2020年12月31日 (木)

Lew's

【Reels】

今年のLOY最後は番外編のリール。

リールは今年から使い始めた‘Lew's’のベイトリールに決定。

今年から使い始めたルーズ。

Basslog20201231-2 使い始めたきっかけはKVDのルーズへの加入。

それまでのルーズのイメージは、アメリカのリールという事で、自重は重そう、飛距離は出なそう、ガタが多そう、ハンドル重そう…といった感じで、全く見向きもしていなかったというのが事実。

KVDの移籍でルーズのリールをしっかりと観てみると、失礼な言い方をすれば「意外と使えそう」といった感じであった。

CL1SHが発売された時に4.9oz.というのは、ちょっと気になったが、更に下を行くABUの4.5oz.のリールを使用していたので、スルーしていた。

それにアブ製の160g以下のリールは耐久性に問題があり、同様に実用性には欠けるものであろうと勝手に解釈していた。

そんなこともあり、ルーズのリールを取り入れてみるにあたり、まずは自重が180g以上のもので、価格帯は2万円ぐらいのものを試そうと思いCG1Hを使ってみた。

このリールを使い、Lew'sへの想像は勝手な思い込みであったということが判ったと同時に、このリールが素晴らしい完成度だという事が判った。

まずは一番気にする部分であるドラグの強度は、アブをはるかに上回る強度であった。

アブのリールは、自分が一番ベイトリールで重視しているドラグのパワーで選んでいたのだが、同パワーのドラグでもアブを上回っていた。

飛距離も、最初はビビりながらブレーキ強めの設定でキャストしたが、ブレーキを緩めてもバックラッシュしにくいし、想像を遥かに上回る飛距離に違う意味でビビった。

日本のシマノのリールと比較しても、全く飛距離は遜色ないし、スキッピングやフルキャストといったもので比較するなら、むしろこちらのが投げやすいと思う。

それと自分は普通の人よりもフッキング時に力がリールに加わるぐらい思いっきりフッキングする。

ABUのアンダー160gのリールだとボディが歪んでしまうほどであったが、Lew'sは金属の様に全く歪むことのない剛性であった。

そしてルーズのリールを使用して、一番驚いたのがハンドル。

ルーズのリールは95mmが標準といった感じであるが、この長さって他社と比較すると長い設定である。

ハンドルが長いと力も入るし、更にウイングリップは抵抗が掛かってもしっかりと指がフィットするので、抵抗が掛かるものを引くときや、バスとのやり取りには想像を遥かに上回るスムースさになっていた。

過去に色々と長いハンドルを試したことがあるが、ハンドルは長くすればするほど巻き抵抗は下がるが巻きにくくなるといった感じがあり、使い心地とは反比例するものだと思っていた。

そんなこともあり、長いハンドルは使いにくければ短いものに替えればいいと思っていたが、そんな推測を見事に逆行してくれ思わぬ収穫となった。

とにかくLew'sのリールは巻きにくいどころか、ハンドルが長いのになぜか巻きやすい。

そしてしばらく使っているうちに、95mmハンドルに慣れ、巻物でもリールのギア比が今までよりも高いものでも大丈夫だというところへ辿り着いた。

それにより、速巻きが今までよりも無理なく自然に速く巻くことができるようになった。

速く巻きたくて、ギア比の高いリールで速く巻くと、どうしても巻きスピードが不安定となり釣果も下がってしまうが、ルーズだと一段階高いギア比にしてもスムーズに巻くことができることから、ルアーを引くことのできるスピードの範囲が広がった。

そんなこともあり、自分の中のギア比の基準が今年は少し上がった。

これにより特に変わったと感じるのが、ビッグベイトでの釣り。

今までは5.6:1を使用していたが、今は6.2:1に代えた。

これにより、ビッグベイトを引ける最速スピードが向上したのと、掛かってからのやり取りでの巻取りが早くなった。

ギア比が上がったことでラインスラックが出にくくなり巻物でのバラしが非常に軽減されたと思う。

Basslog20201231-1 ジグワーム用リールはTLH1XHTLCP1XHを使用してみたが、どちらも自重が150~160gと軽いので最初は不安もあったが、全く問題なく、これらもしっかりとしたボディに強いドラグ、そしてこれらに搭載されているブレーキシステムのACBは更なるスムーズなキャストができた。

フルパワーでのフッキング時にも全く動かないスプールは、しっかりとパワーロスなくフッキングができる。

今のところTLH1XHがルーズのリールの中で一番気に入っている。

そして11月には待望のKVDモデルがリリースされた。

これは15,000円クラスの価格帯からも、そんなに期待はしていなかったが、これまた予想を遥かに超える使い心地にビビった。

ブレーキシステムはCG1シリーズ同様のMSBということで、ある程度は出ることは判っていたが、これまた想像を超える物凄い飛距離でビビった。

ドラグは20lb.であるが、ドラグは他のリールもそうだが、他社の20lb.を上回る強さが出ているように感じる。

とにかく驚きの連続で、既にベイトリールは全てLew's製品に替えた。

日本ではほぼ使われていないリールだが、使った人は今のところ100%の人がルーズに移行している。

そんなことからも世界一売れているというのは、実際に使ってみて頷けた。

シマノのリールも良いけど、日本で比較対象にされるのはD社かA社。

それじゃあ子供を虐めている様なものでしょ…

Lew'sを知るべき…と、今更ながらかもしれないが今年自分は知った。

 

それでは良いお年を。

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

DIGROOVER 120R

【Shallow Diving Crankbaits】

Basslog20201230-1 シャロークランクは今年登場した‘ダイグルーバー120R’に決定。

シャロークランクはLC1.5、2.5、KVD1.5、DT4、6、フラット、ファット、デッパー、ウイグルワート、アラシスクエアビル、ブレクラ、レックスクエアビル、CBSといったものをよく使っている。

これらのクランクベイトはタックルボックスにも多数入っている。

シャロークランクは当たり前だがシャローを攻めるクランクベイトである。

シャローにバスが居ることというのは多いのと、浅い場所は浅いという事もあり視覚で色々な情報を得ることができる。

そんなことから細かい違い等の発見も多い。

その結果、色々な物の必要性を感じて、ルアーの数も増える。

世の中もシャロークランクは売れるジャンルの1つという事で、色々な物が発売されており、選択肢も非常に多い。

優秀な物というのはその中のほんの一握りであるが、ベースの数が多いこともあり優秀なものも多いのがシャロークランクだ。

そんな中に登場したダイグルーバー120Rは、多用している300の良い部分は受け継いでおり、また新たな機能も搭載している。

素晴らしいクランクがまた1つ登場した。

今年の夏から使用しているが、普通にただ巻いているだけでもブリブリと蛇行しながら泳ぎ、LC同様に中層でもバスを寄せる力は非常に持っている。

Basslog20201230-3 Basslog20201230-2 今年の夏は仲間内で開催したプチトーナメントでは120Rと300Rが活躍し、勝つことができた。

その時はちょっとしたレイダウンの上に120Rを通すと、50は確実に超えるバスが湧いてきたが喰い損ねて、次のキャストには45㎝程のバスが喰ってきた。

ちょっとサイズダウンしたなぁ…と思っていると、リアから300Rをキャストしレイダウンに絡めた徹君が先程出てきたと思われる50アップを仕留めてくれた。

最終的には他のチームが1本2本で伸び悩んでいる中、我々はダイグルーバー120Rと300Rを中心に9本キャッチし圧勝した。

誰も気になっているこのクランクベイトの特徴でもあるバンパースナップ等、結局このクランクベイトについて記す間もないまま年末になってしまった。

細かい部分はまたその内…

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

DIGROOVER 300

【Midium Diving Crankbaits】

Basslog20201229-1 3mぐらいまでの水深をカバーするミディアムダイブのクランクベイトは今年も‘ダイグルーバー300’に決定。

このレンジはほぼこれしか使っていない。

他で使っているのはラパラのDT10ぐらいで、DT10は冬から春ぐらいしか使わないので、それ以外の時期はほぼダイグルーバーを使用している。

普通に巻いているだけでも優秀なクランクだが、ロッドワークで操作すると他のクランク以上に崩すバランスは特に気に入っている。

Basslog20201229-2 今年は300Rの登場で更に幅が広がりローテーションも可能となった。

そんなこともあり更に3m周辺の領域でダイグルーバー以外は不要となった。

このレンジでこれに勝るクランクベイトを作るのは結構大変だろう。

そのくらいズバ抜けで良い。

Basslog20201229-3 そして今度はボーンマテリアルでのダイグルーバーを開発中ということで、更にこの領域は独走状態となりそうだ。

| | コメント (0)

2020年12月16日 (水)

Jack Hammer

【Bladed Jigs】

Basslog20201216a 今年のLOYチャターベイトは‘ジャックハンマー’に決定。

ここ数年、これしか使っていないので、その年にチャターベイトが活躍する場面があればほぼこれとなる。

そのくらいこれしか使っていないというか、最近は持っていくチャターの9割はジャックハンマーとなっている。

それぐらいチャターベイトのジャンルの中では抜群に良い。

他のチャターは釣れないの?と聞かれることがよくあるけど、釣れないことはない。

Zマンオリジナルのチャターから始まり、エリート、カスタム、そして名前も忘れてしまったけど、イマカツのモグラジグにチャターブレード付けたのもよく使ったし、もちろん釣れた。

装着するトレーラーはヤマモトのザコかリアクションイノベーションズのデッパーのどちらかを装着することが殆どだ。

シャローで使う時はバイブレーションを強調するためにスプリットテールイール系の細身のワームを装着する。

あとはブレードの曲げに変化を付けてアクションをいじったりする。

現時点ではこれ以外は要らないと言えるほど圧倒的にこれが良いと思う。

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

Giant DOG-X

【Top Water】

LOYに戻り、今日はトップウォーター。

今年はトップウォーターで釣った数が少ないので、該当はほぼなし。

Basslog20201214a 唯一今年活躍してくれたと思えるのはジャイアントドッグXということで、今年唯一のLOYトップはジャイアントドッグX。

鯰人62MLでGドッグXを操作すると、GドッグXが非常に生き生きと泳ぎまわる。

カラーはいつものアユカラー。

これが圧倒的に釣れるので、今はこのカラー以外は持っていくこともなくなった。

発売開始からかなり長い時間経過しているが、未だによく釣れるし、他の代用が効かない。

来年は同サイズ同ジャンルのジャスティーンも取り入れてみたい。

| | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

Series6XD

【Deep Diving Crankbaits】

ディープクランクは今年は昨年ほどは活躍しなかった。

Basslog20201204a 結局ファーストチョイスすることが多い6XDが一番活躍したということで、今年はストライクキングの6XDに決定。

近年のディープクランクの代名詞とも言えるリスペクトモデルも多い、非常に優秀なクランクベイトだ。

ディープクランクでサイレントモデルというのがほぼなかったところへ登場したサイレントストーカーは非常にインパクトがあった。

それもあってかサイレントストーカーの方がラトル入りよりも有名である。

最近自分はノーマルのラトルインを使用することが多い。

ディープクランクでもショアラインにキャストすることが多いので、ショアにぶつけてしまうことも多々ある。

それでも6XDは壊れることがない頑丈な作りも好きなところだ。

| | コメント (0)

2020年12月 2日 (水)

5"YAMASENKO

【Soft Baits】

今年は使ったワームはほぼ3種類であった。

Basslog20201202b 桧原湖だけはAR-Wピンテールを多用したが、ラージ狙いではワーム3大メーカーの看板商品3つで済ますことが殆どであった。

その中で今年の活躍度からすると、ヤマモトの‘ヤマセンコー5インチ’ということで、今年のワーム部門はこれに決定。

センコーセンコーと呼んでしまうが、ヤマセンコーが正式名である。

センコーはライトリグで使用することが殆どだ。

ライトリグと言っても、5インチセンコーがベースでのライトリグなので、一般的なライトリグとは違って、スピニングタックルでなくても使用できる。

ノーシンカー、ネコ、ライトテキサスといったものがよく使用するリグで、シンカーは1/8~1/4oz.と、自分が使用するシンカーとしてはかなり軽い部類だが、一般的にはちょっと重い部類になる。

Basslog20201202a 今年は#966パンプキンチャートが特によく使った。

ツートーンカラーに慣れてくると、2トーンでないと釣れないような気がしてきてしまい、どんどん使用頻度が高くなる。

単色ではやはり#031の使用頻度が高く、ネコで使用する場合はこれの使用頻度が9割以上を占めている。

よく使用する1/8oz.ネコでは、これと並行してダイワ/ヤマモトのネコファットもよく使っていたが、色々な状況下で使っていると、ネコにもセンコー5インチの方が合っている。

アクションを加えた時に、クネクネと動く方が見た目は釣れそうだが、実際にはローリングやウイグリングといった程度の軽い動きが効く場面が多く、センコーの様にあまりクネクネと動かない方が良い時が多かった。

昨日も触れたように、今年は釣行数が少なかったので、LOYに該当するルアーが少ない。

ということで、検索ワードでのアクセス数でのランキングを少し発表しようと思っている。

因みに、今回のワームで言うと、センコー、UVスピードクロー、パワーホグでの流入はかなり少ない。

この3つが出てくる頻度は高いと思うのだが、これらを検索して入ってくる人は少なく、自分の予測とは違うものが多かった。

でも、多いものを観ていると「なるほど…」と感じるものが殆どであった。

ワーム、クランクベイト、トップ、ジャークベイト等々の流入数ランキングを今月中には発表します。

| | コメント (0)

2020年12月 1日 (火)

Bling

【Spinner Baits】

本日より12月という事で、いつものLOYをスタート。

今年は釣行数が少なかったので、LOYの回数もちょっと少ないかなぁ…

1回目はスピナーベイト。

Basslog20201201-1 スピナーベイトはここ数年これしか使っていない程の溺愛ぶりという事もあり、今年もR.2S.社のブリングに決定。

今年の数少ない50アップをキャッチしたルアーの1つでもある。

圧倒的な立上りの早さと、スローからファーストまでの引けるスピード幅が他のスピナーベイトよりも広い。

超スローでも圧倒的な遅さで引けるので、バイト数が他のスピナーベイトとは比にならないくらい多い。

ファーストリトリーブ時はファーストでもバランス崩れないし、何よりも抵抗がそれほど大きくならないので、かなり早く引ける。

世の中にはブレードを小さくしたファーストリトリーブモデルというものは存在するが、これだと引き抵抗を弱めて早く引きやすくしただけで、振動も弱くなってしまい、集魚力も弱いので、早さという部分だけの強調モデルであった。

ブリングはファーストでもしっかりと集魚効果があり、ファーストリトリーブからの急制動や速いスピードでカバーに当てるといった組み合わせは更に効果を増す。

Basslog20201201-2 今年からはルーズのリールで巻いているので、ファーストリトリーブは特に巻きやすくなり、速いスピードでの安定感が増した。

7.5:1のハイギアでもファーストリトリーブが可能だ。

来年もスピナーベイトはこればかりになってしまうだろう。

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

InaBuZZ

【Buzz Bait】

Basslog20191226a バズベイトはイナバズ(スイッチバズ)に決定。

このバズは使いこなしている人が年々多くなり、もうバズベイトはこれ以外は要らないといったことを言う人も多い。

使いこなせている人は、ブレードの当たり具合を自分で調整して状況に合わせられている。

微かにブレード同士が当たる程度に調整して使うのが、最もスタンダードで使いやすい。

クラッカーのサウンドが必要な場合もあるけど、それはそれで同じバズでもしっかりと別物として捉えている人も多くなったのはうれしい限りである。

どれもこれもバズとかトップといった一括りで考えている人が多かったが、徐々にルアー個々の性能を理解し、色々なルアーを使い分けることで、バスの面白さを解ってくれる人が増えた。

同じバズでも、サウンドによる違いなどをしっかりと理解できる人が増えたので、より一層深いコアな話もできるようになった。

でもそんな自分は今年はほぼこれしかキャストしないというつまらない選択をしていた。。。

よく言うならば、これだけあればかなりの状況をカバーできてしまうからである。

今年はトードバズも色々なものを試してみたが、キャストのしやすさ以外にあまりメリットを感じなかった。

キャストのしやすさを考慮し、今年はズームのスプリットテールトレーラーを装着して使うことが多かった。

あとは巻きスピードに応じてスカートの本数を変えたり、トレーラーを替えてみたりしたぐらいで、ほぼこれをキャストしていた。

ちょっと今年は例年と違ったのは、今年は最も自分がバズの活躍する時期と考えている、秋に釣っていないというところ…

今年の秋は台風や雨によって釣り自体にもあまり行っていなかったということもあり、今年の秋はバズでの釣果がゼロ。。。

ちょっとそこは残念だった。

でも今年も色々とバズでの釣果報告の写真をたくさん送っていただいた。

いつも思うのは、バズで釣った写真を送ってくれる人の大半は、かなりの興奮状態でメールを送ってくるということ。

最初のうちはバズで釣ると物凄い興奮すると思うけど、もっと釣り数を増やすと、バズの出しどころやメリット等が理解できてくると思う。

そして自分がいつも言っている重要な部分さえしっかりと熟せれば、間違えなく釣果は少なくても10倍に増えるということも理解できるはずだ。

イナバズを使い続けていれば、バズで釣るなんてことは、大して難しいことではないというのも判ると思う。

その領域に入るとまた更なる面白い世界が待っているので、そうなったらまたバスの面白さが倍増するね。

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

TH-CRAWLER

【Noisy】

Basslog20191225a ノイジー系のルアーはTHクローラーに決定。

ここ数年で色々なものが登場した大型のクローラーベイト。

THタックルから昨年登場したスイートフィッシュクローラーで、このジャンルはこれがほぼ完成形なのではないかと思った。

スイートフィッシュやゾーイクローラーは非常に優秀で、これらも必要不可欠な存在だ。

そんなこともありこのTHクローラーが出た当初は???といった感じがあった。

でも使ってみてびっくり。

これが出てから今年はこればかり使っていた。

この大型のサイズにしては、ウエイトが軽めの33gという絶妙な重さが、立上りの早さとソフトプレゼンテーションを可能にし、クローラーベイトの新たな使い道を切り開いてくれた。

このウエイトのTHクローラーは、バズベイト同様にガンガンショアラインを撃っていける。

クローラーベイトもバズベイトの様に、着水してからバスがバイトするまでの時間は数秒以内に起こるのが9割ぐらいとなった。

つまりキャスト数が増えればバイト数も比例して増える。

なので、キャスト回数が増やせるというのは大きなメリットとなる。

今までのクローラーベイトは1ヵ所を丁寧にじっくり探る感じだったのが、THクローラーはバズベイトの様にテンポよく探れる。

これでかなりのキャスト回数を増やせた。

バズよりもちょっとリトリーブスピードは遅いけど、ほぼバズと変わらないペースで使っている。

自分がバズベイトを使用するときのテンポを知っている人は想像してみてほしい、あのテンポでクローラーベイトをショアに撃ち込めたら…

一般的な人がバズベイトを1キャストする間におおよそ2~3倍、つまり2~3キャスト自分はキャストしている。

同様に一般的なクローラーベイトの1キャストに掛かる時間から、このTHクローラーをテンポよくキャストする回数で換算すると、おおよそ5~6倍キャストできている。

バスが喰ってくる位置、バスが喰ってくるアクション、バスが喰ってくるタイミングが掴めれば、通常のクローラーベイトよりも5~6倍は喰ってくる確率が上がる。

今年使ってみて体感的なか感覚としては、10倍ぐらいバイト率は向上している感じだ。

いつも自分がバズベイトを使う際に言っていることができるようになれば、バズベイトでのキャッチ率は10倍になると言っているのと同じである。

まだ体感していない人は是非TVC-65M/HGかNAZ-62MLを用いて、バズベイトの様にガンガンキャストして体感して欲しい。

リトリーブスピードはバズベイトよりもスローであったり微波動させたりと、状況に合わせてその日のベストなアクションを早く見極めることが重要。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧