2021年11月24日 (水)

Turbo FattyZ

Basslog20211124-1_20211123092801 昨日のレーザーシャッドで思い出した、Z-manの新作ワーム‘ターボファッティ’。

既存のファッティとは違い、ボディは丸型形状となっている。

実物は結構太目で、マンズのハードワームを連想させるボディシェイプだ。

既存のファッティはノーマルとマグナムの2サイズがあるが、このターボファッティは1サイズで6in。

ファッティは片面フラットなので、それほど太さを感じないし、実際にシェイキーヘッドでの使用時も3/0フックぐらいでちょうど感じに合う。

このターボファッティはファッティというネーミングだけあって、元々太目なのだが、丸断面というだけでかなりボリューム感が増していい感じなのだが、ファッティの様にシェイキーヘッドで使用するには5/0ぐらいのフックが欲しいところだ。

Basslog20211124-2_20211123092801 そしてこのワーム最大の特徴であるテールは他にはない独特な形状をしている。

小さなパドルテールとハドルっぽいシャッドテールのフュージョンといった感じだ。

他にはない感じなので、実物を観ないと想像つきにくいと思う。

このようなロングワームでテールがバイブレーションするタイプは世の中に幾つもあるけど、このテール形状は他にない。

同様のロングワームではウルトラバイブスピードワームはよく使っている。

特に夏はこの手のロングワームが活躍することが多く、クリーチャーやクロー系のワームを入れても反応ないところにロングワーム入れたら入食いなんてことも何度か経験している。

ノーマルサイズでは釣れ過ぎてサイズが選べないなんてこともあるので、最近はウルトラバイブスピードワームのマグナムも夏は必ず持って行くようにしている程だ。

2年前に発売されて結局まだ使っていないままだが、Zクローワームなんかもこの手の部類のワームだ。

クリスジョンストンがエリートに出始めた頃、春先からUVスピードワームをかなり頻繁に使用していたので、春なんかも効くのかも。

なんか夏イメージが強いので、これを機に来春から投入してみようと思う。

| | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

トマト探し・9

Basslog20211123a 以前にも取り入れてみたZマンのファイアクローがレーザーシャッドにもあった。

レーザーシャッドはワームとして単体で使うよりはトレーラーにすることが多い。

でもワームとして、軽量のジグヘッドやテキサスリグなんかでスイミングさせても良さそうだ。

そんなこともあってトレーラーとしてではなくワームとして取り入れてみようと思い、ファイアクローを追加してみた。

やはりちょっとトマトとは違う感じだなぁ…と思う。

レーザーシャッドとヤマモトのザコはどちらがのトレーラーに合うか?

これはたまに聞かれることだが、自分としてはそんなに違いを感じないので同等品として捉えている。

レーザーシャッドはエラストマー製なので、持続力は圧倒的にある。

ザコは持続力がなさそうだけど、意外と長持ちする。

縦長の断面だからか、バスが激しく暴れても横向きにズレて、トレーラーによくありがちなスパッと裂けてしまうことがない。

感覚的には1本のザコで10本弱のバスをキャッチできる。

レーザーシャッドはもっと持つけど、それくらい使っていると、ワームとくっ付いてしまったり、ロストしたりで、結局は1本で10本程度のキャッチ数に留まっているような…

| | コメント (0)

2021年11月20日 (土)

Dシャッド

Basslog20211120a 2年程前に知ったゲーリーヤマモトのDシャッド。

昨年から使っているが、結構気に入っている。

ソフトスティックベイトと言えばランカーシティのスラッゴーが元祖であり、今までこれでかなりの数のバスは釣った。

このスラッゴーが発売された当時、これを初めて使った時の釣れ具合の衝撃度は過去最高であった。

あれから30年以上経つけど、あれほど衝撃的に釣れたルアーは他にない。

それぐらい凄かったスラッゴーだが、その当時のインパクトが強過ぎて、未だに頭から離れない。

その後は普通の釣れ具合に落ち着いてしまったのだが、最初の衝撃度が凄すぎてそれから徐々に使わなくなってしまった。

そんなこともありってソフトスティックベイトから離れてしまっていた。

そして昨年辺りから久し振りに使っているが、最近は多様化しており、使い方に合わせた色々なものがある。

それで色々探している時に知ったDシャッドだが、これがなかなかいい。

ヤマモトマテリアルだけあって比重が重く、ノーシンカーで落とすにはフォールスピードも速く、シミ―フォールをこなす。

ダートもセンコー同様に高比重ならではのトルクのあるダートをする。

ただ、スティックベイト自体が不人気なこともあり、残念ながら日本では販売終了となってしまった。

| | コメント (0)

2021年11月16日 (火)

Beaver

元祖ビーバーであるリアクションイノベーションズのビーバーを久し振りに追加した。

Basslog20211116a 冬用に青いのと白いのと、定番ダーティーサンチェス。

冬は季節に合った寒そうなカラーがよく釣れるので、青と白を使う頻度は高い。

青いワームというのは昔は定番であったが、最近はラインナップもされていないことが多い。

釣れないのではなく売れないというのがラインナップもされない原因だろう。

このビーバーは3.5inのスモーリービーバー。

リアクションで釣るのに小さい方がコンパクトに収まり、より早く落とせるのでスモーリーを取り入れてみた。

パンチングに使用されることの多いビーバータイプだが、自分は普通にテキサスでカバー撃ちしたり、ジグヘッドで使用することが多い。

スイングヘッドとの組み合わせは抜群に合っていて、これでストンストン落としていく釣りには非常に使いやすい。

それとスローに使う場合は軽量ジグヘッドと組み合わせてボトムを這わすような使い方をする。

この釣り方はKVDも冬に使っていて、確かにこのような偏平ボディタイプのジグヘッドは冬よく効く。

ボトムべったりに居て、あまり動かないバスにはこれが効果的だ。

| | コメント (0)

2021年11月14日 (日)

トマト探し・8

ネットベイトの新作‘Bバグクリーチャー’。

Basslog20211114a 一見リアクションイノベーションズのビーバーっぽい。

よく観るとボディのリブがかなり太く成型されている。

リブが太いので自重は重くなるのでキャストはしやすくなりそうだ。

それ以外は本家とそんなに変わりはない。

パクリと言ったらそれまでだけど、色々なメーカーがこのタイプをリリースしているので、未だにこのタイプは必要不可欠な形状なのだろう。

そしてこのBバグクリーチャーにはグリーンパンプキンテキサスレッドスワールというカラーがある。

このレッドの部分がトマトっぽい透けない赤を使用している。

このスワール系の風合いだと、トマトに近いような気もする。

 

| | コメント (0)

2021年11月 9日 (火)

SAKURA Worm

SPROから何種類かワームが発売された。

Basslog20211109b 幾つかのワームはエラストマー製で、その1つサクラワームを入手した。

どこからどう見てもネッドリグ用に作られたワームだ。

サイズは3.5inと表記ではあるが、実寸は3inジャスト。

TRDフィネスなんかよりはスキニーシェイプなので、実物はかなり小さく感じる。

軽量のネッドリグ用ジグヘッドと組み合わせて使ったら良さそうだ。

それとこのワームは匂いが付いている。

よく日本のワームに付いているような匂いだなぁ…と思ったら、このワームは日本製であった。

スプロの製品は日本語名が付いている製品が多いけど、このワームはなぜに桜なのか…?

このワームのボディ断面は6角形と思いきや、5角形であった。

Basslog20211109a そして更によく観てみると、五角形の角は角ばっておらず、丸まっている。

頭から観てみると、桜の謎も解けた。

| | コメント (0)

2021年11月 3日 (水)

ブラック

トードバズに装着するパドルテールタイプのスイムベイトで、ブラックの物を探してみたら意外とない。

Basslog20211103a 探してたらケイテックのスイングインパクトファットにはブラックがあった。

ブラックソリッドのものというのはありそうで、意外とない。

トマトほどではないけど、あまりラインナップされていないのは意外であった。

無難に釣れるカラーであるのだが、確かにソリッドはなかなかない。

シルエットがハッキリするカラーなので、濁った時等には必需。

その他では水面で使うルアーのカラーとしてはブラックは非常に効く場面が多い。

近年バズベイトなんかは圧倒的にブラックが人気ある。

ワームのカラーとなると、ソリッドのブラックよりブルーやレッドのラメが入っているものの方が多い。

レッグワームのブラックは未だに入荷してもすぐに売り切れてしまうほどではあるけど、他のワームでは不人気なカラーだからかラインナップすらされていない。

という事で、ブラックって定番カラーではあるけど、地味に希少なカラーだ。

| | コメント (0)

2021年10月30日 (土)

トマト探し・7

ストライキング社の2022年度リリース予定の製品の中に新しいカラーが加わっていた。

Basslog20211030c ファイアクローということで、レッドとオレンジのカラーだ。

写真を観た感じでは、レッドとオレンジのスワールカラーとなっているようだ。

ちょうどV&M社のファイアバグをスワールにした感じだ。

この系統のカラーというのはプラグではよくあるクローパターンのカラーだ。

でもワームにはあまり存在していなかったのは意外な盲点だったような気がする。

Basslog20211030b ストライキング社はこのファイアクローはプラグにも採用するそうだ。

既存ではデルタクローやチリクローなんかが同系統のカラーである。

ラッキークラフトのデルタクレイジークローとTOクローのようにオレンジの割合が変わるぐらいの違いだ。

デルタクレイジークローなんかは好きなクロー系カラーなので、プラグにもこのカラーが出るのはいいね。

今回のファイアクローはレイジバグ、メナスと、使用頻度の高いものに加わるので期待も大きい。

ただ、これも赤系統のカラーではあるがトマトとはちょっと路線がズレてる。。。

| | コメント (0)

2021年10月29日 (金)

トマト探し・6

Basslog20211029b V&M社にはMLFプロJacob PowroznikのJPROZというシリーズがある。

そのシリーズの‘J-Bug’。

このJバグにも先日のワイルドサングクローと同じファイアバグがあったので入手してみた。

このワームは使ったことないけど、ストライキングのスパースモンキーっぽい形状をしている。

テールは一見トラディショナルなダブルテールに見えるが、デザインからするとUVに近いバイブレーションをしそうだ。

そして肝心のカラーだが、やはりズームのトマトとは違ってかなり明るいカラーであるが、これはこれで良さそうだ。

Basslog20211029a 今年度のBASSオープンシリーズでAOYを獲得したジェイコブポロゾニック。

単発で参戦しているアイクも上位に食い込んでいるところを観ると、やはりMLFプロの強さというのは感じる。

彼の釣りはパワーと繊細さを兼ね備えている感じで、うまく使い分けている。

どんなワームなのかも含めて使うのが楽しみだ。

| | コメント (0)

2021年10月20日 (水)

トマト探し・5

V&M社のワイルドサングシリーズにあるワイルドサングクロー。

Basslog20211020a これにファイアバグという赤いカラーがあった。

半面は鮮やかな発色の良いオレンジで、これはこれで好きなオレンジなので非常に気に入った。

元々、このワイルドサングクローはJBプロの友人の1人が非常に好きで、結構な頻度でこのワイルドサングクローを使っている。

それで以前から気なっていたけど、使ったことはなかった。

腕の形状がJ型で先端側が太くなっており、他にはないような、正にそのネーミングにふさわしいようなワイルドなアクションが出せる。

実際の赤い部分の発色もいい感じで、このカラーだけの単色も欲しいところだ…

これはこれで、プラグにあるようなデルタクローみたいな感じで良さそうだ。

この系統のカラーももっとあっても良いような気がするけど、レッドとオレンジの組み合わせたカラーもワームでは少ない。

トマトとは別物としてもこのカラーは期待している。

V&M社は以前日本にも代理店があったが、今では取り扱っていない。

ここのワームは豚の脂を配合したマテリアルというのが特徴である。

塩も含有していて、硬さや実際の釣果を踏まえると、マテリアルとしては良い部類に入る。

昔はここのキャタピラー系のワームをよく使っていたけど、V&M製のワームを使うのも25年振りぐらいになる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧