2024年7月11日 (木)

デッキ補強

今までエレキのマウントはレンタルとアルミボートは共用だった。

アルミボートはアルミボートといえエンジンで走り回るので負荷が掛かる。

サウザーのデッキではいささか耐えられなくなってきて、変形してデッキ自体にもひび割れが入り始めてしまった。

ということで補強の為にデッキ自体をアルミ専用のものを作成することにした。。

Basslog20240711a_20240709092501 余っていたFRP製のデッキを加工して付けてみた。

意外と丈夫でいい感じにできた。

35年前に初めてアルミボートを買った時はトーナメントで使用していたこともあって、ボートの損傷は激しかった。

でも今は波が来ればスロット緩めるし、そんなに無理なことはしない。

ただ釣りをしているとどうしても熱が入ってしまい、当時のような使用感になってしまったりすることもある。

釣りしているとどうしてもこうしたいとか、あの魚を釣るためにムキになったりしてしまう。

そんな状態がずっと続いているトーナメンターだと、ボートの損傷も激しいので、それに比べたらまだマシだが、長い時間使っていると徐々に蓄積されたものが出てくる。

ボートのリベットからの水漏れや骨の損傷というのは最近はほぼなくなった。

初めてのアルミボートは1ヶ月で水漏れ、3ヶ月で骨が折れ、1年でキールが真っ二つに折れた。

今意図的にそれをやれと言われても、そんなことはできないと思う。

いつの間にか知らず知らずのうちに操船や物の扱いもおとなしくなったのだろう。

最近はVハルのアルミボートも非常に少なくなった。

中古で探してもあまりない。

エレキに関してもアルミで使用するには以前のモーターガイドが一番良いのだが、これも中古市場で探すしかない。

他社の製品がどんどん優れてきて、モーターガイド自体空前の灯みたいになってしまっているので、今後更に以前のモーターガイドのエレキを入手するのは困難になってくるだろう。

それに気付いている人はパーツ取り用に安いジャンク品ですら買い漁っているそうだ。

使わなくなったエレキなんかはどんどんあげてしまってしまっていたけど、取っておけばよかったなんて思ったりもすることもある。

でも取っておいて後で使ったり役に立ったなんてものは少ないんだよね。。。

| | コメント (0)

2024年6月10日 (月)

トレーラー車検

トレーラーの車検はケイズにいつも依頼している。

Basslog20240610a でも色々あって久し振りに自分で車検と名変の手続きで大宮陸運局へ行くことになった。

前回陸運へ行ったのは30年前に湘南の陸運局へ行った覚えが微かにあるぐらいで、何をやったのかは全く覚えていない。

どこにあるのかも知らなかったので、まずは場所を調べてみると、意外と距離があった。。。

トレーラを牽引するのはよいのだが、ただボートを載せていない状態で走るのは怖い。

片側2車線の道路で横の車が急に車線変更して入ってきたりするからだ。

前の車が遅くてイライラしているのか、自分の車が追い越した瞬間に車間距離もない状態で後ろギリギリ入ってきたりする車が怖い。

ボートを載せていないとトレーラーに気付いていない可能性も高くなる。

このような状態でトレーラに横から当てられてしまったという事故は過去に何人か聞いている。

車検の時は仕方ないことなので気を付けて行くしかない。

そして検査は問題なく通過できたのだが、書類で問題が…

あっさりと「検査は2週間有効ですので2週間以内にまた来てください」と告げられた。

ついつい「え、またトレーラも持ってこないといけないの…」って発してしまった。

今回はナンバー変更する必要があったので封印のために車輛がなくてはいけない。

そして2日連続の大宮陸運局へ。

車検は大したことのないことなのだが、今回のようなことがあると頼んでしまった方がよかったと思う。

| | コメント (0)

2024年6月 9日 (日)

カーペット補修

久し振りにアルミボートのカーペットを補修した。

このボートのカーペットは何年使ったのだろうか?

既にカーペットも劣化しておりカーペットは剥がすというよりもむしり取るように剥がした。

Basslog20240609-2_20240610065401 Basslog20240609-1_20240610065401 それから接着剤をスクレーパーで剥がし表面を平らにした。

カーペットはデッキに合わせて切って貼り付けて完了。

一気に全部貼り換えすればよいのだが、いつもダメになった時にダメな部分だけ貼り換えているので、カーペットの色は全てグレーなのに全て微妙に色が違っている。

作業すると大したことない作業なので近いうちに全て貼り換えようと思う。

でも結局いつも間に合わせでダメな部分だけ替えている。

このアルミボートは2代目のシーニンフ12K。

バスボートを持ってから1度は手放してしまったアルミボートだったけど、手軽さという点から再度購入したもの。

それからかれこれ25年経っている。

| | コメント (0)

2024年5月 1日 (水)

ツイストローテーターシンクロ

物凄い勢いで浸透しつつあるフォワードフェイシングソナー。

FFSの振動子が発するビームというのは普通のソナーの振動子よりも非常に狭い。

普通はビームが広がるイメージだと思うけど、FFSの場合は板状の線で発してるような感じである。

そんなこともあって、少しずれてしまうと対象としているものを見失ってしまう。

通称FFSを使う場合、最初はエレキのシャフトに振動子を付ける人が多いと思う。

エレキに装着すると、ボートを動かすためにエレキを操作すると、振動子も動いてしまうのでビームも連動して向きが変わってしまう。

捉えたいものが遠ければ遠いほど見失いやすい。

使い始めてこれを実感すると、ソナーだけを向けたい方へ向けたいという思いが生まれる。

そうなるとローテーターと呼ばれているFFS専用の振動子を自在に操れる装置の必要性を感じる。

自分もそう感じたのだが、そう思った頃に既存のものは電動式しかなく、使い勝手の悪さを感じていた。

それで手動式を自作しようと考えていたけど、THタックルからワイヤ仕様のフットコンタイプが登場したことで、これの方が断然便利だと思ったので自作は断念し、ツイストローテーターを導入した。

これは想像していた以上に便利で驚いた。

これを装着したのが昨年の春で、そのちょっと前にライブスコープからライブスコーププラスに替えたこともあり、ライブシューティングの精度が格段に上がった。

そのツイストローテーターにシンクロというギア比の違うタイプが新たに登場した。

Basslog20240501-1 昨年のシーズン終わりにツイストローテーターを外し、THタックルの濱田さんにシンクロへ改造していただき、今年からシンクロとなった。

そして先日初めてシンクロを使ってきた。

頭の中ではそんなに変わらないような気もしていたのと、既存のタイプの方が一気に後方も向けられて良いのでは?ぐらいに思っていた。

使い始めて10分ぐらいでシンクロに自分の身体もシンクロしていた。

シンクロは振動子を向けたい向きとペダルが全く同じ方向を向く。

つまり釣りたい方向へペダルに乗せた足が向いていればFFSはその方向を捉えているということになる。

慣れてしまえばというより、自然と前方を捉えているので、釣りに集中しやすい。

FFSは慣れないと振動子の向きばかり気にしてしまい、なかなか釣りに集中できない。

釣りに集中できれば狙っている場所へルアーを送り込むなんてことは容易だ。

実際にルアーやバスを追うにしても微調整が効きやすくなったので、簡単に追うことができる。

湖上が荒れていても追従しやすい。

スポットロックして今までの感覚でペダルを動かして探すにしても、今まで以上に微調整が簡単にできるので驚くほど簡単に対象を追うことが可能だった。

Basslog20240501-2 ツイストローテーターはペダルを動かすときはかかと側を動かし、固定したい時は爪先側をペダルの前方のフラットな部分へ置くだけで固定される。

これも非常にシンプルで使いやすい。

このペダルの動きの強さ調整はこのペダルのかかと部分にあるネジで調整可能である。

これで自分に合った強さに六角レンチで簡単に調整できる。

シンクロの登場で更に精度の高い釣りができるようになった。

自分の場合はバスを追うことよりも狙うカバーや前方のストラクチャーの確認用として主に使っていた。

あまりバス自体を追うことはしていなかったけど、これがあるとバスを追いやすくなるので、サイトフィッシング同様の感覚でライブ仕様魚探FFSを使用したいわゆるライブシューティングとかライブサイトといった釣りが簡単にできる。

先日桧原湖で使っていてバスの反応が手に取るように判ったので、ついついライブサイトをやってしまった。

ルアーの動きによって折り返してしまうバスも、動きに変化を付けて簡単に釣ることができた。

今までもそのような場面はあったけど、タックルを替えている間にバスを見失ってしまっていたけど、シンクロならしっかりと捉え続けられるので、もはや視力が悪い人には目でサイトするよりも正確にアプローチできるかもしれない。

そして当初ちょっと気になっていた後方に関しての不安だが、これに関しても後ろを釣る時は後ろ向くのでそのままペダルに足を置いたまま後方を向けばよいだけであった。

それに後方に向けたい時って全体の割合でみたら、1日の1%にも満たない時間にすぎないなぁ…と思った。

シンクロにしてツイストローテーターにした時の精度向上感が再来したようだ。

シンクロにして色々なことがここまで変わるとは思わなかった。

製品のネーミングは足の動きと振動子の向きをシンクロさせてくれるという意味合いからだと思うけど、使ってみた印象としては、シンクロはFFSと自分の身体をシンクロさせてくれる。

| | コメント (0)

2024年4月 7日 (日)

あわや沈

Basslog20240407a アルミボートに水が溜まっていたので、水を抜こうと思いバケツを持ってボートに乗った。

水に浮かんでいる時は溜まった水は水平に溜まっている。

リアに乗れば水はリアに流れてくる。

ボートに乗ったら想像以上に水が入っており、リア側に水がザァ~と流れてきた。

そしてトランサムが水面より下がってしまい水が入ってきてしまった。

まずいと思いすぐに桟橋へ飛び乗ったのでセーフだったけど、あわやボートが沈んでしまうところだった。

釣りしている時だと大雨が降っても小まめに抜くので、それほど溜まることはない。

でも桟橋などに係留している間に雨が結構降ったりすると、その場にいないとどれだけ降ったかがよく分からない。

アルミボートに水が大量に入っても意外と沈まないけど、人が動く方向へ水が寄ることでバランスを崩しやすくなるので危険。

ビルジポンプを設置していても、肝心な時に回らなかったりすることもあるので、水を汲み出すことのできるものは入れておく方がいいね。

| | コメント (0)

2024年1月12日 (金)

ジョニーレイ

Basslog20240112a バスボートに装着してあったジョニーレイのマウントを外した。

これはホンデックスの魚探用に装着してあったもの。

ホンデックスの魚探といえば、以前は当たり前のように誰もが使っていた。

自分も高校生の時から30年ぐらいは使っていた。

ハミンバード等のアメリカ製ソナーを使用するようになった時に、映し出される映像の比較対象として一応使い慣れたホンデックスも付けておいた。

でも最近のアメリカ製のソナーには全く歯が立たない感じで、付けたのは1度だけであった。

ケイズでエレキにトランスデューサーも無理に付けてもらったけど、それも取り外してしまった。

なんとなくジョニーレイのマウントだけはそのままにしておいたが、最近は係留ロープの端部の巻きつけに使う程度となっていた。

ソナーのサイズがどんどん巨大化していることもあり、ジョニーレイのマウントも使うことはなさそうなので外した。

ジョニーレイのマウントも既に取り扱っているショップも減少しつつある。

時代の流れと共に仕方のないことかもしれないけど、なんだか淋しい気もする。

| | コメント (0)

2023年12月 7日 (木)

紐→ワイヤ

エレキの紐が久し振りに切れた。

ショートマウントは特に補強もしていなかったので、1年程で切れてしまった。

エレキの紐って補強していないと1~2年で切れてしまう。

普段は補強しているので、ほぼ切れることはなかった。

そんなこともあってエレキの紐を交換するなんて物凄く久し振りだ。

Basslog20231207a 紐をホームセンターに買いに行ったけど、どれがよいのか迷っているうちにワイヤが目に付いた。

ワイヤにしてみようと思い、初めてワイヤに交換してみた。

紐よりも径はかなり細くて済むけど、いざ交換してみるとちょっと心配な感じがする。

一応シュリンクチューブで補強しておいた。

使い心地はどちらのがよいのだろうか…

 

| | コメント (0)

2023年11月13日 (月)

バネ入れ

アルミボートをカートップするのに使用しているイノーのボートキャリア。

これもかれこれ30年以上使っている。

最近は後方のバーを後ろまで持っていくことのできるスライドキットを装着している。

これがあると車の後ろからボートを揚げ降ろししやすくなるという便利なもの。

キャリア自体が後ろに装着できる車なら必要ないのだが、最近の車はキャリアすらつかない車も多くなった。

これがあると後方のバーを前後に動かせるので、リアの開閉にも邪魔にならなくなる。

ただ、このバーを前後させるのに固定するネジの開閉が結構面倒。

大した作業ではないのだが、ネジを回してロックを解除してバーをずらす。

このスライドバーを付けてから6年経つが、付けてからずっと面倒だと思っていた。

何か良い方法はないか考えて、ようやく良い方法が見付かった。

Basslog20231113a この固定するネジのところにバネを入れた。

これでネジを回すことなく、ネジを押すだけでロックの開閉ができるようになった。

フィールドに到着したらすぐに準備を終わらせて、早く湖へ出たい気持ちは今も昔も変わらない。

これで1分ぐらいだが準備する時間を短縮できた。

| | コメント (0)

2023年6月 9日 (金)

マウント装着

Basslog20230609a エレキ用のショートマウントに魚探用のRAMマウント、トランデューサー用のBMOマウントを装着した。

これで4号艇のジョンボートの準備は完了。

デッキも完成し、エレキも使えるし、魚探も使える。

魚探は結局フォワードフェイシングを使えるようにした。

最近サイトでの釣りも視力の低下とともに釣りにくくなったこともあり、フォワードフェイシングは必要不可欠な存在になりつつある。

キャストする方向の情報が知ることができるというのは、ファンキャストが減るので非常に助かる。

もうFF無しでの釣りは出来なくなりつつある。

| | コメント (0)

2023年6月 1日 (木)

牽引

Basslog20230601a ボートを牽引し始めて約30年が経過するが、毎年最初の運転は緊張する。

少し走ってしまえば慣れてしまうのだが、通り慣れている道ですら狭い道だと通れるのか心配になる。

車とトレーラーを合わせると長さは13mぐらいになるので、ちょっと停めるにも場所を選ぶ。

大型車がなかなか停車する場所もなくて苦労するのも解る。

ある程度牽引してから切り離して車単体で走ると、軽自動車にでも乗っているかのように走りやすい気になる。

快適に走りやすい環境であれば、トレーラーをけん引しての運転もそんなに苦になることもなくなったし、むしろ牽引して走るのは好きだ。

ただ、ランチングできる場所が少ないのは悲しい現実だ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧