2019年12月26日 (木)

InaBuZZ

【Buzz Bait】

Basslog20191226a バズベイトはイナバズ(スイッチバズ)に決定。

このバズは使いこなしている人が年々多くなり、もうバズベイトはこれ以外は要らないといったことを言う人も多い。

使いこなせている人は、ブレードの当たり具合を自分で調整して状況に合わせられている。

微かにブレード同士が当たる程度に調整して使うのが、最もスタンダードで使いやすい。

クラッカーのサウンドが必要な場合もあるけど、それはそれで同じバズでもしっかりと別物として捉えている人も多くなったのはうれしい限りである。

どれもこれもバズとかトップといった一括りで考えている人が多かったが、徐々にルアー個々の性能を理解し、色々なルアーを使い分けることで、バスの面白さを解ってくれる人が増えた。

同じバズでも、サウンドによる違いなどをしっかりと理解できる人が増えたので、より一層深いコアな話もできるようになった。

でもそんな自分は今年はほぼこれしかキャストしないというつまらない選択をしていた。。。

よく言うならば、これだけあればかなりの状況をカバーできてしまうからである。

今年はトードバズも色々なものを試してみたが、キャストのしやすさ以外にあまりメリットを感じなかった。

キャストのしやすさを考慮し、今年はズームのスプリットテールトレーラーを装着して使うことが多かった。

あとは巻きスピードに応じてスカートの本数を変えたり、トレーラーを替えてみたりしたぐらいで、ほぼこれをキャストしていた。

ちょっと今年は例年と違ったのは、今年は最も自分がバズの活躍する時期と考えている、秋に釣っていないというところ…

今年の秋は台風や雨によって釣り自体にもあまり行っていなかったということもあり、今年の秋はバズでの釣果がゼロ。。。

ちょっとそこは残念だった。

でも今年も色々とバズでの釣果報告の写真をたくさん送っていただいた。

いつも思うのは、バズで釣った写真を送ってくれる人の大半は、かなりの興奮状態でメールを送ってくるということ。

最初のうちはバズで釣ると物凄い興奮すると思うけど、もっと釣り数を増やすと、バズの出しどころやメリット等が理解できてくると思う。

そして自分がいつも言っている重要な部分さえしっかりと熟せれば、間違えなく釣果は少なくても10倍に増えるということも理解できるはずだ。

イナバズを使い続けていれば、バズで釣るなんてことは、大して難しいことではないというのも判ると思う。

その領域に入るとまた更なる面白い世界が待っているので、そうなったらまたバスの面白さが倍増するね。

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

TH-CRAWLER

【Noisy】

Basslog20191225a ノイジー系のルアーはTHクローラーに決定。

ここ数年で色々なものが登場した大型のクローラーベイト。

THタックルから昨年登場したスイートフィッシュクローラーで、このジャンルはこれがほぼ完成形なのではないかと思った。

スイートフィッシュやゾーイクローラーは非常に優秀で、これらも必要不可欠な存在だ。

そんなこともありこのTHクローラーが出た当初は???といった感じがあった。

でも使ってみてびっくり。

これが出てから今年はこればかり使っていた。

この大型のサイズにしては、ウエイトが軽めの33gという絶妙な重さが、立上りの早さとソフトプレゼンテーションを可能にし、クローラーベイトの新たな使い道を切り開いてくれた。

このウエイトのTHクローラーは、バズベイト同様にガンガンショアラインを撃っていける。

クローラーベイトもバズベイトの様に、着水してからバスがバイトするまでの時間は数秒以内に起こるのが9割ぐらいとなった。

つまりキャスト数が増えればバイト数も比例して増える。

なので、キャスト回数が増やせるというのは大きなメリットとなる。

今までのクローラーベイトは1ヵ所を丁寧にじっくり探る感じだったのが、THクローラーはバズベイトの様にテンポよく探れる。

これでかなりのキャスト回数を増やせた。

バズよりもちょっとリトリーブスピードは遅いけど、ほぼバズと変わらないペースで使っている。

自分がバズベイトを使用するときのテンポを知っている人は想像してみてほしい、あのテンポでクローラーベイトをショアに撃ち込めたら…

一般的な人がバズベイトを1キャストする間におおよそ2~3倍、つまり2~3キャスト自分はキャストしている。

同様に一般的なクローラーベイトの1キャストに掛かる時間から、このTHクローラーをテンポよくキャストする回数で換算すると、おおよそ5~6倍キャストできている。

バスが喰ってくる位置、バスが喰ってくるアクション、バスが喰ってくるタイミングが掴めれば、通常のクローラーベイトよりも5~6倍は喰ってくる確率が上がる。

今年使ってみて体感的なか感覚としては、10倍ぐらいバイト率は向上している感じだ。

いつも自分がバズベイトを使う際に言っていることができるようになれば、バズベイトでのキャッチ率は10倍になると言っているのと同じである。

まだ体感していない人は是非TVC-65M/HGかNAZ-62MLを用いて、バズベイトの様にガンガンキャストして体感して欲しい。

リトリーブスピードはバズベイトよりもスローであったり微波動させたりと、状況に合わせてその日のベストなアクションを早く見極めることが重要。

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

ダイグルーバー300

【Medium Crank】

Basslog20191220a ミディアムダイビングのクランクベイトは3年連続で‘ダイグルーバー300’に決定。

ミディアムダイブの3~4mぐらいの領域は、ダイグルーバーとアラシラトリンディープ10、DT-10、ディッガー、CB350、ディプシードゥ3のブルーバックチャートといったところをよく使っている。

ただ、このダイグルーバーが登場してからはこれの出番が圧倒的に多くなっている。

中層をスローにただ巻きしても、超早巻きしても、ボトムにコンタクトさせても、ジャークしても、ボトムに当て続けても、ストップ&ゴーでも、ドラッギングしても優秀なクランクベイトだ。

これ程多彩な攻めを高次元で熟せるクランクベイトが他にはないので、必然と出番は多くなる。

元々一番の使用方法であるウイードエリアでウイードに掛かったらトゥイッチして外すという使い方は、ウイードのあるレイクにほぼ行っていないこともあり使っていない。

ロッドをTVC-65M/HGを用いている場合は、トゥイッチというよりはジャークする感覚でラインスラックを使用してロッドを振った方が、ルアーまでの距離を考慮するとそれのがバランスを崩していい感じでスカッと抜ける。

この性能を利用して、ただ巻きやドラッギングの最中に中層でジャークを入れると、秋は特に効果を発揮する。

慣れてきたら、ボトムに当たる瞬間やボトムに当たった瞬間にジャークを入れると、ただのボトムにコンタクトした時ではなく、岩などに当たった瞬間のような平打ちを再現できるので更に効果的だ。

泥や砂底といったボトムに当てた瞬間より、岩や倒木等に当てた瞬間の方が明らかにバイトが多いように、ダイグルーバーはこれらに当たった瞬間を再現できてしまう。

それとこのクランクはロール方向の動きも入っているのに、バランスを崩した後の元への復帰が早い。

解りやすい例を挙げるなら、キビキビとタイトに動きロール方向の強いシャッドをボトムコンタクトさせると、元の軌道に帰ってくるまで、物凄い距離を必要とするように、ロール方向が強いとそれに比例して戻りは遅くなる。

でもダイグルーバーは軌道修正が早く、しっかりと平打ちするし、意図的にも平打ちできてしまう。

使い慣れた今でも色々と感心してしまうほど素晴らしいクランクベイトだ。

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

Series6XD

【Deep Crank】

Basslog20191218 毎年一番迷うことの多いディープクランクは今年もストライキングの6XDに決定。

主にディープクランクは使うものが6種類あって、どれも欠かせない存在となっている。

そんなこともあって選ぶのに迷ってしまう。

今年は6XDとIK500R2が数は多く釣っている。

どちらかといえば6XDをチョイスする場面が多かったのでこれにした。

今年は周囲の使用頻度なんかも非常に多く、6XDは自他共に非常に活躍した1年であった。

周囲を見ていると、6XDを使用するロッドはTVC-71MH/HGを使っている人が多い。

自分はTVC-71MH/HGとTVC-65M/HGを状況によって使い分けている。

TVC-71MH/HGでボトムに強打させて強引にゴリゴリと巻く釣りが、壊れにくい6XDには合っていて、クランクベイトらしい釣りが展開できる。

ただ、スローに引くときはTVC-65M/HGを用いるのと、ドラッギングでも8~10ポンドクラスの細いラインを用いてTVC-65M/HGを用いている。

日本のクランクベイトのような細かい動きはスローに引いてもプレッシャーの高い湖でもよく効く。

Basslog20191218-1Basslog20191218-2 冬になっても6XDは頼まれることが多い。

そしてノーマルのラトルインとサイレントを使い分けている人もいるのは、より一層クランクベイトの深い話ができるのでうれしい。

700円ぐらいで買えて、メチャクチャ丈夫で、よく釣れるクランクベイト…

色々な意味でしばらくはこれを全て超えるクランクベイトって出てこなそうだ。

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

Prop Bait

【Spy Bait】

今では1つのジャンルとして確立したスパイベイト。

Basslog20191214 スパイベイトの枠も今年から入れてみることにして、今年のスパイベイトのLOYは‘プロップベイト’に決定。

今では色々なものが世の中に出回っているスパイベイトだけど、これの走りとなったのがL&Sの5Mを本山さんが改造したプロップベイトである。

このプロップベイトを初めて使ったときはよく回るぺらだなぁ…ぐらいにしか思わなかったけど、使っているうちにそのペラの回転性能による違いというものを多々知った。

色々なことをこのルアーからは教えられた。

元々ルアーのジャンルはアメリカから入ってきたものがほとんどであるが、このスパイベイトだけは逆に日本から生まれたジャンルだ。

そのジャンルを築いた発端がこのプロップベイトである。

特に一時期発売していたシェルプレートをインサートし、ゴールドの鍍金を施したリミテッドエディションは、水中で使用するダブルスイッシャーという今までになかったタイプとして世の中にリリースされた。

これが発売されてから、物凄い光景を色々と目にしてきては、驚かされた。

ルアーだからこその力を感じる、これぞルアーといったルアーらしさが非常に出ているルアーだ。

未だにこのプロップベイトは手放せない。

この先もまだまだ活躍してくれるだろう。

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

Giant Dog-X

【Pencil Bait S】

Basslog20191212-1 小型のペンシルベイトはジャイアントドッグXに決定。

数年前までは非常に使用頻度が高かったのだが、大型ペンシルベイトの威力を知ってからは使用頻度に急制動が掛かった。

今年は久し振りによく使って改めて思ったのは、ジャイアントドッグXは優秀ということ。

ただ、以前から言っているように旧型のタングステン仕様になる前のジャイアントドッグXがよい。

その中でもカラーはゴーストアユが断トツで釣れる。

メガバスのルアーは間違えなくキラキラと光らないカラーが圧倒的に釣れる。

メガバスのカラーでキラキラしないカラーって意外と少ない。

そんなこともありメガバスで使うルアーは使うカラーもほぼ決まっている程だ。

ディープシックスはヴァイパータイガー、マーゲイは湖北スペシャル、そしてジャイアントドッグXはゴーストアユと、カラーも使うものは決まっている。

Basslog20191212-2それと今年はこのジャイアントドッグXや同等サイズのスーパースプークJr.を使用する際に再認識したのが、これらのペンシルベイトを使用する際に使うロッドの重要性。

使用しているのはいつものNAZ-62MLで、これを使用するというのは非常に重要と感じるのは、同じルアーを一緒に投げていても、ロッドの違いで釣果に物凄い差が出る。

一緒に並んでトップウォーターをキャストしていて、1人は入れ食い、1人はノーバイトなんて、普通はありえないと思うだろう。

でも実際に何回かそんなことを経験している。

特に自分が使用するのは超高速リトリーブが多いので、ロッドのアクション違いを小手先で調整なんてことはできない。

自分の横でキャストしている人のルアーにはボコボコ喰ってきているのが見えているのに、同じルアーを同じように扱っている自分のルアーにはノーバイト…

ロッドの違いで、メチャクチャ悔しい思いをするか、快感を得られるか…

そのような経験を積んでいくと、更に突き詰めたトップウォーターゲームが展開できて、更に釣りが面白くなる。

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

LC1.5

【Shallow Crank】

Basslog20191213a シャロ―クランクはラッキークラフトのLC1.5に決定。

今年は河川での活躍が目立った。

河川の様に完全にバスが浮いていることが多いフィールドでは、コールアップさせることのできるクランクベイトというのは非常に重宝する。

河川のような流れがある場所で使用していると、クランクベイトの性能による釣果の差がハッキリと出る。

同じようなクランクベイトであっても、方や入食い、方やノーバイトなんてことは普通に起こる。

今年はこのような場面が何回かあり、LC1.5、ブレードクランク、DT-4は特に効果を感じた。

これらのクランクベイトは高速で巻くと緩やかに不規則に蛇行するというのが共通点。

その辺が自分の好みで、このようなシチュエーションではこれらのクランクが気に入ってよく使っている。

それが効くのでこのようなシチュエーションで効くのかは分からないけど、明らかに他のクランクベイトよりもそんな状況下ではよく釣れる。

今年からDT-4はTVS-65ML/HGにPEラインで使用している。

これがこの河川のようなシチュエーションでは非常に役に立つ。

その辺の話はまた別の機会に…

LC1.5は写真のデルタクレイジーレッドクローとTOクロー、チャートリュースシャッドをよく使った。

クローカラーは色々あり、このデルタレッドとTOクローはベリー側のオレンジの範囲違いが大きな違いくらいで、似たようなカラーだ。

色々と試したけど、同じ様なカラーだけど、それぞれ個々に効果を発揮する場面がある。

似たカラーなので、それぞれの得意場面をフォローできるけど、細かくローテーションすると、効果の違いを感じられるので、よりベストなカラーに近づくことができる。

他にもメタリック系のスプリングクローやディスコ、マグマフィートアップギル、レイバンレッド―クロー等、赤系統のカラーだけでもこんなにラインナップされている。

拘り始めると、細かい違いが気になる。

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

ARASHI Top Walker 13

【Big Pencil Bait】

Basslog20191208a_20191210002401 ペンシルベイトは今年もアラシのトップウォーカー13。

ペンシルベイトは今年はさほど活躍していないので、使用頻度で判断してみた。

色々とペンシルベイトも使用しているけど、今のところこれを超えるものはない感じで、こればかり使用している。

信頼度は非常に高い。

これ以外でもまだ色々と新しいものや、使ったことのない既存の製品も多々あるので、色々と使用してみたい。

今年はスーパースプークJr.やジャイアントドッグXといった小型のペンシルも久し振りに結構使用した。

これらも大型のペンシルとは別物として捉えているので、使用するシチュエーションや操作方法は全く違う。

ということで、今年はペンシルベイトも大小で分けることにした。

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

ARASHI Cover Pop

【Popper】

Basslog20191209a ポッパーはアラシのカバーポップに決定。

ポッパーに関しては、今年はこれしか使わなかった程、完全に信頼しきっている。

投げやすさ、そして操作性と、どちらも抜群の出来だ。

デビットフリッツ風に言うならば、「これ以上のポッパーがあるかい?」

そのくらいポッパーはこれだけで十分というぐらい気に入っている。

一応ワンズバグも入れてはあるけど、今年はキャストすることもなかった。

これ以上のポッパーを作るなら、あれをこうするしかないね。

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

ARASHI Waking Crank

【Wake Bait】

Basslog20191207-1 ウエイクベイトはアラシのウエイキングクランクに決定。

このウエイキングクランクは西根さんのブレクラ同様にブレードを装着したチューニングを施したものだ。

これによりノーマル以上の集魚効果が得られるようになった。

このブレードサイズがベストのようで、これだけのサイズのブレードを装着してもトラブルは全くない。

更にファーストリトリーブでも全くバランスを崩すこともなく、ブレードとリアのフィンによる攪拌は他に類を見ない水押しをしてくれる。

Basslog20191207-2 ノーマルで見たら1マイナスの方が集魚効果はあるかなって感じはする。

でもこのブレードプラスのウエイキングクランクはそれと同等以上の効果を感じる。

何よりファーストリトリーブでの引きやすさと、水面を泳いでくる姿はクセになる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧