2018年11月21日 (水)

2018KOMORIカップ・本番

本番は下流域から中流域をメインエリアとした。

朝一に最も狙っていた場所へ向かうと、先行者がおり入れず、近くの場所から入った。

すると、最初に狙っていた場所に入っていた人が釣っているし…

そのまま釣りをしていると、足元の水深7mラインにフィーディングしているような映像が映ったので、レッグワームを落とすとすぐに喰ってきた。

久し振りに2.5lbという極細ラインであったのでちょっとドキドキ感があったけど、新しくしたリールのドラグの具合が良く難なくキャッチできた。

600gぐらいであったので、そんなに悪くはなかった。

Basslog20181121a 今回用意したタックルはTVC-65M/HGTVC-70Hが各2本で、これがメインタックルで、それにビッグベイト用にTVC-71MH/HG、それと1本だけソリッドティップのスピニングを用意してレッグワームのDSを結んでおいた。

そんな予備のような1本のスピニングが活躍してくれた。

その後は色々とウロチョロしながら釣り続けたが、バイトはあるけど、フッキングしても重みも掛からなかった。

喰いが浅いのかと思い、少し送り込んだらそのまま放されるし…

最後はまだあまりバスは入っている感じがしなかった開けた場所で、広範囲をテンポよく探ってみた。

しかし、バイトはないままであったので、最後帰着間際にレッグワームを入れて1本追加して終了。

結局最初と最後にレッグワームで釣った2本のみ。。。

出場していた選手達や亀山をホームにしている方々から、今回物凄く聞かれたのが「クランクで釣ったんですか?」

今まで1位、3位、5位となった時は全てクランクで釣っているので、いつの間にか亀山ではそんなイメージになっていたようだ。

それを意識していたわけではないが自分自身もクランクの状況ではなかったにも関わらず、クランクで無理に釣ろうとしていた。

来年こそは…と、昨年も思っていたような気もするけど、今度こそ来年こそは…

| | コメント (0)

2018年11月20日 (火)

小森カップ・プラクティス

先週のプラクティスでは、未だ水温が18度もあったので、サーフェスで食わそうと思い、きっかけを探し彼方此方彷徨った。

イナバズとスイクロを中心に色々と廻ってみたが、ノーバイト。

テキサスやライトリグも入れてみたが1回バイトがあったのみであった。

大半の時間をサーフェスに費やしたが、サーフェスは完全に無反応であった。

クランクを入れ、まずはレンジを見極めようと思い色々と探ったが、ノーバイトであった。

残るはカバーしかないなぁ…と思い、カバーを少しやってみた。

Basslog20181120a_2 ワーム類を色々入れても反応がなかったので、クランクをカバーに絡めてみるとバイトがあった。

ただ、これで勝てるような状況ではないとは感じていた。

まず釣りづらく、時間が掛かる釣りであり、根掛かりも多いので、外す時間も掛かる。

バスのサイズも時間が掛かる割には、やや良いぐらいのサイズで、勝てるようなサイズではなかった。

結局プラクティスからは次の一手が見付からないまま終了となった。

そしていろいろ考えた結果、今回はクランクと1oz.テキサスの2本柱をメインで本番は攻めることにした。

| | コメント (0)

2018年11月19日 (月)

小森カップ2018

小森カップは2本で1,050g21位で終了。。。

Basslog20181119a Basslog20181119b 優勝は58㎝3,400gを含む4,400g強と、物凄いジャイアントなバスが出た。

全体的には厳しい状況下ではあったけど、まあまあ釣れていた。

やはり亀山一権威のあるトーナメントと言われるだけあって、なかなか全体的なレベルは高い。

もうちょっと時間を掛けてじっくりとプラクティスしないと勝てないね。

前回の優勝が2008年なので、既に10年経過。

来年こそはしっかりプラクティスして勝ちに行ってみる。

| | コメント (0)

2018年10月29日 (月)

オールスター2018

オールスターのプラクティス中、とある水路に入った。

その日の天気予報は晴れで、ぽかぽか陽気の秋晴れになるとのことであった。

しかし、朝から寒いし、ボートでしばらく走ったりで、寒さは増すばかりであった。

そして水路で釣りを開始すると雨が降り出した。

雨の予報なんて全くなかったのだが、どんどん雨脚は強まり本降りとなった。

普通なら嫌になってしまいそうだが、自分も小森もこんな変な状況はむしろ好むのでお互いに笑っていた。

そして空を見上げると、なんと面白いことに水路に沿ってそこだけ雨雲が掛かっていた。

珍しい光景なので、写真を撮ろうと思い空を携帯で撮った。

撮影して携帯を降ろすと、そこにはバスとやり取りしている小森の姿があった。

Basslog20181029a もしかしてと思い、空を撮った写真を観てみると、フッキングした瞬間の小森の姿が写っていた。

レアなことが続いたこの瞬間に今回は勝つな…と、そんな予感がした。

そしてその後のプラクティスでは、今まで全くダメだったという利根川中心にプラクティスを行い、いい感じでプラクティスは進んだ。

そしてその後は霞水系全域を見て廻った結果、その日のプラでの釣りをメインに戦い勝ったそうだ。

利根川の状況が悪くなければ、確実に上位には付けられる。

利根川の状況が悪くて、霞、北浦が良ければ、それも確実に上位に付けられる。

状況を解って試合中の動きを観ていると、半分ぐらいの選手の動向は…???といった感じであった。

他の選手はかなりの練習量にプラス運がなければ、単発でたまに勝つぐらいしか彼には勝てないだろう。

来年も間違えなく優勝に絡むね。

| | コメント (0)

2018年10月28日 (日)

Basser All Star Classic

バサーオールスタークラシックは小森が優勝ということで、横浜から急遽会場へ駆け付けた。

会場に到着したのは16時過ぎということで、既に大会は終わっていたけど、なんとか明るいうちには到着した。

そして小森からの第一声は「プラの時のままでしたよ!」

Basslog20181028c 彼のあんな嬉しそうな表情を観るのは久し振りであった。

プラクティスで状況を観た感じからして、今回は利根川戦になる予想は付いていた。

今大会の結果だけを客観的に観ていたら利根川は結構釣れているように感じるだろう。

でも実際のエリア規模と出場選手の数、そしてそれ以外の利根川に浮かんでいるアングラーが殆どいないことを加味して考えると、非常にバスの数は薄いフィールドだ。

こんなフィールドであったら、普通では判らないような細かい場所を知っているロコが有利となる。

利根川バスクラブという利根川だけで試合をしている選手も出場していたようだが、それでも勝てないような状況下であったということだ。

その辺の状況やトーナメントという舞台での駆け引き等、うまく紙面で伝えられるかな?

| | コメント (0)

2018年10月20日 (土)

2018 Basser All Star Classic

今年のオールスタークラシックは来週27日28日に開催されるそうだ。

もうそんな時期なんだなぁ…

ということで、今日は小森のプラクティスに付き合うということで、久し振りに霞水系での釣り。

昨年のプラでは利根川でシーバスがボコボコに釣れたことは鮮明に覚えている。

Basslog20181020a でも写真を観て振り返ってみると、バスも結構釣っていた。

1度でもフィールドに出て今現在の状況を感じると、本番を観ていても面白さが倍増すると思う。

毎年同時期に同じフィールドで開催されているけど、毎年状況は全く違っている。

今年はどんな状況なんだろう…

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

Elite

今年のエリートシリーズ参加人数は110名。

その中で来年からBPTに参加を表明したのは68名。

半分以上の選手が移動してしまう。

それにAOY、クラシック覇者や本年度の上位陣はほぼ全ての選手が移動してしまうので、今年は足切りもないだろう。

移動してしまう選手は有名どころばかりだし、報道も多くされているので、あえて移動しない42名を、今年の順位順に…

18 Seth Feider 20 Chris Zaldain 27 Jake Whitaker 28 Clifford Pirch 33 Micah Frazier 40 Bill Lowen 43 Keith Combs 44 Chad Pipkens 45 Scott Rook 51 Brandon Lester 54 Drew Benton 55 Ray Hanselman Jr 58 Paul Mueller 59 Brian Snowden 60 Steve Kennedy 61 Stetson Blaylock 65 Caleb Sumrall 67 David Mullins 68 John Crews Jr 69 Matt Herren 70 Skylar Hamilton 73 Brock Mosley 74 Mark Menendez 82 Kelley Jaye 83 Hunter Shryock 84 Hank Cherry Jr 85 Randy Sullivan 87 Chris Groh 88 Robbie Latuso 89 Brandon Card 90 Tyler Carriere 91 Jason Williamson 92 Darrell Ocamica 93 Jamie Hartman 94 Rick Morris 95 Kyle Monti 97 David Fritts 100 Rick Clunn 103 Morizo Shimizu 106 Bill Weidler 107 Cliff Prince 108 Bernie Schultz

残った選手を観てもエリートの層の厚さを感じさせる選手がまだたくさんいる。

Basslog20181014a_2 Keith Combs、Paul Mueller、Steve Kennedy、Brandon Lester、Jamie Hartman、Mark Menendez、Chris Zaldain、Bill Lowen、John Crews…

とまだまだ役者は揃っている。

Jason Williamson、Brandon Card、Keith Combsこの3選手には面白い展開を特に期待している。

BPT参加選手

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

MLF BPT

来年より始まるBPT。

来年実際に始まるまで現実として受け止められないような気分であったが、色々と現実味を帯びてきた。

Basslog20181012a いよいよ80名の選手が決まった。

ほぼ判っていたことだが、エリートからはかなりの選手が移動することになった。

近年のAOY獲得選手、クラシック覇者の選手は全て移動。

Bryan Thrift、Jone Coxなんかが入っていないのは意外な感じ。

これはこれで誰もが勝ちに絡んできそうな選手ばかりなので、面白そうだ。

一方、エリートはどうなってしまうのだろうか…といった感じはあるけど、バストーナメントとして試合を観るのであれば今まで通り面白いだろう。

王、長嶋がいなくても巨人は巨人みたいに、B.A.S.S.は歴史があるのでバスマスタークラシックの偉大さは変わらないだろう。

それにエリートの参加資格枠が下位まで広がるので、日本選手でもエリートに出やすくなるという恩恵も得られる。

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

2018 Championship

Basslog20180924d 2018 TOYOTA AOY ChampionshipはJames Elamが1位をキープし制した。

毎年のことながら、チャンピオンシップのウイナーは影が薄くなってしまうね。。。

Basslog20180924aBasslog20180924b_2 そしてAOYはJustin Lucasがエリート5年目にして遂にトップに立った。

兄弟がメチャ似ているね。

どちらかというと無難な成績でボチボチのところにいつも付けていたJustin Lucasだが、一昨年のポトマックリバー戦の優勝からは、かなり低迷していた。

昨年のエリート戦の成績は特に酷かった。

今年はケンタッキーで外したくらいで、またボチボチのところでクリアしてきて、後半戦は上位で全てクリアした。

チャンピオンシップの吠え方を観ていると、かなり精神的なプレッシャーはあったはず。

昨年のBP同様にこれからの時代のスター選手となるだろう。

Justin Lucas来年はBPTに行ってしまうしまうのかな…?

Basslog20180924c_2ROY はJake WhitakerがBradley Royに今回のチャンピオンシップは負けたものの、年間順位は1位をキープした。

| | コメント (0)

2018年9月23日 (日)

JB桧原湖Series最終戦

日本のトーナメントも終盤を迎えている。

アメリカと比較にならないくらい規模は小さいけど、トーナメントの楽しさは味わえると思う。

ただ今年のJBは不正等の噂が絶えなかった年に感じるのは残念だ。。。

ウエイン時にバスを地面に落とす選手の数も年々増加傾向にある気がする。

バスよりお金が好きな選手が多くなってきたということなんだろうね・・・

本日は我々が運営しているJB桧原湖Series最終戦‘IMAKATSU’カップが開催された。

Basslog20180923a 今大会はJBプロとして30年以上続けているSHINGO選手が制した。

現在の桧原湖はかなり厳しい状況下にある。

桧原湖に釣りに行かれる人の参考になるよう、表彰台の動画は早めにアップします。

とりあえず優勝のSHINGOさんのみアップ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧