2019年9月 6日 (金)

JB桧原湖シリーズ

Basslog20190906a JB桧原湖シリーズ第3戦IMAKATSUカップのストーリーをアップしました。

あまり桧原湖へ出ていないので、ストーリーを書くのは選手からの情報を頼りにしている。

何気なく尋ねたり、話し掛けたりして情報を得ているけど、結構話す人などは吟味している。

ストーリーに書くためということを漏らさず、何気ない会話から情報を拾うことが多い。

釣りがうまい人や成績上位者であれば情報はしっかりとしたものを持っていそうだが、釣り人は天狗になっていると違った情報でも胸を張って断言してしまうことも多々あるので、参考程度にしている。

湖の全体的な情報は偏りがないようにするために我の強い人からの情報は避け、全体をよく観えている人の情報を軸に記している。

出来る限り、行っていない人にも状況を思い浮かべられるようにしたいと思っている。

それと前回に引き続き、優勝した伊藤諭選手の個別動画が完成したのでアップしました。

ウイニングパターンが一般の人にも、もっと解りやすいようにして、釣行に役立つものになれば幸いです。

Basslog20190906b 今回の伊藤選手の使ったルアーはAR-Wピンテールのライトキャロ。

AR-Wピンテールの使ったカラーが素晴らしい。

自分が熱望して追加してもらったカラーだけに、このカラー(54.パール/クリアーシルバー)の愛用者が桧原湖で増えてきているのは嬉しい限りだ。

過去にAR-Wピンテールを使って表彰台に立った選手はほぼこのカラー。

桧原湖では間違えなく一番反応が良いカラーだ。

| | コメント (0)

2019年8月27日 (火)

オレンジ

今年はクランクベイトが良く釣れている。

その中でも今年はオレンジ色の系統が良く釣れている。

Basslog20190827a デルタクレイジークロー、デーモン、ヴァイパータイガー等々オレンジ系カラーが活躍してくれている。

自分がよく使うファントム系のカラーやチャートリュースを使っていない訳ではない。

むしろこれらの方が使っている時間は長い。

でもオレンジが明らかに当たる場面に今年だけで何回か遭遇している。

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

クロー×2

ラッキークラフト社のクローカラーはいくつかある。

その中でも一番一般的な赤っぽいカラーのクローは、デルタクレイジークローとTOクローの2つがある。

Basslog20190807a どちらのカラーも好きでよく使っている。

TOクローがどこのメーカーにでもラインナップされている一般的なクローカラーだ。

デルタクレイジークローはオレンジが強調されている。

TOクローはザリガニが居るような、元々濁りが入っているような水系や、白濁した濁りが出た際に用いている。

デルタクレイジークローは、通常の水質よりも何らかの影響で濁りが加わった際に入れることが多い。

TOクローよりもちょっと目立たせたい時に用いている。

LC1.5のこれらのカラーはどちらもよく使っている。

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

ボールドブルーギル

ストライキングのOPTシリーズで一番気に入っているキャタピラー系のワーム‘スーパーフライ’。

Basslog20190803a これにもダーティサンチェスみたいな‘ボールドブルーギル’というカラーがあったので追加してみた。

こんなカラーがあったとは今まで全く気付かなかった。

インジェクションのワームと違って、同系統のカラーでも全く違った印象を受ける。

ハンドポアのワームってあまりないけど、なくならないのは根強い人気とこれだからこそのものがあるのだろう。

このポアならでは風合いは好きだ。

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

バマ、サマークロー

ここ数年定期的に買い足しているストライキングのレイジバグ。

バタ足タイプではZクローに続き使用頻度も高く、非常に信頼している。

このレイジバグに関しては使うカラーが偏っている。

Basslog20190731a バマクローかサマークローのどちらかを使うことが殆どだ。

チャートリュースの入ったサマークローがどちらかというと標準で、もう少し濁りが入るとバマクローを出すことが多い。

この2つがあれば結構な領域をカバーできる。

今度秋にはスワールカラーも追加される。

スワールの中でもクローダディなんかはいい感じだね。

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

チャートリュース/ブラック

プラグのカラーではチャートリュースと言えば定番中の定番カラーである。

でもワームのチャートリュースとなると、あまり使われていない。

プラグを多用する人とワームを多用する人というのは、結構別れるところ。

プラグを使う人はチャートリュースのワームも普通に使う人が多い。

でもワームをよく使う人はあまり使わないカラーである。

プラグを多用する人はルアーという一括りの考えで、ワームを多用する人はルアーが餌の延長線上にあるので、餌としてあり得ないカラーは避け、ナチュラルなカラーを多用する。

自分はチャートリュースのワームは当たり外れが大きいので、非常にルアーらしさがあって好きなカラーだ。

Basslog20190729a_20190730064501 特にチャートリュースブラックフレークは霞水系では最も信頼しているカラーだ。

ヤマモトのセンコーやカットテールのチャートリュースブラックフレーク#156は絶対的な信頼がある。

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

フットボールジグ

頼まれていた1oz.フットボールラバージグを、ちょっと時間がなかったので速攻で2つだけ作った。

1oz.フットボールは使ってみると、最初はちょっと重過ぎると感じるかもしれない。

でも、慣れてしまうと、これよりも軽いウエイトは使いたくなくなってしまうぐらいの別世界が広がり、しばらくこのウエイトから離れられなくなる。

自分はかれこれ30年近く愛用しているけど、未だにフットボールでは一番多用しているウエイトだ。

昔と違うのはフックが大きく太軸になったのと、アイの角度が60度のものを使用している。

ラバーも、昔はゴム製のファインラバーを使用していたが、今はシリコン製のレギュラーラバーを使用している。

Basslog20190722a 今回は最近お気に入りのオールテレイン社製のラバーを使用してみた。

どちらもグリパンに観えるけど、オリーブとフィッシュハンター。

この微妙な色具合の違いがワームとの一体感を出してくれる。

最近はケイテックやズームの既存カラーに合わせたスカートカラーもあり、非常に一体感を出しやすくなっている。

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

オレンジベリー

ベリー部がオレンジのルアーは多々ある。

ベリーが最もオレンジが使われている部分かもしれない。

オレンジベリーというのは非常に効くことがある。

Basslog20190714a プラグ以外でもラバージグのオレンジベリーも非常に効く場面がある。

オレンジがベリー側に2~3本入っているだけで強烈に反応が良いことが今までに何度かあった。

やはりタフな時にその差が歴然となることが殆どだ。

間違えなく効くことが多いのが野尻湖。

野尻湖に行くと大半の時間をラバージグで釣っているので、色々と検証した結果、オレンジが入ったものが明らかに反応が良い時があった。

2人でオレンジ入りと無しで釣り比べ、使い方の差が出ないように、途中でルアーを入れ替えたりもしたけど、オレンジ入りが明らかに好反応の時はあった。

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

BOURBON BLAZE

今年から取り入れているズームの新色‘バーボンブレイズ’。

Basslog20190713a やはりこのカラーは期待通りに活躍してくれている。

先週、オレンジ色が好きだという話題を少し出したら、数人の方から自分もオレンジ色が好きという話を聞いた。

ただ、オレンジ色のルアーってあまりないという同じ悩み持ち。

バーボンブレイズは結構気に入っているということも耳にする。

金魚なんて湖に居ないのにオレンジのルアーって釣れるの?といった日本人アングラーに多い餌釣り感覚の呆れた質問もたまに来るけど、この類の質問はスルーします。。。

 

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

オレンジバック

オレンジと言えば、一番最初に好きになったのはラパラの赤金。

赤金と言っても、背中は赤ではなく蛍光オレンジが使われている。

釣りを始めた当初は釣具店でもこれが一番目立っていて、目を惹いていた。

そして初めて買ったプラグはジョイントラパラFの赤金だった。

最初は釣れなかったけど、水面直下をクネクネと泳ぐオレンジのラパラは目でよく見えて、引いているだけで楽しかった。

Basslog20190702a それから徐々に釣れるようになって、そんなトラディショナルな赤金が益々好きなった。

あまりラインナップされることのない不人気なカラーなんだけどね。。。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧