2021年6月17日 (木)

トップウォーカー

Basslog20210617a_20210616002801 ポストの時期ぐらいから活躍してくれるアラシのトップウォーカー。

ポストの時期は大型のペンシルベイトが効くこともあり、このトップウォーカーはこの時期は特に突出した威力を感じる。

この時期のバイトはトップウォーターであっても水面を割って出るようなバイトではなく、水面を割らないように水面ギリギリで反転してバイトしてくることが多い。

バスがしっかりとルアーを咥えて、顎に力が入った状態で反転してくれればフッキング率は高くなる。

でもそんなうまくいくことは少ないというのが現状だ。

大型のペンシルの代表的存在と言えば、これと近いものにヘドンのスーパースプークがある。

そんな同クラスのスーパースプークとの違いを聞けれることが多いが、スーパースプークとは色々と違う部分がある。

まずスーパースプークはアタリハズレがある。

なので、当たりルアーを探さないといけない。

この作業ががないようにするため、数社からアタリのスーパースプークを再現したものは発売されているので、それらを使うのが手っ取り早い。

それと、探すなら中古品でなく新品がよい。

察しの通りハズレは売り払うでしょ、なので中古店で買うとハズレばかり。

それよりも自分が違うと決定的に感じる部分は2つ。

1つは集魚力。

もう1つはフッキング率。

何度か記しているが、集魚力はビッグベイトに近いものがあり、ペンシルベイトの中では圧倒的に群を抜いていると思う。

トップウォーカーは断面が縦長な楕円形をしている。

この楕円形状により、ドッグウォーク時の側面からのスプラッシュも凄いが、この断面ゆえに、バスがバイトした時にボディが回りにくい。

スーパースプークだとクルンとロールしてしまいフックが逃げてしまいフッキングしないことは多い。

バドなんかにバイトしてきた時を想像すると解りやすいが、バドはバイトがあってもクルンとボディが回転して掛からないことがよくあるが、これと同じ現象がスーパースプークでも起こる。

それがこのトップウォーカーはないのが、スーパースプークとの大きな違いだと感じている。

使えばわかると思うけど、同サイズの同ジャンルではあるが別物。

| | コメント (0)

2021年6月16日 (水)

マジックチューン

プラグのカラーによくあるキラキラとしたメタリック調のカラー。

このカラーは人気があるようだが、自分にはあまり釣れないカラーとしか思えない。

メガバスのルアーにもこのカラーは多いのだが、リアルなビジュアルとは裏腹に不思議と釣れない。

Basslog20210616-2 ルアーを整理していたらそんなカラーのジャイアントドッグXが出てきた。

ジャイアントドッグXはかなりの率で使用しているペンシルベイトの1つ。

このルアーで圧倒的に釣れると思うのが、何度も話題に出している2000年頃にあったゴーストアユ。

しかし、このカラー以外は全くの別物と思ってしまうほど反応が悪い。

トップウォーターなので、視覚でしっかりと違いが確認できるから間違えない。

このキラキラとしたカラーをなくせばよいのでは?と思った。

Basslog20210616-1 ということで、マジックで真っ黒に塗り潰してみた。

マジックでちょっと色足したり、色に変化付けるだけで、バスの反応が劇的に変わることがある。

そんな体験をするとマジックだけにマジックのように感じてしまう。

この真っ黒が効くかはまだ判らないけど…

| | コメント (0)

2021年3月31日 (水)

トップウォーター

ここのところ水温も一気に上昇し始め、平野部では10℃を超えており、そろそろスポーニングも近くなってきている。

スポーニングが近づくと同じ頃にトップウォーターの釣りもよくなる。

Basslog20210331a トップウォーターは一年中釣れるけど、水温が10℃を超えると一気に釣果は増える。

近年はバスの絶対数は減っているが、バスの大型が進んでいるからか、低水温期でもトップに出ることが多くなった。

昨年も今年も3月初旬にはトップでキャッチしている。

トッパーの人達なんかは1月2月でも普通にトップでキャッチしている。

トッパーの人にとっては冬はむしろ本気喰いを味わえる良い時期という人もいる程だ。

そういえば長尾もそんなことを言っていたことを思い出す。

冬はハイシーズンに夜型のバスも日中に喰ってくるので、ハイシーズンには味わえないエキサイティング釣りができると言っていた。

でも1日投げ続けて1バイトあるかないか…

自分は冬に1日中トップは投げ続けられないなぁ。。。

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

Giant DOG-X

【Top Water】

LOYに戻り、今日はトップウォーター。

今年はトップウォーターで釣った数が少ないので、該当はほぼなし。

Basslog20201214a 唯一今年活躍してくれたと思えるのはジャイアントドッグXということで、今年唯一のLOYトップはジャイアントドッグX。

鯰人62MLでGドッグXを操作すると、GドッグXが非常に生き生きと泳ぎまわる。

カラーはいつものアユカラー。

これが圧倒的に釣れるので、今はこのカラー以外は持っていくこともなくなった。

発売開始からかなり長い時間経過しているが、未だによく釣れるし、他の代用が効かない。

来年は同サイズ同ジャンルのジャスティーンも取り入れてみたい。

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

ROVER128

ここ数年使用頻度が非常に多くなった大型のペンシルベイト。

トップウォーカー13に始まり、13㎝くらいのペンシルベイトが最近のお気に入りサイズだ。

Basslog20200511a-1 R2S社からもそんなサイズのペンシル‘ローバー128’が出ており、取り入れてみた。

ベリーのフックハンガーは横向きで、トップウォーカー同様にローテ―テッド仕様となっている。

このサイズになると推進力も大きいので、ハンガーで動きの幅がどのくらい変わるのか判らないが、わざわざ横向きにするほどなので、横方向への振り幅やターンする角度は広がるのだろう。

Basslog20200511a-3 フックはダイイチ製のフックが標準で装着されている。

ベリー部の2本のフックは前後でサイズが違っているのは、ラインの絡まりを考慮してフロントを落としているのか、ヘッドの動きや浮き姿勢を考えてサイズを変えているのか?

そしてリアフックはフェザー付が装着されている。

つまり、3本のフックは全て違うフックがそうちゃくされている。

そしてリアのフックハンガーは縦仕様となっている。

Basslog20200511a-2 マウス部は軽くカップが施されている。

このサイズのペンシルベイトだと、カップがないトップウォーカーなんかでも、ヘッドの側面だけでポッパー以上のスプラッシュを発するので、もはやカップはあってもなくてもそんなに大差ない気がするけど、どうなのだろう?

メインウエイトはリアに1発のタングステンボールとなっている。

このくらいのサイズになるとタングステンボールが更にいい音を奏でてくれるので、結構いい感じの大きな音を発しそうだ。

所々に見受けられる拘りがいい感じなので期待したい。

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

3 Pack

セットにして少しお買い得な価格設定にして販売するという手法は色々なもので使われている。

このようなセット販売は消耗品では特に多い。

今品薄状態が続いているマスクやトイレットペーパー等はセット販売が当たり前となっている。

アメリカではルアーのセット販売もたまにある。

Basslog20200402a 最近ではへドンからスーパースプークJr.の3本セットが登場した。

このようなパックは通常のものとはパッケージも違うので、コレクション用としてもストックしたりしている。

ふと思ったのは、アメリカはルアーも消耗品感覚が強いのかな…

ちょっと寂しい気もする。

でも自分自身も、数年に1度くらいのペースでしか行かないトラウトのルアーなんかは、行く前に急遽買い集めてはそのまま廃棄してしまうことも多い。

常に携わっていないと、その時だけ使う使い捨てのものとなってしまう。

そんな感覚でバスを釣っている人もアメリカにはたくさんいるのだろう。

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

そろそろトップ

時期的にそろそろトップウォーターがよくなる季節だ。

この時期のトップウォーターはスローに引けてアピール力が強いものが良いことが多い。

比較的トップウォーターといえば条件反射で喰わす事を意識して釣っていることが多いが、この時期は威嚇を意識して喰わすことが多い。

この時期も条件反射で喰わすことは可能だが、他に幾つか条件が重なる必要なある。

Basslog20200325a スローに引けてアピール力が強いということで、バドなんかは非常にこの時期は活躍する。

威嚇を意識して使う際は長い距離を引くことが多い。

普段はキャスト回数を多くすることも心掛けているけど、この時期は長い距離でじっくりと見せることを意識している。

解りやすく言うのであれば、バスがバイトしてくる位置が、この時期はショアから離れていても喰ってくることがよくあるということ。

既にどこのフィールドも水温は10度を超えているので、トップに普通に出る時期だね。

| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

DEBUSSY

昨日のホバリンゾーイのABプロップ仕様はただ巻きでも使用していた。

でも来年からはただ巻きでの使用のためにホバリンゾーイを結ぶことはないだろう。

というのは、ただ巻き用にもっと良いものが登場したからだ。

Basslog20191228a 同じくTHタックルから登場した‘ドビュッシー’はただ巻きに特化したプラグである。

フロントはイナバズ同様にペラ同士が干渉する設定となっていて、リアはPHカスタムルアー社のウエスリープロッピンと同じペラが装備されている。

それでいて発泡ウレタンの浮力を生かしボディはコンパクトに仕上げている。

イナバズ仕様のペラをプラグに装着するとなると結構な浮力が必要である。

更にリアのペラもウエスリープロッピンはバルサ製ゆえに装着できる重いペラである。

前後でそれぞれのサウンドを発し、更にフロントからは金属音、リアからはバイブレーションが加えられる。

超スローでも引けることから、瞬時にこれが効く場面が思い浮かんだのがポストの時期。

プリの時期はバズにも出ていたのに、スポーニング後は出なくなるけど、ペンシルベイトには出るといったポスト期。

超スローに引けるバズならポスト期でもバズで釣るのは可能である。

でもこれにはバズ自体もちょっと特殊な仕様にして、更に扱うのもちょっと難しい。

そんな状況下でもドビュッシーなら止められるので、間違いなく効果的だろう。

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

Wプロップ

Basslog20191227a 先日も話題に出したAプロップ、Bプロップの2枚重ね仕様にしたダブルプロップ。

これが昨日のイナバズの2枚ペラの原点になっている。

とにかくこの金属同士が奏でる音は、効果的なものはとことん効果がある。

AプロップとBプロップの接触音は、通常の水を掻き回すスイッシュ音に、細かいシャリシャリといった感じの心地の良い音が出る。

これは高回転がゆえに出せる細かい音色である。

これもよいし、強めにジャークした時のジュリっといった音は、これもまた他にはない良い音だ。

この音がバスを寄せる効果は絶大で、これを使うようになってから何もない沖にキャストするようにもなったほどだ。

これを効果的に出せるのはAプロップのリアを2枚にしたもの。

Basslog20191227b それを更に効果が出るようにできたのが、ホバリンゾーイのペラをABプロップ仕様にしたものだ。

ホバリンゾーイはチョンとアクション付けるとボディが平打つので、スイッシュ音プラス平打ちの存在感が出る。

これにこのABプロップの2枚重ねは、狭いスポットでもペタンと平打ち、ジュリっと金属音交じりのスイッシュ音が出せる。

これの効果の証として、今までこれでキャッチしたバスは全て着水後のワンアクションで喰ってきている。

その間の移動距離は10㎝ぐらい。

ただ巻きでの使用もよいけど、この狭地での集魚効果はこのホバリンゾーイABプロップ仕様が圧倒的にある。

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

TH-CRAWLER

【Noisy】

Basslog20191225a ノイジー系のルアーはTHクローラーに決定。

ここ数年で色々なものが登場した大型のクローラーベイト。

THタックルから昨年登場したスイートフィッシュクローラーで、このジャンルはこれがほぼ完成形なのではないかと思った。

スイートフィッシュやゾーイクローラーは非常に優秀で、これらも必要不可欠な存在だ。

そんなこともありこのTHクローラーが出た当初は???といった感じがあった。

でも使ってみてびっくり。

これが出てから今年はこればかり使っていた。

この大型のサイズにしては、ウエイトが軽めの33gという絶妙な重さが、立上りの早さとソフトプレゼンテーションを可能にし、クローラーベイトの新たな使い道を切り開いてくれた。

このウエイトのTHクローラーは、バズベイト同様にガンガンショアラインを撃っていける。

クローラーベイトもバズベイトの様に、着水してからバスがバイトするまでの時間は数秒以内に起こるのが9割ぐらいとなった。

つまりキャスト数が増えればバイト数も比例して増える。

なので、キャスト回数が増やせるというのは大きなメリットとなる。

今までのクローラーベイトは1ヵ所を丁寧にじっくり探る感じだったのが、THクローラーはバズベイトの様にテンポよく探れる。

これでかなりのキャスト回数を増やせた。

バズよりもちょっとリトリーブスピードは遅いけど、ほぼバズと変わらないペースで使っている。

自分がバズベイトを使用するときのテンポを知っている人は想像してみてほしい、あのテンポでクローラーベイトをショアに撃ち込めたら…

一般的な人がバズベイトを1キャストする間におおよそ2~3倍、つまり2~3キャスト自分はキャストしている。

同様に一般的なクローラーベイトの1キャストに掛かる時間から、このTHクローラーをテンポよくキャストする回数で換算すると、おおよそ5~6倍キャストできている。

バスが喰ってくる位置、バスが喰ってくるアクション、バスが喰ってくるタイミングが掴めれば、通常のクローラーベイトよりも5~6倍は喰ってくる確率が上がる。

今年使ってみて体感的なか感覚としては、10倍ぐらいバイト率は向上している感じだ。

いつも自分がバズベイトを使う際に言っていることができるようになれば、バズベイトでのキャッチ率は10倍になると言っているのと同じである。

まだ体感していない人は是非TVC-65M/HGかNAZ-62MLを用いて、バズベイトの様にガンガンキャストして体感して欲しい。

リトリーブスピードはバズベイトよりもスローであったり微波動させたりと、状況に合わせてその日のベストなアクションを早く見極めることが重要。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧