2023年1月28日 (土)

# Fire Craw

Basslog20230128a 昨年加わったゲーリーヤマモトの新色#9003‘ファイアクロー’は、かなり気に入ったので補充した。

あれだけだくさんあるカラーラインナップでもこれと似たようなカラーはなかった。

似たようなというよりは、同じ効果を発揮するようなカラーがなかった。

レッド系やオレンジ系のカラーは多々あるけど、微妙な違いで効果は全く異なる。

どんなカラーでも喰ってくるような状況というのはあるけど、様々なシチュエーションを突き詰めると、ルアーの力を発揮させるには色々なカラーが必要となる。

特に重要なのはベースとなっているカラー。

それが最も重要で、それにラメがスパイスみたいな役目を果たす感じだ。

ベースが赤でも、プラムなんかはまた別の効果を発揮する。

自分が好きなトマトなんかも赤だけどまた別物。

 

| | コメント (0)

2023年1月26日 (木)

BIG TRD

Basslog20230126a TRDビッグのグリパンブラックブルーというカラーを追加した。

ブラックとして使いたくてこれにした。

フィネスではヨガパンツがほぼブラックなので使っているけど、ビッグにはないのでこれにしてみた。

最近シェイキーヘッドを用いるときはビッグを多用している。

フィネスだとシェイクしてもロールするだけなので、なんとなくボディも少しは曲がる方がいいかなと思いビッグを使っている。

でもビッグはジグヘッドワッキーが一番合っていると思う。

エラストマーならではの浮力と弾性がジグヘッドワッキーのリズムにいい感じで合う。

フィネス程ではないけど、ビッグもエラストマー製では結構気に入っている部類に入る。

| | コメント (0)

2023年1月24日 (火)

Z too Soft Jerkbaits

ストライキングのZトゥソフトジャークベイトにも新色が幾つか加わった。

意外と知られていないこのワームだが、新色が加わるぐらいなので人気はあるのだろう。

このワームのソルト混入具合は非常に気に入っており、エラストマー製のワームでもこのワームはかなり気に入っている部類に入る。

そんなワームなので、今回の新色追加は非常に嬉しい。

Basslog20230124a 特にモーニングドーンとサイレンといったカラーはいい感じだ。

昨日のピンクマジック同様に地味なカラーよりも奇抜なカラーが好きなので、これらのカラーはありがたい。

このようなカラーこそが大当たりする場面があるカラーである。

万能ではないカラーだが、道具としてのルアーらしさが発揮されるのはこのようなカラーこそだ。

| | コメント (0)

2023年1月23日 (月)

Pink Magic

ケイテックのスイングインパクトファットに幾つか新色が加わった。

Basslog20230123a その中でも一番気になったのがピンクマジック。

ピンクというのは非常に釣れる場面があるのだが、ピンクと一言で言えても、同じピンクにも色々ある。

その違いは釣果の差にも出る。

一見同じピンクであっても、効果は異なる。

その差はピンクは特に感じることが多い。

自分がクリアウォーターでよく使用するスキンピンクは、非常に効くのだが、意外と自分が求めているスキンピンクはないというのが現状である。

このピンクマジックも同系統ではあるが、実際のところは自分が求めている物かどうかは、使う湖の水へ入れてみないと判断できない。

その他ではチャートリュース系のカラーが入ったものが多くなった。

ケイテックはファイアクローも最近では多くのものに導入されており、いいカラーラインナップになってきた。

今までのような餌釣り感覚な地味で無難なカラーラインナップからは抜け出したようだ。

奇抜なカラーこそがいつも自分が言っているルアーらしさを発揮できると思う。

| | コメント (0)

2022年12月16日 (金)

Bone Head

何回か話題に出しているボーンマテリアルの件。

自分としては意外と衝撃的なことであったが、以前にも記したように意外と気にしている人は少ないようだ。

ただ、気にしている人は物凄くその重要性を解っているようで、なかなかコアな質問も来る。

Basslog20221216-1 ワンノッカーでは今のところボーンを使っているのが確実に判っているのがボーンヘッドというカラー。

なので、このボーンヘッドは幾つかストックしてある。

先日何気なくこれを観ていると、微妙に違う感じがした。

Basslog20221216-2 よく観てみると、口の部分の色が違っていた。

自分でエアブラシ使って塗装する人だと、この口の部分って気にするところだと思う。

手が込んでいるルアーだと、単色で赤やオレンジを軽く吹き付けるだけでなく、オレンジに赤を乗せたりしてグラデーションを付けたりする。

そんなことしても釣果に差は出ないでしょというのが大半の意見だと思う。

でも色塗りしていると細かいところにちょっと手を加えたくなる。

昔のハンドメイドルアーなんかはそんな細かいところまで色々と細工されていた。

知っている人はそんな細かいところまで観てしまう。

実釣にはどうでもいい部分ではあるんだけど、このワンノッカーの口は赤とオレンジの2種類が存在した。

口の部分のカラーが釣果に影響したと感じたことはないけど、ベリーの部分はカラーの違いで釣果は大きく変わることがある。

全体的にも色味の違いは若干あるけど、釣果に影響はないだろう。

それよりもマテリアルの違いの方がこのルアーは釣果に大きく影響する。

今後‘塗りボーンヘッド’になる可能性はあるけど、ボーンヘッドは今のところボーンマテリアルである。

| | コメント (0)

2022年11月15日 (火)

#9003

ヤマモトの新色ファイアクロー(#9003)が調子よい。

ネッドセンコーのファイアクローは、ネッドセンコーのマテリアルゆえに透明感がある。

その後追加された5inセンコーのファイアクローは、ソルトの影響もありネッドセンコーより劣って見えた。

でも実際に使ってみると非常に反応の良いカラーであった。

まだ発売されてからそんなに日が経っていないけど、物凄い勢いで気に入った。

Basslog20221115a そしてファットイカやフラッピンホグ、クリーチャー等にもファイアクローが追加された。

カラーラインナップの多いヤマモト製品だが、この系統のカラーって今までなかった。

あれだけのカラーラインナップがあってもまだ必要なものというのは出てくるということだ。

赤系統のカラーと言えば、ズームのトマトのようなカラーもまだヤマモトにはない。

トマトはあるのだが、オレンジ系なので、ズームのトマトとはまた別物。

それはそれで自分は好きなので、未だに使っており、今年はそのフラグラブなんかはよく使ったけど、既に廃番のようでカタログ落ちしていた。。。

奇抜なカラーこそがルアー本来の力を発揮してくれるので絶対に必要だと思うのだが、チャートリュースやホワイトといったもの以外の奇抜なカラーは売れないから大概は消えてしまう。

| | コメント (0)

2022年11月10日 (木)

Dシャッド

廃番になるのではと思っていたヤマモトのDシャッド。

Basslog20221110-2 しかし、ニューカラーが追加されたので、廃番にはならなそうだ。

それでニューカラーの#9007‘チャートリュースエレクトリックブルー’を追加しておいた。

このようなソフトジャークベイトはプローブルー系のカラーが好きなので、今回のニューカラーはブルーパール交じりが3つもあってよい。

Basslog20221110-1 今回のニューカラーはどれもいい感じなので、今後も更にカラーラインナップが増えた状態でDシャッドが使える。

ただ、Dシャッドにはファイアクローはないのは残念。

5inセンコーのファイアクローは早速活躍してくれているので、Dシャッドにも欲しい。

| | コメント (0)

2022年11月 1日 (火)

Zako 3in.

Basslog20221101-1_20221029000201 ゲーリーヤマモトの新製品ザコ3インチがリリースされたので1つだけ入手してみた。

カラーはこれも新製品の#9004‘スモールマウスマジック’。

ザコ4インチはチャターのトレーラーとして使っているだけで、それ以外のリグでは使ったことがない。

小さくなった3インチはトレーラーとしては小さすぎるので、使うとしたら単体となる。

何がよいのか…

ジグヘッドかな?

ジグヘッドやアンダースピンなんかに合いそうだ。

よくよく見ると、この同系統のものってあまりない。

Basslog20221101-2_20221029000201 使っているもので一番近いサイズはスイングインパクトファットの3.3in.ぐらいかな。

スイングインパクトファット3.3inもアンダースピンで使うことが多いので、やはり使うならアンダースピンがベストかな…

| | コメント (0)

2022年10月17日 (月)

Sexy Shad

Basslog20221017a ゲーリーヤマモトのニューカラー#9006‘セクシーシャッド’。

これもファイアクロー同様にニューカラーなのでカラーナンバー4桁だ。

5inセンコーにもこのカラーは追加となったので、自分のストックも追加しておいた。

プラグでは定番カラーとなったセクシーシャッドだが、ワームではまだそんなに出しているメーカーはない。

Basslog20221017b 使う状況としては違うので、同じカラー名であってもプラグとワームでは別物のカラーだ。

どちらかというとワームセクシーシャッドは視認性も高く、アピール系のカラー寄りだろう。

色々と使いたいと思い付くシチュエーションがある。

5inセンコーは結構切り札的存在なので、なかなか出すことはないんだけど、やはり釣れるのでこれを持っているとお守りみたいな存在である。

ただでさえよく釣れるセンコー5inが、ニューカラー追加で更にパワーアップ。

| | コメント (0)

2022年10月11日 (火)

Fire Craw

Basslog20221011-2 ゲーリーヤマモトのニューカラー#9003‘ファイアクロー’の5inセンコーが入手できた。

ちょっと赤の部分が弱い感じがするけど、今までにない感じのカラーなので期待できそうだ。

新たな追加カラーではあるけどパッケージは旧ロゴのパッケージを採用しているようだ。

ネッドセンコーのファイアクローと比較すると、パッと見は同じような感じはするけど、マテリアルの違いがあるからかよく観るとちょっと違う感じだ。

Basslog20221011-1 中に入っている塩の量で透明感の有無があるので、その違いのようだ。

白濁した水になることが多い早春なんかはこんなカラーが合いそうだ。

クローカラーではあるけど、このようなカラーは白濁した水で非常にマッチすることが多い。

なのでクローカラーではあるけど、春なんかはこのような赤いカラーでシャッドをイミテートして使う。

意外とソフトジャークベイトやスティックベイトといったものに赤いカラーというのは少ない。

白とか黄色っぽいものをチョイスしてしまうことが多いけど、今後は赤を選ぶことが多くなるかも?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧