2020年6月19日 (金)

ダーティウォーター

昨日も話題に出したスタンレーから新しいシリーズのスピナーベイトが登場した。

バイブラシャフトの濁った水系やローライトコンディション下での使用を前提に作られた‘ダーティウォーターシリーズ’だ。

最近は少なくなったカラーブレードを標準装備し、アームにはレッドのビーズが入っている。

Basslog20200619a 写真は友人が早速オーダーしていたホットピンク。

ブレード、スカート共にショッキングピンクという、なかなかインパクトのあるカラーだ。

関東のフィールドなんかだとピンクは意外な程効くので、タックルボックスに1つ忍ばせておくのもいいかもしれない。

ベースはトラディショナルなバイブラシャフトと同じでテーパードアーム仕様となっている。

最近のオリジナル同様にアイも標準で入っている。

1つ知らなかったのだが、オリジナルも含め、フックが代わっていた。

ベンド形状が変わっているのはどうなのだろうか?

スピナーベイトに詳しい人なら想像つくと思うが、スピナーベイトのフックって物凄く大事。

フックベンドの形状、フックサイズ、シャンクの長さ、アームの角度長さ、ヘッド形状等、この辺のバランスが密接に関係している。

フックベンドの形状が変わるという事は、あの位置も変わる。

意図的に替えたのだろうけど、なぜだろう?

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

バイブラシャフト

かれこれ登場以来30年以上愛用しているスタンレーのバイブラシャフト。

当時はサンポー製のボールベアリングを標準装備し、縛られたスカート、ラメ入りのシリコンスカート、テーパードワイヤー、大型フック等、先の先をいくスピナーベイトであった。

アームの長さ、フックのベクトル、サイズ、強度等、未だにこのバイブラシャフトを超えるスピナーベイトはない。

特に1/2oz.サイズの形状は素晴らしい。

Basslog20200618a_20200618221601 そんなバイブラシャフトにハムディンガーのブレードを装着してみた。

フロントはフローセントオレンジのコロラドにして、リアをウイローリーフにしてみた。

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

現代風チューニング

ハムディンガーのスピナーベイトを使ってみて思ったこと…

「現代の標準仕様にパーツを交換した時の違い」

ボールベアリングが初めて装着されたバイブラシャフトが登場した当初、圧倒的に感じたのがブレードの回り始めの早さ。

ヨリモドシ仕様の時は着水時に一瞬もたつく感じがあった。

ヨリモドシ仕様しかない時は何とも思っていなかったけど、ボールベアリング仕様の登場でその差を強烈に感じた。

特にそこのほんの一瞬の差が釣果には更なる大きな差となる。

シャローで使っている場合は、その差は10倍以上になると言っても過言ではない程だ。

ハムディンガーはその立上りの早さをブレード自体に細工して解消していて、敢えてヨリモドシを使うことで振動を大きくしているようだ。

Basslog20200610-1 これをヨリモドシからボールベアリングに替えたらどうなるのだろう?

あの当時の様な革命的な違いを感じるのだろうか?

スカートも溝を掘ってシリコンラバーに変更し、スレッドで縛った。

Basslog20200610-2 スカートはオールテレイン社のスタンダードシリーズのクリアホロを使用した。

実際に泳がせてみたところ、そうなるんだぁ…といった結果になった。

なんとなく考えてみればそうなりそうな予測はできそうであった。

これを泳がせたときに、最近のスピナーベイトには無くなっていたものを思い出させてくれた。

スピナーベイトも状況を踏まえて考えていくと、幾つものタイプが必要になる。

久し振りに欠けていた部分が埋められた気分だ。

関東にある平野部のフィールドで、浅いレンジでは特に活躍してくれるだろう。

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

Humdinger

Basslog20200604-1 ハムディンガーのスピナーベイトを使ってみた。

想像していたよりもかなり良い感じであった。

昔のスピナーベイトでは当たり前であったフラットラバーが今も標準装備。

Basslog20200604-2 それにスイベルもボールベアリングスイベルではなく、ただのヨリモドシ。

一方、ブレードは厚みに拘っているかのような記載があったり、アームの長さや太さといったものも、昔のものよりも優れている。

そしてこのヨリモドシやフラットラバーは意図的に使用していると思ったのが、ブレードとヨリモドシを繋ぐスプリットリング。

このスプリットリング、ブレードの抜け防止加工が施してあった。

昔のものをそのまま使用している進歩のないメーカーであれば、こんなところに気を遣うはずがない。

ということで、最初手にした時は「やっちゃった…」と思ったけど、使ってみた。

すると、予想以上の回転の良さとそれに伴う立上りの良さであった。

ヨリモドシを意図的に使っているのは、おそらく、あえて回転の悪いヨリモドシを使用することでバイブレーションを大きくさせているのだろう。

この仕様でもしっかりと着水と同時にブレードは水を噛み、スカートはフラットラバーらしくウエイビーな動きを出す。

フックはイーグルクローのニードルポイントのナローベンドフックで、軸もしっかりしていてフックポイントも鋭い。

サイズはちょっと小さいので、ちょっとそこは日本のスピナーベイトっぽい。

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

River Special

先日のBPTでジェイコブがメインで使用していたアクセントのスピナーベイト。

Basslog20200525a あれから物凄い勢いで売れているようで、ようやくタンデムウイローの‘リバースペシャル’を入手できた。

日本と違ってアメリカはトーナメントの影響力が大きく、ツアーのウイニングルアーに限らず、ウイニングルアーというのは市場から動くことが多い。

ジェイコブやKVDが勝つとその動きは顕著に出る。

今回の試合も2月に開催されてから既に3ヶ月経過しているが、未だに品薄状態が続いている。

スピナーベイト自体は至って普通といった感じで、1oz.に対しては1.0mmワイヤ仕様と、ちょっと細く感じる。

リバースペシャルというネーミングだけに、川の急流なんかで威力を発揮してくれそうだ。

【追記】

これは元々アクセントで販売していた‘リバースペシャル’をベースにジェイコブがいじった‘Ol Big'という1oz.モデル。

ディープウォーターのレッヂ等でのスクールから大きいバスを抽出するための仕様となっているとのこと。

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

Humdinger

Basslog20200516a ハムディンガー社のブレードを幾つか頼んでおいたのが届いた。

ウルトラシン‘Ultra-thin’の言葉に即反応してしまった。

早速ノギスを当ててみると、0.5mm。

普通じゃん。。。

いつもならゴミ箱行き決定だが、今回はちょっと気になることがありそのままストックしておいた。

コロラドブレードはディープカップで、通常ディープカップの場合はエッヂが急角度になっているタイプが多いが、このコロラドは緩やかなパラボリック状になっている。

どんな質のバイブレーションを起こすのか気になる。

| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月)

ゴム~シリコン

先日話題に出しように昔のラバースカートは腐食してしまい、みすぼらしい姿と化している。

Basslog20200309a シリコンラバーにラメを入れたスカートが発売され始めた約30年前、この頃にスピナーベイトに革命をもたらしたバイブラシャフト。

これを観てみると、まとめているゴム管はゴム素材なので、すでに劣化し切れていた。

でもシリコンスカートはそのままであった。

Basslog20200309b その後追加発売されたバイブラシャフトのウェッヂは、かろうじてゴム管が繋がっていた。

このウェッヂには1992年バスマスターズクラシックウイナーとシールが貼られている。

1992年といえば、KVDが初のAOYを獲得した年で、この年のクラシックはロバートハミルトンジュニアが制している。

翌年はデビットフリッツ、その次がブライアンカーチャルと、大学生の時だったので、一番憧れて観ていた時代だけあってよく覚えている。

Basslog20200309c 今年のバスマスータークラシックはハンクチェリーがこのまま逃げ切り勝ちそうだね。

今回が50回目の節目だけど、ちょっと盛り上がりに欠ける感じなのは残念だね。

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)

ゴム

最近のラバージグやスピナーベイトのスカートはシリコン製が殆どである。

昔はラバーを用いるのが当たり前だったこともあり、未だにラバージグなんていうネーミングがそのまま流用されている。

ラバー独特の弾性というのはラバージグには特に合っていた気がする。

でもスピナーベイトやバズベイトのスカートはシリコン製の方が色々な面で合っている。

昔はラバーしかなかったので、スピナーベイトにもラバー製のスカートが当たり前であった。

Basslog20200305a コレクション用に所持している昔のスピナーベイトなんかは、すでにラバーが腐食してボロボロになってしまっている。

仕方ないことだけど、なんだか年と共に深い味わいが出てくるプラグとは違って年々みすぼらしくなってくる。。。

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

F.Red

昨年から本格的に使い始めて、少し効果を実感することができたフロントブレードが蛍光赤のタンデムスピナーベイト。

Basslog20200221a 今年は更に使用頻度を多くして、この釣りを確立したい。

ハンクパーカーのザクラシックが発売された当初、春によく効くスピナーベイトだと感じた。

リーズ周りはタンデムコロラドのバイブラシャフト、ポイントに絡んだようなちょっと水深のある場所はタンデムインディアナが圧倒的によく釣れた。

それが約30年前のデルタフォースの登場とともに、ダブルウイローも春のスピナーベイトに加わった。

他の季節はタンデムウイローやダブルウイローが強いことから、それからしばらくは春はダブルウイローを用いることが多くなった。

でも、水温10度以下ではタンデムインディアナやコロラドがやはり強いと、ここ数年感じている。

この蛍光赤のフロンドブレードが装着されている低水温期向けのスピナーベイトは、コロラドかインディアナがリアに装着されていることが多い。

ウイローリーフでもスローに引けるなら良いのだろうが、極限で突き詰めると、やはりインディアナかコロラドだろう。

スピナーベイトのバイブレーションがフッと消える、低水温期特有のバイトした瞬間にバスが反転しないバイブレーションだけが消えるバイト。

TVC-65M/HGのティップからフッとスピナーベイトの抵抗が消えた瞬間に、ビシッとフッキングして掛けるのは何度やっても気持ちいい。

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

Bling

【Spinner Bait】

今年も12月に入ったということで、LOY2019をスタート。

1回目は全く迷うことなく決められるスピナーベイトから始めることにした。

Basslog20191202a スピナーベイトはリバー2シー社の‘ブリング’。

使用頻度は1/2oz.のダブルウイローが圧倒的に多かった。

春はインディアナ仕様のフロント赤ブレードが活躍してくれた。

赤ブレードの効果を今年はなんとなく感じることができたので、来年以降はこれが確信を持てるまで釣り込んでみる。

このスピナーベイトが出来てからスピナーベイトの出番も多くなった。

JB/NBCでのFECO仕様規制により、事実上スピナーベイトは全く使えなくなってしまった。

それ以来、使用頻度の高かったスピナーベイトを使用する機会は激減してしまった。

でもブリングが出てからはスピナーベイトというジャンルが復活したかのように、一気に使用頻度は上がった。

来年も多くの思い出を作ってくれることでしょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧