2023年2月 5日 (日)

Ned Rig

ネッドケーデ氏が始めたネッドリグ。

10年ぐらい前から広まり、今では各社ネッドリグ用のワームをリリースしており1つのリグとして確立された。

一番ベーシックなフィネスTRDに似た形状のものは最近では物凄い数の製品がある。

Basslog20230205a その殆どのものを試してみた結果、今のところ使っているのが3種類ある。

フィネスTRD、リルジェネラル、ネッドセンコーの3つ。

フィネスTRDが一番使用頻度は高いけど、ネッドセンコーとリルジェネラルはちょっと違った要素がある感じなので併用している。

それぞれマテリアルは全くの別物といった感じで、それぞれによさがある。

TRDは言うまでもなく、素晴らしい完成度である。

新しいマテリアルのネッドセンコーは、ちょっとねっとりとしたマテリアルにメガフロートフォーミュラが加えられたもので、既存のゲーリー素材とは全くの別物となっている。

これが効くのか、TRDよりもかなり浮力が弱い割には非常に反応がよい。

そこら辺を踏まえて考えると、マテリアルが影響していると思うので、ちょっとこの新しいマテリアルにも興味津々。

リルジェネラルはマックスセントシリーズなので、あの独特なマテリアルを採用されている。

止めて喰わすことを考えると、匂い付きは有利に感じる場面がある。

ガルプよりは使いやすくなったけど、匂いはガルプより抜けやすいのと、ワームやエラストマーのような生命感はない。

どれがベストなのかよく分からない部分があるけど、今のところはTRDがベスト。

| | コメント (0)

2023年1月21日 (土)

ワッキーリング

Basslog20230121a ワッキーリグ用のOリングを補充した。

一応大小の2種類用意しているが、最近は大きい方しか使ってない。

それもほぼ5inセンコーに使用しているのが大半だ。

スリンコーもこれと同じものでちょうどよいので、やはりこのサイズが今年も一番使いそうだ。

最近思ったのだが、使うシンカーが1/8oz.が多くなったこともあってか、Oリング付けていてもバスのヘッドシェイクでワームがスッ飛んでいくことが多くなった気がする。

スリンコーなら飛んでいってしまうことも少なくなりそうだ。

| | コメント (0)

2022年8月 3日 (水)

Free rig

最近、フリーリグというものがある。

基本テキサスリグのような物なのだが、シンカーにバレットシンカーではなくナス型のシンカーを使うというもの。

通常のテキサスリグよりもシンカーが先に落ちて、ワームが後から少し離れて落ちてくるというもの。

テキサスリグでも同様の事なのだが、ナス型おもりを使うことで、シンカーとワームの離れ具合が大きくなりやすい。

自分もテキサスリグはペグ止めしないことが多いので、このシンカーとワームの離れ具合は昔から非常に重要視している。

昔はシンカーを丸玉のシンカーを用いて、ワームは抵抗の大きいものを選び、なるべく離れやすくなるようにしていた。

このリグは特に霞水系では絶対的な反応の良さがあった。

Basslog20220803a その頃に絶対的な信頼を置いていたのがゲーリーヤマモトのフラグラブ。

数センチ程度の小刻みなリフト&フォールでもしっかりとワームとシンカーが離れてくれ、圧倒的に良く釣れた。

フリーリグに使用されているワームはクリーチャー系やクロー系の物が多いが、フラグラブの方が合うのではと思いやってみたら、やはりこれはベストマッチ。

このフラスカートの抵抗がよい離れ具合を作ってくれる。

これに一番ハマっていた25年くらい前は色々なワームにフラスカートを炙って付けていた。

色々やってみたけど、ブラッシュホグがボチボチ良かったぐらいで、フラグラブが圧倒的に当時から良かった。

霞水系に行く時は未だにフラグラブは外せないのはこの頃の想いが未だにあるから。

最近はフリーリグもちょくちょく使っているので、フラグラブもまた使用頻度が急上昇中だ。

| | コメント (0)

2022年7月 5日 (火)

#9003 Fire Craw

昨日のネッドセンコーの反響の大きさを観ていると、やはりゲーリー製品というのは未だに偉大さを感じる。

やはりゲーリーマテリアルというのは釣れる素材であり、これからも釣れ続けるのであろう。

Basslog20220705a そんなヤマモト社からも遂にカラーにファイアクローが加わった。

なかなかいい感じの色合いなので、通常のヤマモト製品にもラインナップして欲しいカラーだ。

ゲーリー製品のようにカラーラインナップが多いと、似たカラーも多くなるのは歪めない。

そんなこともあってカラー名はカラーネームではなく、カラーナンバーで呼ぶことが多い。

例えば自分の好きな#031‘ブルーパールラージシルバーなんかは‘ゼロサンイチ’と呼んでいる。

このファイアクローはなんとカラーナンバーが#9003の4桁となった。

4桁になるとカラーネームで呼ぶようになりそうな気もするなぁ…

| | コメント (0)

2022年7月 4日 (月)

NED SENKO

ゲーリーヤマモトの新製品‘ネッドセンコー’のデリバリーが始まった。

遂にネッド戦争にヤマモトも加わった。

Basslog20220704a 昨年変わったメーカーのロゴもこのネッドセンコーでは新しいロゴパッケージになった。

センコーと言ってもこのネッドセンコーはノーマルのセンコーよりも若干太目な、ファットセンコーとほぼ同寸。

マテリアルは今までにない感じのマテリアルを採用している。

ネッド用という事で浮力がどんなものなのかという点が重要な部分である。

サイズは3inということで、TRDフィネスを意識しているのだろうとは思うけど、ヤマモト社としてはこの形状はセンコーが元祖だと言いたいところだろう。

マテリアルはエラストマーではない。

Xゾーン等で採用しているようなフローティングマテリアルよりは柔軟な感じで、若干伸びがあるように感じる。

既存のゲーリーマテリアルとも違う。

ソルトはおそらく入っていない。

 

| | コメント (0)

2022年5月24日 (火)

スラッゴー

先日のスイベルキャロを使うのに、ワームは何が良いのか…?

産卵を終えて弱ったワカサギを狙っているバスを狙うので、ワカサギっぽいシルエットのものが良いと思い、何が良いか考えた。

最近のリアルなワームでもよいけど、やはりシルエットならスラッゴー3inがジャストサイズだろう。

色々と思い起こすとスラッゴー3inは、おそらく過去に釣ったワームの中でも3本指に入る程釣ったことがあるぐらい多用していた。

最近の釣れないフィールドから判断すると嘘のように感じるかもしれないけど、間違えなく万の桁は釣っている。

張りのあるワームなので、裂けにくいこともあり、1本で数本のバスは釣ることができる。

それでも1日に1パックでは足りない日は多々あった。

Basslog20220524-1 そんなこともあってストックも常にたくさんあり、今でもまだ結構残っている。

そんな実績のあるワームだが、ここ数年は全く使っていなかった。

久し振りに使おうと思い、タックルケースに移したものをみてみると、臭い。。。

オイルが腐ったような匂いがするので洗って、ノリーズのエビパウダーをまぶしておいた。

未開封のものを開けてみたら、未開封のものは悪臭はなかった。

このようなオイルが腐ったような匂いがするワームは、洗剤付けてよく洗って臭いは落とした方が良く釣れる。

エコ仕様のワームだと、オイルの劣化が早いものがある。

そのようなものはしっかりと洗って油分を落として、パウダーまぶすことで喰いはよくなる。

Basslog20220524-3 そしてこのスラッゴーに使うフックはカツイチのプロイワナを用いた。

チョン掛けフックは絶対に管なし推奨派である。

ラインの弱さが出てしまう結節部分の強度が、管なしフックならラインの強度をしっかりと保てる。

それにフック自体の線径も同じものであれば、管なしの方が圧倒的に強度はある。

そしてハイランドレイクのスモールマウスを狙う際に一般的になっている通し刺しにする場合、フックのズレが非常に気になる。

Basslog20220524-2 でも管なしだと通した後にチモトと呼ばれているプレスされてフラットになっている部分が、ワーム内部で引っ掛かるように少し押し戻すとズレなくなる。

実際にスイベルキャロを使用したところ、極細PEでの飛距離は圧倒的なので、このような軽量リグをキャストするには必需だろう。

使い方は引くというよりは、スイベルのウエイトだけでワームを引っ張る感じで引く。

引くというよりはラインスラックだけをゆっくりとリールで取り続けるといった感じだ。

ワーム版のI字、スパイベイトということ。

普段は巻物ばかりキャストしている人には、スピードのギャップが大きくてかなりリズムを合わせにくい釣りになると思う。

そういう人はスイベルの重さだけでカーブフォールさせるとよい。

究極は狙っている層を水平に引くこと。

| | コメント (0)

2022年5月21日 (土)

スイベルキャロ

Basslog202200521-2 最近、野尻湖や桧原湖ではスイベルキャロというものが流行っているそうだ。

スイベルキャロとはノーシンカーのサウスキャロライナリグのことで、スイベルの重さだけで扱うという超軽量キャロということだ。

これならやったことあるという人は多いと思う。

以前はスイベルを糸ヨレ防止のためとか、超シャローやウイードエリアでキャロを使用するために使用していた人が殆どだろう。

このスイベルキャロはスイベルの僅かなウエイトを有効に使用しているキャロライナリグである。

だからわざわざそんなネーミングを付けたのだろう。

軽量のスイベルでもルアー自体に影響を与える小さなワームを用いるのが一般的となっている。

野尻湖を拠点に活動している五十嵐誠の影響が大きいようで、桧原湖野尻湖共にフォロースティックなんかを用いている人が多い。

フォロースティック単体では飛距離が出しにくいのと、漂うぐらいの小さなフックを用いると沈ませるのもかったるい。

だからといってシンカーを用いると、小さなワームには重すぎてしまい、ナチュラルなアクションが損なわれてしまう。

それでスイベルのみのウエイトを利用するということだ。

スイベルというのはどのくらいのウエイトがあるのかというと、通常使用されているスイベルだと0.1~0.2g程度だ。

Basslog202200521-1 自分はボールベアリング式を使用しているので0.4gある。

スイベルキャロに使用するラインはPEの0.2~0.6号ぐらいと、かなり細いものを用いる。

スイベルキャロをネットで検索してみたら、ちょうど五十嵐君が解説している動画があった。

操作方法は彼の傑作であるアイウェイバーと同じ感じだね。

| | コメント (0)

2022年4月10日 (日)

オフセットワッキーネコリング

Basslog20220410a マスタッドのチョン掛け用リング‘オフセットワッキーネコリング’。

最近ネコリグをセットするのはOリングを装着してそれに掛けることが多い。

そうすると必ずワームに対してフックは縦向き。

これの方が根掛かりも少ないので良い。

でもノーシンカーでワッキーリグをセットする際はフックの向きは横向きが好みなので、リングなしで直接横刺しで掛けている。

そうするとワームの消耗も激しくなる。

ということで、リングで横刺しもできるこのマスタッドのオフセットワッキーネコリグリングを使ってみようと思う。

| | コメント (0)

2022年1月21日 (金)

ラトルイン

ワームにラトルを入れると釣れるというが、まだそんなに大きな違いを実感したことはない。

トラディショナルな細いラトラーは音を発しているのかよく分らないし、実際のところ釣果の差を実感したこともなかった。

ジンラルーのグラスラトルを使用するようになってから少し実感できるようにはなってきた。

Basslog20220121a でもここぞと思える場面では実感していない。

冬の寒い時期なんかにバーチカルに動かす時は非常に良い音を奏でるし、非常に効果がありそうだ。

スインギングヘッドにビッフルバグをセットし、ラトルをインサートしたものをバーチカルにリフト&フォールさせると非常に良さそうだ。

更に素早く落とすために腕をカットして使うと、ストンストン落ちて更にいい感じになる。

リアクションで誘うには物凄くいい感じで、釣れるには釣れるけど、未だに物凄く釣れると感じたことはない。

今年もめげずに使ってみてはいるものの…

| | コメント (0)

2022年1月15日 (土)

Alien Heads

通常ネッドリグを使用する時はZマンのシュルームヘッドを使用することが多い。

元祖だけあってこれが一番使いやすい。

ただノーガードなので、カバーに絡めて使う際はガード付き等を使う必要がある。

ワイヤー式ガード付きは大してカバーに強くないし、動かすスピードの速い自分のスタイルには不向き。

特に冬はさらにスピードアップさせることが多いので、ワイヤー式だとガードとして役に立たない。

日本人受けしそうなTXエクスポーズタイプのネッドロックEWGジグヘッドというものもあるけど、オフセットフック同様あまりカバーに対して強くないのと即合わせには不向きということで却下。

そうなるとシェイキーヘッドタイプのスタンダップ仕様のジグヘッドがテキサススタイルでセットできるので好ましい。

4×4のターンNバーンヘッドはエラストマーマテリアルのワームでも簡単に挿せるので気に入って使っている。

Basslog20220115a でもフックの角度やセットのしやすさ、使用中のトラブルの少なさ等を加味すると、がまかつのスタンダップエイリアンヘッドもよさそうと今更ながら気付いた。

TRDフィネスをセットした時の収まりもいい感じで、#3/0のフックサイズ、フックの長さ位置も理想的だ。

フック形状もテキサスリグで使っている310と同じベンドなので使いやすい。

フックポイントもスキンオンサイドでもスキンオントップでも、どちらもいい感じの収まり具合なので、フッキングはいい感じに決まりそうだ。

エイリアンヘッドは意外と出番が少なく、ちょっと忘れ掛けていた。

暖かいシーズンではアクションを止めることも少ないので、さほど立たせる意識が薄いからノーマルなオーナーのシェイキーウルトラヘッドばかり使用してしまっている。

ネッドリグ用としてカバー周りで使用するには非常に良さそうだ。

底面が広いので、1回1回着底時にしっかりと止めて立たせるには非常に良い形状だ。

冬はリアクション意識して3インチセンコーを代わりに使ってフォール速度を上げるのもよさそうだ。

エイリアンヘッドなら比重の重いヤマモトマテリアルでもボトムで立ってくれそうだ。

Basslog20220115bセンコーと言えばヤマモトのロゴが少し変わったようだ。

HPも少し変わった。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧