2017年7月11日 (火)

桧原湖

Basslog20170711a 日曜日は久し振りに桧原湖へ行った。

桧原湖と言えばAR-Wピンテールばかり使っているけど、今年も相変わらずよく釣れた。

カラーもいつもの#54パールクリアシルバーばかり。

これがあればとりあえず釣れる。

今回は3.25inのジグヘッドと、カーリーのキャロで大半のバスをキャッチした。

カーリーもカラーは#54。

つまらないセレクトかもしれないけど、このワームのこのカラーでこの2つのリグがあれば、かなりのシチュエーションをカバーできてしまう。

スモールだからというのもあるかもしれないけど、桧原湖ではとにかくこの2つは釣れる。

今回持っていったワームはこの2つとバンドゥクローの3つだけ。

持っていく量は少なくてすむけど、選択の楽しみを減らしてしまうつまらない釣れ過ぎワームだね(笑)

それと今回は日本初のスモール専用ロッド‘STS-65DS/SUL’の進化版‘TVS-68XUL/ST’を初投入。

桧原湖のライトキャロはこれで決まりとも言われている、究極のジャストウエイト2.6gシンカーを用いたライトキャロには、ベストマッチであった。

| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

JBⅡ霞ヶ浦Series 2nd.

Basslog20170701a 本日はJBⅡ霞ヶ浦シリーズ第2戦‘WalkerWalker’カップが開催されている。

ここ最近好釣果となっている霞ヶ浦水系だけに、ウエイン率は高くなると予想される。

更に天気予報では曇りのち雨で、風はそれほど吹かないということで、非常に好釣果が期待できそうだ。

ただ雷注意報まで出ているのは怖いね。。。

やはり霞ヶ浦水系は好調のようで、霞水系で本日釣りをしている方達より、朝から釣果報告のメールが入ってきた。

Basslog20170701cBasslog20170701b 本目さんはログで釣っているようで、先日荒川でバズの特訓をした小野さんはイナバズで8発出たとのこと。

今年の霞水系は透明度が高いところが多く、小野さんが使用しているコットンキャンディは非常によく釣れている。

釣りしたい。。。

| | コメント (0)

2017年6月28日 (水)

臨時ハード塾

ハード塾再開はいつになるのか…?

と、未だによく聞かれるのだが、なかなか時間が取れず…

空いても急すぎるといった感じで、なかなか再開できずにいる。

そんなドタバタの中、昨年も一緒に荒川へ出た小野さんと、ちょっと前に再び荒川へ出てきた。

今回はTVC-65M/HGを用意してくれて、ルアーもイナバズをたんまり用意してくれていた。

ということで、朝から晩までほぼバズ縛りの臨時ハード塾を急遽開催となった(笑)

昨年秋の釣行後すぐにTVC-65M/HGとイナバズを購入して、かなり練習したそうで、今ではこのセットはお気に入りとなり、なくてはならない武器にまでなっているそうだ。

実際に半年ぶりに観てかなり上達していることが分かった。

キャストする位置、引く方向、引き方等、肝となる部分はほぼ把握してくれていた。

Basslog20170628a 潮の満ち引きに合わせ場所を変えながらひたすらランガンしていったが、元々そんなにバスの絶対数は少ない場所ながら、ポツリポツリと順調に釣果を伸ばしていった。

確実に練習の成果が出ていた。

小野さんは自身が所属している‘東京シャローズ’というオカッパリのクラブでのトーナメントでも、今年は既にこのセットで好成績を叩き出しているそうだ。

Basslog20170628b 普段はオカッパリ中心ということで、不慣れなエレキ操船をさせながらという条件付きであったが、なかなかいい感じで攻めて釣っていた。

この日はサイズもよく釣れたバスの全てが余裕で1キロ越えであった。

Basslog20170628c 最後夕方は自分が前で操船していた時に、バックシートからも仕留めていたので、バッチリでしょう。

| | コメント (0)

2017年6月 1日 (木)

鯰2017

毎年1ヶ月ぐらいだけやっている鯰のシーズンもいつの間にか終了。

Basslog20170601bBasslog20170601c 今年もたくさんの太い鯰が釣れた。

その大半がバドで仕留めた。

バドが良いのかはよく解らないけど、バドが好きなのでバドばかり投げている。

そして最後にキャタピーで根こそぎ仕上て帰るというのがいつものパターン。

Basslog20170601e 今年の最大魚は63㎝。

やはり今年も一番強烈に出たのは雨の日で、雨の日は無限バイトって感じで、このまま夜になってもやっていたらどうなるのか…

ただ、フッキング率も例年通りで、フッキングできたバイトは3割ぐらいかな?

鯰は夜にやるのが一般的で、これからが本格的なシーズン。

でも自分は昼間に見て釣りたいので、明るい時間帯に釣れる時期に集中的に行っている。

それが主に4月で、GWになるとほぼ終了となる。

その後も昼間に出ることはあるけど、連発はしないので、余ほど暇な時などには行く程度の釣行になってしまう。

4月後半からバスばかり行っていたので、いつの間にか今年の鯰シーズンは終了。

でもちょっとだけノーバイトを味わうために、先週ちょこっとだけ行ってきた。

暑いぐらいの日差しの下、いつも通りバドをキャストしていた。

やはりバイトはないし、流れも強いし、代掻きと、釣れなそうなので、諦めようと思った。

ラストキャストと思って水門の際を通すと、ビッグな鯰が出てきた。

と、思ったら巨大雷魚だったので、速攻でバドを回収した(笑)

結局鯰は釣れなかったので、今年の自分の鯰本格シーズンは終了。

| | コメント (0)

2017年5月16日 (火)

50アップ2nd.

Basslog20170516a 今年2本目の50アップをキャッチした。

2発目はクランクベイトで仕留めた。

TVC-65M/HGにDT-6の超お気に入りゆえに使用頻度が非常に高い組み合わせによる早巻きに来た。

このDT-6のデーモンは当たりのようで、以前に使用していたデーモンをぶつけて割ってしまい新たに出したもの。

Basslog20170516b このデーモンにしてから良く釣れているのだが、リップが少しひび割れしている。。。

今回のバスは51cmであったのだが、この直後TVC-71MH/HGに持ち替えショートキャストでポケットへクランクベイトをキャストすると、更にデカいバスが来た。

しかしこれはバラしてしまった。

| | コメント (0)

2017年5月 4日 (木)

初50アップ

4月末に今年初の50アップをキャッチした。

Basslog20170504b 正確には53㎝であった。

釣ったのは久し振りに投入したガード付きのラバージグ。

ストライキングのデニーブラウワー‘ストラクチャージグ’3/4oz.にズームのスーパーチャンクの組み合わせで釣った。

カバーに入れ2アクションで喰ってきた。

TVC-65XHに20lb.のヘビータックルなうえ、薄いカバーだったので、このサイズでもあっさりキャッチできた。

濁りがあるとラバージグの存在感が効く。

ストラクチャージグはTOジグやモグラジグ同様にホリゾンタルアイで若干下向きになっており、これが非常に根掛からない。

Basslog20170504a 更にストラクチャージグはフットボール並みの幅があるヘッドなのでボトムで安定して使いやすい。

フックはスプロートベンドで角度もよい感じなのだが、フックポイントが潰れると修正のきかないオーナーカット。。。

TOジグを探している人が多いようだが、このジグも同様の感じでよいのでお勧め。

| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

三島ダム

先週訪れた三島ダムは、気になっている人も多かったようで、色々と質問が多かった。

三島湖は昨年訪れた同水系の豊英ダムに非常に似ているところが多く、自分の中ではほぼ同じ。

規模は三島湖の方が大きく、楽しめる。

ただ、ボートは持ち込みするしかないので、レンタルボートがある豊英の方が便利かな…

三島湖は各レンタルボート店に使用料を払いマイボートを降ろさせてもらう。

カートップや車載できる小さなボートのみで、動力はエレキか人力となる。

先週色々な人に話を聞いたことと、実際に行って観たものを合わせて考えると、現在シャローへ移動してきている最中といった感じなのか、上流インレットやシャローフラット等ではまだバスを観ることはできなかった。

Basslog20170421b 春らしい水温が上昇しやすい場所やバーチカルに動きやすいような場所にはバスが入ってきていた。

この三島ダムと豊英ダムは、亀山ダムや高滝ダムとはまた違った感じで、おそらくベイトが違っていると思われる。

というのは、この2つの湖のバスは気圧が下がった時や朝夕以外は、横方向へ動いて捕食しようとしないので、巻物への反応が亀山、高滝に比べて悪い。

人為的プレッシャーが掛かっている訳でもないので、比較的イージーには釣ることはできる。

カバーはたくさんある湖なので、ストラクチャーを観て場所を絞り、カバーを撃っていけば比較的簡単にバスは見付かる。

Basslog20170421a 今回はZホグ、レイジバグ、パワーホグ、クローファッティのテキサス等でキャッチした。

カバーがキツイところに入れるよりも、ストラクチャーの変化やベンド、陽当たりを考慮して場所を選んで、それに絡むカバーの方が、密度よりもバスを引き寄せていた。

つまり春らしく生理的に素直な行動をしているので、狙って釣るには面白いフィールドだ。

釣れたバスのサイズは殆ど1キロぐらいのバスであった。

同じ日に近くで釣っていた人は50アップもキャッチしていた。

おそらく今週末辺りにはかなりの数のバスがシャローをうろつくのではないだろうか?

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

鯰人

鯰のベストシーズンということで、ここ最近鯰が絶好調。

今年は一発目は3月中に出たものの、その後沈黙が続いていた。

Basslog20170417a でもここ最近になって例年通り好調となった。

もちろん明るい時間帯から水面を割ってくる。

夕マズメはミスバイトしても激しく何度もパフパフとルアーを追いかけながら出て面白い。

Basslog20170417c 腹はパンパンに膨れたポットベリーな奴ばかり。

いつも通りバド中心で釣り、飽きてきたかな…という頃にキャタピー入れて再び‘パフ’といった感じだ。

今日は夕方から雨予報ということで、普段以上に炸裂しそうだ。

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

三島湖

昨年からバス釣りを受け入れてくれるようになった、千葉県の三島湖へ行ってみた。

少し先に受け入れを開始した豊英湖は昨年3回行った。

三島湖は形も知らなかったので、Googleマップ片手に色々と周りながら釣りをしてみた。

豊英よりも広くて複雑に入り組んでおり、非常に面白そうなフィールドであった。

Basslog20170416bBasslog20170416a 今年は季節の進行が遅いようで、今がちょうど桜が満開であった。

バスのコンディションもよかった。

詳しくはまたそのうち…

| | コメント (0)

2017年3月21日 (火)

鯰人

Basslog20170321a そろそろ鯰のシーズンということで支度をした。

3月下旬からGWまでが自分の鯰シーズン。

この時期だけは日中でもトップに反応してくれるので、この時期だけ集中的に通っている。

GW頃からスポーニングに入るようで、その頃から日中や自分の行っている中流域は全く釣れなくなってしまう。

この時期を過ぎてしまうと一般的な夜釣りの本格的なシーズンが始まる。

夜は夜釣り禁止のところが多いのと、何よりも怖いので…

とりあえず、冬の間にいじったルアーを泳がせがてら、様子を見に行ってみた。

よく釣れるインレットでキャストしてみたが釣れなかった。

沖の瀬に向かってキャストすると‘ちゅぽ’っとバイトしたけど掛からなかった。

更にカバーに対してタイトに攻めると、3チュポ。

ロッドにはゴン!と明確に伝わってきていたので、ルアーには当たっているのだが、全て乗らなかった。

今年からPEラインにしてみたのがいけないのか、ただ単に鯰の口の開きが悪いのか…

ロッドを立ててスローに岩ギリギリをトレースしたら、ようやく掛かった。

Basslog20170321b 春らしいボッテリとしたポットべりーな60オーバーの鯰であった。

いよいよシーズンインだね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧