2019年9月 8日 (日)

パカリグ

以前に紹介したパカクロ―を用いたネコリグが、一部の人達の間で流行っている。

Basslog20190908a 確かにこれはよく釣れる。

クローワームのネコリグは場所によっては非常に反応が良い。

このパカリグはラトラーを入れるところが通常のクローワームとは違うところ。

ジンラルーのラトルが入るので、音がしっかりと出る。

これを使っていると、やはりワームにサウンドをプラスするとプラグ以上に有効な気がする。

 

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

NED RIG

ネッドリグを本気で試してみようと思うということをちょっと前に綴った。

やるからにはとりあえずはとことん試してみようと思い、色々と揃えてみた。

Basslog20190720b Z-manのワームはほぼ全種類揃えてみた。

じっくりと確認してみると、形状違いだけでもたくさんあるし、サイズ違いもたくさんあったりで、試すだけでも物凄く時間が掛かりそうなくらいの物凄い数だった(笑)

でもまだ入手できていない物や今回のICASTで発表された新作も含めると、全て試すには数年掛かりそうだ。

Basslog20190720a 専用ジグヘッドもたくさんあるのだが、とりあえず最もオーソドックスなシュルームヘッドを全サイズ揃えて専用ボックスも作った。

まずはここからスタートしてみる。

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

NED RIG Booming!?

ネッドリグのブームが到来か?

Basslog20190601a というぐらいネッドリグ関連のタックルが届いた。

色々なメーカーが参入してきていることもあり、気になる人も多いようだ。

元祖であるZ-manはエラストマーマテリアルを使用しているので、やはり元祖を使わないことにはネッドリグを語れないでしょう。

このエラストマー製のワームがなかなか面白い。

実際に手に取ってみると‘へぇ~’と感心してしまう感じだ。

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

Shaky Ultrahead

最近気に入って使用しているシェイキーヘッド。

昨年からビッグバイトベイツのFintwyst Headが一番いいかなぁ…と思いつつも、まだ色々と試している。

Basslog20190528a そして最近オーナーのウルトラヘッドを入手した。

このヘッドはセンタリング用のピンがスプリングの中央に出ている。

このピンがあると非常にスプリングへの装着が楽だ。

アイの角度は45度がベスト。

形状はオーソドックスなものがよい。

ということでこれがベストな感じだ。

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

NED RIG JIGHEADS

Basslog20190526a ネッドリグ用の専用ジグヘッド‘フィネスシュルーム’も入手した。

とりあえずはオーソドックスなスタイルである程度やってみようと思う。

これにフィネスTRDを装着したら、ジグヘッドに3inセンコーセットしたものとシルエットとしては何ら変わりない。

変わるとしたら、エラストマー素材ゆえの動きの違いと、浮力の強さゆえの動きの違いかな…

アメリカではかなり人気なので気になるね。

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

NED RIG

Basslog20190525a ネッドリグ始めます。

以前ネッドリグが出た当初に気になるからやってみようと思っていた。

しかし、最近はライトリグ自体あまり使わないのでそのまま忘れ去りつつあった。

最近になって友人達がZマンのネッドリグ用タックルを使い始めたので、自分も再び気になり、始めてみようと思いネッドリグ用品を揃えてみた。

以前から踏み出せなかった理由の1つに、このリグで使用するワームがエラストマー製であるという点があった。

エラストマーと言えば、今ではビッグベイトのソフトテールに使用されている程度で、ワーム単体としてはほぼ使われていない。

以前に上州屋が独自ブランドでエラストマー製のワームを発売していたが、これがメチャクチャ釣れなかった。。。

この時の釣れない思いを引きずっていて踏み出せなかった。

ワームはマテリアルに合った形状でないとあまり釣れないように、エラストマーはエラストマーなりのベストな形状があるはず。

エラストマーの良い点は硬さが自由自在に調整可能である。

ワームよりも細かい成型が可能なので、細部まで拘って作れる。

素材自体は非常に伸びて切れにくく、浮力が強い。

エラストマーを扱っている会社は日本にも多々あるのだが、その大半はアダルトグッズの製造を行っているというのが現状である。

エラストマーがワームとして使えるとなると、切れにくいので消耗は少なくなる。

とりあえずオーソドックスなネッドリグをやってみようと思いフィネスTRDからスタート。

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

タングステンバレットシンカー

Basslog20190520-1 スミスのタングステンバレットシンカーが新しくなった。

今まではオーソドックスなトラディショナルなバレット形状であったのだが、新しいものは少し下側が絞られたシェイプとなった。

大した違いには感じないけど、ワームをセットした時の収まり具合がよくなり、全体のシルエットがかなり変わってくる。

実寸ではちょっとした違いだけど、大きなシンカーほど収まり具合がよくなる。

形状が変わったのとJB・NBCのトーナメントで使用できるFECO仕様となった。

Basslog20190520-2 FECO仕様の証である‘F’マークが刻印され、逆面にはウエイトも刻印されている。

ウエイトが分からなくなる度に量りに載せていたので、この手間が省けるようになった。

小さなものだけど、パッと見でも違いがすぐに判る程、外観は変わった。

それと、かなり大きな違いと感じているのはホール径。

ホールの径を気にする人ってあまりいないと思うけど、自分は気にする。

Basslog20190520-3 旧型のホールは大きく、新型は小さくなった。

実際の径は旧型が直径2㎜で、新型が1㎜。

1㎜の違いだが、断面積にすると4倍違うことになるので、かなりの違いだ。

小さくなると全体の形状も小さくなりコンパクトになるのと、遊びが少なくなる分余計なブレが出なくなる。

ペグ止めして使う際はこちらのが向いている。

最近はペグ止めしてカバーに入れたり、ピンを撃ったりすることの方が多いので、新型が重宝する。

ただ、真夏やオープンウォーターでテキサスリグを使用する際、自分はペグ止めしない。

ペグ止めしないのは、フォール時にシンカーとワームを離れさせて、着底時にシンカーとワームのラグを作りたいから。

そんな時は旧型のようなホールの大きいものが役に立つので使い分けるとよい。

シンカーって軽視してしまいがちな小物だけど、シンカーの違いで色々と変わるので、意外と重要。

| | コメント (0)

2019年3月 2日 (土)

オフセットテキサス

テキサスリグを使用する場合、ストレートフックを使用することが多い。

最近はタフなフィールドが多いので、ストレートを使う割合は9割ぐらいになっている。

オフセットは初心者でも掛けられるし、気を抜いていても掛けられるので便利だが、いわゆるショートバイトはストレートフックでないと掛かる率は極端に落ちる。

ただオフセットはしっかりとワームを咥えさせられるなら、問題なく掛けられる。

Basslog20190302a ペグ止めなしのテキサスリグを使用する際は、オフセットを用いている。

シンカーが着底して、その後からワームが落ちてくる間を与えるために、カバーへ入れたり、タイトに落とす時以外はペグ止めしないことが多い。

シンカーは穴が大きいものが、シンカーが早く着底するのでよいのだが、タングステンはシンカーはシルエットを小さくするために穴が小さいものが多い。

スミスのタングステンバレットシンカーは穴が大きくて、ワームとシンカーがいい具合に離れてくれる。

ワームは抵抗のあるものほど離れる距離が出てよいのだが、センコーのようなスティックベイトもキャロの着底時のようなスライディングをするのでこれもいいね。

通常は1/2oz以上のシンカーを用いるのだが、センコーだけは1/4oz以下が効く。

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月)

NEKO FAT

最近気に入っているハーフムーンシンカー1/8ozを用いたネコリグ。

Basslog20190204a ゲーリーのネコファットはこのリグ用ということもあって、非常に合っている。

キャストのしやすさ、操作性も抜群で、非常に使いやすい。

ゲーリーゆえの高比重がボトムの感知能力を更に上げてくれ、ベイトタックルでフロロカーボンの12lb.の組み合わせでも10mのボトムでもしっかりと感知できる。

フックはVMCのネコフックが今のところベストだけど、もうちょっとスナッグレス性能を高めて、もっとややこしいカバーにも入れたい。

日本のクオリティで良いネコフックが出ればよいのだが、今のところ日本製はシャンクが短いものしかない…

| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

1/8oz.NEKO

Basslog20190115a 一昨年からハマっているVMC製の1/8oz.ハーフムーンワッキーウエイトという、ハーフムーン形状のネイルシンカーを用いたネコリグ。

周囲の人達でも使い始めた人は確実にハマるぐらい、これは使いやすくてよく釣れる。

ゲーリーヤマモト製のストレート系ワームを用いると更に使いやすい。

センコー5in、カリフォルニアロール、ネコファットの3つが特におすすめ。

これらにネイルをインサートしてリングを付けてそこにフックを掛ける。

ロッドは若干ファースト寄りの張りがあり軟らかめのTVC-68Mで使用すると使いやすい。

これでラインは12lb.で使用しても、飛距離は出せるし、10mのボトムでもしっかりと感知できる。

フックはVMCのネコフックがシャンクも長くてスネリングもできるのでよい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧