2018年7月30日 (月)

JB桧原湖Seriesルーキーズ

昨日のJB桧原湖Series第2戦ベイトブレス’カップの動画アップしました。

Basslog20180730a 今回はルーキーが1位3位5位に3名入った。

優勝した佐藤謙は1,500、1,300gのラージを入れたミックスバッグで3,640gをウエインした。

3位の佐藤透も1本ラージを含めたミックスバッグでウエイン。

5位の折金一樹は前日のJBⅡシリーズでも優勝できるウエイトを持っていながら、ミスがあり失格となってしまったが、この日は前日ほど釣れなかったと言いつつも5位に滑りこんだ。

2位にはベテランで野尻湖でガイド業を営む丸ちゃんこと丸山智幸

4位には10日間プラクティスに入り挑んだ早坂徳晃が入り、年間順位もトップに立った。

| | コメント (0)

2018年7月29日 (日)

JB桧原湖Series

Basslog20180729a_2 本日はJB桧原湖Series第2戦ベイトブレス’カップが開催された。

台風の影響は少しあったが、無事終了。

晴れたり、雨降ったりと、目まぐるしく天候が変わる山らしい天候の中行われた。

風は結構強かったが、時期的にイージーに釣れる時期ということもあり、そこそこ釣れていた。

| | コメント (0)

2018年7月19日 (木)

JB霞ヶ浦

Basslog20180719a JB霞ヶ浦series第3戦‘ゲーリーインターナショナル/モーリス’カップの表彰台動画をアップしました。

| | コメント (0)

2018年7月 3日 (火)

Lake Oahe Day4

2018年度エリートシリーズ第7戦‘Berkley Bassmaster Elite at Lake Oahe presented by Abu Garcia’はBDJが逃げ切り初優勝。

Basslog20180703a 昨年のROY3rd.P.のMDjだが、特に目立った成績や突出したものもない感じで、今までは存在感はほぼなかったというのが正直なところ。

でも成績はそんなに悪くもないので、今回の優勝で何か開花したかもね。

同じ2年目のBradley Royは今回6位でフィニッシュしAOYランキング首位をキープした。

Clifford Pirchはこの日もウエイトを伸ばし、最終日は20lb.越えと、驚異的な追い上げを見せ、最終的に3位まで上げてきた。

こうなると初日の低迷には何があったのか気になる…

でも本人のFBでも‘Well today didn't go so well.…’

次回は今月末‘Huk Bassmaster Elite at Upper Chesapeake Bay presented by Mossy Oak’

| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

Lake Oahe Day2

Berkley Bassmaster Elite at Lake Oahe presented by Abu Garcia2日目はMark Daniels Jr.とCasey Ashleyが20lb.越えをウエイン。

レジェンドDavid Frittsは2日目も18lb.1oz.をウエインし、2位にとどまった。

Basslog20180701a MDjとBradley Royは場所をシェアしており、共に安定したウエイトを叩き出している。

Bradley Royは8位をキープし、AOYランキングも首位を維持しているので、僅差となっているJustin Lucasとの2人が1,2位で今大会は終わることになりそうだ。

David Frittsはディープでのヘビキャロということで、どのような場所なのか具体的には不明だが、足の速いスモールだけにいきなりペースダウンし失速もありうるところが怖い。

MDjとBradley Royの2人が優勢な感じがする。

| | コメント (0)

2018年6月30日 (土)

Elite at Lake Oahe Day1

Berkley Bassmaster Elite at Lake Oahe presented by Abu Garcia初日終了。

Basslog20180630a エリート初となる湖で、スモールマウス中心の湖だ。

予想に反する選手も若干いたけど、上位に来そうな選手はなんとなく予想通りな感じであった。

ただ初日のトップはなんとDavid Frittsというのは驚いた。

Bradley Royが8位、Justin Lucasが5位に着けており、AOYランキングはBradley Royがトップに立ち、Justin Lucasが2位となった。

| | コメント (0)

2018年6月25日 (月)

Championship Sunday

2018 Bassmaster Elite at Mississippi River presented by Go RVingはIshが逆転し制した。

今回は増水による影響でシャローのカバーを中心に展開した選手が殆どであった。

その中でお日増しにバスが増えてくるような場所を選ぶことができていた選手が強かったように感じる。

15lb.ぐらいからはちょっと運もあったような気はするけど、確率で上げていき、それを掴むことができた選手が上位に入った感じかな!?

Basslog20180625e 前日と同エリアに入って、朝からどんどん入替しまくっていたPowroznikやIshの選んでいたエリアは素晴らしい。

IshとPocheの狙っていた場所はかなり近いエリアであったが、この2人と言えば…

前日の決勝進出者の発表時は、最初握手も交わさなかったので、まだ引きずっているのかと思いきや、最後は握手を交わし、ファイナルは同エリアと、既に問題はなさそうだ。

Basslog20180625f Randall Tharp、Aaron Martensの2人は正に失速といった感じであった。

サープの場所はカバーからバスは離れつつあるような感じで、アーロンの場所は明らかにサイズダウン。

Basslog20180625c アーロンはシャローカバーにも時間を費やし、臨機応変に対応している感はあったが、ウエイトは伸びず後退。

アーロンは今年もまたシャローでは靴を脱ぎ、ソックスだけでデッキに立っていた。

Basslog20180625bャローでの音に対する気配りは相変わらず徹底している。

と思いきや、こんな騒がしそうなエリアで釣りしていたり…

そして今週は2週連続ということで、金曜日からはBerkley Bassmaster Elite at Lake Oahe presented by Abu Garciaが開催される。

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

Mississippi Day3

2018 Bassmaster Elite at Mississippi River presented by Go RVing3日目終了。

増水の影響でシャローのカバーをメインに戦略を立てている選手が殆どとなっている。

カバーはリーズや冠水植物を釣っている選手が殆どで、ストラクチャーをメインにしている選手はあまりいなかった。

釣り方はフリップかフロッグの2つが強いようだ。

Basslog20180624a上位陣は確認なりの僅差で詰まったままとなっており、この状況からすると6位のJacob Powroznikまでの6名から勝者が出そうだ。

Randall Tharpが1オンス差で首位に立ち、Aaron Martens、Ish Monroe、Gerald Spohrerの3名が同じく49lb.台で続いている。

TharpとAaronは3日間ほぼ同じウエイトをウエインしていて、Ishは毎日ウエイトを上げてきており、Spohrerは3日間安定している。

トップの2人はTharpがカバー中心、Aaronがストラクチャー中心と、戦略は対照的なところは面白い。

Basslog20180624b 上位陣はベテランが多い中、2年目のSpohrerが初優勝に向け好位置に付けており、AOYランキングも11位にまで上がってきた。

逆にベテランとしてはGary Kleinが久し振りに決勝に残った。

毎年1回は決勝に残っている感じがしていたけど、昨年は12位がなかった。

優勝からは20年近く離れているので、頑張って欲しいところだ。

Basslog20180624c 2日目に驚異的な追い上げをしたOtt DeFoeは残念ながら13位で決勝には残れなかった。

いよいよ本日決勝が行われる。

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

Mississppi Day2

2018 Bassmaster Elite at Mississippi River presented by Go RVing2日目が終了。

Basslog20180623b 2日目は釣果は下がると思っていたら、全体的には上がっていた。

Aaron Martens、Randall Tharp、Chris Zaldain、David Walkerの4名が17lb.台をウエインした。

これでアーロン、サープ、ザルディンが浮上、デイビッドウォーカーは初日の低迷が響き96位でフィニッシュとなった。

Basslog20180623a そして2日目に猛チャージしてきたのが、初日12lb.弱で83位となっていた、前回の覇者Ott DeFoeが18lb.2oz.のトップウエイトを出し、一気に浮上した。

3日目も始まったが、軽快に飛ばしているのがアーロン。

これでけの僅差で詰まっているので、数十人抜きのジャンプアップもありえるので、まだまだ誰が勝つのか分らない。

| | コメント (0)

2018年6月22日 (金)

Elite at Mississippi River

2018 Bassmaster Elite at Mississippi River presented by GO RVing初日終了。

後半戦はいきなりの2週連続での試合となる。

最初はミシシッピ川で、ミシシッピと言えば、アメリカ最長の川ということで有名だ。

Basslog20180622a 初日は雨ということもあり全体的に釣れていた印象を受けた。

初日はChad Pipkensがトップに立ったが、この日は5lb.オーバーのビッグフィッシュに助けられた感がある。

というのは、他に平均して粒ぞろいで揃えてきている選手が多いのと、後ろはかなりの僅差で詰まっているので、2日目以降はどうなるかな?

川ということと時期的なものを踏まえても流れがキーとなることでしょう。

前回のミシシッピ戦はウルトレックスで結構な急流の中でボートをステイさせ釣ったデフォーが勝ち、一気に世の中へウルトレックスを広めた試合であった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧