2017年2月 5日 (日)

スモラバ作製

頼まれたスモラバを作製している。

自分ではスモラバはほとんど使わないので、世間で一般的となっているスモラバというものをまずはじっくりと観察するところから始めた。

ラバーの長さが色々混じっており、最初は複雑に観えた。

それぞれのラバーの数を数えたりして、じっくりと観察し、ようやく製造過程も見えてきた。

そしてようやく既製品っぽいスモラバが作れるようになった。

Basslog20170205a ただ、今回依頼されたラバーのカラーが、‘スカッパノン’。

自分でも殆ど使わないカラーだし、ラバーを探してもスカッパノンなんてなくて困った。。。

そして色んなサイトでスカッパノンを探しまくっていたが、あってもお気に召すカラーではなく…

アメリカのサイトばかり観ていたのだが、灯台下暗しで日本のショップでようやく見付けた。

スカッパノンだけでも幾つかあるし、カラーバリエーションがこんな豊富なショップが日本にあるとは驚いた。

それでようやく作製の本番に取り掛かり始めることができた。

| | コメント (0)

2016年9月26日 (月)

マニアックス

昨日、ジグを作製したと書いたら、IKE-P氏から、フットボールヘッドが安い店があるよと、メールをいただいた。

ショップの名前は‘マニアックス’。

なんか聞いたことあるような気がするなぁ…と思い起こしたら、千藤兄からここのショップがオープンするという話を以前に聞いていたからだ。

今日は時間が急にできたので、シーバス釣りに行って、そのままマニアックスへ行ってみた。

バス釣り担当の店員には、亀山や高滝で強い町田素直君がいる。

町田君がいるからなのか、品揃えはいい感じで、何よりもディスプレイがきれいで品があって素敵なショップであった。

Basslog20160926a IKE-P氏から教えてもらったジグヘッドと、懐かしいボッシュのスローローラーとか、少しタックルを買ってきた。

一緒に行った友人は、シーバスのルアーを補充に同行してきたのだが、なぜかトラウトを始めることになり、トラウト用品を一式揃えていた(笑)

ということで!?、今年の冬はトラウトも自分も一緒にトラウトをやることになった(笑)

| | コメント (0)

2016年8月31日 (水)

TOMATOE

先日久し振りに日本のショップで買い物をした。

Basslog20160831a とはいっても、行って買ったのではなく通販で。

日本のショップだと欲しいものが揃っていないことが多く、海外のが早いし…ということもあり、最近は殆ど見てもいなかった。

先日話題に出したUVスピードクローの時に話題に出した、P.S.オオツカとがSさんのブログを観ていて、ふと‘もしかしたら大塚さんのとこならあのカラーがあるかも…’と思い、P.S.オオツカのHPを覗いてみた。

すると、UVスピードクローが特集されていて、期待以上のカラーラインナップに感動。

Basslog20160831b そして、アメリカのサイトでかなり探しまくっていたけど、結局見付からず諦めていた大好きなトマトカラーのスピードクローがあった。

正に灯台下暗し…

トマトが突出して一番活躍することが多い秋直前に見付かってよかった。

| | コメント (0)

2015年12月 4日 (金)

W速攻

アメリカのルアーは当たりはずれが結構あるけど、当たりはずれの幅は日本と比べて大きい。

当たりは大当たりもあるけど、はずれは不良品という場合もある。

Basslog20151204aすべて均一じゃないところも面白さの1つなのでいいんだけど、先日大量に注文したアラシディープの1つは思いっきりパーティラインが裂けていた。

いくらなんでもこのままでは使えないので、一応オーダーしたT.W.にメールでこんなのがあったよと報告を入れておいた。

同時に交換とか新たに送ったりしなくていいからねと、内容を入れておいた。

速攻で謝罪のメールが届き、間髪入れずに返金してきてくれた。

オーダー入れて2日で届くのも驚きだけど、この敏速な対応には更にビビった。

だって、これってメーカー側のミスなので、T.W.は間接的にしか関係ない。

CSという観点では日本も劣っていないと思っていたけど、まだまだ日本より上なのかな?

| | コメント (0)

2015年7月 7日 (火)

リフレックス

ここ最近はキャスティングの店舗が大型化して、商品も充実しており、今までは通販でどこか探すしか入手できなかったものでも入手しやすくなった。

店舗が大型になれば、在庫も多くなり、通常では在庫しない商品も多くなる。

神奈川県の秦野市にイシグロの大型ルアー専門店リフレックスが本日オープンするそうだ。

中部では人気のイシグロが遂に関東へ進出。

ルアー専門での大型店舗は初めてではないかな?

イシグロはルアーだけでなく、ロッドのパーツもかなり充実している。

更に、業界初では?という試みとして、レンタルタックルというものがあるのは斬新なアイデアだね。

| | コメント (0)

2014年12月12日 (金)

ワームカラー

Basslog20141212aワームのカラーって、写真と実物で違うことがよくある。

写真ではこれだと思っても、実際に見たら、こんなカラーではなかった…なんてこともある。

メーカーのHP上のカラーラインナップを見ても、実際の物と違う場合は多々ある。

ここのワームカラーの写真は非常に解りやすい。

それ以外にもここのサイトは細かいところまでよくできている。

やはりネットショップの先駆者が手掛けているだけあり、さすがです。

| | コメント (0)

2014年12月11日 (木)

カメラ屋で釣具!?

先日、急ぎで必要な工具があった。

特殊なモノなので、普通にはなかなか売っていないからネットで探してみた。

すると、1,000円もしないモノだけど、最安値だった店は送料も無料だったので、そこに決めた。

支払いの手続きに進めると、‘13時までのオーダーで当日配送’との文句が目に入った。

そんなことできるの…と、半信半疑でオーダーを完了した。

すると、その日の夕方に本当に届いた。

そこのHPを色々と観てみると、釣具も扱っていた。

釣具も送料は無料だし、通常では割引もしていないようなものも割引されていた。

更にポイントも付くのにはビックリ。

| | コメント (0)

2014年7月 9日 (水)

‘DD-22’

先日、静岡へ行った際に、学生時代によく行った‘ケンモチ釣具’へ行ってきた。

当時のルアーが未だ結構置いてあったのにはびっくりした(笑)

あのバスバブル期に売れずによく残ったなぁ…と感心してしまうほどの在庫であった。

当時の静岡は釣具店が多く、それにアングラーの数は比例していない感じであったので、仕方ないのかな。

逆に今ではなかなか売っていないモノが手に入るので、廃番の物などで探し物があったら探してみると面白いかも。

でも、HPも見にきぃ~って感じだし、ブログの広告にJ州屋が入っているし…だから残ったのかな…

Basslog20140709aそんな中、ノーマンのDD-22のサンシャインゲルコートカラーを購入してきた。

これも20年近く前のモノだ。

ヤンキールアーらしいラメラメカラーの代表格だ。

ラメの入ったカラーは、日本のカラーラインナップにはないので、結構貴重だ。

自分で塗ってもいいんだけど、ラメを使うと、いつの間にか家中にラメが散乱するし、顔に付いていたり…(笑)

なので、最近は使わないようにしている。

| | コメント (4)

2014年6月14日 (土)

ゴチャゴチャ…

ここのところ、夜は何かしている内に、いつの間にか眠りに入ってしまう…といった日々。

何もかもギリギリで生活している感じなので、モノが散乱して部屋の中がゴチャゴチャ。。。

Basslog20140614a特にテーブルの上がヒドイ。

テーブルの上はルアーが殆どなんだけどね(笑)

ルアーをいじくったりする時間もあまりなく、何か想い付き出してみたけど、そのまま放置ばかりで、モノばかり増える一方。

時間ができても、まずは片付けから始めないと、何もできないぐらいになってしまった。

今日の夜は少し時間が取れそうなので、片付けして、少しルアー弄れるかなぁ…

話は変わるけど、INA-BUZZでの釣果や、売れ行き好調の話がチラホラと入ってきており、うれしく思っております。

ありがとうございます!

増田聖哉さんの‘Bamguard’でも、再発注してくださったので、今ならまだ静岡のバンガードにはありますよ!

| | コメント (2)

2014年6月 4日 (水)

INA-BUZZ再入荷

INA-BUZZが買えないという話をちょくちょく聞くので、ネット検索してみた。

すると、大塚さんのプロショップオオツカに‘再入荷しました’と、スタブロに書いてあった。

更に、「初回入荷の際は即完売でした!」と、うれしいですね!ありがとうございます!

そんな感じで、売れ行き好調のようで、来年度に新色を追加していただけることになった。

Basslog20140604b新色を幾つか考えているのだが、考えれば考えるほど、アレモコレモ…欲しい!と、なってしまう。

絶対にゴールド系は入れて、その他はしばらくテストしたり、色々な方からの意見を聞いて決めようと思っている。

そういえば、イナバズを最もテストしてきた荒川に、先日今年初めて出てきた。

Basslog20140604a大都会を流れる河川だけあって、個体数も少ないうえ、プレッシャーも強烈な荒川。

でも、荒川で鍛えただけあり、荒川バスには今年も効いた。

アフターの個体のようで、痩せていたけど46㎝あり、控えめな出方とは裏腹に、かなり抵抗して楽しませてくれた。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧