2019年7月 3日 (水)

THクローラー

Basslog20190703a THタックルから新たな羽根モノ‘THクローラー’が登場した。

スィートフィッシュクローラー、ゾーイクローラーに続く第3弾の羽根モノ。

使った感じではこれが一番自分は使用頻度が高くなりそうだ。

自分で使っていて気付いていなかったけど、今までは羽根モノの弱点を補った使用方法を知らず知らずのうちに行っていた。

このTHクローラーが拘ったという着水音の大きさというのは仕方ないものと捉えて、それに合わせた使用方法で使っていた。

着水してからちょっと間を置いてから動かし始め、動かし方も水面に僅かに波紋が立つ程度の微動をさせたりしていたので、1キャストに時間が掛かった。

でも、これらの羽根モノは集魚力も他にはないものがあり、これらを入れなければいけないような場面もある。

そして今回登場したTHクローラーは、そんな1キャスト当たりの時間を考慮する必要がなくなった。

Basslog20190703b 判りやすく言うのであれば、バズベイトの様にショアラインを撃ち続けられる。

着水して動かし始めにすぐにバイトしてくることが多かったのと、既存の物と形状が違って、空気抵抗が受けにくいので、ほぼ真っすぐ飛ぶことから、アキュラシー性が一気に向上した。

それとウエイトは33gあるけどTVC-65M/HGやNAZ-62MLといった短めのロッドでキャスト可能なので、ショートピッチのロールキャストでショアラインをガンガン撃てる。

キャストできる回数だけ観たら、同じ時間で数倍はキャストできる。

つまり、既存の羽根モノとは全く違った攻めを展開できるので、全くの別物。

ショアラインに静かに着水した羽根モノがすぐに動き始めるというのを、マシンガンのようにショアへキャスト続けたら…

羽根モノの新たな世界が始まった。

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

NAZ-62ML

トップウォーターはただ巻きするだけのものが最近は人気もあり、アクションを加えるタイプのトップウォーターが使われる場面が減っている。

バス歴が長い人は動かしてこそトップといったイメージが強いと思う。

実際にトッパーの人はアクションを付けて使うことが多い。

トッパーの人が主に使用しているロッドは100%オールグラスマテリアルで作られたグラスロッド。

グラス独特のボヨンとした弾性がトップウォーターの動きを最大限に引き出せる。

ただピュアなグラスロッドは重いので、1日投げ続けるのはかなり大変である。

これに速引きなんかをするともなると、1日どころか10分使うのもキツイ。

そんな時に便利なのが、自分がいつもトップウォーター用で薦めている鯰人の‘NAZ-62ML’。

このロッドはグラスコンポジットなので、オールグラスのロッドよりもかなり軽くて振り抜けも良い。

Basslog20190627a それと6ft2inという短めなので、操作性は抜群に良い。

それと、VスペックのハイブリッドグラスHGシリーズと比較すると、グラスの含有率が高いので、グラスロッドに近いこともあり、トップウォーターのアクションを活せる。

同じペンシルベイトをロッド違いで使ってみれば、左右への振り幅が全然違うというのは一目瞭然。

それと、グラス含有率が多いことで、通常のキャパである5/8oz.を超えるルアーも余裕で使える。

ただ、このロッド廃番な上に、更に廃番後によくありがちな、廃番後人気急上昇。。。

ここ最近、なぜかNAZ-62MLが欲しいというコメントやメールが幾つか入っていたのは、そのような背景があったようだ。

特にトッパーに人気という話も聞いたけど、これは意外だった。

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

THE SANDEEL SURF WALKER

最近気に入っているサベージギアのルアー。

正直なところ、結構当たり外れがあるので、くじ引きの様に楽しんでいる。

Basslog20190620a そして冬の間に、これはいいだろうと思い入手したのが‘サンディールサーフウォーカー180’。

使うサイズがどんどん大型化しているペンシルベイト。

使えば使う程大きいものの優位性を感じることがあり、大きいペンシルベイトは常に探している。

今のところARASHIトップウォーカー130が一番のお気に入り。

でも、もっと大きくて凄いのがあるのでは?と、色々と試している。

そして今回のサンディールはかなり期待していた。

しかし、ソルト用のものはバス用の物とは用途が違うので、バスには向かないのは当然かもしれないけど、想像以上に期待外れであった。。。

仕方ないので、沖縄の海でGT釣るのに使おう…

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

CHOPPO 120

R2S社の大ヒット商品である‘ホッパープロッパー’。

なんとなく出し処が判ってきて、必要性も感じてきた。

Basslog20190514a そんなこともあり、バークレイのホッパープロッパーに似たようなプロップベイトである‘チョッポ’を導入してみた。

サイズは90と120があり、120を選んだ。

ホッパープロッパーはなんだかんだ言ってもオリジナルサイズの130がベストであるので、それとほぼ同じということで120にしてみた。

正直なところホッパープロッパーがあれば事足りてしまうという思いがあったので、あまり期待はしていなかった。

なので、そのまま使うこともなくコレクションとしてしまい込んでしまうことになるしまうことになることも予想していた。

一応パッケージから出してみると、ホッパープロッパーとの大きな違いに気付いた。

プロップのマテリアルが違っていた。

Basslog20190514b ということで、一度使ってみようと思い使ってみた。

やはりサウンドが違っており、これはこれでローテーション用として必要性を感じた。

金属のプロップベイトとは全く違った効果を生む新しいジャンルのプロップベイトだ。

ウエイクベイト、ノイジー、プロップベイト、バズベイトと同じく、ただ単純に水面を引いてくるだけのルアーだけど、新たな可能性を感じるベイトだね。

| | コメント (0)

2018年11月 8日 (木)

トップブレード

Basslog20181108a 昨日のゾーイクローラーと同じくギル型ボディの好きなルアーである‘トップブレード’。

これも横たわったギルの形をしたゾーイシリーズのトップウォーターであるけど、水面での効果はまた違うものとなっている。

特に今ぐらいの時期だと、水面の一言で言ってもちょっとした違いでバスの反応は大きく変わってくるので、ローテーションするのに微妙に違うものは重宝する。

スローに引いても激しくブレードが揺れるトップブレードは、ゼンマイ仕掛けのおもちゃのようによく動く。

見た目の微波動とは裏腹にボディ直下ではブレードが激しく動き、ボディにも当たり水流と音を出している。

移動距離が少なくても激しく水中ではバスを手招きしているようだ。

| | コメント (0)

2018年11月 7日 (水)

ゾーイクローラー

苦手だった羽根モノを完全に払しょくしてくれたスイートフィッシュクローラー。

そろそろ羽根モノの時期も終わりとなる頃だが、また物凄いものビッグクローラーベイトが発売された。

Basslog20181107_1 スイートフィッシュクローラーと同じTHタックルから‘ゾーイクローラー’が登場した。

人気のゾーイシリーズの羽根モノ。

ゾーイを好きな人だったら、誰もがスイクロ発売時にこれの登場を望んでいたことでしょう。

Basslog20181107_3 スイクロとボディ形状が違うので、ただ引いただけでも存在感がまた別物となっている。

動きもスローの微波動から、ファーストのクロールまでスイクロ同様に幅広いスピードレンジをカバーできる。

ボディの幅があり、羽根の先端から先端まで19㎝と、スイクロよりも2㎝幅広い。

これだけの幅がありこのギル型ボディなので、スローに引いて微波動で動いていても、しっかりと水を動かしている。

飛行姿勢もよく、大きな偏平ボディだが狙い通りにキャストが決まる。

Basslog20181107_2 ウエイトは50g弱と、スイクロとほぼ同じなので、TVC-71MH/HGで扱うとちょうどよい。

これからスイクロにするかゾイクロにするか迷うね。

| | コメント (0)

2018年10月 8日 (月)

10月=トップ

トップウォーターは夏に使うものというのが、日本では昔から言われてきた定説。

でも夏よりも良い時期がある。

それに、トップの優位性を考慮すると、夏以外の時期がトップの独壇場となることが多い。

水温が下がり始めて、大荒れの天候で水が掻き回されやすいこの時期はトップが強い。

他のルアーよりも圧倒的によく釣れることは多々ある。

Basslog20181008a 特に最近は大型の優秀なトップウォーターの登場で、この時期は更にトップウォーターが強くなってきている。

かなりスローにも釣れるので、非常に有効だ。

昔、小さいトップやバド、バズ等で時間掛けて釣っていた状況下でも最近のトップがあればイチコロだね。

| | コメント (0)

2018年9月14日 (金)

PROP FISH

ランカーハント社の‘プロップフィッシュ’を入手した。

Basslog20180914a ICAST2017のソフトベイト部門で受賞した話題作。

前回の受賞作も入手したけどまだ使っていなかったような…

これもまだキャストしてない。

Basslog20180914b テールが回転するというコンセプトは面白い。

ちょっとアピール力なんかは弱そうな感じだけど、実際のところどうなんでしょ?

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

Whopper Plopper

Basslog20180907a ホッパープロッパーの新サイズ75がデリバリーされた。

その前に登場した90よりもずんぐりしたボディで、ウエイトもありキャストしやすい。

プロップからのバイブレーションもしっかりとボディに伝わり、ボディをしっかりとバイブさせる。

Basslog20180907b ただ、この手のルアーは出し処が少ない。

リップレスクランクのストレートリトリーブするのと同様な感じだ。

広大なウイードエリアでの広い釣りみたいな場面が一番活躍するけど、そういった場面ってあまりない。。。

| | コメント (0)

2018年8月24日 (金)

50up 11st.

Basslog20180824a 今年の50アップ11本目は発売されたばかりのスイートフィッシュクローラーに来た54㎝。

このスイートフィッシュクローラーは流行りの羽根モノであり、苦手な羽根モノであったが、その苦手意識を全て払拭してくれた。

使い方がいけなかったのか、自分に合わなかったのか、クレイジークローラーに始めり、アベンタクロ―ラーまで色々と使用したけど、どれも釣れないし、何がいいのか解らなかった。

アベンタクロ―ラーはウッドタイプも試したけど、更によく分からなくなり、全く使うこともなくなった。

Basslog20180824b そんなところへ再び羽根モノを使いたくなるようなスイートフィッシュクローラーが登場した。

キャストしてすぐにこれなら釣れると確信できるほど、今までの羽根モノとは別物と即実感できるほどの動きであった。

そして16㎝、50gのビッグボディから繰り出すアピール力は凄い。

スローでも動くし、ファーストでもよく動くし、音もいい感じで、数投すれば今までの羽根モノを遥かに超えるものだと実感できる。

ただ最初はバスが出てくる出てくる…だけで、ビッグベイトが出始めた当初のように、出るけど喰わせるまでには至らなかった。

でも今までの羽根モノと違うのは、バスがたくさん出てくるので、喰わせの何かが足りないだけで、自分の何かがいけないだけだと、キャストを続ける気持ちは維持できた。

そして遂に真っ黒で太い54㎝をキャッチ。

ロッドはTVC-71MH/HGがちょうど合っており、このサイズでも正確にキャストが決まる。

そして昨日からElite at St. Lawrense R.戦が始まった。

年間上位陣のJustin Lucas、Brent Chapman、そしてBradley Royは順調に釣果を重ねている。

前試合が中止となったため、今回が最終戦となり、チャンピオンシップに出場できない選手は今回で終了となる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧