2021年11月24日 (水)

Turbo FattyZ

Basslog20211124-1_20211123092801 昨日のレーザーシャッドで思い出した、Z-manの新作ワーム‘ターボファッティ’。

既存のファッティとは違い、ボディは丸型形状となっている。

実物は結構太目で、マンズのハードワームを連想させるボディシェイプだ。

既存のファッティはノーマルとマグナムの2サイズがあるが、このターボファッティは1サイズで6in。

ファッティは片面フラットなので、それほど太さを感じないし、実際にシェイキーヘッドでの使用時も3/0フックぐらいでちょうど感じに合う。

このターボファッティはファッティというネーミングだけあって、元々太目なのだが、丸断面というだけでかなりボリューム感が増していい感じなのだが、ファッティの様にシェイキーヘッドで使用するには5/0ぐらいのフックが欲しいところだ。

Basslog20211124-2_20211123092801 そしてこのワーム最大の特徴であるテールは他にはない独特な形状をしている。

小さなパドルテールとハドルっぽいシャッドテールのフュージョンといった感じだ。

他にはない感じなので、実物を観ないと想像つきにくいと思う。

このようなロングワームでテールがバイブレーションするタイプは世の中に幾つもあるけど、このテール形状は他にない。

同様のロングワームではウルトラバイブスピードワームはよく使っている。

特に夏はこの手のロングワームが活躍することが多く、クリーチャーやクロー系のワームを入れても反応ないところにロングワーム入れたら入食いなんてことも何度か経験している。

ノーマルサイズでは釣れ過ぎてサイズが選べないなんてこともあるので、最近はウルトラバイブスピードワームのマグナムも夏は必ず持って行くようにしている程だ。

2年前に発売されて結局まだ使っていないままだが、Zクローワームなんかもこの手の部類のワームだ。

クリスジョンストンがエリートに出始めた頃、春先からUVスピードワームをかなり頻繁に使用していたので、春なんかも効くのかも。

なんか夏イメージが強いので、これを機に来春から投入してみようと思う。

| | コメント (0)

2021年11月14日 (日)

トマト探し・8

ネットベイトの新作‘Bバグクリーチャー’。

Basslog20211114a 一見リアクションイノベーションズのビーバーっぽい。

よく観るとボディのリブがかなり太く成型されている。

リブが太いので自重は重くなるのでキャストはしやすくなりそうだ。

それ以外は本家とそんなに変わりはない。

パクリと言ったらそれまでだけど、色々なメーカーがこのタイプをリリースしているので、未だにこのタイプは必要不可欠な形状なのだろう。

そしてこのBバグクリーチャーにはグリーンパンプキンテキサスレッドスワールというカラーがある。

このレッドの部分がトマトっぽい透けない赤を使用している。

このスワール系の風合いだと、トマトに近いような気もする。

 

| | コメント (0)

2021年11月 9日 (火)

SAKURA Worm

SPROから何種類かワームが発売された。

Basslog20211109b 幾つかのワームはエラストマー製で、その1つサクラワームを入手した。

どこからどう見てもネッドリグ用に作られたワームだ。

サイズは3.5inと表記ではあるが、実寸は3inジャスト。

TRDフィネスなんかよりはスキニーシェイプなので、実物はかなり小さく感じる。

軽量のネッドリグ用ジグヘッドと組み合わせて使ったら良さそうだ。

それとこのワームは匂いが付いている。

よく日本のワームに付いているような匂いだなぁ…と思ったら、このワームは日本製であった。

スプロの製品は日本語名が付いている製品が多いけど、このワームはなぜに桜なのか…?

このワームのボディ断面は6角形と思いきや、5角形であった。

Basslog20211109a そして更によく観てみると、五角形の角は角ばっておらず、丸まっている。

頭から観てみると、桜の謎も解けた。

| | コメント (0)

2021年10月30日 (土)

トマト探し・7

ストライキング社の2022年度リリース予定の製品の中に新しいカラーが加わっていた。

Basslog20211030c ファイアクローということで、レッドとオレンジのカラーだ。

写真を観た感じでは、レッドとオレンジのスワールカラーとなっているようだ。

ちょうどV&M社のファイアバグをスワールにした感じだ。

この系統のカラーというのはプラグではよくあるクローパターンのカラーだ。

でもワームにはあまり存在していなかったのは意外な盲点だったような気がする。

Basslog20211030b ストライキング社はこのファイアクローはプラグにも採用するそうだ。

既存ではデルタクローやチリクローなんかが同系統のカラーである。

ラッキークラフトのデルタクレイジークローとTOクローのようにオレンジの割合が変わるぐらいの違いだ。

デルタクレイジークローなんかは好きなクロー系カラーなので、プラグにもこのカラーが出るのはいいね。

今回のファイアクローはレイジバグ、メナスと、使用頻度の高いものに加わるので期待も大きい。

ただ、これも赤系統のカラーではあるがトマトとはちょっと路線がズレてる。。。

| | コメント (0)

2021年10月23日 (土)

Finesse Football

Basslog20211023a Zマンの新作フットボールヘッド‘フィネスフットボール’。

Zマンのジグヘッドシリーズにフットボールが今までなかったのは意外だ。

シュルームヘッド同様のウエルデッドワイヤベイトキーパーが装着されている。

この溶接されたワイヤキーパーが圧倒的に使いやすく、ワームのズレもしっかりと防いでくれる。

特にネッドリグではエラストマー製のワームを用いることが多いので、このワームキーパーでないと、なかなか挿しにくくて現場でのセットには向かない。

これならストレスなくセットできる。

ヘラクローやゴートといった最近追加されたワームには特に合いそうだ。

| | コメント (0)

2021年10月12日 (火)

Big Blade Chatterbait

Zマンの新作ビッグブレードチャター。

Basslog20211013a ブライアンスリフトが手掛けたブレードが大きくなったチャターベイトだ。

フックサイズも大きくなっており、マスタッドウルトラポイントの6/0が採用されている。

今年はこのビッグブレイドとサイズダウンしたミニマックスの2種類が追加発売された。

チャターは小さくしても動きは変らないので、コンパクトで非常に釣れそうな感じがする。

しかし、既存のチャターで小型版というのはあまり釣れないものしかない。

小型のチャターでよく釣れるものにするのはかなり設定が難しい。

そんなこともあり小型版は現物を見る前からほぼスルーしてしまっている。

ビッグブレイドの必要性を感じないし、ジャックハンマーで事足りているので、こちらもあまり興味はなかった。

でもこのビッグブレイドのカラーラインナップを観て、フローセントオレンジのブレードが装着されているものを知り、物凄く気になった。

それでそのブレードの装着されている2カラーを入手した。

トレーラーキーパーはモールドで成型されるカラー部にあるトラディショナルな物。

これだと、トレーラーはズレやすい。。。

特にこのサイズとなるとトレーラーも大きくなるのでズレやすさは増すだろう。

| | コメント (0)

2021年10月 8日 (金)

Impersonator

Basslog20211008a ラッキーストライクの新作クランクベイト‘インパーソネーター’。

このクランクベイトはジミーヒューストンデザインで、インターナルスロットシステムというものが採用されている。

クランクベイトの背中側にスリットが入っており、そこへプレートを差し込むことができるというものだ。

クランクベイトのボディはクリアなので、インナープレート仕様のカラーと同様な感じだ。

そしてこのクランクベイトは3枚のインサートプレートが入っており、状況等に合わせてカラーを替えることができるというものだ。

このような変わった発想のものは好きなので購入はしたものの、コレクション用で家に置いておく。

インナープレートが入ったカラーって以前にも記したが、あまり効果を感じない。

なので使うことはなさそうだし、コレクションにはもってこいのルアーだ。

| | コメント (0)

2021年10月 4日 (月)

STUNNA

Basslog20211004a スタンナがいよいよ発売となった。

とはいえ、日本では特に話題にもなっていない(笑)

バスマスタークラシックなんて既に興味もないのかはなから興味がないのか…

クラシックやエリートはしらけ気味なのはご存じの通りだけど…

そんな背景を考えれば話題にもならないのは当然かもね。。。

自分自身も興味はあるけど、ワンテンと変わらないでしょ…と、思いつつも実物を観てみたかった。

ジャークベイトはロッドワークのみで操作し続けるものなので、使い手によって動きも変わってくるので、面白いルアーだ。

潜行深度も使い手によって変わってしまう。

ジャークとトゥイッチの違いをしっかりと使い分けている人ってどのくらいいるだろうか?

最近は少しジャークとトゥイッチの違いを言葉では表現できる人も増えてきたけど、その大半がネットか本で読んだだけの頭でっかち。

でもしっかりと使い分けている人も多くなってきた。

そんなこともあって、逆にYoutube等を観て、あれってジャークじゃないですよね…って、バッタプロはすぐに見抜かれてしまう。

だからこそ、しっかりとジャークベイト使える人の釣りをとことん観て何が違うのかを知ると良い。

ケヴィンやマクリランドなんかが自分は好きだ。

| | コメント (0)

2021年9月30日 (木)

Hella CrawZ

Basslog20210930a 好きなフラッターテール、通称バタ足タイプという事で期待していたZマンの新作‘ヘラークロー’が入ってきた。

シルエットは写真同様に実物もいい感じで、ボディも太くていい感じだ。

エラストマー製のワームも徐々にベストな形状が判ってきたのか、ここ最近のZマンの新作は良いものが続いている。

ダーターZ、ゴートは非常に気に入っている。

ヘラークローもゴート同様にバタ足タイプなので今回も期待できそうだ。

ヘラークローはアームが大きめでレイジクローっぽい形状となっていて、ボディはキャストしやすそうなずんぐりとした形状をしている。

今回のアームはどんな動きをするのか使うのが楽しみだ。

ストライキング社のバタ足タイプもレイジバグ、メナス、レイジテールクロー他幾つか出ているけど、動きにはそれぞれ特徴がある。

使っていると同じバタ足タイプでも、こんなのが欲しい、こんなのも必要といったものが出てくる。

そんな感じで、1つ出すと、次々と必要に迫られ追加したのだろう。

Zマンもゴートに始まりこれから幾つか追加することとなるのかも。

ヘラークローは見るからにテキサスでカバーに撃ち込みたくなる。

でも他にも使ってみたい使用方法がある。

それはバズのトレーラー。

最近トードバズを色々なタイプを試しているけど、実際にはスイムベイトやバグ、クロー等をトレーラーに装着している。

ここ最近使用していて感じるのは、ワームを一般的な様々なリグで使用しているよりも消耗が激しい。

バズはカバー周り等で掛けることが多いのと、太いラインを使用していてジャンプさせないように強引に引くこともあり、バスの抵抗は激しい。

そんなこともあってか、トードバズに装着したワームは小バスでない限りほぼ1発で千切れてしまう。

ゴートも最近使用しているけど、ゴートだと全く切れなくて重宝している。

ヘラークローもトレーラーにしたら切れないだろうし、ボディ形状からしてキャスト精度も上がりそうだ。

| | コメント (0)

2021年9月19日 (日)

Hybrid Swing Head

一昨年からドハマりしているスイングヘッド。

Basslog20210919a がまかつからもスイングヘッドが登場するようだ。

タングステンマテリアルでファスタッチ仕様のフック交換ができるタイプのようだ。

形状はストライキングのジョインテッドストラクチャーヘッドに似ている。

必然的にどんな使い方が向いているかが解かる。

ストライキングのストラクチャージグは非常にカバーに強いジグなので、これもカバーに入れるなんて使い方もいいかもしれない。

スイングイングヘッド本来の使用方法だけでなく、また用途が広がりそうだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧