2019年11月 4日 (月)

バタ足type

使用頻度の高いズームのZクローのようなバタ足するタイプのワーム。

このタイプは好きなので目の新しいものは全て試している。

なんだかんだでZクローとレイジバグの2つで十分な感じもあるけど、他の物も気になるので、とりあえずは使ってみるようにしている。

Basslog20191104a リアクションイノベーションズの新作であるスパイシービーバーも気になってはいるけど、未だに使用していない。

レイジバグのボディ同様に逆テーパーになったリブは、しっかりと水を噛みバスを誘ってくれそうだ。

とはいえ、このリブは今でこそ色々なメーカーが採用しているけど、元々はリアクションイノベーションズのスイートビーバーが始まりだね。

一番肝心なテールは、他の物よりも幅があり、水掻きもちょっと違うので、どのような動きをするのか気になる。

Zクローのようにズーム社が良いものを出してしまうと、それを抜くのは難しい場合が多い。

3大メーカーのマテリアルと、それらに合致した形状は絶対的な強さがある。

でも例えズームなんかでも最近発売されたズリンキーやビートダウンは本家本元には敵わない感じだ。

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

HARD KNOCK

Basslog20191103-1_20191104060501 セクシードッグにハードノッカーが登場した。

このスーパースプークに代表されるノッカータイプは使っているだけでも操作感が非常にあり面白い。

既存のセクシードッグはスーパースプークをもっと使いやすくした感じで、非常に使いやすいのだが、ラトル音が高めで集魚効果は薄かった。

比較的小さいバスには効果的で、小型のバスが多い桧原湖なんかだとよく釣れる。

ラージ狙いで水面に出すにはワンノッカーの音を必要とする場面がある。

スーパースプークはアタリハズレが多々あるからこそなのか、他メーカーからも同様のものが多々発売される。

後発はどこのメーカーも、アタリのスーパースプークが奏でるノック音を忠実に出せており、簡単にノック音が出せる。

そんな優秀なノッカーをクイックに動かし、速い動きの中にノック音を入れる使い方が自分は好きだ。

これが出来ると不思議とデカいのが水面に出てくる。

Basslog20191103-2_20191104060501 メガドッグはイマイチだったけど、既存のセクシードッグと同形状である今回のハードノックは期待している。

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

New color

ストライキングに新色が幾つか加わった。

ストライキングは結構な頻度で新色が追加されるので、いつの間にか追加されているということもよくある。

Basslog20191025a 今回追加されたカラーには‘ファントムウォータメロンレッドクロー’というカラーがある。

ストームのウイグルワートに昔からあるトラディショナルなクローカラーを意識しているのは間違えないだろう。

これだけのカラーラインナップがあっても、まだラインナップされていない必要と思うカラーは幾つかある。

Basslog20191025b 新色が出ると購買意欲が沸くのか、それらのクランクベイトのオーダーが多くなる。

秋ということもあり、前回に引き続きストライキングのクランクベイトは圧倒的に人気だね。

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

Weighted Wacky

バークレイのフュージョン19シリーズに先日のトレブルフックを始め、色々なフックやジグヘッドがリリースされた。

Basslog20191023a その中でもこれは一番良いと思ったのが、ジグヘッドワッキー用の‘ウエイテッドワッキー’。

ヘッドはラウンドよりも若干米粒に近い形状で、僅かながら振り子しやすくなっているようだが、そこはよく分からないしどうでもよい部分かな…

何より良いのがフックとガード。

今まで使用していたVMCのワッキーウィードレスジグヘッドも最高に気に入っていたけど、これの方がフックの質が良い。

ベイトタックルで使用することも多いので、フックは頑丈なものが良い。

特にジグヘッドワッキーの場合、懐まで入らない掛りが浅い場合が多いので、ベンド部分が伸びる方向に力が加わることが多い。

なので、強い粘りのあるフックが望ましい。

ガードはジグヘッドが寝そべってしまった場合に根掛かりしにくい2本ワイヤのYガード仕様は非常に良い。

そんなこんなでこのフュージョン19のウエイテッドワッキーが色々とよいけど、VMCのワッキージグヘッドも外せない。

その辺はまたそのうち…

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

Z craw worm

Basslog20191024-1 ズームの新製品‘Zクローワーム’。

Zクローはかなり溺愛しているので、このネーミングにはピンと来た。

実物を観てみると、ボディはマグナムフィネスそのままに、テール部分にZクローのテールを装着した感じだ。

しっかりと比べてみると、ボディもテールも既存のものと全く同じ。

マグナムフィネスにテールをプラスしただけなので、テールをカットしてしまえば、そのままマグナムフィネスとして使用できる。

Basslog201910242 そしてこのワームはどんな意図があり作られたのか?

リグは何が良いのだろうか?

Zクローのバタ足タイプのテールをストレートワームに付いたものが欲しい…そんな考えから生まれたような気がする。

テキサスリグが最も合いそうだ。

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

Fusion19 EWG

Basslog20191015a バークレイのヒュージョン19にEWGが新たに追加された。

結局このエキストラワイドギャップ形状は今では必要不可欠。

ディッガーに標準装備されていたことからFUSION19のフック。

何気なくというか、交換せずにそのまま使ったのがきっかけで、なかなかいい感じであることを知った。

交換する頻度からすると、耐久性や価格的にもちょうどいい具合のフックだ。

ショートシャンクも発売されそうな気はするけど、このタイミングで発売しなかったのはなぜだろうか?

ショートシャンクは追加されないのかな…?

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

NED OCHO

今秋からストライキング社が遂にネッドリグ商戦に加わるということで、ストライキング社の新製品は物凄い待ち遠しかった。

そしてようやくネッドリグ用のワームが3種類リリースされた。

Basslog20191014a-1最も気になっていたスティック状のワーム‘OCHO’。

既存のオチョ同様にボディは6角ボディで出来ている。

側面にはスリットが入っておりエアホールドすることで浮力を高めている。

非常に細かいところまで成型はきれいにできている。

Basslog20191014a-2 今回ストライキングのレイジバグ等に追加されたスワールカラーも最初からラインナップされている。

そして最も気なるマテリアルはノーマルのワーム同様にコーヒーセント/ソルト仕様となっている。

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

FRITTSIDE

クラシックで話題となっていたデビッドフリッツの手掛けたフラットサイド‘フリットサイド’がようやく発売された。

ABS製のフラットサイドは散々な目に遭い続けてきたが、これがダメなら今回が最後になるだろう…

と毎回思いつつ新た物はなんだかんだ気になって手を出してきた。

結局バルサの利点をしっかり盛り込んだような謳い文句に釣られ、毎回同じような駄作にうんざり。。。

でも今回はデビッドフリッツが作ったということで、かなり期待している。

Basslog20191012-1 5,7,9の3サイズということで、一応3サイズ数セット買っておいた。

ウエイトはボディ内部ではなく、外側スレスレの際どい位置に分散させて薄いタブレット状のウエイトが入れられている。

こんな設定のものは今までなかったので、これは気になる。

Basslog20191012-3Basslog20191012-2 そして5と9のリップには同じくタブレット状のウエイトが埋め込まれている。

リップにウエイトが装着されている既存のクランクベイトは、ディープダイビングモデルで、深く潜らせるためのもの。

これは深く潜らせるためではないと思うので、このウエイトも動きに影響を与えるのだろう。

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

G.TRD

今年のiCastで発表された新製品が9月に入って続々発売されている。

そんな新製品の中で気になっていたものの1つであるGiant TRD。

自分の周囲にはこれを1番待ち望んでいた人も多い。

BIGが4in.、Zinkerzが5in.そしてこのジャイアントは6in.。

TRDのジャイアントということで、太さもあっていい感じだ。

Basslog20190914a 5inセンコーと比較すると5inセンコーよりも1インチ大きいというよりは2周りぐらい大きいといったところだ。

日本では5inセンコーですら大きいと敬遠されてしまうけど、5inセンコーでは既に物足りない自分には素敵なサイズ感。

これのジグヘッドワッキーなんかは物凄く効きそうだ。

Basslog20190914b それにしてもここ最近のZ-man人気は凄い。

自分が数人から依頼されたものだけで既に何百パック入れただろうか…?

ズームはそれ以上で既に何千パックと入れている。

個人レベルでこんななんだから釣具屋は物凄い数が1ヶ月に動くんだろうね。

やはり釣具店は儲かるね。

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

Ned Fry

Basslog20190909a 6th Senseから発売された新製品‘Ned Fry’を入手した。

興味をそそられた訳でもなく、新製品ということでなんとなく…

でも想像以上にいい感じであった。

ベースは今ではあまり使われることのなくなったキャタピラー系のワームで、ほぼただの棒状。

マテリアルは硬めで、他にはない硬さを備えている。

更にボディの高さもあるので、かなり硬さを感じさせる。

キャタピラー系のワームは柔らかいと曲がってしまって本来の威力を発揮できない。

このネッドフライはその辺を考慮されているようで、非常にいい感じの質感でできている。

浮力も非常に強い。

製作者は色々と肝となる部分をよく解っている人だと推測できるので、このワームは期待できそうだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧