2021年12月 6日 (月)

Bling

【Spinner Bait】

Basslog20211206a スピナーベイトはここ数年、9割以上がこのスピナーベイトを使用している程の溺愛。

今年はカラーブレードも多用した。

写真のブレードスカート共に真っ白のものは本当の名前はアイスだが、自分はジュンバグならぬ‘ジュンパク’(純白)と呼んでいる。

この色は透明度が10㎝程度でもよく見えるので重宝する。

カラーブレードだと塗装のの厚みがあるので、立上りが鈍るものが多いけど、ブリングは全くそれはないのもいい点だ。

立上りの早さ、引けるスピードの守備範囲は圧倒的に他の物よりもある。

コンパクトボディではないので日本受けはしない感じであるけど、バスのアベレージサイズが大きくなったので、今のフィールドではちょうどよいサイズだと思う。

ダブルウイローを使用する場面が多いが、低水温期や濁った時はインディアナを使っている。

特に春の低水温期におけるフロント蛍光赤ブレードの効果は、今年も効果を感じた。

今年は水温10度未満の状況下で複数人が、これを使用していたものだけがバスをキャッチしてきたり、50アップをキャッチした。

徐々に赤ブレードの効果も確信になりつつある。

ただ、ワイヤ径だけはちょっと細いところは改善して欲しいところだ。

そういえば、あまり日本では話題になっていないが、今年スタンレージグの創業者ロニースタンレーが亡くなった。

スタンレーと言えばスタンレージグ、バイブラシャフトの2つはバス歴40年クラスの人は物凄く使っていたはず。

自分はここでも何度も話題に出しているバイブラシャフトは、未だに現役で愛用している程の素晴らしい完成度だ。

ボールベアリングスイベル、タイイングスカート、オープンアイを広めたバイブラシャフト、現代のスピナーベイトでもこれらはスタンダードとなっている。

テーパードアームやスイベルのロック、シャンクが短くてギャップの広いフック、当時は色々な物が衝撃的だった。

何気ないものだが、アイのないスピナーベイトというのもバイブラシャフトが始まりだ。

その当時、生物っぽく見せるからアイは要らないとかで、アイがないスピナーベイトは自分としては衝撃を受けた。

その後も今となっては当たり前のラメの入ったメタルスカート等、とにかくスピナーベイトを語るにはバイブラシャフト抜きには語れない。

それぐらいスピナーベイトに影響を与えてきた偉大な人物だ。

| | コメント (0)

2021年9月17日 (金)

Vibra-Shaft

今でもタックルボックスにはスタンレーのバイブラシャフトが幾つか入っている。

最近はブリングばかり使っていて使用頻度は下がってしまった。

でも30年以上使用していて未だに外せないぐらい信頼度は未だに非常に高い。

特に昔のバイブラシャフト1/2oz.は素晴らしいバランスだ。

以前は1/4oz.も気に入っていたけど、軽いスピナーベイトの使用頻度が落ちたので外してしまった。

結局今は1/2のみ。

ブレードは全て標準装備されているものとは交換している。

Basslog20210917a だいぶ酸化してくすんできたので磨いてみた。

特に自作したブレードを装着しているものは、ブラス製の無垢なので酸化してしまう。

なのでたまに磨いてあげないと輝かない。

ルーター用のゴム砥石である程度磨いて、仕上げはコンパウンドで磨く。

磨きたては鍍金同様の光沢がある。

| | コメント (0)

2021年5月15日 (土)

スカート交換

タックルボックスの中でデルタフォースのスカートが無くなっていた。

ゴム管が劣化してスカートが落ちてしまったようだ。

Basslog20210515a 新しいスカートを付けた。

ハンドタイイングしようかと思ったけど、デルタフォースはカラーの部分がゴム管仕様のスカートがちょうど収まるようになっている。

なので、既製品のスカートをそのまま装着した。

形状記憶合金のアームが装着されたデルタフォース。

自分は好きなのだが、形状記憶は人気ないね。

形状記憶仕様のスピナーベイトの中でもこのデルタフォースはかなり優秀な部類に入る。

| | コメント (0)

2021年4月16日 (金)

Ballistic HD

春の低水温期に蛍光赤ブレードが効くという定説は徐々に実証できつつある。

自分でけでなく、他の人からの情報も色々と加味すると、効くのは間違えないようだ。

スピナーベイトは自分も多用しているブリングのレモネードツイストを使用している人が多いようなのだが、これだと1/2oz.しかないという問題がある。

日本の湖は透明度が高いので、この低水温期に上がってきているとしても3mぐらいという事も多い。

そうなると1/2oz.だとちょっとレンジが深い。

狙うレンジまで沈めてレンジと平行に引いてきてしまえばいいんじゃん…と、雑誌等に書いてありそうな最もそうな答えを言いたいところだが、最近はみんなのレベルが上がりそんな適当な答えでは納得いかなくなってきている。

そんな答えが間違っていると気付く人が増えてきているのはうれしいことだ。

深いレンジでもしっかりと正しい方法で引く必要があるという事だ。

そうなると重いスピナーベイトが必要となる。

とりあえず、3/4oz.ぐらいがあればかなりの範囲をカバーできる。

Basslog20210416a 自分は3/4oz.のスピナーベイトはグリーンフィッシュのバリスティックHDを使用している。

ブレードはリバー2シー社のインディアナに替えている。

バリスティックにはノーマルとHDの2種類がある。

HDはノーマルを強化したもので、ヘッドは同様のバレット型で、アイがクローズドアイになっていて、ワイヤは1.0mmとなっている。

ノーマルは0.9mmと、最近のマジョリティとなっている。

ブリングも0.9mmだが、何度も言っているように0.9mmは細い。

1.0mmは欲しいところなのでHDがちょうどよい。

因みにこのバリスティックも日本ではダメとされている立ち泳ぎをする。

立ち泳ぎなんてどうでもよくて、それよりも深いレンジになるとフックポイントのベクトルというのは物凄く重要となる。

このバリスティックはディープレンジでも掛かりはよい。

ロングディスタンスで、更に深いレンジでスピナーベイトを使えるようになると、情報に振り回されずスピナーベイトの形状の善し悪しを判断できるようになると思う。

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

立ち泳ぎ

スピナーベイトは引いてくると、アッパーアームがほぼ引く方向を向く。

水平にスピナーベイトを引けば、アッパーアームはほぼ水平になる。

アッパーアームとフックのベクトルは並行ではないものが殆どなので、フックのベクトルはほぼ上に向くこととなる。

Basslog20210401a スカートも進行方向を向くので、アッパーアームと平行となる。

スピナーベイトは通常、アッパーアームとスカートが平行になり、フックは斜め上向きでスカートの下からベント部が飛び出た状態で泳いでくることとなる。

これを‘立ち泳ぎ’と呼ぶそうだ。

この立ち泳ぎするスピナーベイトはあまり釣れないと、世間一般では言われているそうだ。

自分が多用しているブリングも立ち泳ぎするので、あまり釣れない部類なんだね(笑)

それよりもフックポイントが向いている方向や、ある程度負荷が掛かってアームが伸びた時点でのフックポイントの方向といったものの方が大事だと思う。

日本の場合は‘ルアー=疑似餌’の風潮が一般的なので、スカートからハミ出たフックがビジュアル的に違和感を感じるのだろう。

疑似餌釣りも面白いけど、ルアー釣りはもっと面白いのにね。

| | コメント (0)

2021年3月26日 (金)

アーム

Basslog20210326a_20210326063801 先日、スピナーベイトのアームが使用中に折れた。

昔はアームが折れるというのはよくあった。

昔折れたのはたくさん釣ったことによるアームの金属疲労によるもの。

最近のものはあまり折れないのではなく、釣れる数が昔よりも極端に数ないからだろう。

今回はブリングのアームが折れてしまったので、新たな物を追加した。

今回も金属疲労によるものだろうが、このスピナーベイトで釣った数は20本程度だろう。

昔と違いバスのサイズは圧倒的に大きいので、50アップも含んでいて、ほぼ1キロ以上のバスという事を加味すれば持った方なのかな?

ワイヤ径が0.9mmと細いので、その位が限界なのかな?

今回はアッパー側が折れたが、上か下のどちら側が折れるかはスピナーベイトによって変わってくる。

今回はたまたまキャストした時に折れたけど、ファイト中に折れることもある。

ワイヤ強度の観点からもスタンレイのバイブラシャフト1/2oz.というのは素晴らしい。

バイブラシャフト1/2oz.ベースにブリングのブレードを合わせれば最強かな?

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

赤ブレード炸裂

先日は低水温期の定番とされているフロントに蛍光赤のコロラドブレードを装着したスピナーベイトが活躍してくれた。

今年は周囲の人達も検証してくれたこともあり、かなり赤ブレードの効果を実証することができた。

Basslog20210323a 結果は赤ブレードを装着したスピナーベイトしか釣れていない。

先日の水温は8℃と、まだ意外と低かったので、検証するには良い条件であった。

数投目にスピナーベイトのバイブレーションがフッと消えた。

ちょっと気を抜いていたこともありフッキングできず、次からのキャストに集中した。

すると数投後にまたフッと消えたのでフッキングすると掛かった。

幸先よく1,500gのコンディションの良いバスが来た。

それからしばらくキャストを続け、バイトは非常に少なかったが、何本かキャッチすることができた。

最初のバスと同じようにバイトして反転するのではなく、同じ進行方向でバイトしてすぐに放すような、春特有のバイトであった。

そして最後は今年4本目の50アップもキャッチできた。

| | コメント (0)

2021年3月12日 (金)

蛍光赤ブレード

蛍光赤のフロントブレードを装着したスピナーベイトが低水温期に効くという話題は何度か出している。

なんとなく効くのは実感しているけど、まだ確信はしていない。

Basslog20210312a なぜこの赤ブレードが効くのか?

考えても全く理由が判らない。

視覚から何かバスをバイトに至らせる何かがあるのは間違えないのだが、何かは全く想像がつかない。

赤いものが一部でチラチラと動いている状態に反応しているのあれば、先日挙げたスイムヘッドに蛍光赤のブレードを装着したものも効くだろう。

それが効くとしても、それがバスのどこにどう刺激するのか?

結局まだ判らないことだらけなので、もっと使って色々と検証するしかない。

| | コメント (0)

2021年3月10日 (水)

バリスティック春仕様

Basslog20210310a一昨年にバリスティックHDの春仕様を作った。

昨年の春は全然釣りに行けなかったこともあり使えなかったので存在を忘れていた。

ノーマルのバリスティックよりもワイヤが太い仕様となっており、クローズドアイを採用されており、非常に強度があるHD。

このHDにハムディンガー社のフローセントレッドのコロラドブレードをフロントに装着し、リアはブリングのインディアナを装着した。

ヘッドが3/4oz.あるので、深いレンジを引きやすくなる。

今年もこのブレード仕様が威力を発揮する低水温期も残り少なくなったけど、今年は活躍してくれるかな…

| | コメント (0)

2020年12月 1日 (火)

Bling

【Spinner Baits】

本日より12月という事で、いつものLOYをスタート。

今年は釣行数が少なかったので、LOYの回数もちょっと少ないかなぁ…

1回目はスピナーベイト。

Basslog20201201-1 スピナーベイトはここ数年これしか使っていない程の溺愛ぶりという事もあり、今年もR.2S.社のブリングに決定。

今年の数少ない50アップをキャッチしたルアーの1つでもある。

圧倒的な立上りの早さと、スローからファーストまでの引けるスピード幅が他のスピナーベイトよりも広い。

超スローでも圧倒的な遅さで引けるので、バイト数が他のスピナーベイトとは比にならないくらい多い。

ファーストリトリーブ時はファーストでもバランス崩れないし、何よりも抵抗がそれほど大きくならないので、かなり早く引ける。

世の中にはブレードを小さくしたファーストリトリーブモデルというものは存在するが、これだと引き抵抗を弱めて早く引きやすくしただけで、振動も弱くなってしまい、集魚力も弱いので、早さという部分だけの強調モデルであった。

ブリングはファーストでもしっかりと集魚効果があり、ファーストリトリーブからの急制動や速いスピードでカバーに当てるといった組み合わせは更に効果を増す。

Basslog20201201-2 今年からはルーズのリールで巻いているので、ファーストリトリーブは特に巻きやすくなり、速いスピードでの安定感が増した。

7.5:1のハイギアでもファーストリトリーブが可能だ。

来年もスピナーベイトはこればかりになってしまうだろう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧