2017年2月14日 (火)

Double Whip

mibloというルアーメーカーから‘Double Whip’(動画) というワームが近日発売されるそうだ。

どこかのHPで予約受付していた写真を観てピンときて調べてみた。

30年ぐらいのバス歴がある人ならば、誰もがこれを観たら、‘あっ!’と思うことでしょう。

Basslog20170214bBasslog20170214c このブログでも何度か出したことがある、ジョウテック社のワッキーワーム。

このワッキーワームを彷彿させる似た形状だ。

当時このワッキーワームが日本に入ってきた際に、紹介されたのがワームの真ん中にチョン掛けするというワッキーリグであった。

今でこそ当たり前のワッキーリグも当時は大して注目されず、それよりも当時流行ったのが、これをスピナーベイトやバズベイトのトレーラーにすることであった。

ワッキーワームには4inと6inの2種類あり、トレーラーには4inの方が収まりもよく、合っている感じであった。

しかし、実際に使用してみると、ダラ~ンと、かなりトレーラーがはみ出してしまう6inの方がよく釣れた。

シングルコロラドのバイブラシャフトにワッキーワームの6inを装着したものをフリーフォールさせると、当時からあまり釣れなかった津久井湖でもよく釣れた。

Basslog20170214a バズベイトに装着すると、かなりスローに引くことができて、秋のターンオーバーの時なんかは、これ着けてないと釣れないなんてことを何度も経験した。

そんなこともあり、未だにワッキーワームはたまに使っている。

しかし、6inの残りはブラックブルーがあと2本となっていた。

これに代わるワームってなくて困っていたので、これの登場は非常にうれしい。

一番使用頻度が高いけど既に無くなってしまっていたパールホワイトも、ラインナップされているようなので楽しみだ。

これ以外にも昔長い2本足のワームで、ダイワから発売されていたフラットツインというワームがあった。

これもラバージグなんかに装着すると、まとまりは悪いんだけどなぜかよく釣れたし、サイトで使用しているとこれは違和感なくよく喰ってくれた。

そんな感じで長い2本足のワームってよいイメージしかない。

| | コメント (0)

2017年1月30日 (月)

PITBULL 3.5

ちょっと前にワイルドサングに新しいサイズの6.5が加わったといった話題をだしたが、ピットブルにも新しいサイズ3.5が加わった。

Basslog20170130a 後付けされている3.5とかの数字は潜行深度を表している。

なのでこのピットブルは3.5ftダイバー。

20lb.ラインで巻けば70㎝ぐらいの潜行深度になりそうなので、浅いレンジでの活躍に期待している。

PITBULLをバークレイのサイトで調べてみると、ピットブルがなくなっていた。。。

なくなったのではなく、いつの間にか名前がPitBULLからSquareBULLに変わっていたようだ。

そういえば3.5といえば、ディッガーにも3.5が加わった。

1/4oz.で同様に1mダイバーということで、この2つの使い分けも楽しみだ。

こんな良いクランクがあるというのにPFJは未だに扱っていないのはなぜだろう?

| | コメント (0)

2017年1月 6日 (金)

Clutch Metal

Basslog20170106a_2 年末にも少し紹介したクラッチメタルだが、なかなかいい感じだ。

これの発売元であるVivaというのはコーモランのこと。

コーモランと言えば、30年以上バス釣りしている人であれば‘バッタモノメーカー’のイメージが強い事でしょう。

中学生の頃は本気で腹立ったけど、今となってはあれはあれでよい思い出だけどね(笑)

このメタルのボディは、結構薄いプレートでできており、クイックに反応してくれる。

それと、標準で装着されているフックが、フッ素コートされており、刺さりが良い。

この釣りを行う寒い時期は、バスが口が開かないまま突進してきて体当たりすることも多いので、フックの刺さりは非常に重要なので、この釣りで使うルアーこそフッ素コートがあると掛けられる率は格段に上がる。

Basslog20170106cBasslog20170106b フックの開きは60度ぐらいだが、これは90度ぐらいに開いた方が刺さりは更によくなる。

ペンチで1度挟んで180度にして、放すと90度になる。

冬にバーチカルに攻める場合は、トリプルフックでも意外と根掛かりしないんだけどね。

| | コメント (0)

2017年1月 5日 (木)

SANSYOUO

Basslog20170105a ゲーリーヤマモトから昨年末に追加された2つの新製品の1つ‘サンショウウオ’。

扁平ボディに、イールっぽいテールは縦にセッティッングされてる。

元々何で使うことを前提に作ったのだろうか?ヘビキャロ用?

一通りのことはできそうだが、これほど何で使えばよいのかが、パッと浮かばないワームも珍しい。

| | コメント (0)

2016年12月24日 (土)

Wild Thang 6.5

ワイルドサングの新しく加わった6.5が届いた。

Basslog20161224a 今なら人気のクロー系のカラーもまだ欠品していない。

今回加わった新しいサイズの方がウイグルワートと近いサイズなのと、こちらのサイズの方が日本向きかな?

でも日本では知っている人もほぼいないね…

そういえばシーズン中から話題になっていた2つのレジェンド枠。

その枠から出場することになったのはなんとこのルアーを手掛けたデビットフリッツ。

B.A.S.S.ではアングラーオブザイヤーにもなっているし、クラシックも制している。

そしてDTを作った人でもある。

| | コメント (0)

2016年12月18日 (日)

Hydra

昨日のタートルと同時に入ってきた新製品で、メチャクチャ気になったのがフリーダム社の‘Hydra’。

Basslog20161218a パッと見は何も気にならなかったけど、これの動画観たら、欲しくなった(笑)

単純なアイデアだけど、意外な盲点だったような気がする。

ハードヘッドも最近はよく使っているけど、いまいちまだものにできていない感が強い。

これの方がワームを巻き物として使うには利点もあるし、使いやすそうだ。

| | コメント (0)

2016年12月17日 (土)

昨日‘蟹’ワームの話題を出したら、たまたまLandBigFishのメールには‘亀’ワームが…(笑)

Basslog20161217a ドゥームズデー社の新製品の亀型ワームで、ネーミングもそのまま‘ドゥームズデータートル’。

動画もあるので観てみたけど、蟹の影響なのか全くそそられない(笑)

ノーシンカーで使ったら、オーバーハングへのスキッピングはやりやすそうだし、水面ただ巻きしたら釣れそうな気もするけど…

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

Craw Fatty Jr.

HAVOCの新作クローファッティジュニアが届いた。

といっても1ヶ月ぐらい前には届いていたけど、まだ使っていない。

Basslog20161207a ノーマルサイズはとにかくよく釣れるし、使い道の幅が広くて重宝している。

ジュニアもテキサスリグが特に合いそうだ。

1/8oz.ぐらいのライトテキサスにも合いそうだし、1/2oz.ぐらいのテキサスでアクションにメリハリ付けても冬に効きそうだ。

クローファッティってラバージグにチョン掛けでトレーラーにすると、、また別物のようにいい感じなんだよね。

| | コメント (0)

2016年11月18日 (金)

Revo ALX

ベイトリールはABUに替えてから、ABUが気に入ってこればかり使っている。

日本仕様とアメリカ仕様のもの両方使っている。

今年日本で発売されたLTX-BF8は非常に軽く、持ちやすいし気に入っている。

この同形状のボディ仕様がアメリカでも発売開始となったのでオーダーしてみた。

Basslog20161118a アメリカ仕様はスプールがしっかりしていてラインキャパが多いのと、何よりもドラグパワーがあるところが気に入っている。

フルパワーでフッキングした時に、チョピっとラインが出てしまうのが嫌いなので、ドラグパワーは強い方が好き。

RevoプレミアもGen.2、Gen.3と使ってきて、非常に気に入っている。

今回のALXはドラグパワーが少し下がり7kgとなったのは残念な気がするけど、実際のところ滑らなければよい。

慣れている右巻きで早くフルパワーでフッキングしてみたい。

| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)

Rogue

スミスウィック社のパーフェクト10ログは発売当初は多用していた。

その後、色々なジャークベイトを使用したりしていて、あまり使っていなかった。

先日久し振りにARCとADRを使用して、改めてログの集魚力って凄いなぁ…と感じ、思い出したことがあった。

Basslog20161023b 後発で発売された4.5inサイズのエリート8ログだ。

一般的には人気のABやARBだけど、自分は意外と4.5inサイズは使用しないので10ログの時よりもテンション低めであった。

TWにオーダーするものがあったので、ついで程度にオーダー入れようと思った。

Basslog20161023a すると、‘Top 20 Rogue’という見慣れないログがもう1つ加わっていた。

潜行深度20~22ft!とりあえずあまり考えずにこれには即バイト。

メーカーサイトには何のアナウンスもないし、もちろんこんなものが発売されているなんて噂すら聞いたことなかった。

ここ数年はジャークベイトをよく使うようになり、色々なものが見えてきた。

まだ使っていないけど、非常に楽しみなジャークベイトだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧