2020年6月29日 (月)

Fire Craw+Tomato

ジャックハンマーの新色ファイアクローに合わせるトレーラーは何色が良いか…?

Basslog20200629a 色々と合わせてみたけど、一番しっくりと来たのがズームのトマト。

最初はオレンジの入ったカラーで合わせようと思い色々と合わせてみたが、なかなか合うものが見付からなかった。

オレンジが入ったカラーは意外とスカートとワームのカラーが微妙な違いがあって、合わない場合が多い。

透けないベタなレッドは濃淡の違いぐらいで、合うものが多い。

オレンジと同様なものではチャートリュースも意外と合わせにくい。

でもよく使っているダーティサンチェス系のカラーはカラーがズレていてもそのまま使っている。

カラーがズレていても全く問題なく釣れるんだけどね。

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

オレンジ

オレンジのシリコンラバーがようやく入手できた。

Basslog20200620a 今回は無難に使いやすく、最近使用頻度の高いオールテレイン社のシリコンラバーにした。

昨年、オレンジのシリコンラバーの手持ちが減ってきたので補充しようと思ったら、どこにもなかった。

しばらくネット等でも探してみたが、売り切れ続き。

そんなに大量に使うカラーではないが、オレンジが少し入っているだけで反応が良いことも多々あるので必要。

最近はバマクローに合わせてラバーを組むこともあり、ちょくちょく使っている。

なので、ないと困るので補充しようと思い、ようやく補充できた。

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

新旧パーチ

好きなカラーの1つであるパーチ。

特にラパラのパーチは好きで、長年使用している。

Basslog20200617a ラパラのパーチは昔メタリックのものがあった。

現行のパーチはホイル貼りのものしかないので、今はこれを使用している。

メタリックのパーチも持っているけど、コレクションとなっていて使っていない。

いつ観てもいい色だなぁ…ってしみじみ見入ってしまう。

ファットラップとオリジナルのフローティングのパーチが特にいいね!

| | コメント (0)

2020年6月 6日 (土)

ナチュラルプローブルー

 ワームのカラーで一時期流行ったナチュラルプローブルー。

当時はミミズみたいな色だと思い使いたくもなかったことからあまり覚えていないけど、きっかけはズームのナチュラルブルーだったような…

ザリガニの脱皮した時の色に似ていると言われていた。

その後プラグやワイヤーベイトにもこのカラーが採用されるようになった。

それらは不人気だった。

特に記憶にあるのがラッキークラフト社のプローブルー。

しかしこの不人気だったカラーが、石本さんの高滝ダムでの圧倒的な強さにより注目され、一度は廃番となったのに復刻した。

かれこれ30年近く前のことだが、今でもまだこのカラーはミノー系では残っている。

Basslog20200606a_20200606072301 クランクベイトにも効く色なので、久し振りにクランクベイトにも塗ってみた。

ブルーやパープルのパールが入っていると、状況によっては異常なほど反応が良い。

この系統のカラーはあの引き方が合っている。

使う場所もそんな感じのところが効く。

| | コメント (0)

2020年5月31日 (日)

真っ青背中

ブラックレーベルの‘リカシェット’を追加した。

Basslog20200531-2 パウダーブルーカラーはバックのブルーが薄い水色。

よく言うのであればブルーバックチャートのできた元来の空色をしっかりと表現されている。

ただ何度も言っているようにブルーバックチャートのバックのブルーは濃ければ濃いほど良いことが多い。

普通にクランクベイトとして使う場合、水色と青では比較にならないほど青が反応良い。

特に関東平野部の水系であれば、同じクランクベイトで色の違いを比べてみるとその差は歴然だ。

ブルーとチャートリュースのコントラストが効くので、最近はブルーバックチャートと言えばバックを真っ青に塗るのが当然となってきている。

Basslog20200531-1 ということで、このパウダーブルーも真っ青に変更した。

ペイントアイは塗るマスキングを塗って、バックに蛍光ブルーを吹き付けた。

やはり真っ青なバックが似合う。

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

塗装剥離

ルアー塗装の剥離に関する質問というのは多い。

これに関しては一切返答していません。

溶剤で溶かしたり、やすりで削ぎ落としたりするのが最も手軽な方法だと思う。

ただ溶剤はモノによってはボディまで溶かしてしまうので注意が必要だ。

同じプラスチックに観えても、配合しているものの割合や溶剤との相性で溶け方も変わる。

Basslog20200526a ウイグルワートなんかはオールドスクール、現行共に非常に溶けやすい。

地道に削ることをお勧めする。

1つ2つぐらいならよいが、それ以上に剥離するのであれば、サンドブラストを使用すると良い。

これなら細かいところまできれいに剥離することができる。

最近は家庭用のサンドブラストもあるので、塗装をする人ならコンプレッサーを併用して使える。

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

フック装着

色塗りをしたルアーにフックを装着した。

元々フック交換は結構な頻度で行っているので、フックの脱着はかなり早い方だと思う。

でもKVDなんかの交換スピードを観ていると、更に早い。

試合中でもフック交換するので、そんな時間は短ければ短いほどよい。

装着するフックはルアーによって色々と使い分けている。

Basslog20200524-1 ウイグルワートにはKVDトリプルグリップを装着した。

ウイグルワートにトリプルグリップは不向きという人もいるようで、両方共ストレートシャンクにしている人もいれば、リアだけにしている人もいる。

確かに、ベストなフックはアレとアレの組み合わせかな…というものはある。

でもよほどシビアな状況下でない限り、トリプルグリップで全く問題ない。

今回ダイグルーバーにはバークレイのヒュージョン19を使用してみた。

Fusion19EWGのミディアムシャンクを始めて装着してみた。

Fusion19EWGは#3、#5といったあまり他のメーカーではラインナップされていない番手のフックもあるのは重宝する。

がまかつにも最近は#3があり、このサイズが標準で装着されているものなんてないけど、このサイズがベストなものって幾つかある。

フックを替えることで、スナッグレス、フッキング、アクションの効果が倍増するものも多々あるので、フックは替えてベストなものを見付ける。

これに関してはなかなか表に出てこない話題だが、かなり重要なことだ。

ケヴィンバンダムがKVD1.5のフックは両方共トリプルグリップの#2に替えるというのは最も有名だが、これを明かしたという事は凄いことだ。

そしてダイグルーバーはフック交換の前に、結局先日カラーリングした#BBCのみでは物足りずに、更に少し手を加えた。

Basslog20200524-3Basslog20200524-2 バックのみマットにして、鰓下辺りのベリー部をオレンジにしてみた。

ベリーの内臓ウエイトは見えるままで少し蛍光オレンジを吹き付けけ、更に抱卵効果を強調させる仕様にした。

 

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

ディプシードゥ・1#BBCC

ディプシードゥの中でも関東平野の水系では圧倒的に釣れるブルーバックチャート。

特にディプシードゥ・1のブルーバックチャートは強烈に釣れる。

でも廃番という事で既にこのカラーはない。

昨年手持ち最後のディプシードゥ・3のブルーバックチャートを出してみたが、やはり圧倒的にこのカラーは釣れた。

Basslog20200519b やはり蛍光青と蛍光黄のコントラストがよいのだろう。

バックの青は青が濃ければ濃い程反応がよいので、より濃くするために2度塗りしている。

非常に多用するカラーなのでたまに塗っている。

Basslog20200519a_20200518211501 かなりの頻度で必要になるので、時間のあるうちに塗っておいた。

今回はベリーにオレンジを入れないで、クローパターンのステンシルをオレンジで吹き付けてみた。

ということでカラー名はブルーバックチャートクロー#BBCC。

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

ダイグルーバー300#BBC

未塗装ダイグルーバーの最後の1つに色を塗った。

ある程度製品版が入手できたので、最後の1つは大事に取っておいた。

Basslog20200518-1 そろそろ色を塗ろうと思い、何色がいいか考えていると、チャートリュース系のダイグルーバーがなかったので、チャートリュースと言えばブルーバックでしょということで、ブルーバックチャート(BBC)にすることにした。

塗り始めると、ベリー部のクリアは何か活かしたいなぁ…と思い、ベリー側は薄くパールホワイトを吹き付けた。

そしてクリアのチャートを吹き付け、側面上部は蛍光黄色を吹き付けた。

Basslog20200518-3 ベリー部に入っているバレットが透けることで抱卵をイメージした。

こんなちょっとしたことでも、釣果を大きく左右する場合があるので、せっかくのクリアボディを活かしてみた。

バックはシルバーで下塗りしてからホワイト塗って、蛍光青をしっかりと真っ青になるように塗った。

Basslog20200518-2 ブルーバックチャートのバックは青が真っ青であればあるほど、チャートとのコントラストがハッキリとしてよく釣れるので、しっかり青が発色するように厚く吹き付けた。

これでブランクのダイグルーバーはなくなったけど、既にボロボロになったダイグルーバーが2つあるので、次は再塗装だね。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

キラーパール

よく使うクランクベイトのカラーの1つファントム系のホワイト。

この系統のカラーではゴーストアユなんかがマジョリティで、ハイパークランクでよく使っているグレイバックゴーストなんかもこれと同系統のカラーだ。

マッドペッパーマグナムの#196ブリリアントパールやバークレイのゴーストホワイトも同系統のカラーである。

これらはゴーストのホワイトにブルーパールを吹き付けた単調なカラーだが、こんな単純なカラーだけど物凄く反応が良い時がある。

特に速い動きで使う際は良いことが多いので、引き方が比較的速い自分は好きなカラーである。

ただ、このカラーの問題は、ラインナップされていることがあまりない。

ということで、自分で塗ることもよくある。

ダイグルーバーの自分で塗装したこのカラーなんかは超お気に入りのカラーである。

このカラーを少し追加しようと思い、幾つか塗っていた。

そしてちょっとこのカラーにも変化を付けようと思い、少し今までにはない感じにしてみた。

Basslog20200517a 写真で観ると全く同じにしか見えないけど、パールを2色使用してみた。

カラー名は‘キラーパール’。

鋭い人はこのネーミングでピンときたことでしょう。

ブラック、レッド、チャートリュース、ホワイトといった無垢でルアーカラーとしては奇抜なカラーもよく釣れる。

だけどルアーに色を塗る塗り手からすると、これらのカラーは色塗り作業が単純過ぎるので、何か細工をしたくなっちゃうんだよね…

そんな感じで生まれた‘キラーパール’。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧