2018年4月24日 (火)

Impact Flipping Jig

Basslog20180424a 久し振りにニコルスのラバージグを買ってみた。

大学生の頃、ガード付きのラバージグはニコルス製とラッキーストライク製を多用していた。

この2つのラバージグは、すり抜けのよいヘッド形状で好きであった。

スクリューヒッチが標準装備されていたラッキーストライク製はワームのトレーラーを装着し、フック形状が独特でポークの収まりが良かったニコルス製はチョン掛け用として愛用していた。

あれからラバージグ自体あまり使わなくなって、いつの間にかラッキーストライク社にはラバージグ自体なくなっていた。

ニコルスは未だラバージグは販売していたけど、色々と変わっていた。

オーソドックスな使いやすそうな感じで、先日のストライキング社のノーマルハックアタックジグに似ている。

Basslog20180424b フックは5/0のラウンドで、がまかつを採用している。

トレーラーキーパーは、カラーに一ヶ所穴が開いており、そこへトゥースピックを挿して固定するといったタイプだ。

| | コメント (0)

2018年4月22日 (日)

Hack Attackt F.F.J.

ストライキングのジグで気になっていたけど、ずっと見送っていたハックアタックジグ。

Basslog20180422a 最近アックアタックフロロフリッピングジグというモデルが追加発売された。

昨日のストラクチャ―ジグとは違って、ラウンドベンドのフックが標準装備されている。

既存のハックアタックは極一般的なフリッピングジグといった感じであった。

今回のフロロフリッピングモデルは、まずアイがホリゾンタル仕様に変更となった。

更にフックはちょっと小さくなり、シャンクが短くなった。

Basslog20180422b メチャクチャ自分好みに仕様変更してくれた感じだ。

それにスクリューキーパーが標準装備となった。

ただ1つ、このジグ、‘Gamakatsu’フック使用となっているが、たぶんがまかつフックではない。

かれこれ30年がまかつのワームフックを観ているし、使用しているので、違うというのは判る。

平打ちも入っていない。

フックは‘Gamakatsu’のシールが貼られていたけど、withではなくwishだったのかな…(笑)

| | コメント (0)

2018年4月21日 (土)

Strike King Jigs

ストライキングのジグを幾つか追加した。

家にもストックはあるのだが、ついつい追加(笑)

Basslog20180421a お気に入りのデニーブラウワーストラクチャージグ等を幾つか追加しておいた。

引っ掛かりにくく、ボトムで安定し、フッキングしやすく非常に使いやすくて気に入っている。

比較的フックはデカいのが好みだが、カバーへ入れるジグのフックは小さい方がスナッグレス性が上がるので好きだ。

このジグはナローベンドゆえにギャップが狭いので、ブラシもショートカットできてスナッグレス性能が高い。

ジグ自体も口の中で横になりにくくてよい。

スカートの柔軟度もいい感じでよくできている。

| | コメント (0)

2018年4月12日 (木)

ミーティチャンク

Basslog20180412a ラバージグのトレーラーとしてよく使うズームのスーパーチャンク。

最近はバークレイのマックスセントシリーズ‘ミーティチャンクトレラー’も併用している。

ほぼ同形状ということで変わりはないように感じるけど、匂いのあるなしからか、濁りが入っている場所だとミーティチャンクの方が反応が良い。

Basslog20180412b ガルプ程の集魚力は感じないけど、通常のパワーベイトよりは集魚力は強い。

質感はガルプっぽいけど、変形していたり、乾燥してしまうこともなく使い勝手はよい。

クリアな水系ではスーパーチャンクの方が反応が良く、目で観た動きもこちらのが良い。

そんな感じなので、どちらも必要なので、どちらも外せない。

| | コメント (0)

2018年4月 3日 (火)

ハンマーヘッド

昨年はよく使ったラバージグ。

スイムジグの他に多用したラバージグにフットボールがある。

桧原湖以外では1oz.ばかりだが、桧原湖では3/8oz.を使うことが多い。

ケイテックのフットボールに自分で巻いたものを普段はよく使っていた。

Basslog20180403a 昨年はヘッドの先端がフラットになったハンマーヘッドタイプも多用した。

このヘッドはボトムで立ちやすくなっており、アイの位置からも、ボトムを引きずると立ちやすくなっている。

フットボール感覚で使用できて、小技を効かせたいタフな時には便利だ。

| | コメント (0)

2018年2月24日 (土)

ジグフック

最近のジグといえば、スモラバが主流であり、カバーへ入れるジグはちょっとスモラバの陰に隠れている感がある。

昨年はジグ類はスイムジグ、フットボール、カバージグを中心によく使った。

Basslog20180224b カバーを撃つにはやはりカバー用が使いやすく、特にデニーブラウワーのストラクチャージグは素晴らしい完成度であった。

すり抜け抜群のヘッドに、ナローベンドのフックが更にすり抜けをよくしている。

スイムジグは大半がラウンドベンドのフックを使用しており、どれも#4/0~6/0の大きなフックで軸も太くて丈夫なものが標準装備されている。

このスイムジグのような丈夫なフックは、日本では見掛けないけど、アメリカにはいくつかのメーカーから発売されている。

Basslog20180224a こんなゴツイのを好むのも自分だけかと思っていたら、友人からこのジグフックの依頼が来たのはちょっと嬉しかった。

スプリング付けてテキサス用フックとしても使えそうだけど、スプリング付はがまかつのスーパーラインS.L.が今のところ完璧だね。

| | コメント (0)

2017年12月 9日 (土)

フットボールジグ

今年は近年にしては珍しくフットボールジグを多用した。

ラージには1oz.フットボール、スモールには3/8oz.ぐらいのものをよく用いている。

Basslog20171209b 桧原湖ではJBⅡ第2戦釣りビジョンカップの時はこれで一時連発し大半のバスをフットボールジグでキャッチした。

ロングキャストしてのディープでの釣りであったので、距離が遠かったので、ロッドはしっかりとフッキングが決まるモデレートな高弾性ロッドが必要であった。

この時はTVC-70Hを用いて、ラインは7lb.の組み合わせにした。

ルアーは極普通のフットボールであったが、タックルの差もあり1人だけ釣れ続いた。

Basslog20171209a トレーラーは3/8oz.にはエンジンのUVスピードクロー系のと、1/4oz.にはバンドゥクローをセット。

スカートはティムコの凸凹したタイプのラバーが反応いい。

| | コメント (0)

2017年12月 5日 (火)

SWIM MAX

Basslog20171205b 今日はスイムジグで、スタンレーのスイムマックス。

スイムジグはこのLOYを始めてから初めての登場になる。

今年は非常にこのスイムジグを多用した。

色々なメーカーの物を使ってみたが、スタンレーとロッドストレイナーのものが使いやすく使用頻度は高かった。

どちらもブラシガードの具合が好みなのが一番の理由だと思う。

トレーラーは色々なものを試してみたが、スイムジグはトレーラーの役割がかなり大きいので、まだ色々と試行錯誤中な部分がある。

Basslog20171205a 今年はスーパーチャンクやスーパーウルトラバイブスピードクローといったエリート選手が多用しているものを使用することが多かった。

偏平ボディのものも状況によっては非常によく合うこともあり、クローファッティやブルフラットも使いやすかった。

色々と試してよく分かったことの1つに、シャローで使う場合はフロロではなくナイロンラインが合っているということ。

来年は更にスイムジグが活躍してくれることでしょう。

| | コメント (0)

2017年10月30日 (月)

シェイキーヘッド

アメリカではよく使われていて日本ではあまり使われていないものって幾つかあるけど、その代表格はシェイキーヘッドではないだろうか?

Basslog20171030a シェイキーヘッドは必要性を感じなかったけど、最近物凄く気になって初めて取り入れてみようと思いピカソのシェイキーヘッドを買ってみた。

色々なシェイキーヘッドがあるけど、理想的なものとはちょっと違う感じであったけど、ピカソのものが一番良さそうだったので、これに決めた。

ベイトフィネスならこのくらいの軽量ヘッドでも、容易にスキッピングもできそうだ。

スクリューキーパーは先日のリューギの緩いものが、シェイキーヘッドこそ合いそうだけど、自分で作るしかないね。

ピカソ製品はあまり日本では馴染みがないけど、なかなか独創的で面白いものが多い。

日本ではこれもあまり使用されていないネッドリグのヘッドなんかは、このピカソも専用ヘッドを発売している。

そのヘッドがいい感じだ。

前々からこのアイの位置のジグヘッドって欲しいと思っていた。

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

F.H.+ホグ

秋になると最近よく使うフィッシュヘッドスピン。

これに装着するワームはソフトジャークベイト系のものが一般的だ。

自分もセンコーやスラッゴーみたいなものをよく使っていた。

昨年辺りからこれにホグを装着したものも使っている。

意外にもこれがなかなかいい感じで、最近はスティックベイト以上に気に入っている。

Basslog20170920a プロリグスピンにバルキーパワーホグ3インチの組み合わせは特に気に入っている。

使い方は普通通りで、これのが普通以上に釣れる気がする。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧