2021年11月11日 (木)

これ絶対釣れるやつ

自分はあまりテレビを観ないので、たまに観るとメチャクチャツボに嵌まって大笑いすることがある。

ちょっと前に観たインスタントラーメンの「これ絶対うまいやつ~♬」はツボに入り1人で大笑いであったけど、周囲は何が面白いの…といった感じであった。

そのフレーズの様に‘これ絶対釣れるやつ’というルアーやタックルがフィールド毎にある。

Basslog20211111a 関東の平野部にある河川だとルアーは、ジャイアントドッグX、イナバズ、LC1.5には、かなりの実績もあることから絶対的な信頼度があるので、何度訪れてもこれらのキャスト数は多い。

他のルアーを付けていても、いつの間にかこの3セットになっていることもよくある。

先日釣りの最中に、ふとデッキの上にある見慣れた3セットを観て‘あっ、これ絶対釣れるやつらじゃん’って思ってしまった。

ロッドはNAZ-62ML、TVC-65M/HG×2に、リールはカスタムプロ、カスタムSLP、ラインはポリエチレン、ナイロン、フロロカーボンの組み合わせ。

リールは8.3:1、7.5:1、6.8:1のギア比のものを使用し、ラインは4本編みのPE1.5号、ナイロンの16lb.、フロロカーボンの12lb.を使用した。

これらは関東平野河川最強タックルと自負している。

これらのタックルを使って攻めるのだが、これらを使ったキャスト回数というのは1日どのくらいなんだろう?

自分の釣りを観たことある人だと分かると思うけど、間違えなく普通の人よりもキャスト数は多い。

これは意図的に多くしている。

それにこの時期は特にスピードの速い釣りが主体となるので、必然とピックアップまでの時間も短い。

どれくらい速いかというと、例えば自分のGドッグXの釣りを初めて観た人は必ず「そんなに速く動かして釣れるの?」と言うぐらい、普通では誰もやらないぐらいのハイスピードだ。

そんな調子で攻めていくので、当然キャスト回数も多くなる。

ゆえに、絶対釣れるタックル達で誰よりも多くキャストしているのだから、誰よりも1番釣れてるはず…と思って釣りしている(笑)

| | コメント (0)

2021年11月 8日 (月)

PE4本撚り

PEラインの編んである本数は3本4本8本9本12本と色々ある。

4本8本撚りが一般的である。

8本の方が圧倒的に使いやすいし、飛距離も出る。

でも体感的に4本撚りの方が強いような気がする。

PEラインを切れる寸前の状態で使用するような使い方はしたことないので、どちらが強いのかははっきりとは分からない。

4本でも8本でも20lb.であれば20lb.なのだが、実際に使ってみての残存強度や耐摩耗性というのは、実際に何回も極限の状態で使ってみないと判らない。

Basslog20211108-2 なんとなく4本撚りの方が強いような気がするのと、他にも幾つか気になる点があったので、4本撚りを久し振りに巻いてみた。

最近トップウォーター用にはPEラインしか使っていないけど、8本編みでも問題はないのだが、なんとなく4本編みを使っていた時の方が優れていたような気がする点があるので、再び使ってみることにした。

これはただの好みではあるけど、フッキングした時のガイドとラインの軋む音が4本の方が大きくて、この音こそPEらしくて好きだ。

1本1本の繊維が4本の方が太いので、表面の凹凸が8本よりも大きくなるので、PE使用時のあの独特な軋む音が4本の方が大きい。

ベイトタックルの場合、使うルアーサイズもそれなりにウエイトのあるものなので、飛距離の違いはそんなに気にならない。

それにアキュラシー性を求める場合が多いので、遠投するような飛距離はそんなに必要としない。

それとキャストする際のラインが出る音も4本の方が出る。

慣れてくると、この音で距離感とか、ルアーの速度とかも感じ取れるので、4本の方が使いやすいかな…?

スピニングタックルでは飛距離を求めたり、軽量な物をキャストする釣りが主体となるので、8本編みが使いやすい。

しばらく4本を使用してみてどちらが良いのか判断しようと思う。

| | コメント (0)

2021年10月31日 (日)

Sufix832

Basslog20211031a アメリカでは定番のPEラインとなっているサフィクスの832というラインがある。

8本撚りのPEで、通常はダイニーマ8本を撚っているのが普通の8本撚りのPEラインである。

この832は7本のダイニーマと1本のゴアファイバーを編んでいる。

このゴアが比重を上げ、擦れに対する耐久性を向上させるという。

ライン自体にも張りが加わり、操作性も向上するという。

そもそもゴアって何だ?という感じだ…

今まで832は気にはなっていたけど、使ったことはなかった。

最近色々なPEを観ていたら、これは使っておいた方がいいと思い購入してみた。

バスに使われているラインはナイロン、フロロカーボン、ポリエチレンの3種類。

それぞれの素材毎に、このメーカーがベストという圧倒的な品質を誇るメーカーがそれぞれ1社存在する。

これは釣りをしばらくやっていれば誰でも判るくらい、他のメーカーとは明らかに品質に違いがあるのは解かる。

PEだとあのメーカーが圧倒的な品質である。

PEに関しては30年前の大学生の頃にはそれに気付いていた。

より良いものを求めて、目新しい物や気になるものを発売した他のメーカー製のものも多々使用してはみたけど、PEは間違えなくあのメーカー製が一番である。

そんなこともあり他のメーカーは殆ど使っていなかった。

これを機に幾つかのPEをまた試してみようと思う。

| | コメント (0)

2021年2月19日 (金)

糸巻

2月というのは1年で一番バスを釣るのが難しい時期だろう。

2月の厳しい日に当たると、よっぽど1月のもっと寒い日の方が釣りやすかった…なんてことになる。

日によって違いも大きいのと、あっさりとイージーに釣れることもあるが続かないことが多い。

この時期に難しくしている原因の1つに、バスが横方向にばかり反応するということもある。

特に日本で主体となっているライトリグの釣りが最も効かない時期でもある。

そんなこととかをトータルして考えると1年で最も厳しい時期だろう。

Basslog20210219a そんな時期だからこそライン選びも慎重になる。

まず重視するのは太さ。

そして次に素材。

この時期は極限まで細くすることが多い。

あれこれ想像してラインを選んでいる時間って、これもバスの面白さの1つ。

| | コメント (0)

2021年2月 3日 (水)

ジャークベイトのライン

ジャークベイトに使うラインは太いナイロンがいい?

Basslog20210203b というのは、ジャークベイトに使うラインは20lb.以上の太いナイロンラインが伸びなくて良いと思っている人が多いからだ。

どこからそんな情報が広まったのだろうか?

ナイロンラインだけで見たら、太い方が同じ力では伸び始めが遅いので伸びにくいと言える。

でも伸びるし、フロロカーボンでも伸びる。

ロッドの弾性と同じで、一言にジャークベイトと言っても、使い方の用途に合わせてラインは使い分けると良い。

ロッドとの組み合わせも加味すると、その選択幅は広がる。

自分はフロロカーボンとカーボンロッド、フロロカーボンとコンポジット、ナイロンとコンポジットの3パターンを状況に応じて使い分けている。

Basslog20210203a_20210203013401 先日は潜行深度とリアクションを意識した切れのある動きが欲しかったのでカーボンロッドのジンゴロームにフロロカーボン8lb.を組み合わせた。

冬はジャークベイトがポーズ中に若干沈んでもよいと思っているので、フロロカーボンを使って、深度と切れを重視している。

春になり少し暖かくなってくると、非常にシビアな状況がある。

そんな状況下ではしっかりと水中でポーズさせたいので、ラインによって影響が出ないナイロンラインがよい。

フロロカーボンだとラインが沈むのでルアーが沈んでしまう。

サスペンドでも、冬は若干シンキング方向がむしろ良いことが多く、春はジャストで止まるか、若干浮上するものが良い。

これらは状況によって変わってくる。

ナイロンラインなんて使う人は少ないと思うし、8lb.くらいの細いものなんて更に使わないだろう。

でも春のジャークベイトやサスペンドミノーにはナイロンラインは必要不可欠。

 

| | コメント (0)

2021年1月 5日 (火)

Shad Rap

Basslog20210105-2 結構寒くなってきたので、そろそろシャッドラップに頼ろうと思い、シャッドラップ用のタックルを準備した。

最近のベイトタックルなら投げにくいシャッドラップでも十分キャストできる。

でも、狙う水深まで到達させるには飛距離が出た方が調整しやすい。

ラインも細い方が深度を出せるので、スピニングが扱いやすい。

ロッドはシャッド専用のグラスコンポジットロッドである‘シャッドマニピュレーター’TVS-65ML/HGを使用する。

Basslog20210105-1 これに8本撚りのPEライン0.8号の組み合わせで使用している。

リーダーはナイロンの6~8lb.を1m程結んでいる。

シャッドを使う際は中層で止めることもあるので、リーダーにはナイロンラインが合っている。

シャッドラップは7,6,5を使い分ける。

カラーは昔と変わらずSDとCWがあれば事足りる場面が今でも多い。

この2つにデーモンとカリビアンシャッドがあればかなりの状況下をカバーできる。

| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

マイクロメータ

リールに巻きっ放しのラインがどのくらいの太さだったのかが解らない。

なんてことはよくあることだろう。

Basslog20191130a_20191129152201 マイクロメータを使えば、太さはすぐに判る。

これはあると意外と便利なものだ。

自分はノギスと同じくミツトヨ製のものを愛用している。

端っこにある黒いダイヤルを回して挟めばラインが潰れたりすることもなく、ほぼ正確な数値が得られる。

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

スネリング

管無しフックを結ぶ時に用いるスネリング、いわゆる外掛け結び。

これは非常にラインの強度が出せるので、よく使っている。

ストレートフックを結ぶ際は、今では100%この方法で結んでいる。

この方法だとシンカーまでバスが咥えていれば、フッキングするとフックは確実に上向きになるのも利点の1つ。

先日使用していたテキサスリグだが、この方法で結び1日中結び替えをしなかった。

ラインは15lb.のフロロカーボン。

Basslog20191126a 家で引っ張って切ろうとしたけど、全く手で切ることはできなかった。

先日装着したワームストッパーもしっかりとアイの繋目をカバーしてくれていた。

クリンチ、パロマ―、ユニノット等、管に結ぶものはどれもしばらく使用すると手で引っ張れば結び目から切れてしまうぐらい、結び目には負担が掛かると強度は落ちる。

特に自分の場合、使うシンカーも1/2oz.ぐらいが標準なので、一般的に用いられているシンカーよりも重いので、ノットへの負担も大きい。

それでもスネリングなら全く結び目が弱ることはないので、結び替え時にハサミは必須。

管無しストレートフックなんてあったらいいと思うけど、売れない管無しフックに売れないストレートフックの組み合わせは間違えなく売れない(笑)

スネリングは細軸の管無しフックを用いたライトリグでも非常に有効だ。

普通に管アイに結ぶなら、フィックスユニノットが強い。

これは輪の中を3回ラインを通す前に、輪を作る時にアイに再度通すという自分が思い付いたユニノットだ。

この方法だと、最後に締める際、メインラインを絞ってくるとラインを巻いた箇所がきれいに巻き付き、ラインブレイクの原因となるラインが重なることがなくなる。

DSで使用時の、シンカー側のラインが引っ張られて結び目が開いてしまう現象もこれなら防げる。

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

リーダー

PEラインを使用するときは、リーダーを付けるようにしている。

リーダーはしっかりと結んでおかないと抜けたり切れたりしてしまう。

色々な結び方があるけど、間違えなく言えるのはPEラインの巻き回数が多いノット程強い。

自分も10回以上は巻くようにしている。

ただPEラインを巻くのは結構面倒で時間が掛かる。

Basslog20191102a でも最近、DS用のシンカーを用いると早く結べことに気付いた。

DSシンカーをPEラインに掛けて、グルグルと回すと早い。

 

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

ラインリムーバー

リールに巻いてあるラインを一気に取り出すのに便利なラインリムーバー。

ラインの先端をこれに差し込み、あとはボタンを押せばあっという間にラインが引き出せる。

バスの様にタックルが多く、毎回ラインを替える釣りではこれがなくては、寝る時間が減ってしまう。

今まではバークレイ製やシマノ製等を使用してきたが、両方共ローラー部分のゴムが劣化してしまい使えなくなった。

これらの替えゴムがすぐに入手できるとよいのだが、替えゴムを在庫している店はこれだけネット販売が普及しても見付からない。

注文するほどものでもないので、いつも本体ごと代えてしまう。

Basslog20190815a 今回はBoomsというメーカーのものにしてみた。

ちょっと聞いたことのないメーカーであったが、LED付が決め手となり、これにしてみた。

価格は送料込みで1,200円程度と、他の物よりも安い。

安いと不安も残るけど、使ってみたら今までで一番良い。

ローラーの軸はブレないので、ラインをしっかりと挟み込んでくれる。

あまり使うことはないけど、バークレイ同様にフック用のグラインダーも付いている。

LEDはラインを通すところを照らして欲しかった。。。

一番良いと思うのは、メインの押しボタン。

他社の物は全てボタンが凸状になっていて、本体から飛び出ている。

一応ボタンが押されないようにロックを掛けることができるのだが、車に積んで走っている時に、荷室から‘ウィ~ン’とスイッチが入っている音がすることがよくある。

このラインリムーバーはボタンが面一で収まっているので、押されることがほぼない。

それと、本会の色が、他メーカーは黒ばかりで、黒だと肝心な時に見付からないなんてことがよくあるけど、これは白っぽい灰色なので、見付けやすい。

とりあえずネットで検索してでてきたものを間に合わせ程度の感覚で買ったけど、このリムーバーは今まで一番よい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧