2019年7月22日 (月)

フットボールジグ

頼まれていた1oz.フットボールラバージグを、ちょっと時間がなかったので速攻で2つだけ作った。

1oz.フットボールは使ってみると、最初はちょっと重過ぎると感じるかもしれない。

でも、慣れてしまうと、これよりも軽いウエイトは使いたくなくなってしまうぐらいの別世界が広がり、しばらくこのウエイトから離れられなくなる。

自分はかれこれ30年近く愛用しているけど、未だにフットボールでは一番多用しているウエイトだ。

昔と違うのはフックが大きく太軸になったのと、アイの角度が60度のものを使用している。

ラバーも、昔はゴム製のファインラバーを使用していたが、今はシリコン製のレギュラーラバーを使用している。

Basslog20190722a 今回は最近お気に入りのオールテレイン社製のラバーを使用してみた。

どちらもグリパンに観えるけど、オリーブとフィッシュハンター。

この微妙な色具合の違いがワームとの一体感を出してくれる。

最近はケイテックやズームの既存カラーに合わせたスカートカラーもあり、非常に一体感を出しやすくなっている。

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

オレンジベリー

ベリー部がオレンジのルアーは多々ある。

ベリーが最もオレンジが使われている部分かもしれない。

オレンジベリーというのは非常に効くことがある。

Basslog20190714a プラグ以外でもラバージグのオレンジベリーも非常に効く場面がある。

オレンジがベリー側に2~3本入っているだけで強烈に反応が良いことが今までに何度かあった。

やはりタフな時にその差が歴然となることが殆どだ。

間違えなく効くことが多いのが野尻湖。

野尻湖に行くと大半の時間をラバージグで釣っているので、色々と検証した結果、オレンジが入ったものが明らかに反応が良い時があった。

2人でオレンジ入りと無しで釣り比べ、使い方の差が出ないように、途中でルアーを入れ替えたりもしたけど、オレンジ入りが明らかに好反応の時はあった。

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

BOURBON BLAZE

今年から取り入れているズームの新色‘バーボンブレイズ’。

Basslog20190713a やはりこのカラーは期待通りに活躍してくれている。

先週、オレンジ色が好きだという話題を少し出したら、数人の方から自分もオレンジ色が好きという話を聞いた。

ただ、オレンジ色のルアーってあまりないという同じ悩み持ち。

バーボンブレイズは結構気に入っているということも耳にする。

金魚なんて湖に居ないのにオレンジのルアーって釣れるの?といった日本人アングラーに多い餌釣り感覚の呆れた質問もたまに来るけど、この類の質問はスルーします。。。

 

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

オレンジバック

オレンジと言えば、一番最初に好きになったのはラパラの赤金。

赤金と言っても、背中は赤ではなく蛍光オレンジが使われている。

釣りを始めた当初は釣具店でもこれが一番目立っていて、目を惹いていた。

そして初めて買ったプラグはジョイントラパラFの赤金だった。

最初は釣れなかったけど、水面直下をクネクネと泳ぐオレンジのラパラは目でよく見えて、引いているだけで楽しかった。

Basslog20190702a それから徐々に釣れるようになって、そんなトラディショナルな赤金が益々好きなった。

あまりラインナップされることのない不人気なカラーなんだけどね。。。

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

オレンジ

オレンジ色のルアーは好きな部類だ。

チャートリュースはどこでもラインナップされるカラーではあるけど、オレンジは意外とラインナップされていないことが多い。

オレンジベリーは今でもよくあるけど、オレンジと言えばそのくらいが一般的に使われている程度だ。

オレンジは水が濁っていると水中ではチャートよりも派手に見える場合がある。

濁りにも色々あるので、濁りによってはオレンジが良い場合もある。

オレンジバックは人からも見やすいので、目で確認しながら使う場合は重宝する。

蛍光のオレンジとイエローというのは見やすいので浮きにもよく使われている。

浮きで使われていると言えば、あとは先に使われている黒。

濁りの中で活躍するルアーのカラーと同じ。

その中でも意外とルアーに使われていないのがオレンジ。

Basslog20190701a アルビノの魚なんかはオレンジとイエローの中間色といった感じなので、自然界でもあり得るカラーでもあるような気もする。

アルビノと言えば、昨日マグナムケイズにいたのは、なんとアルビノの雷魚。

アルビノのバスもいるとの情報もある。

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

ブルーバックチャート

以前、ディプシードゥのブルーバックチャートが関東平野部の水質だと良く釣れると、ここでよく記していた。

しかし、その頃でも既に廃番であったブルーバックチャート。

持っていた人からは確かにこのカラーだけは物凄く反応が良いといったメッセージも多々いただいたのだが、どこにも売っていないというクレームも多々あり…

それから自粛していたけど、やはり未だにこれの反応は断トツで良い。

Basslog20190621a だが、自分のストックも残り1つとなってしまった。

この鮮やかなブルーバックのブルーバックチャートというのは意外とない。

というのは何回も言っているけど、本来のブルーバックチャートというのはストライキングで言うところのパウダーブルーバックチャートのような水色が原点である。

水面に同化させるために塗られたことから空の色に近い水色が採用されている。

でもブルーバックチャートはその元来の域を超え、その波及系としてできた副産物のような真っ青のブルーバックチャート。

これの青と黄色のコントラストが、関東の水系に多い水には非常によく合っている。

これがなくなったら、あとは自分で塗るしかない。

自分で塗るのは冬になってからだね。

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

チャートリュース/パンプキン

ゲーリーヤマモトのカラーラインナップに在りそうでなかったグリーンパンプキン/チャートリュースの2トーンカラー。

リアクションイノベーションズのダーティサンチェスに代表されるこのカラーは、今ではほぼどこのメーカーでもラインナップしている程の定番カラーだ。

しかし、ゲーリー製品にはなかったのか、気付いていなかったのか…

Basslog20190524a センコー5inのゲーリーヤマモト版ダーティサンチェスを入手できた。

カラーナンバーは#966で、‘チャートリュース/パンプキン’が正式なカラー名称。

パンプキンという表示ではあるけど、どう見てもパンプキンではなくグリーンパンプキン。

ということで、いい感じのグリパン/チャートだ。

ワッキー掛けにして中層でクリンクリンと誘った時の明滅と波動からのイレギュラーなフォール…

どう考えてもメチャ釣れるね。

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

カラーローテーション

自分は昔からルアーのカラーローテーションは物凄くする方だ。

プラグもワームも1日でかなりたくさんのものを廻す。

Basslog20190517a 先日釣ったウルトラバイブスピードクローだけでも7色。

使ったのは更に数色多い。

カラーによって効果はまるで違う時も多々あるのと、当たりカラーの強烈な爆発力は凄いので、当たりを探し色々と廻す。

今までの経験から、奇抜なカラー程、ドハマりすることが多い。

例えばグリパン等は無難に釣れるけど爆発力には欠ける。

ドハマりした時こそが、ルアーらしさが発揮された瞬間だと思う。

Basslog20190517b 先日は結局は色々なカラーを廻したところ、当たったのがマルガリータとバーボンブレイズの2色。

共に50アップもキャッチし、反応は抜群によかった。

特に新色のバーボンブレイズは、あまり既存にはないクリアオレンジベースで、派手めなカラーだけど、若干水に馴染むような感じのカラーで、これからも期待が持てそうだ。

マルガリータはチャートベースのカラーで、関東の平野部のフィールドでは非常に反応のよいカラーで、チャートペッパー同様に外せないカラーの1つとなっている。

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

スイングインパクトファット

巻くソフトベイトでよく使うものの1つ‘スイングインパクトファット’。

Basslog20190323aこれのフレンチパールを追加した。

このフレンチパールはバック側はブルーパールホワイトでベリー側がクリアベースのラメが入っている。

ベリー側が白いものは多いけど、逆のものって意外と少ない。

なぜそんな逆のカラーが必要かというと、チャターに装着する際、通常とは逆さに装着すると動きが安定する。

なので、通常の白腹だと上が白くなってしまう。

それだと釣れない訳ではないけどね。

なんだかんだでスイムベイトはこれとリアクションイノベーションズのスキニーディッパーを多用している。

両方とも単体でもトレーラーでもどちらも使いやすい。

よく使うスイングインパクトは4.8in、スキニーディッパーは5inなので、結局この辺のサイズが使いやすい。


| | コメント (0)

2019年3月12日 (火)

蛍光赤ブレード

昨年の春に記したマクリランドのスピナーベイトのブレードカラーに関する記事‘F.Red’。

フローセントレッドのフロントブレードを装着したスピナーベイトが早春のバスに効くという話題。

早春と言えば少し白濁した水になる。

この状況下で効果的とされているのが赤いクランク。

これと同様にフロントに蛍光赤のブレードを装着したスピナーベイトが効くというのだが、今年はこれを検証している。

Basslog20190312a そして先日、この蛍光赤のフロントブレードを装着したスピナーベイトが活躍してくれた。

水温8度、水は白濁しており、検証するには絶好の条件下であった。

周囲の人達は大半がノーフィッシュとなってしまうような状況下であったが、これを使用していた自分だけはこれで3本キャッチできた。

元々そんなに釣れるような状況ではなかったので、まだ断定はできないが、ちょっとフロントの赤ブレードが効いた感があった。

既に自分はフロントに赤ブレードが付いていないと集中できなくなってしまったので、次は別のブレードカラーを使った誰かと一日中投げ倒して検証だね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧