2018年2月16日 (金)

Curve55

この時期になると話題に必ず挙げられるウイグルワート。

現行のウイグルワートも良いのだが、オールドスクールとは別物になっている。

色々と弄ったり試行錯誤しているけど、現行のものをあの動きにすることはできていない。

その他にもいろいろなメーカーからこれと同等のものが発売されているけど、未だにこれに匹敵するものはない。

でもこのジャンルは面白いし、新たなものはついつい試したくなる。

そしてまた新たなものが6thセンスから発売された。

Basslog20180216aカーブ55’と、名前は曲がっているけどネーミングは直球だね。

サイズは55ということでかなり小型。

ウイグルワートが突出して効く時期って、ある意味長いけど、その時期の釣行回数から考えると、非常に短い。

過去を振り返ってみると、早春は他のクランクの方が釣っている数は圧倒的に多い。

水温10度以下だとシャッドラップ、ファットラップ、リストラップ、そして最近はDTシリーズと、ラパラのバルサ製品が圧倒的に強い。

プラスチックだとディプシードゥ、KVD、RC(RTO)、スピンムーブシャッド…といった感じで、中でも最も昔から愛用しているのがレーベルのサスペンドR。

津久井湖に通っていた高校生の頃から愛用しているので、かれこれ30年になる。

このカーブ55は、そのサスペンドRにサイズ的にも近いので非常に期待している。

サスペンドRはほぼザリカラーしか使わないし、このカーブ55は大半がザリ系カラーという面白い偏り具合だ。

フックもトリプルグリップのようにショートシャンクの内向きを標準装備となっている。

| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

Shiver Shot 3.65

リアクションイノベーションズからMan Bear Pigに続きまた新製品が出た。

Basslog20180214a 今回のワームは‘SHIVER SHOT 3.65’というDS用。

フルークっぽいソフトジャークベイトを想像していたけど、意外と小さかった。

R.I.社らしく細部まで細かく拘ったきれいな作りになっている。

テールはかなり細いので、何もしなくても名前の通り震えてくれそうだ。

カラーは‘Smallmouth Magic’というネーミングが気になり、実物が観たくてこれにした。

| | コメント (0)

2018年2月 3日 (土)

Maxscent Meaty Chank

昨年から使っているマックスセントシリーズ。

日本ではピュアフィッシングが扱っていないこともあってか、イマイチ浸透していない。

PFJはワイルドサングやディッガー、バッドシャッドといった優秀なルアーでさえ扱っていないので、何らかの理由があるのだろう。。。

マックスセントシリーズはガルプと一般的なワームのハイブリッドといった感じだ。

ガルプのように歪な感じは全くないので、通常のワーム同様に毎回同じ感覚で使える。

匂いは今までのバークレイ製品とは違った匂いで、今までの匂いはとてもいい香りに感じる程、ちょっといい匂いとは言い難い(笑)

Basslog20180203a 今回はミーティーチャンクを入れてみた。

よく使っているスーパーチャンクと似た形状で、独特な凸凹した表面と匂いでいい感じだ。

| | コメント (0)

2018年1月16日 (火)

NED Worm

Basslog20180116a久し振りにロボワームのHPを観てみると、新しいワーム‘NED Worm’が発売されていた。

リーパーが再熱した際はロボリーチが圧倒的に人気があり、その後もアライブシャッドやアーロンマジック等、幾つかのヒット作があった。

最近は話題にも出てこなくなってしまったが、まだあのきれいなハンドポアは健在。

ハンドポアのワームはインジェクションでは出せない層の美しさがある。

最近はズームもZ3シリーズで取り入れているし、ストライキングでもDSに使用するような食わせのワームにはOPTシリーズとして取り入れている。

このネッドワームはネッドリグ用ということで、主にジグヘッド用として作られている。

| | コメント (0)

2017年12月21日 (木)

Man Bear Pig

Basslog20171221a リアクションイノベーションズからひっそりと発売された‘マン・ベア・ピッグ’。

形状はパワーホグに近い感じの、ホグ系のワームだ。

ネーミングはリアクションイノベーションズらしい感じだ(笑)

後発だけあって、ボディの各所に色々と細かい工夫が施されている。

Basslog20171221b スリムなボディでありながら偏平になっており、ホグの羽部が縦揺れしやすい形状になっている。

リアクションイノベーションズと言えば、キンキービーバーなんかも気になってはいたけど、このマンベアピッグを先に入手した。

年内中には使ってみたい。

| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

Hammer Craw

Jacob Wheelerの今年の活躍は物凄かったし、物凄い話題にもなった。

Basslog20171103a そんなジェイコブがデザインしたクローワーム‘ハンマークロー’がジンラルーから発売された。

ジェイコブの話題程は日本では話題にもなっていないし、知らない人が殆どのようだ。

サイズと形状からするとズームのウルトラバイブスピードクローに近い感じだ。

ジンラルーと言えばトミービッフルのビッフルバグだが、ビッフルバグのアーム同様に先端がシャッドテールみたいな形状になっている。

ビッフルバグのアームは大きさの割にアピール力が強い。

Basslog20171103b このハンマークローのアームはもう少し大きいので、強烈にアピールしてくれそうだ。

ジンラルーは来年の新作にバスシューターのサイズアップ版である‘Big Hunk Shad’も登場する。

バスシューターは実物観て「小さい…」と思ってしまったので、これには期待大。

 

| | コメント (0)

2017年11月 2日 (木)

KVD4.0

KVDのクラシック優勝を機にKVD1.5が一気に世の中に浸透し、その後でKVD2.5を観た時の感想は「結構デカいなぁ…」といった感じであった。

その後またしてもKVDが世の中に送り込んだ10XDは衝撃的なデビューを果たし、更に世の中のクランクベイトのサイズを一新させた。

更にアングラーのサイズ感にも変化をもたらした。

その後、ストライキングがこっそりと開発していて、グレッグハックニーの活躍で話題になったKVD8.0。

これを観た時は、10XDでサイズ感が大きくなったこともあり、意外とすんなり受け入れられた。

Basslog20171102a そんな感じで新たに登場したKVD4.0は全く違和感なく受け入れることができた。

でもKVD1.5と比較するとデカいけど、ビッグクランクは別物と捉えている自分がいることに気付いた。

ビッグクランクはどちらかというと、自分の中ではビッグベイトに近い存在だ。

今回のKVD4.0はなかなか絶妙なサイズだ。

どちらとも取れるサイズ感は、今後どんな存在になるのか…

| | コメント (0)

2017年10月 7日 (土)

MaxScent

バークレイの新製品マックスセントシリーズが発売された。

Basslog20171007a 以前にあったストレングスシリーズの増強版みたいなものかと思ったら、通常のパワーワームとガルプのちょうど中間的な感じの質感であった。

クセが付いていて使いにくかったガルプのようなことはない感じで、普通のワーム感覚で使えそうだ。

ジェネラルワームは高比重で、外観と自重はオリジナルのあれに近い感じだ。

発売間もないけど発売前から注目されていたし、既にアメリカでは人気があるので、このシリーズは日本でも販売するのでは?

アメリカのバークレイ社にはクランクベイトやジャークベイト等のハードルアーも良いものがあるのに日本では未発売なのは謎。

日本独自の謎なハードルアーシリーズを展開しているのも謎。

なので、日本で販売するのかどうか…

 

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

BX Brat

今年のICASTで最も気になっていたラパラBXシリーズの新製品‘Brat’を入手した。

Basslog20170911aバルサエクストリームシリーズはバルサながら丈夫である点がいい。

アクションはバルサをプラスチックの中間的な感じだけど、コアにバルサが詰まっているので、フックがボディに当たった時に音が響きにくい。

DTシリーズとまではいかないかもしれないけど、かなり期待している。

Basslog20170911b サイズは3と6があり、ボディは一緒でリップのサイズが違う。

コンパクトなボディの割には3/8oz.とウエイトがあるので、浮力は弱そうだけど、飛距離は出そうだ。

あんなラパラを汚すような日本のラパラHPは観たくもないので、日本で扱っているのかは?

| | コメント (0)

2017年8月24日 (木)

ホバリンゾーイ

スピナービルの発売間もないTHタックルからまたまた物凄いルアーが登場。

スピナービルに関してはどちらかというとまだ入手できていない…という人が多いようなので詳しくはまたそのうち…

Basslog20170824aBasslog20170824c 今回の新製品‘ホバリンゾーイ’は、ネーミングから想像がつくように、ホバリンブライスとゾーイのハイブリッド。

ホバリンブライスはスパイベイトの中では圧倒的にゆっくりと引けることから、圧倒的によく釣れる。

ゾーイは世の中に多々あるギル型ルアーの中でも、圧倒的に人気のあるルアーだ。

ジャンルに違いはあるものの、それぞれの分野で圧倒的威力を発揮している2つのルアー。

それを掛け合わせたというホバリンゾーイ。

Basslog20170824b 早速新ジャンル的な釣り方も発見し、ゾーイシリーズと使い分けをすると、物凄い面白いサーフェスゲームが展開できる。

今回はTVC-65M/HGで使用したが、TVC-71MH/HGのどちらでもちょうど使いやすい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧