2021年4月 8日 (木)

DT6

昨日のラパラのDTシリーズの中でも、この時期最も出番が多いのはDT6。

Basslog20210408a 1.8mダイバーのバルサ製クランクベイトだ。

春は特に今まで多くの思い出に残るバスを仕留めてきてくれた。

バルサ製だからなのか、春は圧倒的にABS製クランクベイトを上回る釣果を何度も経験している。

水温が8℃以下の低水温期は、ナーバスなバスも多いからか、ノンラトルの物が効くことが多い。

使っているとそう感じる人が多いのか、この時期になるとDTのラトル排除の質問が来る。

何度か記しているような気はするけど、自分が探しても見付からなかった(笑)

Basslog20210408b DTシリーズは中にABS製のフレームが入っており、その中にラトルルームがある。

丸した部分に入っているので、ルーターか何か細いもので穴を開けてエポキシを注入すればOK。

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

DT

昨日に続きバルサ製ルアーの話題。

バルサ製のルアーで最も多用しているのがラパラのDTシリーズ。

とにかく春はこれがなくてはならないぐらいの必需品となっている。

春は水深がジャストで合わないと釣れない時もあるので、春は潜行深度を物凄く気にする。

Basslog20210407a ラパラだと春はDTファット3、DTフラット3、DT4、SR7、DT6、DTフラット7、DT10といったものを使い分けている。

DTシリーズだけでも他にDTサグやシャッドラップには1㎝刻みでラインナップがあり、かなり選択肢がある。

更にOG6も加わった。

DTシリーズはバルサ製なのに1,000円を切る価格も凄い。

ハンドメイドのバルサ製クランクベイトなんかよりは劣る部分もあるけど、無難に良く釣れる。

36年前に初めてバスを釣ったのもラパラのバルサ製クランクベイトのファットラップだった。

今年の春もまだまだ活躍してくれそうだ。

| | コメント (0)

2021年4月 6日 (火)

バルサ製

今ぐらいの時期は、立上りの良いルアーは特に反応が良いと感じる場面が多い。

水温が10℃を超えると、ショアに向かってキャストし、巻き始めてすぐにバイトしてくることも多くなる。

トップウォーターでも出たのでは?と思うくらいすぐに喰ってくることも多い。

でもまだこの時期はトップよりも潜るルアーの方が有効な場面は多い。

Basslog20210406a そんな状況下ではバルサ製のクランクベイトは特によく効くと感じる。

ABS製のルアーでも立上りの良いものも多々発売されているが、長い時間使っているとやはりバルサ製には敵わないと感じる場面がこの時期だ。

着水してから動き出すまでの、ほんの一瞬で見切るバスもいるということだろう。

特に水面付近に意識が高いこの時期はバルサ製は必要だ。

| | コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

ジャバージョウのリップ

ジャバージョウのリップはどのくらいの角度動くのか?

と、尋ねられることがある。

Basslog20210402-1 Basslog20210402-2 どのくらいかな?と、自分でもよく解らないので、右と左に振った状態で写真を撮ってみた。

想像していたよりは可動角度は狭いかな…

| | コメント (0)

2021年3月24日 (水)

LJ50

先日友人からスプロのリトルジョンのラインタイはブラス製?と聞かれた。

Basslog202010324a 知らなかったのだが、実物を観ると、確かにブラス製であった。

ABS製のフラットサイド自体が、過去に何度もイマイチの物ばかりであったので、これもほぼ見向きもしていなかった。

ブラス仕様にしたことでどうなのだろう…

OG-6はステンレス製ワイヤを採用しているが、自作したブラスワイヤ製の物の方が明らかに既製品よりも動きは良い。

ボディがABSにブラスワイヤはどうなのだろうか?

バルサボディにブラスワイヤを超えないにしても、同レベルの物ができるのだろうか?

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

タドポリー

昔から好きなルアーの1つヘドンのタドポリー。

ヘドンのルアーと言えばトップウォーターばかりが人気あり、タドポリーはイマイチ人気はないけど自分はこのタドポリーが好きだ。

Basslog20210318b 元々はヴィジュアル的にもあまり好きではなかった。

高校の時に津久井湖へ行った時、このタドポリーが好きでもなかったので、テキトーにキャストしボトムにゴリゴリ当てて引っ掛けるような感じで引いてきた。

引っ掛かってもいいと思っていたこともり、かなり強引にボトムに当てたが引っ掛からないので、もっと勢いよく引いてボトムにコンタクトさせてみた。

それでも引っ掛かることはなく、スピードアップしたらなぜかバスが好反応になった。

Basslog20210318a 驚いたのと同時にこれを境に好きなルアーとなった。

この時のインパクトが強かったこともあってか、高速引き好きなのもここが原点だ。

結構な率でボックスには入れているのだが、最近は殆ど使っていない。

近年の優れたルアーに慣れてしまっていると、アレ⁉といった感じになってしまうかもしれないけど、今年は使ってみようと思う。

| | コメント (0)

2021年3月16日 (火)

DT-Flat Remodeling

以前に改造したDTフラット。

使ってみたら、想定以上にいい感じであった。

Basslog20210316a OG-6Slimが発売されたので、もう要らないかなぁ…と思ったけど、使ってみてびっくり。

自分の好みも踏まえて、リップのサイズ、形状、角度、厚みを考え、アイにはブラス製ワイヤを使用した。

想定していた以上に良かったのはウイグリング具合。

立上りの良さは抜群で、緩めに蛇行する。

OG-6スリムが発売されたばかりだが、こちらの方が使用頻度は高くなりそうだ。

| | コメント (0)

2021年3月 7日 (日)

アリワート

中国製のウイグルワート系クランクのブランクを色々と弄っている。

Basslog20210307a 主にはウエイトの重さや位置を換えて色々と試している。

オールドスクールを使ってしまえば解決するところでもあるのだが、プリラパラでももうちょっとあれをあんな感じに変えてみたいとか、もっと凄いものを目指している。

自分がプリラパラの欠点と思っているところを、改善したものを作りたいというのが弄り始めたきっかけ。

この系統のルアーは幾つものメーカーが類似品を出しているけど、未だにプリラパラを超えるものがないのが現状。

なので難しいとは思うけど、なんとなくできそうな気もする。

| | コメント (0)

2021年3月 4日 (木)

ルアー作り

Basslog20210304a 久し振りにクランクベイトを作ってみた。

クランクベイトやミノーって、色を塗ってコーティングするまでの工程が多く手間が掛かる。

そして完成して、いざ泳がせると…

理想通りにうまく泳がないと、全く不要となってしまうので、泳がせるまでちょっとドキドキ。

先にスイムテストすればよいのだが、いつも完成してフックを装着してから泳がせている。

今回はどうだろうか?

たぶん大丈夫なはず。

| | コメント (0)

2021年3月 2日 (火)

プリラパラ

旧ウイグルワートが急に使いたくなった。

プリラパラと呼ばれるストーム社がラパラ配下になる前のウイグルワートで、ちょっと気になることがあって試したくなった。

Basslog20210302-1 旧ウイグルワートのカラーは赤系のカラーばかりであったので、色を塗るためにプリラパラのカラーをやすりで削り塗装を剥がした。

奇抜なカラーにしようと思い、今回はボーン素材の物をチョイスした。

Basslog20210302-2

ウイグルワートの素材は溶剤で溶けやすいので、やすりで削って剥がすのがお勧め。

一応プリラパラの証であるネームの刻印は残しておいた。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧