2022年10月30日 (日)

オールスタークラシック

昨日の昼間にいきなりぎっくり腰になってしまい、今日は動けず一日中自宅にいた。

オールスターの中継がちょうどやっていたので、一日中観ていられた。

Basslog20221030a そしてBasser All Star Classic2022は清水盛三選手が初優勝。

盛三選手は現役トーナメンターとしては引退してしまっているけど、さすがアメリカ仕込みの無駄のない動きは健在であった。

オーソドックスで無駄のない釣りのスタイルは素晴らしかった。

とにかくキャストの回数が多くなるように、無駄な部分を少しでも排除しようとしているのがよく解る臨場感がよかった。

ロッドの捌き方、ロッドの角度、ロッドの高さ、巻き方、キャストする角度等々、一連の動きが全て洗練されていた。

試合中だからこそこれらの動きを観ることができたのだろう。

そんなアメリカのツアープロのようなスタイルの釣りの展開が好きなので、観ていて楽しかった。

それと、フラットサイドのクランクベイトをメインに使っていたけど、フラットサイドというと春のイメージが強いルアーだが、実は秋にも強いルアーである。

ジェイコブなんかも秋の方がよっぽどフラットサイドを多用している。

そんな感じで基本もしっかりとできていて、色々なものを熟知しているんだろうと感じた。

そのようなことを知らなくても現在のトーナメントでは勝つことも可能ではあるけど、そのようなベーシックなところにバスの面白さの大半があると思うので、そのようなベーシックなものをしっかりと伝えていって欲しい。

そして真のスターである今江さんと沢村さん2人のJBレジェンドの釣りも、それぞれの個性が出ていてよかった。

ちょっと引退が噂されている沢村さんであるが、先日利根川でお会いした際は「バスというより試合が好きなんだよなぁ…」と言っていた。

是非またTOP50に戻って今江さんと優勝争いをして欲しいね。

あと、今回の試合ではワイルドカードという予選から勝ち上がった江尻悠真が3位と大健闘であった。

若手というと藤田京弥の圧倒的な強さで他の選手の存在が薄れてしまっているけど、江尻悠真、梶原智寛、吉川永遠の3人は結構な逸材だと感じる。

20代が頑張っているのが目立っているけど、個人的には客観的に観て頑張っていると思う次世代の黒田、武田、佐々といった選手達もこの舞台に上がれるように頑張って欲しい。

試合中継に関しては、年に1度のイベントなのだから、全選手にライブカメラを載せた方がいいと思った。

例えばトーナメンターなら、V4の小森がどんな展開をしているのか非常に気になると思う。

ちょっと4人だけは少ない。

それと利根川ってタイダルリバーなので、干満や水門の開閉といったバスの動きに影響する情報は提示して、基本的なタイダルリバーに関する情報提供はしてもよかったような気がする。

| | コメント (0)

2022年10月29日 (土)

Basser All Star Classic 2022

今日明日の2日間、毎年恒例のバサーオールスタークラシック2022が開催される。

舞台はいつも通り利根川含めた霞ヶ浦水系全域という広大なエリアで争われる。

Basslog20221029a 今年も小森のプラクティスに1日だけ同行してきた。

行った日は北風強いし寒いしで、色々な意味でかなり厳しい一日であった。

1日のプラクティスでは到底全域など観ることはできないので、色々と現在の状況も踏まえて色々と聞いてみた。

オールスター戦はほぼ上位に位置している小森なので、彼の釣りは常に正解に近い釣りを展開できている。

毎年のプラクティス時に聞いている話を踏まえると、その年毎の状況はほぼ読めている。

試合後に話していても、あの時にあそこ行ってあれやっていれば勝ってたね…って感じで、勝ちが常に視野に入っている。

今年も状況の読みは間違えないと思う。

あとはどのような試合を展開するのかだけではあるけど、ちょっとでもミスればゼロも普通に起こりうる状況である。

JB霞ヶ浦の結果を観ていても解るように、元々バスの数が非常に少ない上に、この広大な競技エリアでの試合は切り返しが効かないことも多々あるので怖い。

昨年のクラシックも厳しかったが、今言えるのは昨年以上に厳しい状況であるということ。

つまり史上最高の厳しいオールスタークラシックとなるだろう。

今年はいつもと違うのはデジタルウエインになるという点だ。

観戦するには天気が良さそうなのは何よりだ。

| | コメント (0)

2022年10月16日 (日)

V4

Basslog20221016 JBトップ50シリーズは小森嗣彦が10年振りに年間優勝を取った。

今年取れれば10年振りと聞いたとき、そんなに経つ?と思った。

その間に2位が2回あったりと、何かと惜しい位置で終わったりもしていたけど、ようやく前人未踏4回目の年間一位を取ることができた。

今年の国内トーナメントも残り僅かとなった。

でもここから小森はJBバスプロ選手権、Basserオールスタークラシック、JBジャパンスーパーバスクラシックと今回の最終戦と合わせて4連荘で連続で試合が続く。

ということで夜中に移動して明日からプラクティス開始だそうだ。

| | コメント (0)

2022年10月15日 (土)

JB Top50 年間暫定順位

TOP50最終戦がまかつカップの2日目が終わった。

朝アップした年間暫定順位はやはり必要としている人が多かったようなので、予選結果を加味したものを作ってみた。

ポイントと重量ポイントでの成績からポイントを割り振って合計したものです。

例えば予選1位は藤田京弥だが、トータルウエイトで優っている梶原智寛が首位となる。

年間順位暫定1位の小森嗣彦も実際には1つ上の順位となる。

ちょっと解かりにくいけど、最終的にはウエイトの多い順となるので一目瞭然となる。

年間暫定順位(2日目まで)

年間順位は小森が首位に戻り、V4に王手といったところだ。

いよいよ明日で全てが決まる。

| | コメント (0)

TOP50がまかつカップ初日

TOP50第5戦がまかつカップ初日の結果→がまかつカップ1日目

上位3名はラージマウスを主に物凄いウエイトが出た。

この辺はある程度通っている人なら予想はしていただろうけど、3名も出るとまでは…といった感じだろう。

Basslog20221015aそして5キロ強がトップウエイトだろうと思っていたが、梶原智寛は6,560gというビッグウエイトを叩き出した。

このウエイトは明らかにJB戦での桧原湖レコードである。

桧原湖でプライベートで釣りしてもこのウエイトを出したことある人ってほぼいないだろうという、桧原湖にしては強烈なウエイトだ

この数字を予測できた人っていないだろう。

桧原湖では5キロを釣るのも難しいけど、4キロはちょっと慣れている人なら一般アングラーでも出せる。

ただ、これがトーナメントという状況下で釣るのは非常に難しくなる。

トーナメントが行われている湖で、トーナメントに参加して釣ってくるのと参加しないで釣るのでは全くの別物である。

試合で釣るというのは物凄い色々な重圧と闘わなければいけないので、この土俵での6,560gというの驚異的だ。

TOPフィフティ戦は1日目2日目は競技時間が長いので、比較的リミットまでは釣ることはできる。

ただ2日目になると人為的プレッシャーがかなり加わるのと、3日目になると競技時間が極端に短くなるので、日増しに釣るのは難しくなる。

30㎝程度のキーパーサイズギリギリのバスって、普段釣っていても「小さい」としか感じないけど、いざトーナメントとなると貴重な1本となる。

こんなサイズたいしたことないじゃん…って観ている人からは思われるかもしれないが、トーナメンターはこんな小さいサイズでも重要となることがあるので、このサイズを釣って手が震えたりする程だ。

トーナメンターはなかなか限られた時間内で冒険することもできないので、客観的な立場から想像するよりも相当なプレッシャーが掛かっている。

厳しくはなるけど2日目も初日のような素晴らしい結果に期待したい。

そして年間順位は初日の結果を加味すると吉川永遠がトップに躍り出た。

初日の結果を加味した年間の暫定順位→年間暫定順位

エリートシリーズでは試合1日毎に年間順位に反映されたものがアップされるけど、日本にはそのようなものがないので作ってみた。

年間上位陣は意外と外している感じの初日だった。

初日の結果は圧倒的に若い世代が上位を占めていた。

2日目結果 予選結果 ←本日16時頃には結果が出る。

| | コメント (0)

2022年10月14日 (金)

JB TOP50

本日より3日間JBトップフィフティシリーズの最終戦がまかつカップが桧原湖で開催される。

この時期の桧原湖は急ピッチで秋になり冬に向かっている最中で、他の湖よりも色々な変動が激しい。

例年よりも少し遅めの開催ということで、いつもとはちょっと違う展開が期待できそうだ。

Basslog20221014-2 更に今年は例年と違っているのは8月の上旬に降った大雨の影響が未だに残っているところ。

まだ北側の早稲沢エリアを中心に濁りが残っている。

茶色っぽい濁りに少し白濁した感じも加わっているような水となっている。

9月から減水も進んでおり、平水よりも3m近く水位は下がっている。

Basslog20221014-1 これによりシャローに大雨の時に堆積した泥が露出しており、早稲沢の浜はドロドロの状態で、更に風で波気があるとショアライン沿いに濁りがまた発生する。

そんなこともあり北側のエリアは濁りが断続的に続いている。

これによりバスは比較的例年よりも浅いレンジに残っているバスも多い感じがする。

でもこの濁りで、いつもは目で確認できるシャローも、北部では水深30㎝ぐらいまでしか確認できない。

更に釣果も色々と聞いていると、釣れる場所、水深、釣り方も統一性がなくバラバラで、何がマジョリティなのかも判断がつかない。

間違えなく言えるのは普段よりは明らかに数は釣れない。

それとシャローとディープで比較すると、ディープの方が若干再現性の確率は高そうだ。

ただサイズはシャローの方がデカいサイズは多いので、この辺だけは例年通りかな。

例年通りだとこの時期はシャローとディープのどちらかに分かれるのだが、ミドルレンジや沖の表層、中層等も可能性があるのが今年だ。

釣り方も定番のシシィベイトからビッグベイトとサイズもまちまちだし、ソフトベイトだけでなくクランク、スピナーベイト、ジャークベイト、ジグ、スプーンといったものまで釣れているルアーも幅が広い。

どんな釣りを展開した人が上位へ来るのか予想もつかない。

現在フィフティの年間1位は小森嗣彦。

他の選手よりもここでの経験値は多いので圧倒的有利だとは思うけど、今年のような状況は彼でも初めての体験である。

2位にはマスターズで年間2位になった江尻悠真が12ポイント差で追ってきている。

彼も昨年まではJB桧原湖シリーズにもエントリーしていたので、ある程度は桧原湖に慣れており、それに今年はフィフティ初年度で優勝しているし、オールスタークラシックの出場権も獲得しているという好調振りだ。

好調といえば黒田健史も今年は好調で彼も優勝しているし、勢いもあり17ポイント差で迫ってきている。

5位には映像だけでしか観たことないけど、かなりセンスの良さを感じる吉川永遠。

そしてその後ろにはマスターズ2連勝の青木唯、その後ろからはベテランの域に入ってきた福島健、小林知寛、武田栄喜。

そしてその後ろには藤田京弥と、外すことのなさそうな顔ぶれが並んでいる。

結果はどうなるのでしょう?→初日結果

| | コメント (0)

2022年10月 9日 (日)

JB霞ヶ浦

昨日今日はJBⅡ霞ヶ浦シリーズとJB霞ヶ浦シリーズの最終戦が開催された。

前日までは雨天で最高気温が12℃と、この時期としてはかなりの冷え込みとなり、当日も朝は寒いくらいであった。

試合当日は日中は20℃台にまで気温は上昇し、この時期の平年並みの気温となった。

暖かくなったものの釣りをするにはphと気圧の上昇でかなり厳しい状況が予想された。

土曜日のJBⅡ霞ヶ浦シリーズ‘カハラジャパン’カップはノーフィッシュが5割越えと、やはりかなり厳しい結果となった。

Basslog20221009-1 優勝は昨年から霞ヶ浦シリーズでは圧倒的な強さを誇っている磯山康が唯一のリミットメイクで圧勝。

表彰式でのコメントの内容もしっかりしており、勝つべき人が勝ったといった感じがした。

この日は磯山選手以外は1本ウエインと、複数匹ウエインした選手は他にいなかった。

年間争いは僅差の争いとなりトータルウエイトで勝った安田由樹が制した。

そして日曜日に開催されたJB霞ヶ浦シリーズ‘G-Nius Project’カップは、更に厳しい結果が予想された。

結果はウエイン率が2割程度と予想通り厳しい結果となったが、リミットメイクが2名出て、優勝は3,802gというハイウエイで郡司潤が制した。

Basslog20221009-2 JBⅡ霞ヶ浦シリーズは現在日本のプロ戦としては最多の100名以上の参加者があり、この中から勝てるのは1名のみなので、勝つのは日本で一番難しいことと言えるだろう。

それゆえに勝てた時の喜びは大きい。

そしてその日本で最多シリーズの年間争いを制したのは内野智。

競技者の多さだけでなくこの水系で上位にコンスタントに入るというのはかなり難しいことである。

そんな霞ヶ浦で唯一長年コンスタントに上位に入っている内野智が今年度の霞ヶ浦シリーズを制した。

それと今回、選手ではないが大会の裏方側で殊勲賞を与えたいのがGoGoNBCの動画を撮影している喜納君。

彼は毎試合選手のボートに同船して、カメラで選手を動画撮影して、それを自ら編集してGoGoNBCにアップしている。

今回はJBⅡ霞ヶ浦シリーズが1位、JB霞ヶ浦シリーズは2位の選手に同船していた。

この撮影する選手の選定は釣り経験もない彼の判断で毎回行っており、もちろん勝ちそうな選手を選んでいる。

それで今回は1位2位の選手をずばり選んだのだから素晴らしい。

ということで、今回選んだ選手が1位2位となったので、この選手達の映像は編集が終わり次第GoGoNBCで観ることができる。

| | コメント (0)

2022年10月 3日 (月)

フックの角度

先日のイナバズ仕様に関して何人かの人から質問をもらった。

その全てがフックの角度調整がよく分からないというものであった。

Basslog20221003-1 以前にも記したと思うが、バズベイトのフックベクトルはアイの方向へ向いていないと掛かりが悪い。

近距離だとあまり感じないかもしれないが、ロングディスタンスだと掛かりが悪かったりバラシたりと、フックの角度は重要となる。

Basslog20221003-2 02ビートは既存の形状が開き気味なので、ロングディスタンスだと掛からなかったりバラシたりしやすい。

これを少し内側へフックベクトルの方向が向くようにアームを曲げてやるとフッキング率のアップとバラシの軽減ができる。

どのくらいの角度かはイナバズを参考にするとよい。

| | コメント (0)

2022年9月25日 (日)

JB桧原湖シリーズ

昨日今日で2022年度のJB桧原湖シリーズは終了。

昨日は雨で今日は晴れと真逆の天候となった2日間であった。

Basslog20220925a

今日は晴れたことで朝のき気温はグッと下がり9℃となった。

ちょっと寒いぐらいであったが、日中は22℃まで上昇し心地よい気温であった。

試合の結果はある程度内容を含めて記したので下記リンクよりご覧ください。

JBⅡ桧原湖シリーズ第3戦セディションカップ

JB桧原湖シリーズ第4戦イマカツカップ

| | コメント (0)

2022年9月10日 (土)

Elite

Basslog20220910a アメリカへ今年から挑戦している藤田京弥はケサピーク戦を12位で終え、来年度のエリート入りが確定したそうだ。

初年度から安定した素晴らしい成績であった。

この先アメリカのフィールドに慣れてきたら、更に勢いを増すと思うので、来年のエリートシリーズでは活躍が期待できる。

この勢いだと日本人2人目のクラシック制覇も濃厚だろう。

来年度は更に日本人選手の活躍が期待できそうだ。

そしてTOP50第4戦SDGカップの2日目は小森がトップウエイトをマークして予選通過した。

これでここまでトップだった藤田京弥との差も開くので、年間優勝もかなり濃厚となった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧