2019年9月14日 (土)

G.TRD

今年のiCastで発表された新製品が9月に入って続々発売されている。

そんな新製品の中で気になっていたものの1つであるGiant TRD。

自分の周囲にはこれを1番待ち望んでいた人も多い。

BIGが4in.、Zinkerzが5in.そしてこのジャイアントは6in.。

TRDのジャイアントということで、太さもあっていい感じだ。

Basslog20190914a 5inセンコーと比較すると5inセンコーよりも1インチ大きいというよりは2周りぐらい大きいといったところだ。

日本では5inセンコーですら大きいと敬遠されてしまうけど、5inセンコーでは既に物足りない自分には素敵なサイズ感。

これのジグヘッドワッキーなんかは物凄く効きそうだ。

Basslog20190914b それにしてもここ最近のZ-man人気は凄い。

自分が数人から依頼されたものだけで既に何百パック入れただろうか…?

ズームはそれ以上で既に何千パックと入れている。

個人レベルでこんななんだから釣具屋は物凄い数が1ヶ月に動くんだろうね。

やはり釣具店は儲かるね。

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

Ned Fry

Basslog20190909a 6th Senseから発売された新製品‘Ned Fry’を入手した。

興味をそそられた訳でもなく、新製品ということでなんとなく…

でも想像以上にいい感じであった。

ベースは今ではあまり使われることのなくなったキャタピラー系のワームで、ほぼただの棒状。

マテリアルは硬めで、他にはない硬さを備えている。

更にボディの高さもあるので、かなり硬さを感じさせる。

キャタピラー系のワームは柔らかいと曲がってしまって本来の威力を発揮できない。

このネッドフライはその辺を考慮されているようで、非常にいい感じの質感でできている。

浮力も非常に強い。

製作者は色々と肝となる部分をよく解っている人だと推測できるので、このワームは期待できそうだ。

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

LC0.7DRX

昨日に引き続きLC0.7DRではなく、今日はこれまたラッキークラフト社の新作‘LC0.7DRX’ 。

Basslog20190802b DRと何が違うって、DRはシンキングで、DRXはサスペンド仕様だ。

ということで、このDRXの方が人気はありそうだ。

サスペンドのクランクベイトもあまりないけど、クランクベイトもジャークベイトの様に使用して止めても釣れる。

あまり必要性を感じる場面は少ないけど、極限まで突き詰めていくと必要な場面はある。

Basslog20190802a ボトムで土煙を上げて引いてきて、土煙が落ち着くまでそこに止めておくと、ルアーを確認できた瞬間にバスがバイトしてくるなんて使い方もあるけど、待つのがじれったい。。。

このタイプは、春以外では停めた時にボトムから離れないメリットを有効に活かす釣りがベストかな。

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

LC0.7DR

Basslog20190801a ラッキークラフト社の新製品‘LC0.7DR’が発売された。

日本でもICASTでも話題になっていなかったので、ひっそりと登場した感じがある。

みんな飽き飽きしている感があるウイグルワート系のクランクベイトだ。

最終的にどこのメーカーも形状までウイグルワートに近くなっている気がする(笑)

Basslog20190801b LC0.7DRはリップのエッヂがかなり薄く成型されているので、かなり横振り方向への動きを増すようにしている感じだ。

若干上向きになったリップ形状からロール交じりのキビキビとしたピッチの速さがありそうだ。

このクランクベイトは、クランクベイトとしては久し振りのシンキング仕様となっている。

この仕様を知り、春以外で凄い効きそうなシチュエーションがすぐに浮かんだ。

早く試してみたい。

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

Frittside

今年のクラシックから話題となっているデビットフリッツの新作フラットサイド‘Frittside’の全貌が明らかになってきた。

プラスチック製のフラットサイドには散々騙されてきた感があるので、もう2度と…と、何度思ったことか・・・

Basslog20190726a でも結局は気になり、手を出してしまう。

今回はデビットフリッツが手掛けたということで、かなり期待している。

このフリットサイドは5,7,9の3サイズのラインナップ。

フラットサイドというとショートリップが最も多用するけど、自分はDTフラット7も多用しているので、その領域もあるというのは更に楽しみだ。

9月発売のようだが、9月には他にも色々と新製品がリリースされる。

幾つか気になる物があるけど、これが一番気になっている。

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

GHOST vs ULTREX

ロランスのゴーストに興味を持っている人は多いようで、色々と質問が来ている。

自分に質問されても、自分も詳細はよく分からない。

自分自身も知りたいところなので、色々とインターネットで調べてみた。

そしたらYoutubeでは色々な動画がアップされていた。

Basslog20190719a その中でもこのゴーストとアルトレックスの比較動画はなかなかクオリティが高い。

このようなサイトや動画もアメリカでは多い。

釣り以外の物に視野を広げてみると、日本でもそのようなサイトはある。

釣具でもそんなサイトやユーチューバーがいると役立つんだけどね。

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

FORCE & GHOST

ミンコタのアルトレックス登場で、エレクトリックモーターは革命が起こった。

発売以来一気に浸透し、アルトレックスはあっという間に常識化した。

他にライバルとなる製品がなかったことも浸透する勢いに拍車をかけた。

Basslog20190715b 2016年の年末に発売されて以来ミンコタが独占だったこのエレキ市場に、ようやくライバルが出現した。

ローランスガーミンと、新しいエレキを発表し、遂にミンコタ以外の選択肢が出てきた。

どれちらも、観た感じはかなりコンパクトになっている印象を受ける。

アルトレックスは重さもかなりあるので、レンタルボートに装着するにはかなり大変で、レンタルボートへの浸透はほぼなかった。

でもこの2つが軽量であれば、レンタルボートにも浸透することとなるだろう。

Basslog20190715c ローランスのゴーストは、ネーミング通り静かに現れるという部分を売りにしているので、かなり静かなのだろう。

それにゴーストは今までのワイヤ式と見た目も変わらない。

どちらも気になる…

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

THクローラー

Basslog20190703a THタックルから新たな羽根モノ‘THクローラー’が登場した。

スィートフィッシュクローラー、ゾーイクローラーに続く第3弾の羽根モノ。

使った感じではこれが一番自分は使用頻度が高くなりそうだ。

自分で使っていて気付いていなかったけど、今までは羽根モノの弱点を補った使用方法を知らず知らずのうちに行っていた。

このTHクローラーが拘ったという着水音の大きさというのは仕方ないものと捉えて、それに合わせた使用方法で使っていた。

着水してからちょっと間を置いてから動かし始め、動かし方も水面に僅かに波紋が立つ程度の微動をさせたりしていたので、1キャストに時間が掛かった。

でも、これらの羽根モノは集魚力も他にはないものがあり、これらを入れなければいけないような場面もある。

そして今回登場したTHクローラーは、そんな1キャスト当たりの時間を考慮する必要がなくなった。

Basslog20190703b 判りやすく言うのであれば、バズベイトの様にショアラインを撃ち続けられる。

着水して動かし始めにすぐにバイトしてくることが多かったのと、既存の物と形状が違って、空気抵抗が受けにくいので、ほぼ真っすぐ飛ぶことから、アキュラシー性が一気に向上した。

それとウエイトは33gあるけどTVC-65M/HGやNAZ-62MLといった短めのロッドでキャスト可能なので、ショートピッチのロールキャストでショアラインをガンガン撃てる。

キャストできる回数だけ観たら、同じ時間で数倍はキャストできる。

つまり、既存の羽根モノとは全く違った攻めを展開できるので、全くの別物。

ショアラインに静かに着水した羽根モノがすぐに動き始めるというのを、マシンガンのようにショアへキャスト続けたら…

羽根モノの新たな世界が始まった。

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

FORK TAIL

ズーム社に昔あった‘フォークテール’というワームがある。

廃番になったのか、まだあるところにはあったけど、いずれにせよあまり人気のないワームであった。

Basslog20190609a そんなフォークテールが復活したのか、またTWなどでは新製品として販売されている。

ヘビキャロやジグヘッドで使用することが一般的なキャタピラータイプのワームだ。

棒状のフレンチフライやフィッシュドクターと比べて、止めた時の喰いはこちらの方が良いことが多かった。

既にキャタピラー系自体ほぼ使っていないので、使わなそうな気もしたけど、なんとなくストックに入れてみた。

でもOPTスーパーフライが出て当初、結構釣れたので、これも久し振りに使ってみてもまた釣れそう…

なんて考えていると、スプリットショットが効く今の時期は特に良さそうなので使ってみよう。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

NED BOMB

ミサイルベイツもネッドリグに参入。

Basslog20190608a そのミサイルベイツのネッドリグ用ワーム‘ネッドボム’は、細身のパドルテールグラブかリーチといった感じだ。

喰わせを意識したワームのようなので、喰わせ重視の釣りが主の日本には合っていそうだ。

ちょっと自分にはこのサイズだと小さいかな…

| | コメント (0)

より以前の記事一覧