2018年2月13日 (火)

ウイニングルアー

先日のエリート初戦で優勝選手が使用していたメインのルアーはRTO1.5というラッキークラフトのルアーだ。

Basslog20180213a このルアーの名前を聞いたこともない人も多い事でしょう。

以前ラッキークラフトにあったRC1.5と全く同じもので、名前が変わっただけのものだ。

エリートシリーズだとウイニングルアーはで物凄く注目を浴び、ショップではすぐに売切れということが多々ある。

しかしこのルアー名前が変わってからはあまり売れていないからか、RCの時のような入手困難さはない。

それで昨年ぐらいからTWでも安売りを始めたし、最近ようやく在庫がなくなってきたところであった。

そんなこともあり、現時点ではあまり在庫しているショップは少ないので、今回の優勝で売れるとメーカーが判断すれば追加生産されることでしょう。

ロッドも昨年シグネチャーモデルが発売されており、今回もそのロッドを使っていたようだが、売れるのだろうか?

このロッドは7ftのMHコンポジットということで、TVC-71MH/HGと被る部分があるので、気になってすぐに触ってみた。

価格差もあるけど、TVC-71MH/HGの方が圧倒的に良かった。

ただ、このRTO1.5を使用するのであれば、TVC-71MH/HGよりもTVC-65M/HGの方が、ルアーの動きもよくなるし、キャストの精度も上がるし、乗りもよいし、バラしも軽減できる。

日本ではルアーは注目されるので、多少はルアーの注目は浴びると思うけど、ロッドは話題にも挙がらなそうだ。

このブログのアクセス数を観ていても、アメリカの話題の時はアクセス数は下がることから、あまりエリートシリーズには興味がないのかな?と感じる。

でも、最近は若干ながらBASSの注目も上がってきたのとの相乗効果もあったのか、昨日のアクセス数は通常の倍近い4,800を超えていた。

こんなところでは恩恵を受けていた。

| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

バド

Basslog20180112aBasslog20180112b 昨日のウイグルワート以上にストックがあるのがバド。

現役で使っているものも、微妙に違うタイプ別に5種類ぐらいあり、更にそれらをロストした時に補える予備軍。

更にまだ何も弄っていないストック達。

更に最近はほぼ使わないクリアボディ達。

更にコレクション用の未開封品達。

合わせたら何匹いるのだろう…?

そしてまだまだ目新しいものは買い足している。

バドは弄る面白さもあるし、使う楽しさもあるし、集める喜びもある素晴らしいルアーだね。

| | コメント (0)

2018年1月11日 (木)

ウイグルワート

ストックの多いルアーは、ロストしやすいものや壊れやすいものが多い。

ディープクランクなんかは根掛かりしやすいし、回収器を使っても取れないでロストすることも多い。

なので必然と気に入っているものはストックも多くなる。

中にはロストしにくいけど、増えていくものもある。

それは例え同じものであっても個々にちょっと違いがあるようなもの。

アメリカンルアーに多いバラつきがあるルアーなんかがそれに当たる。

偶然の産物みたいな個体を気に入っても同じものをもう1つ見付けるのは大変なことだ。

なので、ついつい見掛けるとどんな個性の持ち主が気になり、どんどん追加していってしまう。

Basslog20180111a ウイグルワートなんかもそんなルアーの1つだ。

かれこれ30年近く愛用しているけど、未だにもっと欲しいと思う。

オールドスクールばかり取り上げられるけど、現行物や後付けリップのものなんかも、別物として好きなクランクだ。

意外と突出して聞く時期って短いけど、低水温期のウイグルワートでの釣った感はたまらない。

ウイグルワートだからというよりは、低水温期という時期のクランクという部分で釣った感が増すのだろう。

結局この短く、あまり釣りに行く人がいない期間のために特化したクランクという分野には足を踏み入れようとする人は少ないんで、まだまだウイグルワートがこの時期は独占だね。

| | コメント (0)

2018年1月 5日 (金)

ハスティ

元祖システムクランクのハスティ。

既に廃番ではあるが、世の中に出回っていた数は相当な数だ。

20年以上バスフィッシングをしている人であれば、誰でも使ったことはあるだろう。

クリアウォーターからマッディまで、どこへ行ってもよく釣れた。

今では使わなくなったけど、幾つか大事に保管してある。

そんなハスティはサイズ別に1~4まであった。

同じカラーで1~4まで所持しているものはなかった。

先日ちょっと時間があったので、中古ルアーで1つ火の玉カラーを見付けたのをきっかけに1~4まで同じカラーを探してみた。

Basslog20180105a そして火の玉ハスティ1,2,3,4揃った。

ちょっと嬉しい。

使えないルアーの巣窟になっている感がある中古店だが、こんな楽しみ方もある。

| | コメント (0)

2017年11月30日 (木)

Shad Rap

今日は非常にうれしいニュースが入ってきた。

Basslog20171130b 昨日のバッドシャッドが意識したであろう伝説のシャッド‘シャッドラップ’、これを使い始めたのはちょうど西君の生まれた頃だね(笑)

ということで、かれこれ30年近く使っているけど、カラーも昔から使うものはそんなに変わっていない。

シャッドラップを使うタックルやフックは変わったなぁ…

1年中よく釣れるシャッドラップだが、これから水温が1桁になる寒い時期や、春の寒の戻りの時は特に強さを発揮する。

Basslog20171130a なんだかんだ7を使うことが昔から多い。

5も使うし、微妙にレンジを変えたい時なんかのために、最近は追加発売された6もボックスには入れている。

でも真っ先に手が伸びるのは今も昔も7。

カラーはクローダッド、シャッド、パーチをまずはチョイスすることが多い。

これからもシャッドラップは外せないだろう。

| | コメント (0)

2017年8月10日 (木)

ファットイカ

バックスライドのワームは最近多々あるけど、やはりファットイカが最も釣れる。

特に夏はファットイカの出番は多くなる。

河川で釣りをするとき、ワームはノーシンカー用にファットイカ、テキサス用にZクロー、この2つぐらいしかワームは持っていかないぐらい信頼をしている。

Basslog20170810a 先日も最後はここぞという場所でファットイカで狙い撃ちして仕留めた。

後発のバックスライドはすぐに廃れるけど、ファットイカは未だによく釣れる。

そんなファットイカで、最近ディープで多用しているバックスライドがある。

Basslog20170810b ジグヘッドを使用して、フラ側から装着する。

ジグヘッドは1/32oz.ぐらいの軽量の物がベスト。

そして逆側にネイルシンカーをインサートする。

Basslog20170810c ネイルシンカーは1/16oz.がベスト。

この組み合わせでバックスライドしていき、ボトムに着いてからは、軽くシェイクするとローリングを容易にこなせる。

ファットイカならノーシンカーで10mラインも狙えるけど、これの方が沈みも早くて便利。

ベビーファットイカだと更に使いやすい。

ロッドはノーシンカーでもジグヘッド仕様のバックスライドでもジンゴロームが使いやすい。

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

現行ワート

ウイグルワートはオールドスクールと呼ばれている旧型の物ばかり、未だに話題に上がっている。

このウイグルワートは今でも現行品としてストームのラインナップにはある。

でも現行モデルはあまり人気がないのが現状。

オールドスクールとは確かに違うけど、これはこれで優秀だと思うので、自分はこれも使っている。

Basslog20170806a 今年初めのテーブルロックでのオープン戦で6位だったRandy Sullivanは、この現行ワートのみで釣っていた。

あまりというかほぼ話題にもならないので、今更ながら出してみた。

| | コメント (0)

2017年7月 5日 (水)

オールドスクール

Basslog20170705a 古いウイグルワートの1つが、かなりカラーが剥げてきたので全部剥がした。

昔のウイグルワートはウエイトに鉛を使用していて、これが経年劣化で白い粉を吹いてくる。

ボディ内に浸水していないのに白濁し、内面塗装のようになっている。

これを逆手にうまく利用すれば、シャッド系のファントムカラーはいい感じで塗れそうだ。

| | コメント (0)

2017年4月13日 (木)

火の玉ハスティ

火の玉ハスティが中古店で200円で売られていたので救出。

Basslog20170413aつい最近まで発売されていたロングセラークランクで、ハスティにはやはりこのカラーが似合う。

今では当たり前のシステムクランクの元祖である。

40,50代のバス歴が長いアングラーであれば、生野銀山湖でキャッチされた60.5cmのバスが掲載された広告を思い浮かべることでしょう。

当時はかなり衝撃的だったロクマル。

これでハスティ4の赤青が揃った。

| | コメント (0)

2016年12月26日 (月)

Little MAX‘ザ・銀’

そろそろ冬支度ということで、メタルバイブを出してみた。

普段でも少しだけ入れていて、秋の急激な水温低下時や真夏のディープフラットぐらいでしか使わないので、そんなに数は入れていない。

冬は根掛かりするような場所を攻めるから数も多めに入れておく。

冬になるとリフト&フォールのリアクションでの釣りとなるので、シルバーが圧倒的に釣れる。

でも、最近のメタルバイブってシルバーがあまりない。。。

一番気に入っているリトルマックスには、シルバーで背中だけに黒が入ったカラーがあり、それをいつも多用していた。

そのカラーのメタルバイブが見付からなかったので補充しようと思い釣具店に行ってみた。

でも、そのカラーどころかシルバー系のカラーがない…

Basslog20161226a と思ったら、なんとオールシルバーの‘ザ・銀’という、正にこれが欲しかったんだよ!というカラーが1つだけあった。

ただ、ウエイトが5gのみしかなかったのは残念。。。

やはり冬は誰もがシルバーだと思っているので、売れてしまったのでしょう。

冬はシルバーとチャートリュースとゴールドの3色を持っていれば何とかなるし、大半の時間はシルバーを使うことが殆どだ。

現実的な現場側意見からすればシルバー系は絶対にたくさん必要なんだけどね。。。

でも、EG社はさすがメタルバイブの世界を変えたリトルマックスを作った会社だけあって、痒い所に手が届く感じだね。

リトルマックスって発売されてから結構経っているのにあまり目立たない存在だけど、日本が世界に誇れる素晴らしいメタルバイブだと思う。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧