2021年12月 6日 (月)

Bling

【Spinner Bait】

Basslog20211206a スピナーベイトはここ数年、9割以上がこのスピナーベイトを使用している程の溺愛。

今年はカラーブレードも多用した。

写真のブレードスカート共に真っ白のものは本当の名前はアイスだが、自分はジュンバグならぬ‘ジュンパク’(純白)と呼んでいる。

この色は透明度が10㎝程度でもよく見えるので重宝する。

カラーブレードだと塗装のの厚みがあるので、立上りが鈍るものが多いけど、ブリングは全くそれはないのもいい点だ。

立上りの早さ、引けるスピードの守備範囲は圧倒的に他の物よりもある。

コンパクトボディではないので日本受けはしない感じであるけど、バスのアベレージサイズが大きくなったので、今のフィールドではちょうどよいサイズだと思う。

ダブルウイローを使用する場面が多いが、低水温期や濁った時はインディアナを使っている。

特に春の低水温期におけるフロント蛍光赤ブレードの効果は、今年も効果を感じた。

今年は水温10度未満の状況下で複数人が、これを使用していたものだけがバスをキャッチしてきたり、50アップをキャッチした。

徐々に赤ブレードの効果も確信になりつつある。

ただ、ワイヤ径だけはちょっと細いところは改善して欲しいところだ。

そういえば、あまり日本では話題になっていないが、今年スタンレージグの創業者ロニースタンレーが亡くなった。

スタンレーと言えばスタンレージグ、バイブラシャフトの2つはバス歴40年クラスの人は物凄く使っていたはず。

自分はここでも何度も話題に出しているバイブラシャフトは、未だに現役で愛用している程の素晴らしい完成度だ。

ボールベアリングスイベル、タイイングスカート、オープンアイを広めたバイブラシャフト、現代のスピナーベイトでもこれらはスタンダードとなっている。

テーパードアームやスイベルのロック、シャンクが短くてギャップの広いフック、当時は色々な物が衝撃的だった。

何気ないものだが、アイのないスピナーベイトというのもバイブラシャフトが始まりだ。

その当時、生物っぽく見せるからアイは要らないとかで、アイがないスピナーベイトは自分としては衝撃を受けた。

その後も今となっては当たり前のラメの入ったメタルスカート等、とにかくスピナーベイトを語るにはバイブラシャフト抜きには語れない。

それぐらいスピナーベイトに影響を与えてきた偉大な人物だ。

| | コメント (0)

2021年12月 5日 (日)

Giant Dog-X

【Pencil Bait】

Basslog20211205a_20211206072101 ペンシルベイトはジャイアントドッグXに決定。

今年も春の早い段階でペンシルベイトでキャッチすることができた。

その時に使っていたのがジャイアントドッグXで、そのままシーズン中も使用頻度が高かった。

やはりこのルアーは高速引きが最もこのルアーの独創的な威力を発揮する。

一般的なスローにドッグウォークさせるのであれば、他にもっと釣れるペンシルベイトが幾つかある。

食性に訴えかけて釣るのであればレッドペッパー、威嚇や好奇心で誘って釣るのならトップウォーカーやスーパースプークがいい。

とにかく速く引けば引くほどこのルアーは効果がある。

ただこの高速で引くにしても、ラインテンションを緩めて引いてこないと、全く釣れない。

全く同じルアーを使って並んで釣っていても、片や入食い、片やノーバイトなんてことも普通に起こるほど、結構シビアだ。

入食い状態を目にしたら、日本人的な考えで言ったら、「別に何でもいいんじゃん…」「何でも入れれば喰う」と捉えるだろう。

でも傍から観て同じように水面をチャチャチャチャッ…と走るルアーでも、バスはしっかりと動きを見極めている。

この動きを簡単に出せるのがNAZ-62MLにPEラインの組み合わせだ。

あとは、時期毎に少し変化を付けると更にバイト率は変る。

ポストの時期はポーズを長めに入れるとか、夏のスモールは速度変化を与えるとか…

春や秋なんかはその辺のバスの習性を理解してうまく利用するのとしないのでは大きく釣果に差が出る。

何度も言うようにルアーは魚釣るための道具である。

リアルなルアーを観て「これまんま餌だ」とか言う人いるけど、その言葉が出る時点でルアーは疑似餌としか捉えてないということ。

そういう人には「だったら餌で釣ればいいじゃん」と言う。

ルアーは餌以上に効率よく釣るための道具。

指で回すより回すのに効率の悪いドライバー使う?

| | コメント (0)

2021年12月 4日 (土)

Cover Pop

【Popper】

LOY2021年度の1回目はポッパー。

Basslog20211204a ポッパーはストームのアラシカバーポップ。

ポッパーはここ最近これしか使ってないというぐらいの頻度で使っている。

以前にもこのカバーポップに関しては何度も記しているように、このポッパーは非常に使いやすい。

パッと見、それほど大きく感じないけど、一般的なポッパーと比べると若干大きい。

なので、飛距離もだしやすいのと、同様にキャストの精度も上がる。

独特のカップ形状で、操作の仕方によってはチャガーとしても使える。

チャガーとしてだけで使うのであれば、フロロカーボンのラインをしようするか、リーダーのみでもフロロにすると簡単にチャガーとして使いやすい。

ドッグウォークはペンシルベイト並みに容易に熟すことができる。

ベニョンベニョンのあまり張りのないグラスロッドを使用すると動きは更によくなる。

左右によく動くのでテール側下部にあるキールがルアーの下側の水をしっかりと掻き回すのも、よく釣れる要因の1つでもあると思う。

カバーポップは非常によく動くので、ローリングマークが付きやすい。

トップウォーターでフックの跡が付きやすいものといえばペンシルベイトが1番だろう。

ポッパーでこれほど付くものというのはないので、どれだけ急角度でクイックに首振りしているかがこんなところからも判る。

それくらい今まであったポッパーとは別次元で良く動く。

今年もカバーポップは活躍してくれた。

来年はもっと素晴らしいポッパーが出てくるかな…?

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

2021 LOY

今年も12月になったので恒例のLOYを始めようと思っている。

Basslog202111201a 今のところまだ何も考えていない。

昨年よりは釣行回数は多かったけど、今年の釣りは幅がちょっと狭かった気がする。

例えば大好きなディープクランクの釣りは、殆どやっていない。

釣った数も数本程度だ。

でも逆にシャロ―クランクは例年以上に活躍してくれたりと、今年も色々あった。

| | コメント (0)

2020年12月31日 (木)

Lew's

【Reels】

今年のLOY最後は番外編のリール。

リールは今年から使い始めた‘Lew's’のベイトリールに決定。

今年から使い始めたルーズ。

Basslog20201231-2 使い始めたきっかけはKVDのルーズへの加入。

それまでのルーズのイメージは、アメリカのリールという事で、自重は重そう、飛距離は出なそう、ガタが多そう、ハンドル重そう…といった感じで、全く見向きもしていなかったというのが事実。

KVDの移籍でルーズのリールをしっかりと観てみると、失礼な言い方をすれば「意外と使えそう」といった感じであった。

CL1SHが発売された時に4.9oz.というのは、ちょっと気になったが、更に下を行くABUの4.5oz.のリールを使用していたので、スルーしていた。

それにアブ製の160g以下のリールは耐久性に問題があり、同様に実用性には欠けるものであろうと勝手に解釈していた。

そんなこともあり、ルーズのリールを取り入れてみるにあたり、まずは自重が180g以上のもので、価格帯は2万円ぐらいのものを試そうと思いCG1Hを使ってみた。

このリールを使い、Lew'sへの想像は勝手な思い込みであったということが判ったと同時に、このリールが素晴らしい完成度だという事が判った。

まずは一番気にする部分であるドラグの強度は、アブをはるかに上回る強度であった。

アブのリールは、自分が一番ベイトリールで重視しているドラグのパワーで選んでいたのだが、同パワーのドラグでもアブを上回っていた。

飛距離も、最初はビビりながらブレーキ強めの設定でキャストしたが、ブレーキを緩めてもバックラッシュしにくいし、想像を遥かに上回る飛距離に違う意味でビビった。

日本のシマノのリールと比較しても、全く飛距離は遜色ないし、スキッピングやフルキャストといったもので比較するなら、むしろこちらのが投げやすいと思う。

それと自分は普通の人よりもフッキング時に力がリールに加わるぐらい思いっきりフッキングする。

ABUのアンダー160gのリールだとボディが歪んでしまうほどであったが、Lew'sは金属の様に全く歪むことのない剛性であった。

そしてルーズのリールを使用して、一番驚いたのがハンドル。

ルーズのリールは95mmが標準といった感じであるが、この長さって他社と比較すると長い設定である。

ハンドルが長いと力も入るし、更にウイングリップは抵抗が掛かってもしっかりと指がフィットするので、抵抗が掛かるものを引くときや、バスとのやり取りには想像を遥かに上回るスムースさになっていた。

過去に色々と長いハンドルを試したことがあるが、ハンドルは長くすればするほど巻き抵抗は下がるが巻きにくくなるといった感じがあり、使い心地とは反比例するものだと思っていた。

そんなこともあり、長いハンドルは使いにくければ短いものに替えればいいと思っていたが、そんな推測を見事に逆行してくれ思わぬ収穫となった。

とにかくLew'sのリールは巻きにくいどころか、ハンドルが長いのになぜか巻きやすい。

そしてしばらく使っているうちに、95mmハンドルに慣れ、巻物でもリールのギア比が今までよりも高いものでも大丈夫だというところへ辿り着いた。

それにより、速巻きが今までよりも無理なく自然に速く巻くことができるようになった。

速く巻きたくて、ギア比の高いリールで速く巻くと、どうしても巻きスピードが不安定となり釣果も下がってしまうが、ルーズだと一段階高いギア比にしてもスムーズに巻くことができることから、ルアーを引くことのできるスピードの範囲が広がった。

そんなこともあり、自分の中のギア比の基準が今年は少し上がった。

これにより特に変わったと感じるのが、ビッグベイトでの釣り。

今までは5.6:1を使用していたが、今は6.2:1に代えた。

これにより、ビッグベイトを引ける最速スピードが向上したのと、掛かってからのやり取りでの巻取りが早くなった。

ギア比が上がったことでラインスラックが出にくくなり巻物でのバラしが非常に軽減されたと思う。

Basslog20201231-1 ジグワーム用リールはTLH1XHTLCP1XHを使用してみたが、どちらも自重が150~160gと軽いので最初は不安もあったが、全く問題なく、これらもしっかりとしたボディに強いドラグ、そしてこれらに搭載されているブレーキシステムのACBは更なるスムーズなキャストができた。

フルパワーでのフッキング時にも全く動かないスプールは、しっかりとパワーロスなくフッキングができる。

今のところTLH1XHがルーズのリールの中で一番気に入っている。

そして11月には待望のKVDモデルがリリースされた。

これは15,000円クラスの価格帯からも、そんなに期待はしていなかったが、これまた予想を遥かに超える使い心地にビビった。

ブレーキシステムはCG1シリーズ同様のMSBということで、ある程度は出ることは判っていたが、これまた想像を超える物凄い飛距離でビビった。

ドラグは20lb.であるが、ドラグは他のリールもそうだが、他社の20lb.を上回る強さが出ているように感じる。

とにかく驚きの連続で、既にベイトリールは全てLew's製品に替えた。

日本ではほぼ使われていないリールだが、使った人は今のところ100%の人がルーズに移行している。

そんなことからも世界一売れているというのは、実際に使ってみて頷けた。

シマノのリールも良いけど、日本で比較対象にされるのはD社かA社。

それじゃあ子供を虐めている様なものでしょ…

Lew'sを知るべき…と、今更ながらかもしれないが今年自分は知った。

 

それでは良いお年を。

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

DIGROOVER 120R

【Shallow Diving Crankbaits】

Basslog20201230-1 シャロークランクは今年登場した‘ダイグルーバー120R’に決定。

シャロークランクはLC1.5、2.5、KVD1.5、DT4、6、フラット、ファット、デッパー、ウイグルワート、アラシスクエアビル、ブレクラ、レックスクエアビル、CBSといったものをよく使っている。

これらのクランクベイトはタックルボックスにも多数入っている。

シャロークランクは当たり前だがシャローを攻めるクランクベイトである。

シャローにバスが居ることというのは多いのと、浅い場所は浅いという事もあり視覚で色々な情報を得ることができる。

そんなことから細かい違い等の発見も多い。

その結果、色々な物の必要性を感じて、ルアーの数も増える。

世の中もシャロークランクは売れるジャンルの1つという事で、色々な物が発売されており、選択肢も非常に多い。

優秀な物というのはその中のほんの一握りであるが、ベースの数が多いこともあり優秀なものも多いのがシャロークランクだ。

そんな中に登場したダイグルーバー120Rは、多用している300の良い部分は受け継いでおり、また新たな機能も搭載している。

素晴らしいクランクがまた1つ登場した。

今年の夏から使用しているが、普通にただ巻いているだけでもブリブリと蛇行しながら泳ぎ、LC同様に中層でもバスを寄せる力は非常に持っている。

Basslog20201230-3 Basslog20201230-2 今年の夏は仲間内で開催したプチトーナメントでは120Rと300Rが活躍し、勝つことができた。

その時はちょっとしたレイダウンの上に120Rを通すと、50は確実に超えるバスが湧いてきたが喰い損ねて、次のキャストには45㎝程のバスが喰ってきた。

ちょっとサイズダウンしたなぁ…と思っていると、リアから300Rをキャストしレイダウンに絡めた徹君が先程出てきたと思われる50アップを仕留めてくれた。

最終的には他のチームが1本2本で伸び悩んでいる中、我々はダイグルーバー120Rと300Rを中心に9本キャッチし圧勝した。

誰も気になっているこのクランクベイトの特徴でもあるバンパースナップ等、結局このクランクベイトについて記す間もないまま年末になってしまった。

細かい部分はまたその内…

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

DIGROOVER 300

【Midium Diving Crankbaits】

Basslog20201229-1 3mぐらいまでの水深をカバーするミディアムダイブのクランクベイトは今年も‘ダイグルーバー300’に決定。

このレンジはほぼこれしか使っていない。

他で使っているのはラパラのDT10ぐらいで、DT10は冬から春ぐらいしか使わないので、それ以外の時期はほぼダイグルーバーを使用している。

普通に巻いているだけでも優秀なクランクだが、ロッドワークで操作すると他のクランク以上に崩すバランスは特に気に入っている。

Basslog20201229-2 今年は300Rの登場で更に幅が広がりローテーションも可能となった。

そんなこともあり更に3m周辺の領域でダイグルーバー以外は不要となった。

このレンジでこれに勝るクランクベイトを作るのは結構大変だろう。

そのくらいズバ抜けで良い。

Basslog20201229-3 そして今度はボーンマテリアルでのダイグルーバーを開発中ということで、更にこの領域は独走状態となりそうだ。

| | コメント (0)

2020年12月16日 (水)

Jack Hammer

【Bladed Jigs】

Basslog20201216a 今年のLOYチャターベイトは‘ジャックハンマー’に決定。

ここ数年、これしか使っていないので、その年にチャターベイトが活躍する場面があればほぼこれとなる。

そのくらいこれしか使っていないというか、最近は持っていくチャターの9割はジャックハンマーとなっている。

それぐらいチャターベイトのジャンルの中では抜群に良い。

他のチャターは釣れないの?と聞かれることがよくあるけど、釣れないことはない。

Zマンオリジナルのチャターから始まり、エリート、カスタム、そして名前も忘れてしまったけど、イマカツのモグラジグにチャターブレード付けたのもよく使ったし、もちろん釣れた。

装着するトレーラーはヤマモトのザコかリアクションイノベーションズのデッパーのどちらかを装着することが殆どだ。

シャローで使う時はバイブレーションを強調するためにスプリットテールイール系の細身のワームを装着する。

あとはブレードの曲げに変化を付けてアクションをいじったりする。

現時点ではこれ以外は要らないと言えるほど圧倒的にこれが良いと思う。

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

Giant DOG-X

【Top Water】

LOYに戻り、今日はトップウォーター。

今年はトップウォーターで釣った数が少ないので、該当はほぼなし。

Basslog20201214a 唯一今年活躍してくれたと思えるのはジャイアントドッグXということで、今年唯一のLOYトップはジャイアントドッグX。

鯰人62MLでGドッグXを操作すると、GドッグXが非常に生き生きと泳ぎまわる。

カラーはいつものアユカラー。

これが圧倒的に釣れるので、今はこのカラー以外は持っていくこともなくなった。

発売開始からかなり長い時間経過しているが、未だによく釣れるし、他の代用が効かない。

来年は同サイズ同ジャンルのジャスティーンも取り入れてみたい。

| | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

Series6XD

【Deep Diving Crankbaits】

ディープクランクは今年は昨年ほどは活躍しなかった。

Basslog20201204a 結局ファーストチョイスすることが多い6XDが一番活躍したということで、今年はストライクキングの6XDに決定。

近年のディープクランクの代名詞とも言えるリスペクトモデルも多い、非常に優秀なクランクベイトだ。

ディープクランクでサイレントモデルというのがほぼなかったところへ登場したサイレントストーカーは非常にインパクトがあった。

それもあってかサイレントストーカーの方がラトル入りよりも有名である。

最近自分はノーマルのラトルインを使用することが多い。

ディープクランクでもショアラインにキャストすることが多いので、ショアにぶつけてしまうことも多々ある。

それでも6XDは壊れることがない頑丈な作りも好きなところだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧