2021年9月15日 (水)

Custom Pro

ルーズのカスタムプロ2gen.と1gen.の違い。

ファーストジェネレーションはプロTiハイパーマグと同ボディであった。

これがセカンドジェネレーションからカスタムライトと同ボディとなった。

このボディが変わったのが大きな違い。

Basslog20210915-1 Basslog20210915-2 カスタムライトは現物を見たことなかったので、カスタムライトの4.9z.から推測して想像ではかなり小型のボディだと思っていた。

現物を見てみると、やはり小さく感じたが、実際にパーミングしてみると1gen.とさほど変わらない感じであった。

実際に色々と計測してみると、1mm程度の違いしかなく、それも小さくなっている個所もあれば大きくなっている個所もあった。

ほぼ変わらない感じであったが、ACBの4ピンから6ピンになったのはキャストフィーリングが大きく変わった。

2ピン違い何てそんなに変わらないと思っていたが、2ピン違いでこんなにも変わるとは驚いた。

ドラグパワーは今まで同様に圧倒的に強く、絶対にチョロっと出てしまうことはない。

ストレートフックを使用したテキサスリグで違和感を感じたタイミングでフルパワーでフッキングする釣りにはルーズのリールがベストだ。

全てが最高のフィーリングで、これ以上のベイトキャスティングリールは今までに使ったことがない。

| | コメント (0)

2021年8月24日 (火)

CFレンズカラー

Basslog20210824a_20210824115001 ラッキークラフトの新しいCFレンズカラー。

あまり使わなそうなカラーではあるけど、一応追加してみた。

反射板入りのカラーというのは今までも多々あったが、これが効いたと感じたことはほぼない。

水中に入った空気の塊が球状に光って見えるように、内臓されているものは見えていないのでは?と思っている。

ペイントを薄く塗ったゴースト系のカラーはボディ内のエアを利用して、それをうまく塗装で強弱付けている感じで、これは非常に効く場面はある。

ワームの様にエアが入っていないクリアボディとは、プラグの場合はちょっと違うような気がする。

クリア系のカラーは元々あまり使わないので、まだまだよく分からない部分が多い。

これを機にまた使ってみようと思っている。

| | コメント (0)

2021年8月17日 (火)

一投で入魂

夏休みはいつも通り彼方此方と駆け巡り、今年は2,000キロ程の移動をしてバスと戯れてきた。

初日の1投目はLew’sのカスタムプロCPB1を初めて投げようと思っていた。

シャローから入ろうかと思ったが、ちょっと出た時間も遅かったのでディープから入った。

TVC-70HにセットしたカスタムプロCPB1XHにはスインギングヘッド3/8oz.にレイジバグをセットしたものを結んでいた。

これをファーストキャストした。

とりあえず様子見がてらサイドで軽くキャストしたのだが、スイングヘッドは水面スレスレの低い弾道できれいに伸びるように飛んでいった。

フォールさせ、ボトムに着底すると、すぐに‘コン!’と当たった。

Basslog20210817a フッキングし、ファイトすると、やはり70Hにルーズのリールというパワーのある組み合わせでは、スモールマウスはアッと言う間に水面を割り一気に引き抜いた。

桧原湖ではまあまあなサイズの800g程のバスであったが、ベイトタックルでは10秒も掛からずボートに上がる。

フッキング時の力もしっかりと入るし、巻き心地も良くてパワーもある。

そして何よりもファーストキャストでバスをキャッチできたのは幸先良い。

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

Custom Pro 2nd Gen.

Basslog20210812a Lew’sのCPB1カスタムプロがモデルチェンジした。

ボディは4.9oz.で話題になったカスタムライトと同形状ボディとなった。

自重は0.2oz.下がり5.6oz.の158gと、ちょっと軽くなった。

パッと見はボディの高さが既存のモデルよりも低くなった印象を受けたが、実際にロッドに装着して持ってみるとそんなに持ち心地は変らない。

デザインで物凄く印象というのは変わるもので、かなりローボディでコンパクトになった印象であったが、実際には高さは若干低くなり横幅は大きくなっている。

もうベイトリールは限界のサイズに来ているのだろう、そんなに大きく変わるものというのは作れないような感じだ。

ハンドルノブはウインノブからEVAノブに変更となった。

ウインノブは気に入っていたけど、KVDシリーズを始めルーズはEVAに変わりつつある。

EVAも使いやすいし、交換もできるので、ノブはどちらでもいいかな。

一番気にするところのドラグは20lb.と1st.ジェネレーションと同じである。

とりあえずドラグを全開に締め、スプールを親指でしっかりと押さえてハンドルを回すと、スプールは全く滑りもせず親指で回転を抑えることはできないほど、相変わらず強いドラグパワーだ。

他メーカーの表記と比較すると、体感的なドラグパワーは20lb.は遥かに上回わっている。

遠心ブレーキは4ピンから6ピンとなった。

実際の使い心地はどう変わったのだろう?

| | コメント (0)

2021年8月 2日 (月)

Wreck Jr.

Basslog20210802a ブラックラベルのレックにジュニアサイズが追加となるそうだ。

ノーマルサイズは2インチボディで、潜行深度は大体1mぐらい。

1mより潜らないクランクベイトというのはありそうで、意外とないというのが現状。

ウエイククランクからこのレンジは、使えるクランクベイトは非常に限られており選択肢が少ない。

このレンジにはコレ!といった決定的に良いものがあるとよいのだが、この領域はまだまだこれからだね。

そんな不毛地帯にも幾つか良いクランクベイトも存在している。

その1つがこのレックだ。

これよりも若干小さいボディで潜行レンジも浅いようなので、これは期待大だ。

| | コメント (0)

2021年7月17日 (土)

Largo Shad

Basslog20210717a 昨日のストームで思い出したが、ストームには昨年発売されたラルゴシャッドというスイムベイトがある。

なんとなく入手はしたものの、存在すら忘れかけていた。

ラルゴというネーミングからして、スイングインパクトファットのようなイメージを思い浮かべていた。

そして結局まだ使ってないので、実際の動きは知らない。。。

パドルテールの付け根には腱のようなテールテンドンが入っていて、これををカットすることで、動きが変わるという画期的なアイデアが盛り込まれている。

思い出したので、近いうちに使ってみようと思う。

| | コメント (0)

2021年7月16日 (金)

Deep Wiggle Wart

ストームから、あのウイグルワートにディープダイビングモデルが今年追加となるそうだ。

Basslog20210716a オリジナルと全く同じボディで、潜行深度が11~13フィートとのことだ。

オリジナルは大体2mぐらいで、ちょうどもう少し潜るものが欲しいと思う時がよくある。

使用頻度の高い春は2~3mのレンジを狙うことが多い。

それで春は普段以上に垂直方向への移動はしないので、バスのレンジに合わせるとバイト数はかなり変わってくる。

そんなこともありレンジが広がるのはありがたい。

先日話題に出したDT8同様にこの辺のレンジというのは意外と盲点だったような気がする。

そんなレンジを伝説的なクランクベイトがそれぞれ刺客を送り込んできた。

0~1mも意外と穴となっているので、このレンジにも出して欲しい。

ディープウイグルワートのウエイトは7/16oz.と、ウエイトは上がるのでキャストはしやすくなるだろう。

| | コメント (0)

2021年7月13日 (火)

OG Tiny 4

Basslog20210713a ラパラからはDT8の他にOG‘タイニー4’というOGスリム6の小型版も今年登場するそうだ。

ボディの長さは1/2インチ小さく、ウエイトは9gのようだ。

長さは1cm程度小さくなるということで、10cmに満たないサイズのクランクベイトでの1cmダウンは結構小さく感じるだろう。

フックは前後共にVMCハイブリッドトレブルの#5。

かなり期待していただけに、ちょっと残念だったOGスリム6。

今回のサイズダウンはどうなのだろうか?

それよりもこのOGティニー4のカラーにピンときた。

ありそうでなかったクロー系のカラーだ。

Basslog20210713b アラシ同様に‘クラシッククロー’というネーミングになるようだ。

それに遂に出たといった感じの‘クーサSP’。

それと、最近はここに限らずラインナップから消えつつあるコパー系のカラーも加わるようだ。

コパーは好きなカラーなので、これは嬉しい。

| | コメント (0)

2021年7月12日 (月)

DT8

写真のDTはDT8。

今年、あのDTシリーズにDT8が登場するそうだ。

Basslog20210712a ボディはDT6クラス、リップはDT10と似た形状のものが装着されるようだ。

このディテールを読んだ時に、いいところを突いてきたなぁ…と感じた。

シックスは非常に気に入っており、出番も多い。

特に春に出番が多いのだが、潜行深度が2mぐらいなので、もう少し潜らせたい時が多々ある。

桧原湖なんかではこのような状況下ではDTフラット7を投入している。

そんな状況下でDT8があったらジャストミートしそうだ。

ただ、このDT8の販売予定価格が$12.99とのこと。

バルサ製でこのクオリティなら安いのだが、既存のものの≒1.5倍はちょっと急激に高騰し過ぎな気が…

それならDT10とDT6をラインの太さで潜行深度を調整するという人もいるだろう。

そんな非常に気になるDT8だが、ちょっと気に掛かるのは、デビットフリッツの息が掛かっていない点…

| | コメント (0)

2021年7月11日 (日)

Crash Craw

Basslog20210711a 7日にヘラークローの話題に触れたが、その時の写真がクラッシュクローの物だった。

クラッシュクロー?

これも同じく今年バークレイから発売される新作のクローだ。

ネーミング、形状からして明らかにパンチング用といった感じだ。

テキサスリグやスインギングヘッドでの使用が推奨されている。

言われなくても正にそのどちらかで使うね。

それ以外ではノーシンカーでのバジングにも良さそうだ。

写真から判断すると、ボディをファットにしたZクロー、ヘラークローは同じくボディをファットにしたレイジクローといった感じだ。

Basslog20210707b ヘラークローと同じく自分の好きなバタ足タイプで、更にバークレイのパワーベイトマテリアルということで期待大。

このタイプもどんどん増えてきているのは嬉しい。

バークレイも参入という事で、あとはヤマモトの参入を期待したい。

今のところZクローが一番気に入っているけど、ゴートも使い始めて間もないが物凄い勢いで気に入り始めている。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧