2016年12月31日 (土)

U.V.Speed Craw

今年最後のLOYはワーム。

普段から巻物中心の釣りを展開することが多いので、ワーム自体はあまり使わなくなっていたが、今年は意外とよく使ったと思う1年であった。

ワームに関しては、TVC-70Hにテキサスリグをセットして1本は積んでおき、場所によってTVC-65MLをライトリグ用としてスピニング代わりに混ぜていた。

テキサスリグで普通の人とちょっと違うのは、基本としているウエイトが5/8~3/4oz.と重い。

自分は軽くても3/8oz.ってことが多いけど、一般的には3/8oz.がヘビーウエイトの部類みたい。

それ以上スローに攻めたいときはライトリグを入れるので、テキサスリグはそのくらいの範囲で回している。

今年よく釣れたワームはZクロー、UVスピードクロー、パワーホグ、モコリークロー、レージバグ、クローファッティ、バルキーパワーホグ、クレイジフラッパー、センコー…この辺が特に多く釣った。

Basslog20161231a_2Basslog20161231c どれも捨てがたく選択するするのは難しいので、今年は今年の最大魚58cm3キロオーバーをキャッチしたZOOMのウルトラバイブスピードクローに決定。

今年は自分の好きなカラーであるエメラルドブルーとトマトを入手できたので、ここ数年にしてはUVスピードクローをよく使った。

Basslog20161231bのUVクローを真似たワームが日米共に色々と発売されているけど、改めてこの手のワームはスピードクローが一番釣れるなぁ…と、今年は実感した。

ちょっと前に、ここでスピードクローの肝が出ていたように、このワームは3/8oz.以上のウエイトを使用しないと、このワームらしい突出した威力は発揮しない。

ということで、3/8oz.以上で使用するので、自分向きなワームでもある。

では今年はこの辺で。

よいお年を!

 

| | コメント (0)

2016年12月30日 (金)

‘The Invincible Cranker’

Basslog20161230a 今年のロッドは‘TVC-71MH/HG’に決定。

このロッドを作るうえで一番重視した大型のクランク等の早巻き性能が、このロッドの登場で容易にできるようになった。

それ以外では、このロッドはグラスコンポジットゆえに、10XD等の大型クランクも使用可能だ。

Basslog20161230c それと、マイキー、ゾーイといった中型ビッグベイトにも非常に合っており、このクラスのビッグベイトの使用頻度も今年は上がった。

ビッグベイト専用のロッドというと、低弾性カーボンが主流で、イマイチ乗りは悪いものが多いが、このロッドなら高確率で掛けられる。

それとこのロッドにはローギアのリールが合っている。

絶対に巻き物にローギアというのは深い意味がある。

ギア比の高いハイスピードリールは、よほど器用な人でない限り使わない方がよい。

以前にもちょっとだけ間接的に触れたFree agent crankin' with Gerald Swindleの記事内でも、その辺にさりげなくG-manは触れている。

Basslog20161230d 今年追加になったこのTVC-71MH/HGと、既存のTVC-65M/HG、それと新たに加わったスピニングモデルTVS-65ML/HGのハイブリッドグラス3機種で、巻き物の幅は更に広がった。

早速このロッドを購入してくれた皆様ありがとうございます。

Basslog20161230b おそらくオーダーを入れてから9ヶ月待ちという…最も待たせたと思われるのぶちゃんからは、発売直後最速で釣果報告をもらった。

学生時代からツアラーを買い続けてくれている吉田君が遂にV-specコンプリートしてくれた。

HGシリーズをはじめV-specを購入してくれた皆様ありがとうございます。

それと、まだ迷っている人達含め、試投会を兼ねて今年も正月から亀山で巻きます(笑)

暇で興味のある方はご参加ください。

| | コメント (0)

2016年12月29日 (木)

REVO PRM

Basslog20161229a LOYの番外編であるリールは今年もABUレボプレミアGen.3。

ジェネレーション2から使用しているPRMだが、当初はGen.2の方が持ちやすく、ちょっと違和感を感じたGen.3であった。

でも今ではこれに慣れてしまい、手放せない。

左手は一度握ったら、キャスト、リトリーブの合間も固定したままなので、リールは手にフィットして、フッキング時に力が入りやすく、キャスト時にアキュラシー精度が出せるものというのが、巻き物を使う際のリールの絶対条件。

抵抗の大きいルアーを使う際はパワークランク5を使用しているが、これもPRMと同形状なので、違和感なくローテーションできて気に入っている。

あとはメンテも殆どしないし、使用頻度も高く、扱いも適当な自分が使っても、特に何のガタも来ない耐久性はいいね。

今年もこのリールは大活躍であった。

| | コメント (0)

2016年12月28日 (水)

IK-500R2

Basslog20161228a 今年のディープクランクはIK-500R2に決定。

今年は‘The Invincible Cranker’の登場により、ディープクランクの幅が大幅に広がった。

特にこの1oz.クラスのディープクランクを用いた早巻きができるようになった部分が特に大きい。

それとドラッギングのスピードも速くすることができ、スローで引くしかなかったドラッギングも高速で引くことができるようになった。

夏から秋は特にこのクラスのディープクランクの出番が多く、今年は非常に多用したこともあり、ディープクランクはどれが一番活躍してくれたかなぁ…と、悩んだ。

シャッドと同じく、最初に手を出すものが信頼度の高さに比例するので、最初に手を出すことが多かったものと考えて、これに行き着いた。

Basslog20161228b 最近はメインのタックルボックス以外にもディープクランクだけのボックスも持っていくほど、ディープクランクは多用している。

色々な状況を知れば知るほどたくさん持っていきたくなる。

なので、今後も数は増える一方だろう。

| | コメント (0)

2016年12月25日 (日)

FOXY FRY

Basslog20161225a シャッドはFOXY FRYに決定。

久し振りに今年はよく使った。

ここ数年は色々なシャッドを使ってみたけど、やはり最初に手が伸びるのはこれが多く信頼度は高い。

やはり速く引ける点が最も気に入っている。

この他ではシャッドラップ、スレッジ6、ソウルシャッド、この辺を回すことが多い。

来年は、結局今年は殆ど使えなかった、昨日も話題に出したデビットフリッツ作のバッドシャッドも取り入れてみたい。

| | コメント (0)

2016年12月23日 (金)

G.DOG-X

Basslog20161223a ペンシルベイトは今年も‘ジャイアントドッグX’に決定。

今年もNAZ-62MLにPEラインの組み合わせにジャイアントドッグXを付けていることが殆どであった。

カラーに関してあまり触れたことなかったけど、たぶんこの写真の鮎カラーが最も万能。

たぶん誰よりもこのルアーをキャストしていると思うし、周囲の人もよく使っているので、色々と観ているけど、この鮎カラーを上回るカラーってたぶんないぐらい、確実に多く釣っている。

このカラーがあったのは、2000年ぐらいの年号が入っているもので、内部ウエイトはタングステンになる以前の物。

自分はこれを使って、誰よりもボールがボディ内部でヒットする大きな音を出せる。

音が出せるということより、音が出るほどの大きなターンが効いたクイックな首振りをすることと、その音を発しながら高速で巻くというのが自分の使い方。

こんな訳の解らない使用方法に耐えられることができる数少ないペンシルベイト。

| | コメント (0)

2016年12月21日 (水)

‘Vibrashaft’

スピナーベイトに関しては、今年はバイブラシャフトとSKTクレイジーC.W.を多用した。

昔よりもスピナーベイトを使う機会が減ってしまったけど、今年は近年では比較的よく使った気がする。

今年スピナーベイトで釣ったバスの大半がこの2つ。

Basslog20161221a 迷いに迷いスタンレーの‘バイブラシャフト’に決めた。

30年近い信頼度の継続というのは凄い事だ。

未だにバイブラシャフトの大きなフックは好きだし、これに代わる物がない。

| | コメント (0)

2016年12月19日 (月)

‘ARASHI S.Square’

今年のシャロークランクは春から色々使い、どれにするか非常に迷った。

どれも必要だし、非常に活躍してくれた。

Basslog20161219a そして迷った挙句選んだのは、‘ARASHI’のサイレントスクエアビル

なんだかんだ迷った時は、‘とりあえずアラシ’といったことが多かった。

大概の場合、デッパーかアラシを選択し、そこからレンジや状況に応じてローテーションさせていくといった感じであった。

キャストしやすく、何よりもファーストリトリーブしやすい点は特に気に入っている。

このアラシシリーズの売りでもあるセルフチューンニングラインタイは、真っすぐ泳がない個体もあるので、チューニングは普通以上に大変なんだけどね…(笑)

トゥルーチューンにはメーカーも特に触れていないので…

これ以外にもいい点もあるけど、あまり日本には売っていないので、気になる人はアメリカから入れてみて下さい。

| | コメント (0)

2016年12月15日 (木)

‘ARASHI R. DEEP 10’

3mダイブクラスのミディアムダイバークランクベイトは、Arashiラトリンディープの10に決定。

Basslog20161215a 今年はこれをよくキャストした。

何よりも使いやすく、良く釣れる。

ただ、このラトリンディープの10には、世の中に2種類存在している。

以前にも記した通り、ボディシェイプ、ウエイトの配置が全く違っている。

どちらがいいかは…

| | コメント (0)

2016年12月14日 (水)

BUD

ウエイクベイトに関しては、今年は色々使ってみて、幾つか良いものがあり新たに取り入れた。

Basslog20161214a でも釣った数から判断すると、今年は‘バド’だね。

特に完璧にいじったバドに皮貼りにしたアメドリ仕様が活躍してくれた。

蛇皮へのバスの反応というのは強烈で、ノーマルバド以上に本気喰いしてくることが多い。

今年もまた冬の間に新たなバドをいじるでしょう…

| | コメント (0)

より以前の記事一覧