2019年1月24日 (木)

赤青黄クロー

ラッキークラフト社のクランクベイトにはクローカラーがたくさんある。

ラッキークラフトのLCシリーズには特にクローカラーのラインナップが多い。

オーソドックスな赤系のクローカラーでも、ストライキング同様に幾つかラインナップされている。

Basslog20190124a LC1.5はよく使うので、既にストックはたくさんあるけど、クローカラーを幾つか追加しておいた。

LCはどちらかというと、浮かして喰わすこともできるクランクベイトなので、シャッドを意識してパール系の塗料が表面に吹付けられているカラーをチョイスすることが多い。

ボトムに当てて使っても良く釣れるクランクなので、あれこれシチュエーションを考えると色々なカラーが必要となる。

今回追加したクローカラーはたまたま赤青黄色の信号色となっていた。

特に意識したわけではなく、中身を確認している時に気付いた。

これらも昨日のKVDスクエアビル同様にザリガニのいない水域でも使用するというか、居ない水域で使うことの方が多くなるだろう。

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

クロー模様

Basslog20190123a クローフィッシュカラーはよく使うので、冬の間に幾つか補充していて、KVDスクエアビル1.5のクローカラーを追加した。

でもザリガニが生息しているような湖へはあまり行かない。

春にザリカラーが効くと言われているのは、春にザりを喰っているからと言われているけど、冬眠からまだ目覚めてもいないので喰っていることはほぼないのが現実。

大体、クローカラーと言っても春に効くのは赤系統のカラーパターンの物が殆どなので、おそらくカラーが春の水に合っているからという部分が強いと思う。

普段釣りをしていると縦のストライプが入っているカラーが効くときがたまにある。

昔はマジックをタックルボックスに入れて、現場で縦縞をマジックで入れたりもした。

初秋の琵琶湖で、ウィードトップにバスが集結した時なんか、リップレスクランクで入れ食いとなる。

そんな時にストライプのあるなしを試すと、明らかに釣果に差が出ることがあった。

そんな感じでクローカラーの模様をストライプではないけど、ストライプのような模様ありと捉えて使うことが多い。

ということから、湖にザリガニが居る居ないは関係なく使用している。

| | コメント (0)

2018年12月26日 (水)

NEWカラー色々

Basslog20181226a ズームの目新しいカラーを追加してみた。

特に新しいカラーではなく、今まで自分が使っていなかったカラーで気になったものを入れてみた。

実際に手にしてみたり、フィールドで水に浸けてみると、想像と違っていることはよくある。

どれもいい感じで、特にこれはダメそうというか使い道がなさそうなものはなかった。

今年もバーボンブレイズやクリスマスケーキが追加となったり、ショップのオリジナルカラーで幾つか追加されたりで、更に選択肢が広がった。

観ているだけでも楽しいけど、観ていると釣りに行きたくなる。

選択肢が多いというのはいいね。

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

ブルー追加

多用しているブルー系のカラーにまた新たなブルーを追加した。

既にウルトラバイブスピードクローで使っているブルー系のカラーは幾つかあるけど、状況に応じて細かく使い分けたくて追加。

Basslog20181224_1 ケンタッキーフラッシュとフリッピンブルーの2つ。

ケンタッキーフラッシュは以前から気にはなっていたけど、ようやく入手できた。

半身がホワイトにシルバーラメが入っており、非常に目立つ。

このカラーでUVスピードクローのバタバタしたクローの腕を想像しただけで、物凄いアピール力がありそうだ。

クリスマスケーキやパールホワイトといった、ベースカラーがホワイト単色のものよりも明滅が起こるのでアピール力は更に強烈な感じがする。

Basslog20181224_2 キラーブルーはチャンクなどでは使っているカラーで、これこそ昔からある一般的な青といった感じのトラディショナルブルーだ。

濁りの強いシャロ―やクリアウォーターでのディープでは安定した強さがある。

ラメもないような時代からやっている世代としては原色のソリッドカラーは未だに基本となるベースカラーだ。

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

コットンキャンディ

自分の好きなカラーの1つ‘コットンキャンディ’。

コットンキャンディも以前は色々なメーカーから発売されていて、メーカー毎に若干色合いが違っていた。

一番好きだったのはラッキーストライク社のコットンキャンディで、ここのがクリアウォーターで若干濁りが入った状況下で非常によく釣れた。

その他でよく使用していたのがズームのコットンキャンディ。

特にこれのミートヘッドとスワンプクローラーは富士五湖では抜群に効いた。

でも、世間一般的には不人気なカラーということもあってか、気付いた頃にはほぼ市場からはなくなっていた。

グリパン等の地味なカラーが全盛期ということもあって、奇抜なカラーはどんどん消えていた。

このカラーの好きなところにラメの色もあった。

当時はこれをウォーターメロンの染料で染めたりして使用していた。

後にそれがズームのウォーターメロンキャンディという名で定番カラー化されたほどだ。

Basslog20181223a そんなコットンキャンディを久し振りに入手できた。

ストレートワームでは使用頻度の高いトリックワームのコットンキャンディ。

やはり良い思い出が詰まっているカラーだけあって、観ているだけで釣れそうな気がしてきて釣りに行きたくなる。

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

グリパントマト

ズームのカラーで大好きなカラー‘トマト’。

この系統のカラーは他メーカーだとあまりなく、あってもちょっと違う場合が多い。

微妙な違いで釣果は大きく変わる。

その辺はある程度釣りを知っている人に言っても通じないぐらいマニアック過ぎるほど複雑だ。

その領域に足を踏み入れてしまった人にとってズームの豊富なカラーラインナップは、歯痒さの痒み止めのように、言葉では言い表せない障壁を取り除いてくれる。

Basslog20181208a そんなズームのカラーで前々から存在は知っていて気になっていた‘グリーンパンプキントマト’。

実際に入手してみたら感動的にいいカラーだった。

白っぽい濁りが入っている時の中層では特に威力を発揮するトマト。

中層で喰ってくる時や着底時に喰ってくるといったイージーな状況下ならよいのだが、着底して少し間を置いてあげるとよい時期に、これのがボトムのマテリアルに馴染んで喰いが良くなりそうだ。

そんなことを踏まえていくと更にこんな状況下で欲しいと思うカラー等、ズームのカラーにはそんなアングラーの想いを組んでくれるカラーがたくさんある。

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

ピンクドラゴンギル

友人からの頼まれたLC1.5で、ひときわ目を惹くピンクのLCがあった。

Basslog20181204a ‘ピンクドラゴンギル’というカラーだ。

チャートテールと縦縞で微妙にギルらしくなっている。

これくらい奇抜なカラーは好きなんだけど、今まで全く気付かなかった。

クランクベイトやミノーの塗装を頼まれるカラーで意外と多いのがピンク系統のカラーだ。

万能ではないけど確かに突出して効く場面はあるので、色々カラーを廻してくと欲しくなるカラーだ。

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

Bourbon Blaze

ズームの新色‘BOURBON BLAZE’。

写真で観た時はなんだかよく分からないカラーだなぁ…と思った。

Basslog20181202a 実物を観てみると、ベースはクリアオレンジ。

よくよく考えてみるとクリアのオレンジってほぼ無いカラーだ。

透ける透けないでカラーも使い分けている人なら、クリアなオレンジって使う場面が思い付くでしょう。

このカラーって意外な盲点だったような気がする。

| | コメント (0)

2018年11月28日 (水)

ブラックバックチャートリュース

巻物でよく使うカラーは金白黄色。

黄色系のカラーでよく使うのは、ライムチャートやブラックバック、ブルーバック。

ファントム系カラーだとライムチャートを使うことが多い。

透けないベタなカラーは背中が黒や青といったものが好きでよく使う。

チャートとは違う目立つカラーでコントラストを強調させたいと思い、これらのカラーをチョイスすることが多い。

カラーに迷ったらこれらを使うことが多いので、必然的にこれらのカラーはストックも多い。

Basslog20181128a 使用頻度の高い6XDと5XDのブラックバックチャートを追加しておいた。

XDシリーズはロールも強いので、これらのカラーが強調される感じで気に入っている。

| | コメント (0)

2018年11月10日 (土)

EBとJB

原色のカラーをベースに用いたワームは結構好きだ。

とりあえず赤青黄色の3色から選ぶことが多い。

特に赤と青は、どちらかが効くことが多いので、この2つは使用頻度が多い。

ただ、赤も青もワームのカラーとしてはイマイチ人気のないカラーなので、ラインナップもされていないことが最近は多い。

特にブルーはかなりレアになりつつある。

ズームには青のワームも幾つかあり、かなり重宝している。

キラーブルーやフリッピンブルーなどが好きで、中でも一番使用頻度が多いのはエメラルドブルー。

Basslog20181110a 一見ジュンバグと変わらない感じだが、ベースからーがブルーとグレープの違いで、こんな微妙な違いでも効果は変わってくる。

それぞれのカラーが馴染む水の色が結構違う。

なんだかんだ、ここ数年で一番補充している数が多いのはエメラルドブルーなので、最も効く場面に出くわすことの多いカラーだ。

トリックワームとUVスピードクローでよく使う。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧