2021年9月23日 (木)

定番ルアー

タックルボックスの中を整理していると、使い古したワームが何本か出てきた。

Basslog20210923a よくよく観ていると、その大半が今年50アップをキャッチしたものであった。

改めて見てみると、釣っているのは定番中の定番といったものばかりだ。

使用頻度が高いからというのもあるだろうけど、定番となっているような長年売れ続けているロングセラーのルアーはやはりよく釣れる。

センコー、スピードクロー、スイングインパクトファットはバッタ物もたくさん出回っている。

でも面白いのは、オリジナルを超えるものって出てこない。

マテリアルやちょっとした形状の違いで別物となってしまうぐらい変わってしまう。

センコーなんてただの棒状であり、ほぼ同じものが他社から多々発売されているけど、センコーを超えるものは未だにない。

同メーカー内でサイズ違いなどをリリースしても、オリジナルを超えるものって出てこない。

センコーは5inが圧倒的に良く釣れるように、小さくしたり大きくしても釣れるには釣れるけど、オリジナルを超えることはない。

でもセンコー5inは日本では不人気。

これは日本であまり販売していないことと、5inというサイズが日本受けしないというのが原因だろう。

逆にアメリカでは人気がないが日本では人気があるスワンプクローラー。

これなんかを見てもオリジナルのスワンプクローラーはよく釣れるが、スワンプクローラーを真似たワームは釣れるには釣れるけどスワンプを超える釣果は出せない。

同じマテリアルでも微妙な違いでも大きな差が出ることもある。

例えばスワンプクローラーなんかは、同マテリアルで塩の含有量が違うものが存在する。

スーパーソルトプラスという塩を通常よりも多く入れられているものは特によく釣れる。

では塩がたくさん入っていれば釣れるのか?

ズームマテリアルよりも明らかに塩の含有量が多いヤマモトマテリアルで作れば釣れるのか?

ヤマモトマテリアルでスワンプ形状のネコストレートは明らかにスワンプには敵わないことからも、ただ単に塩を多くすればよいというものではない。

パワーホグは4inがベスト形状だと自分は思っている。

でもそれはテキサスリグでの使用の場合であって、キャロなら3in、DSならバルキーがベストと、他のサイズは他の使い方をすると良いものもある。

最近多用しているZマンのエラストマー製のものだと、あれがベストというものがある。

これはこれで既存のワームとは違うマテリアルの性質があるので、それに合ったものがある。

突き詰めると色々と面白いものがある。

近い将来、プラグの素材も替わるだろう。

そうなると全く同じものを作っても、その素材の性質によって色々なものに変化が出てくる。

そうなれば釣果にも影響が出るのは必然。

そんなところまで突き詰めて考えているメーカーは幾つあるのだろうか?

某メーカー社長が「アパレルはテスト期間がいらないから手っ取り早く儲かる」と言っていたが、確かにルアーの場合はテストするには時間もお金も掛かる。

そのメーカーは定番となるようなルアーはまだないけど、いつかはしっかりとテストを重ねたものをリリースすることだろう。

どんなメーカーでも大体1つは定番ルアーと言えるようなロングセラーのルアーがある。

そんな定番を2つも3つもあるようなメーカーは凄い。

| | コメント (0)

2021年9月21日 (火)

ショウワート

貴重なプリラパラのウイグルワートのリップが折れてしまった。

Basslog20210921-3 折ってしまったというよりはプラスチックの劣化の様で、あっさりと折れてしまった。

このウイグルワートは使うものではなくコレクション用のものであった。

このカラーは特に大事な物だったので残念。

Basslog20210921-2 このウイグルワートが販売されていた昭和時代は、この鱗模様のものには赤青緑金銀、そしてこの紫の6種類があった。

初めてストームのルアーを買ったのはこのカラーのファッツオーだったので、このカラーは特に思入れがある。

そのファッツオーは、ニジマスであったが初めてルアーで魚を釣ったルアーだ。

その後、ウイグルワートやウイワート等も買い足して、大事にしていたが、車の盗難と共に全て失った。

あのタックルボックスは思い出もたくさん詰まっているので戻ってきて欲しい。

小学生当時はまだ円安で$1が360円ぐらいであった。

なのでアメリカのルアーなんて高くてなかなか買えるものではなかった。

Basslog20210921-1平成になった頃の1989年のバスプロショップスのカタログを見ると、ウイグルワートは$3.47で、この頃には先述の鱗模様のカラーは既に廃番。

オールドスクールのウイグルワートでも鱗模様のものは確実に昭和のものという事だ。

この頃になるとクリアボディのものも加わり、現在でも人気のあるファントム系カラーがラインナップされている。

タイムマシーンが出来たら戻って大量に買ってきたい。

| | コメント (0)

2021年9月17日 (金)

Vibra-Shaft

今でもタックルボックスにはスタンレーのバイブラシャフトが幾つか入っている。

最近はブリングばかり使っていて使用頻度は下がってしまった。

でも30年以上使用していて未だに外せないぐらい信頼度は未だに非常に高い。

特に昔のバイブラシャフト1/2oz.は素晴らしいバランスだ。

以前は1/4oz.も気に入っていたけど、軽いスピナーベイトの使用頻度が落ちたので外してしまった。

結局今は1/2のみ。

ブレードは全て標準装備されているものとは交換している。

Basslog20210917a だいぶ酸化してくすんできたので磨いてみた。

特に自作したブレードを装着しているものは、ブラス製の無垢なので酸化してしまう。

なのでたまに磨いてあげないと輝かない。

ルーター用のゴム砥石である程度磨いて、仕上げはコンパウンドで磨く。

磨きたては鍍金同様の光沢がある。

| | コメント (0)

2021年9月 5日 (日)

FR7

Basslog20210905a 最近使ってないなぁ…と、家のコレクションとなっているラパラのファットラップを眺めていた。

これとは別に、実際に使うファットラップがある。

FR5は最近までたまに使っていたけど、FR7は使わなくなって結構時間が経った。

釣れない訳ではなく、これを必要とする場面が他のクランクベイトで補えてしまうようになり、これでなくてはいけないという場面がなくなったので外してしまった。

バルサ製なので、プラスチック製のものとは違う効果を発揮していることもある。

思い起こせば、あのバスはバルサだからこそバイトしてきたのかなぁ…なんて思えるものもある。

低水温期のバルサの強さを観ていれば、バルサの必要性は感じる。

でも最近はプラスチック製でも優秀なものも多々出てきた。

それは仕方ないことだが、コレクションとしてもこのルアーはいい味を出してくれるので、ファットラップなんかは全カラーを集めてもいいかも。

とりあえず今はメタリックのパーチ、青金といった比較的レアなカラーと、ドラえもんっぽい青銀を飾ってある。

ファットラップを再び使う日は訪れるかな?

| | コメント (0)

2021年5月18日 (火)

DT10 #DEMON

ラパラのDTシリーズで使用頻度が高いデーモン。

先日DT10のデーモンを使おうと思ったら、タックルボックス内になかった。

家のストックを探してもなかった。

よくよく考えたら元々持っていないかも…

Basslog20210518a そんな意外な盲点となっていたDT10のデーモンを加えた。

DT10を使う時、この3~4mぐらいのレンジを探る場合、DT14をチョイスすることが多いので、DT14のデーモンはかなりの頻度で使用している。

でも春の水深を微妙に合わせていかないといけない状況下では、DT10も出番が多くなる。

DT10を使う時はクローダッドとパロットのどちらかをチョイスすることが多い。

そんなこともありDT10のデーモンは意外な盲点となっていた。

| | コメント (0)

2021年4月22日 (木)

DTチューニング

新たにタックルボックスへ入れるDT-6のデーモンを1つ選んだ。

Basslog20210422-3 まずはフックとスプリットリングを全て外す。

標準装備されているフックはVMC社のショートシャンクであるのだが、KVDトリプルグリップに替えると更に掛かりはよくなるので交換してしまう。

スプリットリングは少しサイズダウンする。

そしてラトルの排除を行う。

Basslog20210422-2 ちょっと前に記したインナープレートのラトル位置を参考にルーターで穴を開ける。

穴は0.8mmのドリルで開けている。

エア抜き同様に慣れると一発でラトルルームに貫通できる。

ラトルルームは非常に狭いので、穴を開けたら掘った時の削りカスでラトルはほぼ動かなくなる。

一応穴塞ぎも含めてエポキシを注射器で注入して固定する。

Basslog20210422-1 エポキスは1滴程度の微量で足りる。

エポキシがなければウレタンでも大丈夫。

あとはフックをトリプルグリップの#4をサイズダウンさせたスプリットリングで装着して完成。

トリプルグリップ以外では、がまかつEWGショートシャンクかオーナーのSTXがよい。

いずれもサイズは#4。

ただ、DTはバルサ製なので、個々の浮力にバラつきがある。

#4ではシンキングになってしまうものもあるので、そのような場合は標準と同じ#6にするか、本体自体をチェンジ。

| | コメント (0)

2021年4月21日 (水)

デーモン

先日の釣行ではDT6のデーモンが活躍してくれた。

Basslog20210421a_20210421134301 この時期はよく活躍してくれる大事な存在であり、この時もコンディションの良い2キロ近い48㎝を仕留めてくれた。

しかしこのDT6のデーモンは壊したり、ロストしたりと、失うことも過去に何度か…

そして今年も気に入っていたDT-6のデーモンを根掛かりでロストしてしまった。。。

たんたんタヌキのルアーリトリーバーでかなりがんばって回収しようとしたけど、タヌキの本体がルアー自体にコンタクトすらしないややこしいところへ入り込んでしまったようであった。

しばらく続けているとラインが持たずラインブレイクしロスト。

バスの歯形もたくさん付いてきて、働き盛りといった感じのいい状態であったのだが…

仕方ないので新しいものを出すことにした。

Basslog20210421b ストックは4個あった。

デーモン等クローフィッシュパターンのプリントはプリントする位置が個々に微妙に違っている。

プリントする位置によってアイの位置が決まるので、アイの位置によって表情が違って見える。

完全に全く同じものよりも個々に表情があって個性的であることから愛着が持てる。

でもそれゆえロスト時は悲しい。

とりあえず1つ選び、使うための軽いチューニングを施す。

それはまた明日…

| | コメント (0)

2021年4月 8日 (木)

DT6

昨日のラパラのDTシリーズの中でも、この時期最も出番が多いのはDT6。

Basslog20210408a 1.8mダイバーのバルサ製クランクベイトだ。

春は特に今まで多くの思い出に残るバスを仕留めてきてくれた。

バルサ製だからなのか、春は圧倒的にABS製クランクベイトを上回る釣果を何度も経験している。

水温が8℃以下の低水温期は、ナーバスなバスも多いからか、ノンラトルの物が効くことが多い。

使っているとそう感じる人が多いのか、この時期になるとDTのラトル排除の質問が来る。

何度か記しているような気はするけど、自分が探しても見付からなかった(笑)

Basslog20210408b DTシリーズは中にABS製のフレームが入っており、その中にラトルルームがある。

丸した部分に入っているので、ルーターか何か細いもので穴を開けてエポキシを注入すればOK。

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

DT

昨日に続きバルサ製ルアーの話題。

バルサ製のルアーで最も多用しているのがラパラのDTシリーズ。

とにかく春はこれがなくてはならないぐらいの必需品となっている。

春は水深がジャストで合わないと釣れない時もあるので、春は潜行深度を物凄く気にする。

Basslog20210407a ラパラだと春はDTファット3、DTフラット3、DT4、SR7、DT6、DTフラット7、DT10といったものを使い分けている。

DTシリーズだけでも他にDTサグやシャッドラップには1㎝刻みでラインナップがあり、かなり選択肢がある。

更にOG6も加わった。

DTシリーズはバルサ製なのに1,000円を切る価格も凄い。

ハンドメイドのバルサ製クランクベイトなんかよりは劣る部分もあるけど、無難に良く釣れる。

36年前に初めてバスを釣ったのもラパラのバルサ製クランクベイトのファットラップだった。

今年の春もまだまだ活躍してくれそうだ。

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

タドポリー

昔から好きなルアーの1つヘドンのタドポリー。

ヘドンのルアーと言えばトップウォーターばかりが人気あり、タドポリーはイマイチ人気はないけど自分はこのタドポリーが好きだ。

Basslog20210318b 元々はヴィジュアル的にもあまり好きではなかった。

高校の時に津久井湖へ行った時、このタドポリーが好きでもなかったので、テキトーにキャストしボトムにゴリゴリ当てて引っ掛けるような感じで引いてきた。

引っ掛かってもいいと思っていたこともり、かなり強引にボトムに当てたが引っ掛からないので、もっと勢いよく引いてボトムにコンタクトさせてみた。

それでも引っ掛かることはなく、スピードアップしたらなぜかバスが好反応になった。

Basslog20210318a 驚いたのと同時にこれを境に好きなルアーとなった。

この時のインパクトが強かったこともあってか、高速引き好きなのもここが原点だ。

結構な率でボックスには入れているのだが、最近は殆ど使っていない。

近年の優れたルアーに慣れてしまっていると、アレ⁉といった感じになってしまうかもしれないけど、今年は使ってみようと思う。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧