2019年5月19日 (日)

ULTREX

アルトレックスを使うと、今までのワイヤー式エレキには戻りたくない…となってしまう。

誰もが必要性を感じるだろうし、供給も追いついてきたので、一気に普及した。

2016年のエリートシリーズ‘ミシシッピ’戦以来、アメリカに次いで日本でも常識化となってきた。

この当時‘ウルトレックス’‘アルトレックス’‘ULTREX’で検索しても日本のサイトでヒットするものはなかった。

それほど最初は全く見向きもされていなかったのものが、デフォーの使用していたミシシッピ戦の話題が徐々に日本でも広まっていった。

日本では昨年のKVDがモーターガイドからミンコタへの移籍が決定付けた気がする。

Basslog20190519a スポットロック機能が最も注目されているけど、これは以前からあったもの。

友人がiパイロットは使用していたので、これは凄い機能だとは思っていた。

でも、今までの物だと首振りが電動なので遅いということもあり、反応が鈍い感じがあった。

急な突風なんかが吹いたり、風向きが一方向出ない場合は反応が遅く、終いにはコードがグルグル巻きついてしまうこともあった。

そんな急な対応を足で出来たら…とは、使ったことがあった人は誰でも感じただろう。

それも電動ではなくワイヤー式でアシスト出来たらなぁ…

自分がちょうど30年前に初めて愛用していたエレキがミンコタ初の電動首振り搭載の765MXだったこともあり、電動の遅い首振りには散々な想いをした過去があるので敬遠した。

そしたらこのアルトレックスは、そんな想いが形になって現れたといった感じであった。

更にワイヤー式も併用できるだけでなく、電動アシストのように首振りがただのワイヤー式よりも軽い。

それでいて進行方向は固定されるので、非常に使いやすい。

エレクトリックモーターの革命を起こしたと言えるだろう。

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

裏返し

ボートキャリアの延長バーにはボートの上げ下ろしの際にかなり負担が掛かる。

Basslog20190420a 1年使用したらバーが山なりに反ってしまった。

気になるのでバーを裏返ししてみた。

そんなに時間が掛かる作業ではないけど、シーズン中は後回しにしてしまう作業だ。

今年のシーズンインの前にはやろうと思っていた。

| | コメント (0)

2019年2月 2日 (土)

ジョインテッドシャローズ

おかっぱりでバス釣りを楽しむ人というのは非常に多い。

特に霞水系でおかっぱりを楽しむ人は物凄く多い。

おかっぱりからだと、狙いえない場所があったり、見えるところにルアーを引っ掛かっているのに外せなかったり、色々とストレスが溜まる部分がある。

一番のストレスは自分の思い通りの展開ができないという、物理的制限が掛かっていることだろう。

自分がやりたい場所へ行って、自分が好きなルアーで釣る。

全て自由であり、自分流に進められるところがバスの楽しさだろう。

そして自分の描いていた思い通りの展開でバスが釣れた時こそ、バスならではの至福の時だ。

その辺を理解してくると、おかっぱりからボートでの釣りに移行する。

ただ、このボートへの移行は、人によっては何の抵抗もなく移行できるのだが、人によっては色々な障壁を感じて断念する人も多い。

でも、そんなに大変なことなどないのが現状。

Basslog20190202a 先日、ボートの免許がなくて、免許所持者に引っ張ってもらいながら釣りをしていたのが、おかっぱりクラブシャローズ’の某リーダー。

ようやく今月免許を取りに行くそうだ。

これで釣りの幅が広がり、益々バス釣りにハマることでしょう。

ボートでのバス釣りを知ってしまったら、ボトムがどんな形状になっているのかも判らないところにキャストし続けるおかっぱりなんてできない…と、思ってしまうと思う。

| | コメント (0)

2019年1月28日 (月)

盗難防止

Basslog20190128a アルトレックスのマウント用ロックを付けようと思い購入してみた。

盗難防止グッズ等付けたことなかったけど、付け始めると、あれもこれも…となってしまう。

今までに盗難に遭った被害総額は既に2千万円近いので、少しは予防しようと、今更ながら始めてみた。

今はカメラも簡単に付けられるし、増設も簡単に安くできる。

| | コメント (0)

2018年12月 3日 (月)

comforTroll D-LUX

エレキを使い始めて30年経つ。

今ではペダルをオフセットすることができるオフセットトイレイが普及したけど、長年段違いで慣れたこともあり、そんなに楽に感じていなかった。

でも、エレキをアルトレックスに交換するのに合わせてオフセットにすることにした。

Basslog20181203aBasslog20181203b 幾つかあるトレイからコンフォートロールD-Luxにしてみた。

色は幾つかあったけど、赤にしようか青にしようか悩んだ結果、赤にしてみた。

船体に赤は全く入っていないんだけど、合うのだろうか…

| | コメント (0)

2018年10月26日 (金)

HDS LIVE

2018 Mossy Oak Fishing Bassmaster Classic Bracketも本日が最終日。

今日の勝者3名がクラシックに行ける。

Basslog20181026a 今回から継続的になるのか、リーダーボードに更新時間の項目が加わった。

これはいいね。

来年のクラシックは色んな意味で物凄く盛り上がりそうだ。

Jacob Wheeler、BP、KVD、この3名の誰かが勝ったら物凄くバス業界も盛り上がるだろうね。

Basslog20181027a リーダーボード見ていたら、Lowranceの広告が目に入ったのでクリックしてみた。

すると、HDSシリーズに新しい‘LIVE’が登場するそうだ。

これは良さそうだ。

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

霞ヶ浦

今日は久し振りに霞ヶ浦へ出た。

出たけど殆ど釣りはせずに帰ってきた。

Basslog20181007a 久し振りなのと、台風の余波による強風下という状況の中で出撃した。

荒れてていてもなかなかいい感じで走破することができ、快適であった。

久し振り過ぎて、この水が通常より濁っているのか澄んでいるのかもよく分からなかった。

| | コメント (0)

2018年8月29日 (水)

M31MF

Basslog20180829a ボイジャーのバッテリーを容量が大きいM31MFにしてみた。

そんなに違いはないと思っていたけど、意外と重い。。。

でもかなり持続力はアップした。

朝から晩までフルに釣りすることが多い自分にはこのサイズが合っている。

ただ、夕方チャージャーに繋いでも一晩で満充電にならないので、連荘の釣りでは1個では足りない。。。

日照時間が短くなるからこれからの時期は大丈夫かな・・・

| | コメント (0)

2018年2月20日 (火)

桜マーク

今年の2月1日からライフジャケットの着用義務拡大という法令改正が行われた。

ボートから釣りをするときはライフジャケット着用はもはや当たり前のことと思っているのは、ちゃんと着用している人でしょう。

そんな人でもライフジャケットに桜マークが入っているものを使わないといけなくなったので注意が必要だ。

桜マークが入っていても、腰巻のタイプは浮いた時の姿勢が気になり、所持していたけどあまり使ったことはなかった。

でも、最近の腰巻タイプはそんな不安が解消されている。

Basslog20180220aBasslog20180220c スミスのウエストベルトタイプSMT-5120RSはその新たな機能を搭載しているので、浮いた時の姿勢が安定する。

これなら安心して腰巻タイプを使用できるし、平常時のシルエットもすっきりとしておりお洒落でいい感じだ。

Basslog20180220b オカッパリでも装着したくなるし、もちろん桜マーク入りなので法令適合品。

適合品でオシャレなデザインということで、ライフジャケットがあまり浸透していないバス以外の釣りや海洋レジャーでも、着用が当たり前になるといいね。

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

ボートキャリア

ボートキャリアも新しいものに全て替えてみた。

ボートキャリアはずっと脚の部分だけを車に合わせて使いまわしてきた。

Basslog20171116a キャリアのパーツ全てを購入したのは約30年振りとなる。

でも基本的なものは昔とそんなに変わっていなかった。

金額は変わったのかどうか知らないけど、スライドバーとか付けたら8万円ぐらい掛かった。

ベルトの締め付けなんかはだいぶ楽になった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧