2019年9月14日 (土)

G.TRD

今年のiCastで発表された新製品が9月に入って続々発売されている。

そんな新製品の中で気になっていたものの1つであるGiant TRD。

自分の周囲にはこれを1番待ち望んでいた人も多い。

BIGが4in.、Zinkerzが5in.そしてこのジャイアントは6in.。

TRDのジャイアントということで、太さもあっていい感じだ。

Basslog20190914a 5inセンコーと比較すると5inセンコーよりも1インチ大きいというよりは2周りぐらい大きいといったところだ。

日本では5inセンコーですら大きいと敬遠されてしまうけど、5inセンコーでは既に物足りない自分には素敵なサイズ感。

これのジグヘッドワッキーなんかは物凄く効きそうだ。

Basslog20190914b それにしてもここ最近のZ-man人気は凄い。

自分が数人から依頼されたものだけで既に何百パック入れただろうか…?

ズームはそれ以上で既に何千パックと入れている。

個人レベルでこんななんだから釣具屋は物凄い数が1ヶ月に動くんだろうね。

やはり釣具店は儲かるね。

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

Ned Fry

Basslog20190909a 6th Senseから発売された新製品‘Ned Fry’を入手した。

興味をそそられた訳でもなく、新製品ということでなんとなく…

でも想像以上にいい感じであった。

ベースは今ではあまり使われることのなくなったキャタピラー系のワームで、ほぼただの棒状。

マテリアルは硬めで、他にはない硬さを備えている。

更にボディの高さもあるので、かなり硬さを感じさせる。

キャタピラー系のワームは柔らかいと曲がってしまって本来の威力を発揮できない。

このネッドフライはその辺を考慮されているようで、非常にいい感じの質感でできている。

浮力も非常に強い。

製作者は色々と肝となる部分をよく解っている人だと推測できるので、このワームは期待できそうだ。

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

パカリグ

以前に紹介したパカクロ―を用いたネコリグが、一部の人達の間で流行っている。

Basslog20190908a 確かにこれはよく釣れる。

クローワームのネコリグは場所によっては非常に反応が良い。

このパカリグはラトラーを入れるところが通常のクローワームとは違うところ。

ジンラルーのラトルが入るので、音がしっかりと出る。

これを使っていると、やはりワームにサウンドをプラスするとプラグ以上に有効な気がする。

 

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

SWシュリンプ

お盆に桧原湖へ行った時に、最初主に使用していたのは3~4inのワーム。

持っていったワームの中では小さめのものを選んだ。

釣れるけど、イマイチ反応が悪いので、ワームは何がいいのか聞いてみた。

すると、1~2in程度の小さなワームが良いとのことであった。

そんな小さいワーム持ってきてない…と告げると、「大きいワームでも釣れますよ」と言われ、その次に彼の口から発せられた言葉に衝撃を受けた。

「レッグワームとか大きいワームでも釣れました」

自分の手持ちのワームの最小サイズでもレッグワームよりデカいし…

結局少しワームを分けてもらって釣ったところ、2inピンテール2inセンコーがよく釣れた。

2inセンコーを使うなんて15年振りぐらいでは?

最近は5inセンコーばかりで、センコー自体は使っているけど2inはほぼ使っていなかったけど、やはりセンコーはよく釣れる。

状況によってはこんな小さなワームが有効だったりするので、持っていると重宝する。

でもたまにしか桧原湖へは行かない人も多いと思うので、わざわざタフな時用にそんな小さいワームを揃えるのも…と思う人におすすめのワームがある。

Basslog20190907-1Basslog20190907-2 それはSWシュリンプ

このシュリンプはソルトウォーター用で、ノーマルのシュリンプの偏平ボディと違って、ボディがグラブ同様の丸い形状となっている。

このSWシュリンプを分解して使う。

Basslog20190907-3 スティック状に延びた2本の腕は、正に2inのピンテールやセンコーと同等のものとして使える。

これをライトキャロで使い、ボディ側はノーシンカーで触角付きのイモグラブとして使用できる。

つまり1パックでピンテール20本、イモグラブ10本使える。

まだまだ数はたくさん釣れる桧原湖だけど、これなら2パックあれば1日十分楽しめるでしょう。

| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

JB桧原湖シリーズ

Basslog20190906a JB桧原湖シリーズ第3戦IMAKATSUカップのストーリーをアップしました。

あまり桧原湖へ出ていないので、ストーリーを書くのは選手からの情報を頼りにしている。

何気なく尋ねたり、話し掛けたりして情報を得ているけど、結構話す人などは吟味している。

ストーリーに書くためということを漏らさず、何気ない会話から情報を拾うことが多い。

釣りがうまい人や成績上位者であれば情報はしっかりとしたものを持っていそうだが、釣り人は天狗になっていると違った情報でも胸を張って断言してしまうことも多々あるので、参考程度にしている。

湖の全体的な情報は偏りがないようにするために我の強い人からの情報は避け、全体をよく観えている人の情報を軸に記している。

出来る限り、行っていない人にも状況を思い浮かべられるようにしたいと思っている。

それと前回に引き続き、優勝した伊藤諭選手の個別動画が完成したのでアップしました。

ウイニングパターンが一般の人にも、もっと解りやすいようにして、釣行に役立つものになれば幸いです。

Basslog20190906b 今回の伊藤選手の使ったルアーはAR-Wピンテールのライトキャロ。

AR-Wピンテールの使ったカラーが素晴らしい。

自分が熱望して追加してもらったカラーだけに、このカラー(54.パール/クリアーシルバー)の愛用者が桧原湖で増えてきているのは嬉しい限りだ。

過去にAR-Wピンテールを使って表彰台に立った選手はほぼこのカラー。

桧原湖では間違えなく一番反応が良いカラーだ。

| | コメント (0)

2019年8月28日 (水)

サカマタシャッド8in

周囲で愛用者が多いサカマタシャッド。

5inを使用している人が多いけど、あえて8inを使ってみた。

ジンゴロームで使用すると、メチャクチャスキッピングしやすく、物凄い勢いで水面を20mぐらい滑って飛んでいく。

そんなキャストしやすさもあり際どい所へイージーに入る。

ジャークすると結構トルクのあるダートとイレギュラーな方向性は、他のジャークベイトとは違う感じであった。

そして数投後、断続的にジャークしていると、感触がノー感じとなったので、ロッドを立ててみると喰っていた。

フックは7/0とデカいので、12lb.ラインを切るぐらいの勢いで思いっきりフッキングした。

Basslog20190828a すると、上がってきたのは1キロちょいのバス。

かなりの大型をきたいしていたのに…

1本釣れるとワームが切れるか、フックがズレやすくなってしまい1本消耗してしまうという噂通りであった。

手持ちが1本しかなかったので今回はこれで終了。。。

他にはない感じと、キャストのしやすさは非常によいので、次回はちょっとタックルから見直してしっかりと使い込んでみたい。

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

トラウトトリック

昨日のスピニングの話題の中でトラウト釣りのようだと言ったが、そういえば最近トラウト用のワームを購入した。

トラウト釣りをするのは数年に1回くらいで、トラウト釣りはあまりやらない。

トラウト用ではあるけど、バス用に購入したみた。

Basslog20190810a というのは、そのZ-manのトラウトトリックというワームは、以前ギャンブラー社にあったスタッドそのまんまの形状だったからだ。

スタッドはスティックベイトだけど、ノーシンカーで使うのではなく軽量ジグヘッドやヘビキャロで使用することが多かった。

よく釣れたワームなので、なんとなく導入してみた。

なぜこれがトラウト用なのかという疑問も浮かんだけど、まあそれはどうでもいいかな…

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

ボールドブルーギル

ストライキングのOPTシリーズで一番気に入っているキャタピラー系のワーム‘スーパーフライ’。

Basslog20190803a これにもダーティサンチェスみたいな‘ボールドブルーギル’というカラーがあったので追加してみた。

こんなカラーがあったとは今まで全く気付かなかった。

インジェクションのワームと違って、同系統のカラーでも全く違った印象を受ける。

ハンドポアのワームってあまりないけど、なくならないのは根強い人気とこれだからこそのものがあるのだろう。

このポアならでは風合いは好きだ。

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

チャートリュース/ブラック

プラグのカラーではチャートリュースと言えば定番中の定番カラーである。

でもワームのチャートリュースとなると、あまり使われていない。

プラグを多用する人とワームを多用する人というのは、結構別れるところ。

プラグを使う人はチャートリュースのワームも普通に使う人が多い。

でもワームをよく使う人はあまり使わないカラーである。

プラグを多用する人はルアーという一括りの考えで、ワームを多用する人はルアーが餌の延長線上にあるので、餌としてあり得ないカラーは避け、ナチュラルなカラーを多用する。

自分はチャートリュースのワームは当たり外れが大きいので、非常にルアーらしさがあって好きなカラーだ。

Basslog20190729a_20190730064501 特にチャートリュースブラックフレークは霞水系では最も信頼しているカラーだ。

ヤマモトのセンコーやカットテールのチャートリュースブラックフレーク#156は絶対的な信頼がある。

| | コメント (0)

2019年7月21日 (日)

BEST POWER HAWG

かなり信頼しているバークレイのパワーホグ4in。

最近はアメリカでも再販され、日本では発売当初のまままだ販売されている。

ただ、パワーホグの素材は何回か変更されている。

過去を遡ると、トーナメントストレングス時代のパワーホグが最もよかったと思う。

今では手に入らないけど、まだストックは幾つかある。

そんなこともあり、余ほどタフな時にぐらいしか出さない。

Basslog20190721a そんなベスト時代のパワーホグを先日久し振りに同行したヤス君からもらった。

この仕様が出回ったのがバスバブルの弾ける頃だったので、意外と世の中に出回っている数は多い。

錆びれた釣具店なんかに行けばまだあるかもね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧