2017年11月19日 (日)

新ワッキー

Basslog20171119a 最近お気に入りの小物にオープンスイベルというものがある。

これがなかなか便利である、

最初観た時は強度がなさそうでパスしたけど、頭の片隅にずっとこのオープンスイベルが残っており、気になって使ってみた。

すると、強度は想像を遥かに超えており、かなり強い。

最初はリーダー無しのDSに使ってみた。

元々DSはあまり使わないので、出番があまりなかったのだが、いいアイデアが浮かび、それで使用してみたところ、なかなかよかった。

それはジグヘッドワッキーのヘッドとして使用するというもの。

Basslog20171119b先日のホバリンゾーイに使用されているような、自動ハリス止めになっていないDSシンカーとチョン掛けフックを入れて閉じる。

これをジグヘッドワッキーのヘッドとして用いると、これがなかなかいい具合だ。

ジグヘッドワッキー用のヘッドはフックが小さいものしかないのと、強度がイマイチの物しかないけど、これならフックは色々と選択可能。

ハンガーフックのHDとかを使用すれば、ベイトタックルでも全然いける。

繋ぎイモクラスの太いワームも余裕でジグヘッドワッキーができるという超優れものになる。

| | コメント (0)

2017年11月18日 (土)

Z-Craw Jr.

今年は右腕がテニス肘になってしまい、スピニングロッドを使うと腕が痛くてあまり使っていない。

桧原湖で使ったぐらいで、他では正月以来ほぼ使ってもいないし、持っていってもいない。

そろそろ治って欲しいけど、まだ痛いうえに、昨日ボートを持ち上げた時にまた痛めてしまい悪化。。。

そんなこともあり、今年はライトテキサスが自分のライトリグになっている。

ライトテキサスと言っても自分のライトテキサスは3/8oz.と、一般的なものよりも重い。

これで使用することが多いのがズームのZクロージュニア。

今ではかなりの信頼度となっているので、今年は自分の最終手段となっている。

Basslog20171117a 特によく使うカリフォルニア420とジュンバグは1パックに10本以上詰め込んで持っていく。

これ以外のカラーも使うので、UVスピードクローの次位に持っていくカラーは多い。

来週は小森カップ2017があるので、そろそろスピニングを使いたいのだが…

使えないようであれば、今年活躍してくれているこのZクローやUVスピードクロー、繋ぎイモ、パワーホグ…辺りで戦うしかないね。

| | コメント (0)

2017年11月11日 (土)

バマクロー

アメリカのクロー系のワームにはよくラインナップされている‘アラバマクロー’。

オレンジベースのカラーで、なかなかよく効くカラーだ。

特に元々はクリアな水系で濁りが入った時なんかには特によく効く。

Basslog20171111a 昨年はバマクローのレイジバグが非常によく釣れ、今年もバマクローは調子が良い。

やはり濁りが入った時に物凄く効き目を感じる。

そうやって考えていくと、濁りが入ると、レイジバグよりもう少し強いアピール力のワームが必要と感じる場面がある。

Basslog20171111b そう考えるとスピードクローなんかのバマクローも欲しくなる…

といった感じでスピードクローもまた1色追加。

スピードクローはよく使うので、12色持っていくことが多い。

こうやってワームのカラーもどんどん増ええいく、これでまた1つ増えた(笑)。

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

ダーティサンチェス

昨日のスキニーディッパーに1つカラーを追加した。

Basslog20171105a_2 リアクションイノベーションズの看板カラーともいえる‘ダーティサンチェス’を加えた。

好きなカラーだけど、スキニーディッパーでは今まで持っていなかった。

ダーティサンチェスも昨日のマネーショットバイオレット同様に、新品は色が鮮やかに観えた。

Basslog20171105b 既存のものと比較すると、チャートリュースの部分が鮮やかであった。

でもこのカラーは色褪せたというよりは、経年劣化でグリパンとチャートがいい具合に馴染んだ感じだ。

| | コメント (0)

2017年11月 4日 (土)

マネーショットバイオレット

シャッドテールのワームでかなり長い期間使っている1つにリアクションイノベーションの‘スキニーディッパー’がある。

最近は比重の高いシャッドテールも多々あるが、以前はこれくらいしかなかった。

そんなこともあってか、これは抜群によく釣れた。

その頃の思いもあり、未だに比重が高いものを使うとなるとこれに手が伸びる。

Basslog20171104a スキニーディッパーで好きなマネーショットバイオレットが残り少なくなったので買い足した。

比べてみるとだいぶ黄ばんできていることが判った。

好きなカラーなので何パック分かを詰めておいたので、未だに旧パッケージであった。

そういえば、バニーガールのイラストもいつの間にか消えている。

ワームにもバニーガールが刻印してあったと思ったけど、スキニーディッパーにはなかった。

トリキシィシャッドやトリキシィシャークにはバニーガールがワームにも刻まれていたけど、現行物はどうなんだろう…?

| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

Hammer Craw

Jacob Wheelerの今年の活躍は物凄かったし、物凄い話題にもなった。

Basslog20171103a そんなジェイコブがデザインしたクローワーム‘ハンマークロー’がジンラルーから発売された。

ジェイコブの話題程は日本では話題にもなっていないし、知らない人が殆どのようだ。

サイズと形状からするとズームのウルトラバイブスピードクローに近い感じだ。

ジンラルーと言えばトミービッフルのビッフルバグだが、ビッフルバグのアーム同様に先端がシャッドテールみたいな形状になっている。

ビッフルバグのアームは大きさの割にアピール力が強い。

Basslog20171103b このハンマークローのアームはもう少し大きいので、強烈にアピールしてくれそうだ。

ジンラルーは来年の新作にバスシューターのサイズアップ版である‘Big Hunk Shad’も登場する。

バスシューターは実物観て「小さい…」と思ってしまったので、これには期待大。

 

| | コメント (0)

2017年10月30日 (月)

シェイキーヘッド

アメリカではよく使われていて日本ではあまり使われていないものって幾つかあるけど、その代表格はシェイキーヘッドではないだろうか?

Basslog20171030a シェイキーヘッドは必要性を感じなかったけど、最近物凄く気になって初めて取り入れてみようと思いピカソのシェイキーヘッドを買ってみた。

色々なシェイキーヘッドがあるけど、理想的なものとはちょっと違う感じであったけど、ピカソのものが一番良さそうだったので、これに決めた。

ベイトフィネスならこのくらいの軽量ヘッドでも、容易にスキッピングもできそうだ。

スクリューキーパーは先日のリューギの緩いものが、シェイキーヘッドこそ合いそうだけど、自分で作るしかないね。

ピカソ製品はあまり日本では馴染みがないけど、なかなか独創的で面白いものが多い。

日本ではこれもあまり使用されていないネッドリグのヘッドなんかは、このピカソも専用ヘッドを発売している。

そのヘッドがいい感じだ。

前々からこのアイの位置のジグヘッドって欲しいと思っていた。

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

ブルー

青いワームって最近はあまりラインナップされていない。

アメリカのワームだと青系のカラーは数色ラインナップされていることが多い。

Basslog20171029a ズームのエメラルドブルーキラーブルーは好きな青系のカラーだ。

濃厚な青ベースにグリーンラメの入ったエメラルドブルーは、透明度が2m以上あるような水系の、やや深いレンジで活躍してくれることが多い。

ジュンバグと似ているけど、ジュンバグよりも若干水に馴染みやすく、10mぐらいの深いレンジでもしっかりと活躍してくれる。

Basslog20171029b キラーブルーはベースが薄いブルーで、山上湖のような透明度がかなり高い水系で活躍してくれる。

バックにはブルーパール、ベリーにはパープルパールが入っている。

カラーラインナップが350色と多いズームだが、ソリッドのブルーはないのは残念。

| | コメント (0)

2017年10月28日 (土)

基本3原色

ルアーのカラーは色々な状況を踏まえて考えると、かなりの数が必要となる。

プラグにしてもワームにしても同様のことがいえる。

ワームは喰わせとして入れることが多いので、基本は水に馴染みやすいカラーを選択することが多い。

Basslog20171028a 新たなフィールドや、当たりのカラーを探す時はまず3原色を軸に使っている。

ただ単に赤青黄色といっても、透ける透けない、暗い明るい、ラメの有無などによって、同じ色でもかなり違ってくる。

赤青黄色のワームなんて最近はあまり見掛けないんだけどね。。。

あと自分がよく使うカラーで一般的でないのは紫、黒、白。

グリーンパンプキンやスモークといったカラーは無難に釣れるんだけど、爆発的に釣れることを考えると、他のカラーになる。

そんなことを考えながら釣りしていると、エンドレスでタックルが増えていく…(笑)

| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

ワッキーサドル

ワッキーリグをやる際にワームが飛んで行ってしまうのを防ぐグッズが最近は色々と発売されている。

どれもちょっと面倒なので、結局現場では付けずに使ってしまうことが多い。

一番多用しているのはスプリングだけをねじ込みそれにフックを掛けるスプリング式。

Basslog20171023a リング式も試しているけど、意外とズレやすい。

でも専用のツールを使えばセットはこれが一番早くて現場でも面倒になりにくい。

Basslog20171023b 他にはワッキーサドルという2点式のものがあったので、これも導入してみようと思う。

これは2点で支えてくれてズレにくそうだし、フレキシブルに動くので、良さそうな気がする。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧