っていく量は少なくてすむけど、選択の楽しみを減らしてしまうつまらない釣れ過ぎワームだね(笑)

それと今回は日本初のスモール専用ロッド‘STS-65DS/SUL’の進化版‘TVS-68XUL/ST’を初投入。

桧原湖のライトキャロはこれで決まりとも言われている、究極のジャストウエイト2.6gシンカーを用いたライトキャロには、ベストマッチであった。

| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

JBⅡ霞ヶ浦Series 2nd.

Basslog20170701a 本日はJBⅡ霞ヶ浦シリーズ第2戦‘WalkerWalker’カップが開催されている。

ここ最近好釣果となっている霞ヶ浦水系だけに、ウエイン率は高くなると予想される。

更に天気予報では曇りのち雨で、風はそれほど吹かないということで、非常に好釣果が期待できそうだ。

ただ雷注意報まで出ているのは怖いね。。。

やはり霞ヶ浦水系は好調のようで、霞水系で本日釣りをしている方達より、朝から釣果報告のメールが入ってきた。

Basslog20170701cBasslog20170701b 本目さんはログで釣っているようで、先日荒川でバズの特訓をした小野さんはイナバズで8発出たとのこと。

今年の霞水系は透明度が高いところが多く、小野さんが使用しているコットンキャンディは非常によく釣れている。

釣りしたい。。。

| | コメント (0)

2017年6月28日 (水)

臨時ハード塾

ハード塾再開はいつになるのか…?

と、未だによく聞かれるのだが、なかなか時間が取れず…

空いても急すぎるといった感じで、なかなか再開できずにいる。

そんなドタバタの中、昨年も一緒に荒川へ出た小野さんと、ちょっと前に再び荒川へ出てきた。

今回はTVC-65M/HGを用意してくれて、ルアーもイナバズをたんまり用意してくれていた。

ということで、朝から晩までほぼバズ縛りの臨時ハード塾を急遽開催となった(笑)

昨年秋の釣行後すぐにTVC-65M/HGとイナバズを購入して、かなり練習したそうで、今ではこのセットはお気に入りとなり、なくてはならない武器にまでなっているそうだ。

実際に半年ぶりに観てかなり上達していることが分かった。

キャストする位置、引く方向、引き方等、肝となる部分はほぼ把握してくれていた。

Basslog20170628a 潮の満ち引きに合わせ場所を変えながらひたすらランガンしていったが、元々そんなにバスの絶対数は少ない場所ながら、ポツリポツリと順調に釣果を伸ばしていった。

確実に練習の成果が出ていた。

小野さんは自身が所属している‘東京シャローズ’というオカッパリのクラブでのトーナメントでも、今年は既にこのセットで好成績を叩き出しているそうだ。

Basslog20170628b 普段はオカッパリ中心ということで、不慣れなエレキ操船をさせながらという条件付きであったが、なかなかいい感じで攻めて釣っていた。

この日はサイズもよく釣れたバスの全てが余裕で1キロ越えであった。

Basslog20170628c 最後夕方は自分が前で操船していた時に、バックシートからも仕留めていたので、バッチリでしょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧