2022年5月16日 (月)

黄白

Basslog20220516a よく使うヤマモトのセンコー5in#チャートシャッドラミネートを追加した。

ルアーのカラーで黄色や白というのは非常にルアーらしい感じがする。

実際によく釣れるカラーであり、視認性がよいのもルアーらしくて良い。

ワームになると黄色や白というのはちょっと使用される頻度は落ちる。

ワームはどちらかといえば食わせのルアーになるので、ワームは地味なカラーを使う人が多い。

でも場所によっては普通にナチュラルカラーの部類に入る。

霞水系等に行くとチャートリュースは普通のカラーであり、非常に反応の良いカラーだ。

自分はクリアウォーター、マッディウォーター問わずホワイトとチャートリュースの系統のカラーは好きでよく使っている。

霞水系では食わせの最終手段としてもチャートリュースは使う。

ヤマモトの#031は非常に使用頻度は高く、周囲の人に言わせると自分はこれしか使っていないイメージのようだ。

確かに031の使用頻度はかなり高い。

これ以外にも好きなカラーは#156、#169、#966といった奇抜なカラーが好きなカラーである。

このようなカラーこそがルアーらしさを発揮するので好きだ。

| | コメント (0)

2022年5月 7日 (土)

Delta Craw

Basslog20220507a クレイジーフラッパーのデルタクロー3.6inが手に入った。

このクレイジーフラッパーのデルタクローはバックがレッドでベリーがオレンジとなっている。

バックのレッドはズームのトマトに近いカラーであり、実物も非常に近いカラーなので期待していた。

一番重要と思っている実際に水へ入れた際の水への馴染み具合は、正にトマトに近いので一安心した。

ただクレイジーフラッパーは意外と使用頻度は低い。

これも自分が好きなバタ足タイプに近い形状であるが、ちょっと水押しが弱いのと、ワームがズレやすいから。

どちらかといえば軽量のシンカーが合うワームなので、標準で1/2oz.ぐらいの自分には出番が少ない。

ストレートフックに1/2oz.のテキサスで組むと、軽量のリグでもしっかりと動くパーツ類が台無しといった感じになってしまうし、素材の柔らかさゆえにフックもズレやすい。

軽量のリグで内向きのオフセットを使ってクリアレイクで使ってみようと思う。

そうなるとカラーはサファイアブルーのようなカラーが合うし、それは今までも使っている。

トマトの代用品となるものはなかなか見つからなそうだ。。。

| | コメント (0)

2022年4月24日 (日)

スリムジェム

Basslog20220424-2_20220425130001 エキサイトベイツのスリムジェムを追加した。

特に何の変哲もないテーパー形状のストレートワーム。

クリアウォーターでの使用を考えると、ソルトが入っていない透明感のあるものが欲しかった。

Basslog20220424-1_20220425130001 ここのグレープエイプという薄いグレープのカラーがいい感じだったのでこれにした。

実物は非常に透明感があっていい感じのカラーであった。

最近はこのようなゼリーのような透明感を持ち合わせたカラーというのは少なくなったのは残念。

| | コメント (0)

2022年4月19日 (火)

同色?

スタンレーバイブラシャフトのダーティウォーターシリーズのコロラドタンデムを2色入手した。

Basslog20220419a 一見同じカラーに見える2つだが、この2つは別物。

スカートは2つともチャートリュースホワイトの全く同じもの。

この2つはフロントのコロラドブレードが違っている。

フローセントオレンジとフローセントレッドの違いで、それ以外は全く同じ。

言われてみれば、なんとなく違いがあるとは感じるのだが、パッと見は全く変わらない。

でもわざわざこの2つを作ったのだから、それなりの違いがあるのだろう。

低水温期に良いとされているのは蛍光赤である。

でも自分は今のところ、蛍光オレンジでその効果は得られると感じている。

ちょっと検証してみたいと思って入手したけど、既に水温は2桁突破。

検証は来年だね。。。

| | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

トマト探し・12

ズームのトマトカラーの代用品を探しているトマト探しも12回目。

Basslog20220418a リアクションイノベーションズの代表作であるスイートビーバーの‘ブラッディマリー’。

これはずっと欲しかったのだが、入手できないままであった。

そしてようやく最近入手できた。

これに関しては予想通り、レッドの部分はトマトに非常に似た同系色であった。

バックはグリーンパンプキンなので、ズームのグリーンパンプキントマトとほぼ同じ。

これはカラーとしてはトマト同様の効果を得られそうだ。

ただ形状がスイートビーバーという事で、ウルトラバイブスピードクローとはちょっと別物。

これはこれで非常に助かるけど、別の形状が欲しい。

リアクションイノベーションズにはこのカラーのフラッターテールタイプの物はないので、まだまだトマト探しは続く…

| | コメント (0)

2022年4月12日 (火)

リップの色

リップの色というのは何もペイントされていないクリアなものが多い。

リップの色は気にすると気になる。

昔、リップにリクレクト板を貼って集魚効果を増すというチューニングもあったように、リップのカラーはよく動く部分ゆえに目立つ。

Basslog20220411a ディープウイグルワートのナチュラリスティッククローのリップカラーも、結局クリーンだけでなくブラウンもちょっと変えてみた。

リップの先端側にオレンジを塗ってあるものがウイグルワートっぽいので、そんな感じに仕上げた。

このオレンジがウォブリングのリズムに合わせてユラユラと揺れながら、左右を不規則に軌道が乱れるあの感じがウイグルワートらしい。

これが効果あるかどうかは解らないけど、なんとなくこれの方が釣れる気がするからか集中して使える。

チラチラと揺れるオレンジがきっと集魚効果を与えてくれることだろう。

| | コメント (0)

2022年3月31日 (木)

D.ウイグルワート

ウイグルワートのナチュラリスティックグリーンクレイフィッシュのリップカラーが気になり、塗り替えることにした。

トラディショナルなナチュラリスティッククレイフィッシュはリップの両サイドエッヂ部分だけフローセントオレンジで、中央が軽くグリーンはグリーン、ブラウンはブラウンとなっている。

Basslog20220331a そのまま同じよりは、ファントムクロー系の様に先端寄り部分だけをオレンジにしてみた。

他の部分はオリーブで塗り、バックもオリーブを重ねて一体感を出した。

そして全体にマットを吹き付けてみた。

ノーマルよりは全然いい感じになったと思う。

それと、このディープウイグルワートは実際のところどうなのか?と、聞かれるかと思いきや、今のところ誰にも聞かれていない。

このディープもオリジナル同様にクリアとボーンの2種類のマテリアルが使い分けられている。

これにより、動きはそれぞれの素材で違っているのは泳がせてみればすぐに判る。

使い手の使い方の癖等によって好みは変ると思う。

オリジナルはアレで、オールドスクールはアレで、ディープはアレといった感じで、自分の好みはバラバラに分かれている。

自分の今のところの判断では非常に良いと思う。

| | コメント (0)

2022年3月17日 (木)

グリーン

Basslog20220317-3 ディープウイグルワートのファントムグリーンクローはブラウンクローと同様にちょっとオリジナルの物とはちょっと違っていた。

現行品同士の同色で違っているのは不思議だ。

ナチュラルクレイフィッシュのようにマテリアルも違うのもびっくりだけど、何か意図があるのだろうか…?

きっとないだろう。

今回のディープウイグルワートのバックのグリーンは少し明るい。

Basslog20220317-2 ななやのチョコだと3番くらいで、オリジナルが6番ぐらいの抹茶色だ。

そしてこれもブラウン同様に表層はマット仕様ではなくなった。

グリーンを使ったカラーは過去にも多々あった。

最近ではグリーンパンプキンが圧倒的に多いかな。

Basslog20220317-1 ファントムグリーンクローはオールドスクールの色合いがいい。

久し振りに観ると、やっぱこの時代のカラーはいいなぁ…と思う。

逆に現行のカラーが過去で、昔の現代に発売されていたら、どう思ったのだろうか?

今度のファントムグリーンいい感じ!となった気がするけど…

| | コメント (0)

2022年3月16日 (水)

ゴールド

ゴールドには色々なゴールドがある。

よく話題に出すホワイティッシュゴールドという白っぽいゴールドや黄色さが強いゴールド、そしてそれらの濃淡によってそれぞれに違った風合いを醸し出す。

Basslog20220316-2
クランクベイトなんかではホワイティッシュゴールドとかシャンパンゴールドと言われている薄いゴールドを使うことが多い。

基本は水との具合によって変化を付けることが多い。

濃いゴールドは水面付近で使用する時によく使っている。

スピナーベイトのブレードなんかはとにかく目立たせたい時なんかが多いので、カレーの様な濃いゴールドを用いることが多い。

濃い金ってカレーっぽい色だからカレーゴールドって呼んでいる。

その他ではジャークベイトのゴールドも濃いものが好きだ。

Basslog20220316-1
先日話題に出したイーアイなんかも水面付近でギラっとさせたいので、濃いゴールドの煌めきが欲しい。

ちょうど黒金がカレーっぽい濃いゴールドであった。

上方向に浮かせるとなると濃いゴールドのギラっとした輝きは集魚効果が高い。

クリアウォーターでは特にその集魚効果を感じる。

濁った時なんかも濃いゴールドはフローセント系カラーやブラックと並んでチョイスすることが多い。

| | コメント (0)

2022年3月15日 (火)

ジュンパク

昨年多用したカラーブレード。

結局春のフロント赤ブレードは効果を感じたけど、ノーマルなカラーブレードは効果はさほど感じていない。

ただ単に濁っている水質での存在感はある。

特に白ブレードの存在感は気に入っている。

まだそんなに数は釣っていないからというのもあるけど、際立った釣果は今のところない。

Basslog20220315a ここのところの暖かさで水温が2桁に達した水系が多いので、そろそろウイローリーフも出番となる。

ホワイトブレードにホワイトスカートの全身白の‘純白’もタックルボックスに戻した。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧