2019年12月28日 (土)

DEBUSSY

昨日のホバリンゾーイのABプロップ仕様はただ巻きでも使用していた。

でも来年からはただ巻きでの使用のためにホバリンゾーイを結ぶことはないだろう。

というのは、ただ巻き用にもっと良いものが登場したからだ。

Basslog20191228a 同じくTHタックルから登場した‘ドビュッシー’はただ巻きに特化したプラグである。

フロントはイナバズ同様にペラ同士が干渉する設定となっていて、リアはPHカスタムルアー社のウエスリープロッピンと同じペラが装備されている。

それでいて発泡ウレタンの浮力を生かしボディはコンパクトに仕上げている。

イナバズ仕様のペラをプラグに装着するとなると結構な浮力が必要である。

更にリアのペラもウエスリープロッピンはバルサ製ゆえに装着できる重いペラである。

前後でそれぞれのサウンドを発し、更にフロントからは金属音、リアからはバイブレーションが加えられる。

超スローでも引けることから、瞬時にこれが効く場面が思い浮かんだのがポストの時期。

プリの時期はバズにも出ていたのに、スポーニング後は出なくなるけど、ペンシルベイトには出るといったポスト期。

超スローに引けるバズならポスト期でもバズで釣るのは可能である。

でもこれにはバズ自体もちょっと特殊な仕様にして、更に扱うのもちょっと難しい。

そんな状況下でもドビュッシーなら止められるので、間違いなく効果的だろう。

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

SNIPER FINESSE WEEDLESS

ネコリグのフックはVMCのネコフックが一番気に入っていた。

ネコフックはその特徴でもある3度オフセット、ロングシャンク、レジンシールドアイの3つが気に入っている。

3度オフセットは、餌用の針でよくあるヒネリ入りと同じ原理で、ヒネリが入っていないものよりも圧倒的に掛かりがよい。

シャンクは長い方が幾つかメリットがあり、特に自分がいつも気にする部分を保つのに非常に役立っている。

レジンシールドは技ありといった感じで、ネコリグでもスネリングが可能になるので、これも非常に役立っている。

Basslog20191222-1 そんな中、これを超えるであろうネコフックが登場した。

オーナーのスナイパーフィネスにチタンワイヤガードが装着されたスナイパーフィネスウイードレスが登場したのだ。

スナイパーフィネスはネコフックよりも優れていると感じたのは、ワイヤーの強度と、掛かりの良さ。

コーティングが施された表面加工に加え、このフックもVMCのネコフック同様にオフセット仕様となっている。

Basslog20191222-2 オフセットの角度はVMCよりもちょっときつく、およそ8~10度ぐらいの角度となっている。

既にこのフックの掛かりの良さと強度は実証済みで、オープンウォーターでは今年はこれを使用することが多かった。

フックポイントはオーナーカットではないニードルポイントなので安心して使える。

そしてガードがチタンワイヤ製ということで、VMCのフッ化炭素よりも圧倒的にガード力がある。

ワイヤはレジンでしっかりと固定されていて、スネリングできるのでライン強度がしっかりと保てる。

ネコフックは日米製品のほぼ全部使ったことあるけど、これが今のところベストだと思う。

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

PDLTL ZAKO

Basslog20191204-1 ヤマモトの新製品‘パドルテールザコ’。

物を観なくてもネーミングだけでなんとなく想像できそうな感じの、至って普通な感じのキッキンテールのザコが登場した。

どちらかといえばこちらが普通で、ノーマルの雑庫が波及系といった感じだ。

パドルテールの登場で、スイムベイトとして至って普通なリグでの使用が可能となった。

ただサイズが4inは、ちょっと小さい感がある。

Basslog20191204-2 マテリアルは雑魚同様のノンソルト仕様で、若干こっちの方が柔らかい感じがする。

使うとしたらチャターのトレーラーかな…

でもそれもちょっと小さい感じ。

何がいいのかな…?

ちょうどハイトがGYインサイドラインで色々なリグを紹介している。

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

LO Hook

久し振りに新しいオフセットを追加した。

オフセットフックで現在使っているのは、3種類のみで、その1つがカツイチのSSフック#3。

これは亀山へ行くときに使うレッグワームを使用するためだけに用意しているフック。

Basslog20191128a_20191121143801 今回導入したのはエンジンから出た新製品‘LOフック’という、小森がレッグワームに特化したデザインを施したフックだ。

ということでSSフックからLOフックに入れ替え。

このフックはコーティングされていて刺さりが良いのと、アイに溝がありノットが横ずれしない。

ノット部が横ずれしないというのは、細いラインを使用している時はかなりのメリットがある。

スネリングではなく通常のノットだと、ただでさえ使用しているだけで結び目は弱まってくる。

使っているとラインアイの繋目に結び目が寄ってしまうことはよくあるけど、こんなことになると結び目は更に弱くなってしまう。

この横ずれ、サイドスリップを大幅に軽減してくれるというのは、このようなライトリグ用こそメリットが大きい。

結び目のズレは中心がズレる今年はにもなるので、ワームを回転させたりもして、糸撚れの原因にもなってしまう。

こんなちょっとした工夫が色々なメリットを生む。

アメリカではこのアイ部分へ対するケアは今まで幾つかあった。

リアクションイノベーションズ×がまかつの‘BMF’は溶接でアイの繋目を無くすという素晴らしいものであった。

このフックはパンチング仕様のフックに革命をもたらしたと言えるだろう。

その後にVMC社からはレジンクローズドアイが出て、これは非常に重宝している。

フックって小さいものだけど、ちょっとした違いで釣果を大きく変えてしまうものだ。

最近増えてきたコーティングされたフックも多々あるけど、何にでもコーティングしてしまうと形状や用途によってはバラシに繋がってしまう。

昨日話題に出たフックとは違い、このLOフックであればコーティングは刺さりがよくなるメリットのみが有効活用される。

このフックを使用している時のフックセットはスイープに合わせるか、ULやソリッドのような柔らかいロッドでのフッキングが前提となるので、コーティングは有効だ。

これはフックポイントのベクトルがアイの方向へ向いている形状ゆえに、コーティングしてあってもこれが原因でバレることはない。

それとこのLegworm Onlyのように専用フックというのはジャストフィットしてよい。

これとは反対に、小森がデザインしたモコリークローはキロフック#1が合うように、ワーム側を既存のフックに合わせてデザインしたものだ。

ゆえにモコリークロー用フックというものも存在する。

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

FOLLOW

五十嵐誠の始めたルアーメーカー‘フォロー’。

Basslog20191127a 先日ここのソフトスティックベイトを入手した。

存在は知っていたけど、初めてみてその大きさにびっくりした。

パックさせている8本のウエイトを全て足しても、自分が普段使っているスティックベイト1本分にも満たなそうなくらい小さい(苦笑)

AR-Wピンテールと似た領域のワームなので、ジグヘッドが合いそうだ。

五十嵐の本拠地である野尻湖でスモールマウスバスをメインに使うことを考えて作られたのだろうから、スモールマウスには抜群に効きそうだ。

ラージに使うにしても自分はジグヘッドで使うかな…

亀山なんかではスモラバのトレーラーに良いそうだ。

推奨フックはセオライズとなっているけど、セオライズというフックはどう観ても何が良いのか伝わってこない。

メーカーの売り文句やモニターの方々が「ショートバイトが取れる」とか言っているけど、言っていることと形状が合致しないような気がする。

ショートバイトはこれでは掛けられないと思うし、これではバラシやすいように思えるうえ、バレやすいコーティング仕様…

ショートバイトの定義って何?ってとこからしっかりと綴って、これこれこういう理由からこの形状だと…といったフォローが必要だね。。。

Basslog20191127b 逆にこのフォロースティックはこのフックが合うように作ったのか、バックにコブがありフックポイントを隠してセットできるようになっている。

フォロースティックの名前はブランド名のフォローではなく、こっちのフォローという意味かな?

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

バタ足type

使用頻度の高いズームのZクローのようなバタ足するタイプのワーム。

このタイプは好きなので目の新しいものは全て試している。

なんだかんだでZクローとレイジバグの2つで十分な感じもあるけど、他の物も気になるので、とりあえずは使ってみるようにしている。

Basslog20191104a リアクションイノベーションズの新作であるスパイシービーバーも気になってはいるけど、未だに使用していない。

レイジバグのボディ同様に逆テーパーになったリブは、しっかりと水を噛みバスを誘ってくれそうだ。

とはいえ、このリブは今でこそ色々なメーカーが採用しているけど、元々はリアクションイノベーションズのスイートビーバーが始まりだね。

一番肝心なテールは、他の物よりも幅があり、水掻きもちょっと違うので、どのような動きをするのか気になる。

Zクローのようにズーム社が良いものを出してしまうと、それを抜くのは難しい場合が多い。

3大メーカーのマテリアルと、それらに合致した形状は絶対的な強さがある。

でも例えズームなんかでも最近発売されたズリンキーやビートダウンは本家本元には敵わない感じだ。

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

HARD KNOCK

Basslog20191103-1_20191104060501 セクシードッグにハードノッカーが登場した。

このスーパースプークに代表されるノッカータイプは使っているだけでも操作感が非常にあり面白い。

既存のセクシードッグはスーパースプークをもっと使いやすくした感じで、非常に使いやすいのだが、ラトル音が高めで集魚効果は薄かった。

比較的小さいバスには効果的で、小型のバスが多い桧原湖なんかだとよく釣れる。

ラージ狙いで水面に出すにはワンノッカーの音を必要とする場面がある。

スーパースプークはアタリハズレが多々あるからこそなのか、他メーカーからも同様のものが多々発売される。

後発はどこのメーカーも、アタリのスーパースプークが奏でるノック音を忠実に出せており、簡単にノック音が出せる。

そんな優秀なノッカーをクイックに動かし、速い動きの中にノック音を入れる使い方が自分は好きだ。

これが出来ると不思議とデカいのが水面に出てくる。

Basslog20191103-2_20191104060501 メガドッグはイマイチだったけど、既存のセクシードッグと同形状である今回のハードノックは期待している。

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

New color

ストライキングに新色が幾つか加わった。

ストライキングは結構な頻度で新色が追加されるので、いつの間にか追加されているということもよくある。

Basslog20191025a 今回追加されたカラーには‘ファントムウォータメロンレッドクロー’というカラーがある。

ストームのウイグルワートに昔からあるトラディショナルなクローカラーを意識しているのは間違えないだろう。

これだけのカラーラインナップがあっても、まだラインナップされていない必要と思うカラーは幾つかある。

Basslog20191025b 新色が出ると購買意欲が沸くのか、それらのクランクベイトのオーダーが多くなる。

秋ということもあり、前回に引き続きストライキングのクランクベイトは圧倒的に人気だね。

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

Weighted Wacky

バークレイのフュージョン19シリーズに先日のトレブルフックを始め、色々なフックやジグヘッドがリリースされた。

Basslog20191023a その中でもこれは一番良いと思ったのが、ジグヘッドワッキー用の‘ウエイテッドワッキー’。

ヘッドはラウンドよりも若干米粒に近い形状で、僅かながら振り子しやすくなっているようだが、そこはよく分からないしどうでもよい部分かな…

何より良いのがフックとガード。

今まで使用していたVMCのワッキーウィードレスジグヘッドも最高に気に入っていたけど、これの方がフックの質が良い。

ベイトタックルで使用することも多いので、フックは頑丈なものが良い。

特にジグヘッドワッキーの場合、懐まで入らない掛りが浅い場合が多いので、ベンド部分が伸びる方向に力が加わることが多い。

なので、強い粘りのあるフックが望ましい。

ガードはジグヘッドが寝そべってしまった場合に根掛かりしにくい2本ワイヤのYガード仕様は非常に良い。

そんなこんなでこのフュージョン19のウエイテッドワッキーが色々とよいけど、VMCのワッキージグヘッドも外せない。

その辺はまたそのうち…

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

Z craw worm

Basslog20191024-1 ズームの新製品‘Zクローワーム’。

Zクローはかなり溺愛しているので、このネーミングにはピンと来た。

実物を観てみると、ボディはマグナムフィネスそのままに、テール部分にZクローのテールを装着した感じだ。

しっかりと比べてみると、ボディもテールも既存のものと全く同じ。

マグナムフィネスにテールをプラスしただけなので、テールをカットしてしまえば、そのままマグナムフィネスとして使用できる。

Basslog201910242 そしてこのワームはどんな意図があり作られたのか?

リグは何が良いのだろうか?

Zクローのバタ足タイプのテールをストレートワームに付いたものが欲しい…そんな考えから生まれたような気がする。

テキサスリグが最も合いそうだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧